2020年07月28日

【 2020AW - OVERCOATING 】




 7月もあと僅か、今年の梅雨は粘りまして関東も含め8月の梅雨明けとなりそうです。
8月の梅雨明けは なんと13年ぶりとなるそうです。

それよりも7月はまだ台風が来ておらず、もしこのまま来なければ
観測史上初となる 台風ゼロ の7月になるとの事。

既に水害の出ている所も御座いますし、諸々含め8月が怖くなりますが
どうか皆様 くれぐれもご注意下さいませ。


















1cv.jpg



・・・・・なんてエレガントなのでしょう。
1928年当時の写真となります。

当時は帽子もマストアイテムであり、手にはステッキ、胸にはチーフ、そして足元にはスパッツを、、、。

深い打ち合いのシングルブレスト、コンパクトなVゾーンが語ります。
上衿のベルベットとシルクのトップハットのマッチング、重厚感のある生地で仕立てられた膝ホールドの丈、身体に寄り添い 美しささえ感じられるコートは、その方の格をも裏付けているかのようですね。
CHESTERFIELD COATの かくあるべきスタイルと言えるでしょう。

コートと言うアイテムは総面積も大きく、当然ながら目立ちます。
紳士の装いを語る上でオーバーコートは一番の外套であり、根本は防寒着ではあるものの やはり拘りたい、拘るべきアイテムであると思います。













2cv.jpg



・・・・・さて、突然ですが この上着は
当店HOUSE STYLE ORDERのサンプルとなります。

三つ揃いの内訳に対する呼称と致しまして、英国では
中衣 = WAISTCOAT(ウエストコート)
外衣 = COAT(コート、日本では一般的にはジャケットですね。)

そして、その上着の上から着用されるからこそ OVER COAT となる訳です。
名称も分かり易く繋がっています。








3cv.jpg



・・・・・クラシックなブラックの チェスターフィールドコート です。
これも HOUSE STYLE ORDER のサンプルであり、先の上着に同じサイズです。
全く見えませんが中には 先の上着の上より着用させております。
(写真ではネイビーっぽくも見えますが、ブラックとなります。)


 当店BLOGでもオーバーコートの話になれば 毎度インナーとアウターのマッチングについて語って参りました。
オーバーコートは インナーであるコート(ジャケット)の精度如何でレベルが決まるというものです。

詳しくは下記リンクより 是非ご覧頂けましたら幸いです。
極上のGOLDEN BALEのオーバーコーティング(HOUSE STYLE ORDER)、
そして繊維の宝石CASHMEREのオーバーコーティング(BESPOKE)も共にご覧下さいませ。

http://dittos.seesaa.net/article/474431702.html
【 HOUSE STYLE ORDER:T様のご注文】

http://dittos.seesaa.net/article/473408826.html
【 CHESTERFIELD COAT:V様のご注文 】











4cv.jpg



・・・・・上記リンクでは 最高級な素材を存分に生かした気品溢れるオーバーコートを御紹介致しましたが、このサンプルを仕立てられている生地は求められる価値観が違います。

イギリス = 質実剛健

良く耳にするのではないでしょうか。
正にそれを感じさせてくれる生地で仕立てられております。










5cv.jpg



・・・・・CAVALRY TWILL

 大変丈夫な生地であり、乗馬服などにも使われております。
名の如く騎兵隊からくる名称を持つこの生地は、綾織り特有の斜めに入る畝、これが二重畝になっているのが特徴となります。


上記リンクページにて御紹介させて頂いた御二方による極上シリーズは良いに決まっています!!
昔は富と権力の象徴でもあったオーダーコート、やはり生地には拘るべきです。

しかし、別のベクトルでは 質実剛健で雨の日でも気兼ねなく着用でき、皺なども気にする事無く防寒着を、、、されど仕立やサイズ、着心地やバランスには拘りたいところでもあります。

 そんな価値観でオーバーコーティングをお探しであれば、今週御紹介させて頂く出物は正にど真ん中のお勧めとなる事でしょう。










6cv.jpg



・・・・・Taylor & Lodge  SINCE 1883

大変お世話になっておりますし、頼りにしております、、、。






7cv.jpg



CAVALRY TWILL

100% ALL WOOL

480g




この度は、ブラックとネイビーの2色を かなりお得なレンジで入手出来ました。








8cv.jpg



・・・・・写真ですと色味が本当に分かり辛いのですが、
こちらはダークネイビーとなります。

光の陰影が凄いですね、
もともと綾織は平織と比べ光沢感が出ます。 この生地は更に表面をクリアカットに仕上げておりますので ツルツルのお肌 に同じであり、それがこの陰影に繋がります。

480g、十分です。
重過ぎず軽過ぎない、そしてかなり密にガッチリと打ち込まれており、コシと弾力が半端ではありません。

皺にも相当強く、そして復元力も強い事でしょう。











9cv.jpg



・・・・・綺麗な二重綾が見てとれますね。
このキャバルリーツイルは相当重いウエイトまであります。
リアルな乗馬用となれば 1000gレベルまで御座います。

もともと強くて弾力のある生地です、乗馬用と比べてしまえば こちらは中級のウエイトです。
だからこそ、ゴリゴリでは無く 細マッチョ でスマートなコートになり、日本の冬には十分で御座います。

ここまで密に織り上げておりますので北風も通しません!











10cv.jpg



・・・・・こちらはブラックとなり、単なる色違いです。
品番の同じ色違いではありますが、先のネイビーと比べるとややマットな印象ですね。
クリアカット仕上げに差があるという事になります。

差がある、、、、ドンマイ! 海外基準ですから(笑)。
生産ロットが違うとこんな事も御座います。









11cv.jpg



・・・・・色次第では ODD TROUSERS にも良く使われる定番生地とも言えます。
パワーのあるツィードの上物には打って付けの下物となるでしょう。

キャバルリーツイル、、、かなり仕立て映え致します!

冒頭に当店サンプルコートの写真がありましたが、あのシルエットはカットとクセ取りによる賜物です。











12cv.jpg



・・・・・2色並べてみました。

こう見ると差が分かりますし、微妙な光沢感の違いも分かりますね。

ネイビーの方ですが、結構光沢があります。
しかし、これは仕上げで出しているので 数シーズン着用すれば落ち着いて参ります。














13cv.jpg



・・・・・この御方のオーバーコートのスタイルも本当にエレガントで魅力的です。(1935年)
ホンブルグハットは氏のアイコンでもあり、『イーデンハット』とも呼ばれています。
英国の首相も務められた方ですので知名度と影響力、信用・信頼度も御座いますし 参考にせずにはいられぬ存在です。

勿論時代性もあるでしょうが、氏はピークドラペルが本当にお好きだった事でしょう。
冒頭の写真含め、バランスなど ご参考になる事は多い事と思います。














・・・・・如何でしたでしょうか。

早くもオーバーコートを着用出来る季節が待ち遠しいです。

この度のキャバルリーツイル、出物ゆえかなりのお得なプライスレンジですが
更にHOUSE STYLE ORDER限定とはなりますが 早期受注キャンペーン での仕込みにもお勧めで御座います。

勿論 BESPOKEでも喜んで承らせて頂きます。
時間はかかってしまいますが何十年とお付き合い頂けますのでBESPOKEに限らず、誂えは思ったが吉日で御座います。


皆様のお越しを心よりお待ちしております。












・・・・・大変恐縮では御座いますが、来週のBLOG更新はお休みとさせて頂きます。

次回は 8月11日(火)の予定となります。


どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。





posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

【 H様の御注文:SOLARO D.B SUITS 】




 明日は24節季でいう大暑を迎えます。
まだ梅雨明けすらしておりませんが、お店の方ではディスプレー含め 生地も全て秋冬物と入れ替えを致しました。







0hs.jpg



カントリーサイドを心に馳せ、グリーンを活かした色調にてコーディネイト。
寒さを心地良く感じつつ お出掛けしたくなる様な装いを!






毎年やはり秋冬に様変わりすると心が滾ります!

入れ替えはしましたが、春夏生地は裏にストックしただけですので、ご希望があればお気兼ねなくお申し付け下さいませ。

HOUSE STYLE ORDER限定の早期受注フェアも開催中で御座います。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
















1hs.jpg



・・・・・ヨットハーバーにて、三者三様の素敵な装いです。
皆様揃って個性的で爽やかさ溢れるエレガントな着こなしですが、スペクテーターシューズをお履きなのは共通ですね。

右側の紳士はベージュ系ダブルブレストのスーツですが、この様なシーンにも
ベストマッチするであろう SOLARO SUITS は如何でしょうか。









2hs.jpg



・・・・・今週は、大変御贔屓を頂戴しております H様よりご注文頂きました
ダブルブレストによる SOLARO:3P-SUITS を御紹介させて頂きます。










3hs.jpg



Taylor & Lodge

Exclusively for Dittos.

Lumb’s Golden Bale


260g




・・・・・当店10周年記念によるオリジナル別注の生地のうち、私の大好きなソラーロを
春夏ウエイトの英国製で、かつ贅沢にも GOLDEN BALE にて織り上げてもらいました逸品で御座います。

【 SOLARO 】 正式には SMITH WOOLLENS の商標となりますので、同社以外は SUNCLOTH( サンクロス ) と呼ぶべきが本来では正しくあります。
 オリーブグリーンとスカーレットの色糸による交織織物ですが、この一見派手に見える配色自体に意図があり 英国由来の歴史あるクラシックな生地種となります。

私自身も心底お気に入りの生地であり、当BLOGでも御紹介させて頂きました。
生地の詳しき詳細など含め、是非下記リンクよりご覧頂けましたら幸いです。

http://dittos.seesaa.net/article/474911300.html
【 10thANNIV – SOLARO SUITS 】















4hs.jpg



・・・・・H様におかれましては、春夏物であろうと三つ揃いでのご注文です。
トラウザースは 2-PLEATS:HIGHTBACK STYLE とお決まりのクラシックなスタイルです。

そしてこの写真で見て頂きたくはもう一つ、
左上の方にディスプレーされている生地、これが今回の当店オリジナルのソラーロであり、H様の生地と勿論同じです。

交織の特徴として、光の加減や見る角度により玉虫の様に色の表情が変わります。
この艶めかしさが特徴でありつつ魅力でもあります。

また、ソラーロは裏側が赤になりますので
意図される効用が発揮されるのであれば、それこそ強気日差しを防ぐ生地でもあるという事になります。

http://dittos.seesaa.net/article/473088164.html
【 10th ANNIV – SOLARO 】












5hs.jpg



・・・・・この独特な色使い、一目でお分かり頂けますね。
ソラーロに合わせたかの様な配色が施された素敵なタッセルローファーで御座います。

お気楽なスリッポンも大変似合う懐の広さがある事もソラーロの魅力です。











6hs.jpg



・・・・・仮縫いを経て いよいよお仕立て上がりです。
今回の裏地は、表地に同じく グリーンとレッドによる交織であり、裏地のソラーロをお選び頂きました。

 この品番種は薄めの綾織地であり、春夏用表地とのマッチングと共に 裏地としての性能も高く大変お勧めな種類で御座います。












7hs.jpg



・・・・・今回の上着はダブル、ウエストコートは上着を着用していれば見えませんが インナーもダブルブレストです。
 衿を付けずにサッパリとされ、インナーとしても嵩張らせる事無く スッキリ致します。

H様の締め慣れたボウタイがとても素敵です。
特にボウタイは結びを見れば場数が知れるというものであり、流石のバランスで御座います!












8hs.jpg



・・・・・微妙な角度でのスラントポケットは H様たるアイコンです。
エレガントにシェイプされた美しいシルエットがとてもお似合いで御座います。

この生地含め記念別注生地は仕立て映え目指して織り方をリクエストしておりますので本当にコテ効きの良い優等生な生地なので御座います。












9hs.jpg



・・・・・背中はサイドベンツを切り、春夏用であろうとフルライニングでのお仕立てです。












10hs.jpg



・・・・H様らしいエレガントな雰囲気がとても素敵です。
クラシックな6釦-2掛けスタイルながら、芯使いはロングターン考慮で仕立てておりますので ケント公の様にも着こなしを楽しんで頂けます。












11hs.jpg



・・・・・BESPOKEで誂えられた美しいスペクテーターシューズ、、、
上等なホワイトのバックスキンは本物の証で御座います。
貴重であり贅沢な一足、羨ましい限りで御座います。












12hs.jpg



・・・・・あまりにも優雅でお似合いであり、思わずお寛ぎの一コマを頂きました。
しなやかで軽いソラーロ、これはS.W オリジナル・ソラーロでは味わえないのです。

H様に大変お喜び頂き 光栄な限りです。
洋服好きで拘り強きH様におかれましては、S.Wソラーロも堪能されている事と思います。
 だからこそ、本当に春夏にも着用出来る 英国製ソラーロ の価値に御共感頂きました。

存分に味わって頂けましたら幸いです。
















・・・・・如何でしたでしょうか。
この極上ソラーロも 今でしたら HOUSE STYLE ORDER限定のキャンペーンにも当然対象ですので この御機会に仕込まれてみては如何でしょうか。

秋まで十分に御着用頂けますし、来年、再来年と 春夏用としての良き友として
心よりお勧め申し上げます。




では、寒暖差が激しいこの頃ですが どうかご体調管理にはお気をつけ下さいませ。
皆様とお会い出来る日を心より楽しみに お待ち申し上げております。

 どうも有難う御座いました。





posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

【 2020AWーJACKETING 】



 皆様 こんにちは。
7月も中盤に入り、流石にそろそろ梅雨明けも見えてくる頃となって参りました。
今度は本格的な暑さと闘わなければ成りませんね。






 さて、その本格的な夏を迎えるにあたり
恒例の行事となりました HOUSE STYLE ORDER限定 における
【 早期受注キャンペーン 】のお知らせで御座います。


7月15日(水)〜8月20日(木)


上記期間内のご注文につき、秋冬物としては少し早めのご注文となりますので
通常より工期を多少余分に頂く事で ささやかながらお値引きをさせて頂くという工場さんの企画となります。
(お仕立て上がりは 9月中旬以降となりますので、秋の入り口ですから丁度良い頃合いです。)


対象は秋冬物に限りませんので、春夏物のご注文でも構いませんし、早々にオーバーコートも良いでしょう。
コート地も素敵な生地が揃っております。

どうかこの機会を有効活用して頂けましたら幸いで御座います。
何卒宜しくお願い申し上げます。






既に今季秋冬用に買い付けた生地も順次届いております。
BESPOKEの方は秋冬用が勿論の事、HOUSE STYLE ORDERでも少しずつ入り始めております。

店内に並ぶ生地やディスプレーも今月末までには全て秋冬用に入れ替える予定では御座いますが、既に店頭へ並ぶ前に完売してしまった今季仕入れ分の秋冬生地も御座います。

切り替え前でも秋冬用の生地はいつでもご覧になれますので どうか是非お気軽にお声掛け頂ければと思います。



今季秋冬地の仕入れ分より既にSUITINGは先に一部だけご紹介させて頂いております。

http://dittos.seesaa.net/article/475392665.html
【 2020AW NAVY SUITING 】





今週は JACKETING を紹介させて頂きましょう。





・・・・・スーチングとジャケッティング、一応区別されている訳ですが その大いなる違いとは何でしょうか。
 ご存知の通りスーツは上下揃いの生地で仕立てられますので、トラウザースというアイテムが必須となる訳です。
トラウザースは運動量と共に可動域も広く、更に上着と比べ高い頻度で摩擦も受けるアイテムとなりますので、それなりに強度や耐久性も加味されていなければ成りません。

経糸と緯糸から織りなす それら生地ですが、スーチングの場合は打ち込み(織り密度)を確りと密に織り込み、ハリとコシを持たせます。
反面、上着のみであれば下物ほどの強度を加味する必要は無くなりますので 先に触れた打ち込みを甘くして柔らかい風合いを優先したりと出来る事になります。


 同程度のウエイトによるスーチングとジャケッティングを触り比べた場合、ハリやコシの違いと共に 生地厚の違いにも気付かれる事でしょう。
スーチングの方が薄く感じるのは 織り密度が高い分 それだけジャケッティングより比重が大きいと言えます。

ですので、ジャケッティングは織り糸自体もふっくらとさせていたり、織り密度も甘い分生地厚が出るという事になります。
そんなに大きな差ではありませんが、理屈としてですね!




 仮にジャケッティングでスーツを仕立てた場合、直ぐにトラウザースが駄目になってしまいます。
特に細いシルエットを好まれた場合、より顕著に膝が抜けたり、尻縫い目がスリップしたりという事も有り得てしまいます。

好きな生地で選べば良いのではなく、目的のアイテムにより向き・不向きが生地にも御座います。

そして、単品となるジャケッティングだからこそ スーツと比べればカジュアルに位置する事になりますので、色も柄もクラシックからファンシーまで多彩な世界観を魅せてくれるのです。

















1ge.jpg



・・・・・それぞれにクラシックなジャケットスタイルを着こなしたご両人。
白黒のイラストではありますが、左の紳士はダブルのネイビージャケットでしょうか。
右の紳士はスポーティーな格子柄、腰ポケットはフラップドパッチポケットにされています。

この様にジャケットスタイルを着こなされる場合は、上下アイテム同士のカラーコントラストをそれなに加味してあげると 各々のアイテムがとても引き立たせ合います。




 では早速ご覧頂きましょう。












2ge.jpg



・・・・・欠かせぬネイビージャケットは紳士の装いにおけるマストアイテムです。
先ずは外せないポジションですから極上な GOLDEN BALE でのジャケッティングを御紹介致します。











3ge.jpg



・・・・・織元は勿論 Taylor & Lodge 製となります。
現在では唯一同社しか極上の GOLDEN BALE を扱う事は出来ません。

個性と魅力に満ち溢れた生地ですが、先ずは色味、ビジネススーツに採用されるネイビーとは差別化されておりますね。
トーンも明るめで赤味帯びたネイビーであり ロイヤルブルー寄りと言えるでしょう。

そして織りはクラシックな DIAGONAL です。
当たり前な綾織りながら、斜めに入る畝を敢えて強調した織り柄となります。

この美しい光沢感、光の陰影が素晴らしく これも偏に原毛のクオリティーが直接的に反映されおり、素晴らしい仕上がり具合へと調理されております。

 肌触りはシットリとして柔らかく、見れば、触ってしまえば仕立てたくなってしまう極上な逸品を出物として巡り合う事が出来ました。













4ge.jpg



・・・・・斜めに入る畝が確りと確認出来ますね。
本当にシンプルな織地だからこそ、原毛の、そして生地としてのクオリティーがより引き立つと言えるでしょう。










5ge.jpg




Taylor & Lodge


DIAGONAL

100% Lumb’s Golden Bale Wool


About 320g





6ge.jpg



ウエイトだけでみれば、当店のオリジナル記念生地(スーチング)あたりのウエイトです。
ですが、織り密度も甘い分 こちらの方が厚みを感じられる事でしょう。

 だからと言って秋冬物のジャケット地としてみれば まだまだ中量級ですから
秋口から寒さ残る春先まで 幅広くご愛用頂けます。










7ge.jpg



・・・・・ジャケットスタイルでの着こなしですからシャツやタイに固執せず、タートル等のニット類でも楽しめますね。
この生地で仕立てられたそのネイビージャケットは、エリートな万能選手である事に間違い御座いません。

この生地が当店に来たのも縁であり、ここからは皆様との御縁をお待ち申し上げております。




















8ge.jpg



・・・・・小格子柄の ODD JACKET をメインとした装いは、全体的にモノトーン調でまとめるなか コルク色のグローブが良いアクセントになっています。

ニットでラフに着こなされた様は正にOFFでの装いにピッタリです。










9ge.jpg



・・・・・次の生地は、出ました、巡り合いました、、、、格別なジャケット地に!
エスコリアルのジャケット地です。













10ge.jpg



・・・・・もう生地ミミにレアでラグジュアリーと書いてありますね!
モノトーンでまとめられた やはりクラシックな BARLEYCORN で御座います。

肌触りは まるでカシミアの様でもあります。












11ge.jpg



・・・・・このバーリーコーン柄は私も大好きな織り柄の一つであり、良いのがあればつい仕入れてしまいます。

エスコリアル種の羊毛は細く縮れ毛が特徴です。
コントラストを効かせた織り柄も美しく、縮れ毛によるナチュラルなストレッチ性は動きやすさに直結致します。











12ge.jpg



・・・・・素晴らしい の一言に尽きます。
無彩色であるグレーですので、着こなしに合せるアイテムは色を気にする事無く何でも許容してくれます。

ドレープ美しき上着になる事でしょう。
この品のある艶感と良い、エスコリアルを未体験の御方は是非こちらの上着で試されてみては如何でしょうか。

きっと虜になる事でしょう、、、。











13ge.jpg




Joshua Ellis


BARLEYCORN

PURE ESCORIAL


About 340g



極上なカシミアやキャメル等を得意とする J.Ellis製です、間違いないクオリティーです!















14ge.jpg



・・・・・遠目には溶け込む織り柄であり、ミディアムグレー位に感じる事でしょう。

トラウザースは敢えてホワイト(クリーム)フランネルの様に明るめも良いですし、濃い目のダークグレーやダークブラウンなどで下半身を引き締めても良いでしょう。


15ge.jpg





昔はスペインの王族が独占していたというのも頷ける程の特別な種であり生地です。
一度は絶滅されたとされるエスコリアル種(マーグレップ羊)、今では大切に育てられ 少しずつ増やされております。
 洋服地だけでは無く、ストールやソックス、ニット類にも使われる様になって参りました。
高級な服地だからこそ、今回の様な出物との御縁を是非とも尊重して頂けましたら幸いです。
スペインの王族が独占したくなる気持ちをきっと御理解頂ける事でしょう。

















・・・・・如何でしたでしょうか。
最高の食材を使って、御自身の為だけに最高のジャケットをお仕立て下さいませ。
BESPOKEでも、HOUSE STYLE ORDERでも 最大限に食材を活かして調理させて頂きます。

写真では魅力を半分も伝えられていないと思います。
是非とも御自身の目で見て、触って、そして纏ってみて下さい。
必ずや口角が上がると共に、御自身様が最高に気分良く着用される御姿を想像出来る事と思います。


今回ご紹介の生地も勿論 早期受注キャンペーン対象で御座います。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


では 今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。










posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする