2018年07月17日

【 N様の御注文 : VINTAGE MOXON 】





 この度の西日本による記録的な豪雨により、各地で甚大な被害が出ております。
犠牲に成られてしまった方々にお悔みを申し上げると共に、被害にあわれた全ての皆様にお見舞いを申し上げます。

大雨の後は酷暑が続いております。
これ以上被害が広がぬよう、そして少しでも早く復旧活動が進むよう 心より願っております。




















nm1.jpg



・・・・・1960年代の写真ではありますが、その原型はエドワーディアンの時代まで遡ります。
当時リバイバルとも言える ダブル・ブレストの6釦-3掛けスタイル、Vゾーンは当然コンパクトになり、衿も小振りにまとめられ 全体的にシャープなバランスで構成されております。




 さて、何度か御紹介させて頂きました 激レアな生地でもある VINTAGE MOXONのGOLDEN BALEシリーズですが 本当に沢山のご注文を頂戴致しました。
既にご納品させて頂きました方々、仕掛中の方々、これから裁断に回る方々
最高の生地は切っても、縫っても、コテを当てても 大変気持ちが良いものです。

O様におかれましては、本当にベーシックでクラシックなスーツをお仕立てさせて頂きました。
http://dittos.seesaa.net/article/460182233.html







今週は、長きに渡り御贔屓を頂いております N様よりご注文頂きました BESPOKE 3P-SUITS の御紹介をさせて頂きたいと思います。


 何度か当店BLOGにもご登場頂いておりますN様、背が高く、足も長く スマートで羨ましスタイルをお持ちになるお方です。
本当に長いお付き合いを頂くなかで、クラシックでベーシックなスーツは随分と沢山お仕立て頂いて参りました。

 今では純粋に、そして自由に個性的なスタイルを楽しまれております。
時にはモダンに、時には古き時代にもお想いを馳せながらと BESPOKEを楽しまれておられます。

英国贔屓なN様におかれまして、これらスタイルは 日本国内で着用するには目立つとも思われる方もおりましょうが、N様はかなりの頻度で海外に行かれます。
どちらかと言えば、そちら側での着用イメージが大きいとも言えます。

 そんなN様により お選び頂きました VINTAGE MOXONのBEPOKE SUITS を御紹介させて頂きます。


















nm2.jpg



・・・・・ダブル・ブレスト 6釦-3掛けのスタイルです。
着丈の設定はやや長めに。
リクエスト通り、第一釦を外して 段返りでも楽しめる様にお仕立てしております。
 激渋ですね!!

















nm3.jpg



・・・・・お選び頂きました生地は、勿論 例の激レア・極上シリーズです。
グレーベースのクラシックなヘリンボーン柄には、イエローとブルーの色糸が織り交ぜられており 独特の雰囲気を漂わせます。



 少し離れてしまえば、色糸など全く見えません。
しかし、この絶妙な加減が表層カラーにベージュっぽさを生み出し、独特なグレージュ味を醸し出している生地で御座います。

http://dittos.seesaa.net/article/453386393.html
( ↑ 詳しき生地の御紹介ページです。)















nm4.jpg



・・・・・上着のコンパクトなVゾーンに合わせ、ウエストコートもテイストを合わせた古を感じさせる剣先無しのシングルスタイルです。

今見れば とても新鮮味あるデザインでもありますね。















nm5.jpg



・・・・・お仕立て上がりです!

このままシンプルに終わらせないのもN様の個性が光る所です。
最近はとてもお気に召して頂いたディテールでもあるのですが、上衿と袖口にはベルベット(今回は敢えて配色に)でアクセントにされております。

N様らしいセンス漂う素敵なスーツとなりました!!
















nm6.jpg



・・・・・この写真でも、6釦-3掛け を段返りで着こなしておりますね。
それにしても、生地の打ち込みは密でかなりコシのある秋冬地であり、芯も今の時代から見ればかなり確りとした芯地が使われている事でしょう。













nm7.jpg



・・・・・・優しいグレーが、ベルベットのグリーンをとても引き立てます。
段返りの具合もとても良い感じです。

軽く、甘い返りがお好みであれば是非リクエスト下さいませ。
どの様に、どの位、技術によりいくらでも操作・制御が可能です。














nm8.jpg



・・・・・勿論3掛け前提で設計しています。全釦止めもお楽しみ下さい。
ダブルの特に3掛けは ここまで確りと円柱に身体を包むのです。
肩傾斜や前後差含むバランス構築がお身体に合っていなければ どこかに歪が生じ、しっくりと身体に馴染みません。

そう言う意味でも、既製服ではリスクが高く 手が出せぬデザインでもあると言えますね。















nm9.jpg



・・・・・コンパクトなVゾーンはリクエスト通りに、上着のダブルに重厚感でも負けぬよう あえてフロントは7釦です。
上着に同じく、確りとお身体をホールドするデザインです。















nm10.jpg



・・・・・裏地にも凝るN様、今回はグリーン合わせで
英国的エグさも光るペイズリー柄の裏地をお選びです。 身体に吸い付くような精度であり、綺麗でエレガントな後姿です。


















・・・・・ここから更に続きがあるのも 流石はN様です!
上記スーツの仮縫い時に思い立ち、追加で同じグリーンのベルベットにて トラウザースの追加注文を頂戴致しました。
これらのベルベットは、HARRISONS社のコットンベルベットとなります。

VINTAGE MOXONの最終FITTING・ご納品と共に、ベルベットの中仮縫いを合わせました。
ベルベットのエレガントな光沢感、光の反射はディテール使いのレベルとは全然違いますね。


nm11.jpg














nm12.jpg



・・・・・合わぬ訳がありませんね、凄くエレガントで素敵なセットアップです。
BESPOKEを、装いを本当に楽しみ、ご堪能されております。

調和のとれた素晴らしいコーディネイトでもあり、正にスタイルを感じさせます。
ベルベット・トラウザースは後日納品とさせて頂きました。

N様はロンドンでの御着用を楽しみにされており、是非共に連れてってあげて下さい!

どうも有難う御座いました。
























・・・・・N様、心より光栄であり、嬉しい限りです。
VINTAGE MOXONにより、別生地でもう1着のご注文も頂戴しておりました。

ミディアムグレーのコード織りにて 今度はシングル・ブレストでの
BESPOKE 3P-SUITS をご覧いただきましょう。

nm13.jpg
















nm14.jpg



・・・・・シングルのピークドラペルはややナローでありつつも、フロントカットと共に曲線を生かした丸みを感じるデザインです。
ピークドラペルでエレガントな一つ釦ではありますが、柔らかさが加わります。














nm15.jpg



・・・・・ウエストコートはダブルの6釦-3掛け、やはりナローなショールカラーがつきます。
控えめな裾の剣先は、トラウザースのクリーズラインに流れ込みます。
ウエストから腰へ、トラウザースとの連動も大変綺麗です。














nm16.jpg



・・・・・いよいよお仕立て上がりです。

いつみても脚が長くて羨ましい、、、。
今回はよりシンプルに裾上げもシングルでのリクエストです。

















nm17.jpg



nm18.jpg



・・・・・個性的なデザインが光るウエストコートの背中。
先とはまたデザインの違うペイズリー柄をブロンズ色で!
渋いです、かなり合います。こちらは エグさより、むしろ格調の高さをも感じさせますね。















nm19.jpg



・・・・・ご覧くださいませ。シルエットの美しい、本当にエレガントなスーツです。

フロントはリンク釦にしてあります。

皆様お気付きでしょうか、こちらも上衿と袖口にはベルベットをあしらっております。
しかし、同色のグレーなのでそこまで目立ちません。
 控えめでありつつも、N様らしいエレガントさが漂っております。

なんてお似合いなのでしょう、、、。

今度は逆に上着のVゾーンの広さが、程好くのぞき込むウエストコートが良い感じ!















nm20.jpg



・・・・・VINTAGE MOXONの表情溢れる独特なコード織り、ベルベットの素材的ミスマッチが同色である事で より引き立たせ合っています。


nm21.jpg
















nm22.jpg



・・・・・こちらのスーツのご納品は去年の12月、先のダブルが今年の5月でした。
寒い時期でのご納品でしたが、以前に御誂え頂きました ミッドナイトブルーのスーツでご来店頂きました。






nm23.jpg



ラペルには綺麗なブートニエールです!
シルクシフォンによる総手作りであり、とある作家さん作です。

実はN様の奥様がコサージュを BESPOKE されているそうで、御主人様にもブートニエールなら良いのではないかとプレゼントされたのが始まりだそうです。
 ご夫婦揃って本当にお洒落であり、センスが光ります。







私も御紹介頂き、、、


nm24.jpg



 初回、先ずはカーネーションです!
この花びらのグラデーションも私のリクエストです。
生花かと見間違える程に瑞々しくリアルに仕立てられており、正に送った写真そのままの仕上がりです。
 凄い技術です! ご興味をお持ち下さったお方が居られましたら是非御紹介させて頂きますのでお声掛け下さいませ。






 N様、この度も素敵な御注文を本当に有難う御座いました。
作り手側も楽しみ、そしてやりがいを感じながらお仕立てさせて頂いております。

今年の冬にはご注文済みのコートをご着頂けるよう 準備を進めて参りますので、どうかご期待下さいませ。



 この度も素敵な御注文を 誠に有難う御座いました。





















・・・・・お知らせで御座います!!

HOUSE STYLE ORDER 限定になりますが、ご協力工場様より 早期受注キャンペーンのお話を頂戴しております。

7月25日(水)〜8月25日(土) の一か月間となります。

通常よりも工期を長く頂戴する分、ささやかでは御座いますが
『 お得なお値引き 』をさせて頂きます。



 7月25日に御注文頂いた場合、9月の中旬頃の出来上がり予定となります。
その間には工場さんの夏休みも含まれますが、丁度良い時期に仕立て上がって参ります。

対象は、オーバーコート、各種スーツ類、各種ジャケット類 となります。
(恐縮ながら、単品でのウエストコート&トラウザースは対象外となります。)

 勿論 早々に秋冬物のご注文がメインとなるでしょうが、内容は春夏物のご注文でも構いません。
( 例えば今週末、25日のスタート前でも 25日受注として承れますので 是非お越し頂けましたら幸いで御座います。 )



このキャンペーンに合わせ、店頭も秋冬へとシフト致します。
 暑い最中では御座いますが、、、是非このお得な期間の御利用をお勧め致します。

お店を涼しくして皆様をお待ちしておりますので、どうかお気軽にご連絡頂けます様
何卒宜しくお願い申し上げます。











 では、皆様 酷暑が続いておりますが 十分に水分を取り
御体調にはお気をつけ下さいませ。

今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。





posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

【 U様の御注文 : IRISH LINEN 】





 皆様、7月に入ったばかりにも拘らず 厳しい暑さで御座います。
先月末の29日、関東甲信地方は梅雨明けが発表されました。


なんと6月中に梅雨明けであり、統計開始以来 初めての事だそうです。
今年は桜の開花も早かったですし、季節が前倒しで進んでいます。
 だからこそ、早く涼しい秋が来ることを切に願うばかりです。




















il1.jpg



・・・・・なんてダンディーなお父様(おじい様!?)なのでしょう。
強き日差しを跳ね返すようなアイボリーのスーツはリネンでしょうか。
 クラシックなシングルの2釦 : 3-パッチポケットでのスタイルです。









 さて、いよいよ本格的に夏を受け入れなければ成りません。
この季節は清々しき リネン なくしては過ごしきれませんよね。















il2.jpg



SPENCE BRYSON

TROPICAL STRING


100% IRISH LINEN

380g




 今週は、大変御贔屓を頂いております U様より
IRISH LINEN : BESPOKE 3P-SUITS のご注文を紹介させて頂きます。

















il3.jpg



・・・・・夏ですし、Vゾーンも広く シングルの2釦にて御注文を頂戴致しました。
とは言っても三つ揃いではありますが、仕立てておけば ウエストコートの着用自体を選択出来る事になると共に、これらは各アイテムがバラバラにも役に立ちますのでお勧めで御座います。


















il4.jpg



・・・・・エレガントな後姿、鏡に寄ってご確認です!
バックはサイドベンツをお切りしております。

















il5.jpg



・・・・・実はこのリネン、380gもあります。 これは秋冬地のウエイトと言えます。
幾ら涼しきリネンでも、日本の夏は暑過ぎますので ここまでのウエイトは着用場所やシーンが限られる事は否めません。

 皺が魅力でもあるリネンでは御座いますが、ウエイトの軽いリネンと 今回のリネンでは
皺の入り方がかなり違います。
 この位のウエイトがあると 皺も大皺でとにかく迫力があります。
昔ながらのリネンを好む通な方々におかれましては、欠かせぬシリーズでもあるのです。

U様におかれましては、300gの IRISH LINEN も御経験済みなので
今回は古き良さをそのままに残す こちらのリネンをお選び頂きました。
















il6.jpg



・・・・・中縫い仮縫いも無事に終了です!


















il7.jpg



・・・・・いよいよ仕立て上がりです。

【 前肩 】という語を耳にされた事があるでしょうか。
人間を頭上から見た場合、両肩の骨格は少なからず前に湾曲しています。
 欧米人等と比べ 骨格や筋肉などの付き方も違う日本人には この前肩が顕著に表れている方が少なくありません。

身体がそうなっているのですから、仕立てに拘ったテーラードほど この前肩ショルダーに技術と手間を掛けて作り出します。
この前肩成形のレベルで肩の収まり具合や楽さなども かなり変わります。

 では、ウエストコートはどうなのでしょうか。
確かに上着よりも肩幅自体は狭いのですが、同じ肩に乗っているのです。
幅に応じて 度合いは違えど 同じ考慮が成されている方が良いに決まっていますね。


ハンガーに掛かったウエストコートの肩周りが前に回っているのがお分り頂けますでしょうか。
(いかり肩傾向なU様ゆえ、ハンガーと服との肩傾斜の適合性があまり高くありませんが!)


 それではU様をお迎えで御座います。


















il8.jpg



・・・・・U様、素敵なお顔を塗りつぶしてしまい本当に申し訳御座いません。
お客様のお顔はお出しせぬ当BLOGでは御座いますが、どうしてもその御持参されたボーターが素敵なのでお許しくださいませ。


確りとして張りのある生地ではありますが、リネンは皺も入り 馴染んでくると
それは独特なクタリ感がでてきて随分と柔らかく成って参ります。
上着の内部芯は、胸部増し芯に使われるバス芯を使わずにソフトな増芯に置き換えて作っております。
リラックスした着心地と共にソフトな着心地をも楽しんで頂ける事と思います。




 日本が洋装を取り入れ、英国から紳士服を学んできたわけです。
『夏にはリネンを』 当時、多くの方々は アイリッシュリネンのスーツを纏い、カンカン帽(ボーター)を被っておりました。

特にスーツスタイルにおいて、ある意味帽子をもって完結する訳ですが
そもそもクーラーも無い時代、夏の日差しを避ける為にも帽子は正に欠かせぬアイテムでもありました。

カンカン帽と言えば やはりリネンのスーツ、そしてブレザーが先ずは思い浮かびます。
昔は洋装だけでは無く、和装でも被られておりました。



il9.jpg



















il10.jpg



・・・・・U様のお好みを反映された 1-PLEATのトラウザース、シャープなシルエットで本当にお似合いで御座います。

 上着の腰ポケットは、お好みでサラッとシンプルにと フラップをお付けになりませんでした。
トラウザースの右前にはフォブポケットをお付けしておりますが、合わせてフラップ無しの仕様にてお作りしております。















il11.jpg



・・・・・お洒落で本当に洋服がお好きで拘り強きU様は
いつもそのスーツに合せたセットを御持参の上でフィッティングに望まれます。

帽子も、靴も、徹底された御方であり 流石で御座います!
そうですよね、仮縫いも御納品も 制作過程さえも誂えですから十分に楽しむべき事柄なのです。

ただ、靴には相当悩まれており、、、スペクテーターシューズを入手しようかと御検討中です。
確かに出来るなら欲しい靴でもあり、合わせたくなりますよね。
それが手に入るまでは、薄茶(タンなど)の靴で十分です!

 冒頭のイラストでも茶靴を合わせています。生地の色も白ではなく、クリームですし むしろ決まり過ぎずに俄然格好良くお履き頂けるはずです。






イベントやパーティーでは、是非ともパリッとスーツで!
そして普段使いにはODDで気軽に御着用頂ければと思います。
 スーツでの着用でも、例えばネイビーのオープンカラーシャツにネイビーのデッキシューズなどで軽快に着こなされても素敵です。

 リネンは経年経過で本当に味わいが増す生地です。
是非育ててあげて下さい。



U様、この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。





















・・・・・巷では春夏物のSALEが始まっております。
SALEをされない高級ブランドのディスプレーでは、早くも毛皮やカシミアのコートがディスプレーされていました! 早いですね。


 今月の後半頃から、HOUSE STYLE ORDER におきまして
ご協力工場様より 早期受注キャンペーンのお知らせを頂戴しております。

この暑き最中では御座いますが、早々に御注文頂きますと 工期はいつもより長くなりますが、お得な割引が入ります!

 詳細は次回のBLOGで御紹介させて頂きますので
宜しければ是非とも御利用頂けましたら幸いです。

 宜しくお願い申し上げます。


















・・・・・誠に恐縮ながら、来週のBLOG更新はお休みとさせて頂きます。

次回は7月17日(火)を予定しておりますので、どうかこれからも宜しくお願い致します。

 今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。






posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

【 O様の御注文 : VINTAGE MOXON 】




 今週は梅雨の中休みの様で 比較的好天になるようですが、気温30度越えも、、、。
皆様、水分補給含め どうかご自愛下さいませ。






 さて、早速では御座いますが
今週は正に最高の生地による 最高にエレガントなクラシックスーツを御紹介させて頂きたいと思います。

使用頻度高き 頼りになる当たり前なアイテムこそ、
最高品質であればある程に御満足度も高く、より長きに渡りお付き合い頂けるというものです。



















 様々な意味と事柄おいて多岐に渡る効率化が進み、手間の掛かる物、事は省かれつつある側面があります。
物作りだけではありませんが、一度進んでしまうと 基に戻れなくなる事も多々御座います。
時の流れ、様々な進化や発展は当然ながら多大なる良い面もあり 恩恵も受ける訳ですが、ふと気が付いた時には『温もり』の様な抽象的味わいが失われつつあることを理解するものです。

高級な既製品の革靴などもそうですし、皆様はどんな物に感じられますでしょうか。

 スーツを仕立てる際には欠かせぬ生地、これらも移り行く時代の流れに抗えぬ部分がある事は否めません。
クールビズなど含め、世界的にもカジュアル化が進みつつある昨今、生地の総生産量さえ減りつつあるのです。

 生地を織りなすミルも どれだけ減った事でしょうか。
昔は信じられない程沢山あった訳で、各社切磋琢磨の上で良き競争も行われていた事でしょう。

当時を考えれば、仕事でも散歩でも、はたまたスポーツやリゾートの場においても それぞれに見合ったスーツ( TAILORED CLOTHING )を着ていた訳です。 その生地のバリエーションたるは驚くほどに多彩でした。

 そんな競争下の中でも、群を抜いて秀でた数社のミルというのが存在していました。





切磋琢磨の時代、こんなヴィンテージ扱いとなる生地がまだ残っており、お仕立て頂けるという事は お好きな方々にとって どれだけ幸せでラッキーな事なのでしょう。
もし20年後に生まれていたら、いや10年後だとしても随分状況は違う筈です。

 VINTAGEは限りある在庫です。 時の流れと共に減る一方なのです。

叶うなら、見境なく手に入れておきたい品々が稀にあります。
その縁を大切に捉え、入手出来る事に感謝すら致します。


 手に入れておきたい品々、、、今回の生地も間違いなく その部類に入ります。




極上のヴィンテージ生地を、極上のハンドメイド誂える。
究極の自己満でもありつつ、その所有欲を満たす喜びは格別なものでもありましょう。


















vm1.jpg



VINTAGE MOXON


SUPER 100’S LUMB’S GOLDEN BALE & CASHMERE

340g





http://dittos.seesaa.net/article/453386393.html

( ↑ 是非コチラもご覧くださいませ:VINTAGE MOXONA )




 MOXONのVINTAGEにおき、貴重なゴールデンベールの生地が、しかもシンプルな無地で残っていたなんて、、、心底驚きを隠せません。


vm2.jpg



 独特な畝織りがおりなす その表情は大変個性的で素晴らしく、光の加減や見る角度により顔色を変えます。









今回は そのシリーズにおき、美しい綺麗なネイビー地で御注文を下さりました
O様の BESPOKE 3P-SUITS を御紹介させて頂きます。


vm3.jpg























・・・・・デザインは至ってシンプルであり、それで十分です。それが良いのです。


vm4.jpg



O様におかれましては、沢山の素晴らしい洋服をお持ちの中、BESPOKE SUITSとしては 2着目となります。
 1stオーダーより濃い御注文を頂戴し、素晴らしいスーツを仕立てる事が出来ました。
これらはHOUSE STYLE ORDERでは対応不可の為、敢えて そのスタイルを尊重して下さりました。

その初回スーツとベースは殆ど変わりませんが、O様が多分気付かないであろうミリ単位での【 職人の自己満 】 としての微調整が含まれております。

心底羨ましいスーツです、、、、。 
もう多くを語るは野暮というものです。


vm5.jpg


















vm6.jpg



・・・・・中縫い仮縫いとなりますが、ウエストコートの背中は別布(シーチング)で組んでいます。
型紙の精度を確かめ、FINISHは勿論お選び頂きました裏地で仕立てられます。


















vm7.jpg



・・・・・かなり型紙精度は高く、ほぼ未修整にて仮縫いを終わります。
O様の御期待感も一層高まりましたでしょうか。

やはり盛り上がりますよね〜、作り手側の者も同じ気持ちです!

技術者にも人間である以上は感情があります。
『 この方に素敵なスーツを仕立て、着て頂きたい。喜んでもらいたい!』
そういう気持ちは仕立ての中に必ず反映されると思います。
 手作り、、、型紙作成の線の一本から、仕立てにおける一針、アイロン操作の至る所で、様々な手加減や思い入れが凝縮されています。






















・・・・・いよいよお仕立て上がりで御座います。

御着用機会もあるという事で、お仕立て上がり 直ぐにご来店頂きました。
今季新作タイと共に最終フィッティングです。 誠に有難う御座います!


vm8.jpg



ご興味の無い方にとっては、単なるネイビーのスーツです。
ですが、私やO様にとっては掛替え無き 尊い一着でもあるのです。

 ウットリとしてしまう程にエレガントなネイビースーツ、これから様々なシーンにてO様のパートナーとして活躍してくれる事でしょう。









vm9.jpg





vm10.jpg





vm11.jpg





vm13.jpg





vm12.jpg




・・・・・本当に素敵です。 正に誂えですね!

手作りの物たる特徴は、使えば使う程に良くなります。育つとも言えます。
バッチリと仕上げプレスも施されたばかりの誂えスーツは、御注文主様へ嫁いだばかりで まだ緊張状態です。

 段々とその緊張は解れ、個性と共にそのポテンシャルを滲み出して参ります。
そうやって『 貴方色 』に染まってゆくのです。

 本当に多くの手間と時間、そして技術を惜しみなくつぎ込んだ手作りの品。
一カ月後、一年後、十年後を楽しみにされて下さい。
 正に欠かせぬ存在にもなり、身体の一部でもあり、良きも悪き時も様々なシーンを共に過ごしてきたパートナーになってくれているでしょう。

そして、二十年、三十年とメンテナンスをしながら O様がお爺ちゃんになってもお付き合い下さいませ。 それだけのポテンシャルは確りと内蔵してあります。





















・・・・・如何でしたでしょうか。
貴重なスーツであり、特別なスーツでもある訳ですが、単なるネイビースーツです。

スタイルは至ってシンプルでベーシックであればある程、素材の持つ魅力も引き立つというものです。

 O様、この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。



vm14.jpg













・・・・・この VINTAGE MOXON:GOLDEN BALE のシリーズですが、
ネイビーと冒頭のミディアムグレーは既に品切れとなっておりますが、他の色柄では まだ少しだけ在庫が御座います。

気に成った御方が居られましたら、是非お店にいらして下さいませ。



 また、『 ネイビーが 』御所望の御方におかれましては
このVINTAGE MOXONと同等の極上生地を改めて入手する事が出来ました。
これも本当に驚きの逸品です!!


当分の間はBLOGでの御紹介は出来ません。

 お店に来て下さった方々へのみ御紹介させて頂いております。



手に入れたい生地など山ほどあります。
作りたい生地などもキリがありません。

 御縁とタイミング、特にヴィンテージに関しては 是非大切にお考え頂けましたら幸いです。



皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。








posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする