2019年10月15日

【 合服:MOHAIR TWILL 】





非常に強い大型台風19号がまた週末に来ました。
各地で大きな爪痕を残し、沢山の方々が被害に遭われてしまいました。

少しでも早く元の生活に戻れるよう願うばかりで御座います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






 令和元年、2019年もあと2カ月半となって参りました。
都心もやっと涼しくなりはじめ、これで装いも大いに楽しめますね。







1wt.jpg




北アルプス、アルペンルートの山肌は早くも紅葉が始まっておりました。
何て美しいのでしょう、、、
頭の中には真っ先にTWEEDが思い浮かんだ次第です。

この美しき自然をいつまでも守り続けなければ成りません。




HOUSE STYLE ORDERは次々に仕立て上がってきており、お陰様でもう保管場所は限界です!
BESPOKE を御注文の皆様方におかれましては、毎年の事ながら見積もった予定より遅れておりまして大変ご心配、ご迷惑をお掛けしております。
 丹精込めて、全力をもって仕立てて参りますゆえ 今暫しお待ち頂きます様 宜しくお願い申し上げます。


BESPOKEと言えば、やはりどうしても工期が長く掛かってしまいます。
この時期では既に春夏物、もしくは来秋冬物のご注文を頂戴しております。

店頭では現在様々な秋冬地をメインに沢山の生地が並んでおりますが、上記の様な背景もあり リクエスト頂ければいつでも一年中の生地をご覧頂く事が出来ます。




 今週は日本でいう『合い物・合い服』となる素晴らしい生地をリーズナブルに買い付けましたので御紹介させて頂きます。

そもそも『合い服』とは寒暑の間に着用する服の事を指し、春や秋が着用メインとなる服の事となります。
四季に恵まれた日本ならではの言葉ですね。












2wt.jpg



William Halstead



 1875年 ウエストヨークシャー州ブラッドフォードに創業された老舗ミルで御座います。
昔ながらの伝統工法に拘り、素晴らしく高品質な生地を織りあげております。

サンクロス(ソラーロ)やモヘア混紡の生地は特に有名ですね。
そのモヘアに至っては、同社の織り上げる品質は頗る高く 多くのマートャントから支持を受けている事からも垣間見る事が出来るでしょう。


 MOHAIR=アンゴラ山羊の毛であり、ハリとコシが強く、独特の光沢感があります。

http://dittos.seesaa.net/article/321867264.html
【 新旧 KID MOHAIR 】 詳しくはコチラを御参照下さいませ。



ネームにいるのはアンゴラ山羊さんですね!
モヘアの毛はアダルトとキッドに分けられ、キッドモヘアとは生後一年未満の仔山羊から刈り取った毛を指します。希少でもあり その分高価でもあります。
(その中でも、更に生後3〜6ヵ月の間に刈り取られた毛は スーパーキッドモヘアと分類されるそうです。)

とても細く柔らかくもありますが、モヘアらしいハリ・コシも健在です。
モヘアの毛はとても強く、織機自体もすり減らしてしまう程です。
断熱性が高く、冬は暖かい! 反面 放湿性にも優れているので夏は涼しい!
こんなにも優れた毛ですから洋服地だけでは無く、ニット等でも多く扱われていますね。

 この様な特徴を持つ事からも、平織にして通気性を更に望んだ薄地の春夏系生地が多いのです。

しかし、今回御紹介の生地は確りと綾織で密に打ち込まれた合い物として織り上げられた逸品となります。





3wt.jpg



73% : Super Fine Merino Wool

27% : Kid Mohair


約340g



 キッドモヘアは上質な南アフリカ産であり、緯糸にウール糸とブレンドされて使用されています。
織機の速度を落とし、安定度の高いツイル地に織り上げ、仕上げは WT JOHNSON社 でじっくりとフィニッシングされています。
表面は綺麗にクリアカットされ、よりモヘア混のらしさが溢れ、確りとした綾織はアイロンの効きも良く大変仕立て映えのする生地となっております。


この度は素敵な三色の御用意となります。



4wt.jpg





 では、じっくりとご覧頂きましょう。


















5wt.jpg



・・・・・独特な魅力を放つ インクブルー です。
ネイビーでも濃過ぎないトーンが故に、正に合い向きの色目と言えるのではないでしょうか。

モヘア混のハリ・コシは見事なドレープを生み、その特徴たる光沢感は受ける光の陰影を美しく奏でます。










6wt.jpg



・・・・・たったの27%、されど27% でブレンドされたキッドモヘア。
絶対にエレガントで美しいシルエットのスーツに仕立て上がる事でしょう。












7wt.jpg



・・・・・2×2の綾織、シャキッとしたツイル目がとてもシャープで素敵ですね!












8wt.jpg



・・・・・お次は渋き オックスフォードグレー です。
堪りません、、、。













9wt.jpg



・・・・・素晴らしい質感と表情です。
ソリッドだからこそ、糸や生地としての質が出ます。

この写真ではとても上手くその個性を感じて頂ける事と思います。












10wt.jpg



・・・・・このツイル目が浮き出ているように見える様。
微妙に経糸と緯糸の色味を変えているのです。 上手い!!













11wt.jpg




・・・・・ラストを飾るは大変シックなチャコールグレーです。
かなり深いトーンでもあり、もう色自体がエレガントです!

それにこの素晴らしい陰影が加わるのですから早くスーツに仕立て上がった姿を見たいものです。












12wt.jpg



・・・・・こんなに素晴らしい食材を目にしたら、思わず料理したくなります!
実に素晴らしい、、、手に入れたい逸品です。



13wt.jpg


















・・・・・如何でしたでしょうか。
BESPOKEであれば来年の御納品となりますが、HOUSE STYLE ORDERであれば まだ余裕で年内納めが間に合います。

合い物ですが、冬にも御着用頂けます。
建物内は空調管理されておりますし、外出時には寒ければ上からコートを羽織って、、、、
真夏以外は御着用頂けますので幅広く、そして長きに渡り皆様の相棒として活躍してくれる事でしょう。
 この品質にして お値段がリーズナブルな所も嬉しい限りです。


14wt.jpg





是非とも 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。








posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

【 2019AW SHIRTING 】




ハリソンズ・ベアー君より 重要なお知らせが御座います!


『 上手にお得なお買い物を!!』




1sh.jpg




 令和元年 十月一日
本日より、消費税が8%から10%に上がりました。

消費が冷え込む、、、など含め 様々な意見がある事と思います。
その様な意見も踏まえているとは思いますが、国内でのキャッシュレス化促進を目指し
本日より対象店舗ではキャッシュレスでのお買い物に付きまして、【 5%のポイント還元をするという制度 】も同時にスタート致しました。
(対象店舗の形態で異なり、例えばコンビニなどは2%となります。)


当店におきまして、クレジットカードでの御決済であれば
5%のポイント還元が付きますので、TAX=10% ⇒ 実質5% でのお買い物が出来る事になります。

TAX=8%から考えると、差し引き 3%分が先月より安い! という事になりますね。


これは2020年6月まで続きますが、細かなルールがある事も事実です。
月々の買い物金額に対し、この5%還元が対象となる額には当然上限があり、一枚のカードで月々約30万円までのお買い物が対象額となり、これも目安となります。

30万円のTAX=10% は3万円ですね、15,000円分の還元がつく事になります。
これが月々での還元上限だそうです。
(カード会社により一部違いもありますので、細かくは各カード会社へ確認が必要です。)

 では、クレジットカードを3社で3枚持っていたら、、、!?




そして、還元方法にはポイントでの還元だけでは無く
口座より引き落としの際に【 引落とし時相殺 】というのもあり
還元額が相殺(実質値引き)の上で引き落とされるという方法もあります。


色々とルールもある事とは思いますが、TAX=8% の時よりも3%お得に買い物ができる事になります。


2sh.jpg



 この CASHLESSマークの付いたお店が対象店舗の証となります。
私自身もまだまだ勉強不足ながら、、、
折角のですので当店も対象店舗ゆえ 上手く有効活用して頂けましたら幸いです。




















 さて、今週の本題に移りましょう。
10月にも入り いよいよ秋冬シーズン真っ盛りです。

シャツ生地もシーズンファブリックと共に 2019AW用の新たな生地見本が届いておりますので御紹介させて頂きたいと思います。


3sh.jpg



 クラシックでベーシックな生地は常にコレクションしております。
故に シーズンを感じる生地や、特徴的な生地、個性的な生地なども踏まえた上での御紹介をさせて頂きたいと思います。

是非お楽しみ下さいませ!!


















4sh.jpg



・・・・・GETZNER:オーストリア

ベーシックな物から個性的な生地も沢山揃える同社の生地より、クラシックなストライプのシリーズです。

見ていて落ち着きますね。
しかし そこは敢えてAWコレクションです。
実は全てツイル(綾織り)となります。

ポプリンなどの平織と比べ、より確り感が出ると共に、光沢感も加味されます。
平織より丈夫で長持ち、通気性は平織より劣るものの だからこそ秋冬では暖かいという事にもなりますね。









5sh.jpg




・・・・・GETZNER:オーストリア

クラシックな格子柄であるタッターソールチェックですが、敢えて大きく大胆にデザインされています。
織は繻子織でしょうか、より光沢感が強く 個性と主張の強めな生地となります。












6sh.jpg




・・・・・GETZNER:オーストリア

複雑でかなり緻密な織り柄であり ダイヤ柄となります。
シャツとして この生地を選ぶかどうかは別としても、本当に綺麗な生地であると共に、織り上げる技術と個性が凄いですね。















7sh.jpg



・・・・・ALUMO:スイス

名門アルモの登場です。 こちらの生地はとても配色が綺麗なマルチストライプ柄。
糸は 140番双子 が使われ、ツルツルで肌触りが最高です。
 同社はこの様な色遣いの美しい生地が多いですね。













8sh.jpg



・・・・・TESTA:イタリア

これは尖っていますね!! モードすら感じます。
テカテカに光った表情は繻子織でしょう。
一見 ベーシックな格子やストライプも、織が変わるだけでここまで表情がガラリと変わります。

右から2種の織り柄も大変主張がありますね。
 パンチの効いたカジュアルなシャツに一枚如何でしょうか。












9sh.jpg




・・・・・SOMELOS:ポルトガル  LEGGIUNO(イタリア) TESTA(イタリア)

ニヒルなダークシャツがお好みの方々へ!
深い色、様々な織り柄が揃い、選びたい放題です。













10sh.jpg



・・・・・LEGGIUNO:イタリア

淡いアイスブルー地に繊細な縞柄のベースには、なんとドラゴンフライが飛び交います!!

こんな織も出来るのですね、驚きます。
何となく和風な雰囲気もありますね、虫好きの方 如何でしょうか!













11sh.jpg



・・・・・LEGGIUNO:イタリア

はい、今回も楽しんで頂きましょう! プリントシリーズです。
えー、小花柄は良いとして、、、
カラフルで様々なデザインのマグカップ柄!
カラフルなフェザー柄に自転車柄も!

毎年豊富なプリント柄が揃います、それだけファン層の方々がいらっしゃるという事に他なりません! 私自身も楽しみにしています。















12sh.jpg



・・・・・LEGGIUNO:イタリア

え〜〜〜っ、パックマン!?  インベーダーに、ゲームボーイ、
た、たまごっち まで!!
任天堂さんですか!?

ある意味 日本らしいのかな、、、、どうなのでしょう(笑)。
レジウノ社のテキスタイルデザイナーはきっと日本贔屓なイタリア人かも知れませんね。














13sh.jpg



・・・・・LEGGIUNO:イタリア

ぺ 、ペンギン君、、、南極ですか?
モノトーンでとても可愛らしいですが、やや寒々しいような(笑)。

水族館の飼育員の方々、これで制服シャツなど如何でしょう!













14sh.jpg



・・・・・LEGGIUNO:イタリア

随分とオリエンタルな感じですが、ここはどこ?
極楽浄土でしょうか、、、。

それはさておき、この繊細なデザインを見て下さい。プリント柄ですよ!
最早ここまで繊細で多色な色柄は昔のハンド・プリントでは無理でしょう。
 今の技術では、PC内の絵柄をインクジェット・プリントでデータそのままに繊細な色柄・デザインを小ロット・ローコストで出来る様になっているという事でもあります。

本当に綺麗で細かく美しくもありますね。
アロハシャツの様に仕立てると良い感じになるでしょうか。















15sh.jpg



・・・・・CANCLINI:イタリア

随分と刺激が強かったので、一旦落ち着きましょう(笑)。
ポプリンのクラシックなストライプシリーズです。
通年使い出来る定番のシャツ地ですね、正に落ち着きます!














16sh.jpg



・・・・・CANCLINI:イタリア

おっ、典型的なロンドンストライプですね!
パープルが格好良い! ですが、、、ブルー(ネイビー)が入っていないのは何故でしょう。














17sh.jpg



・・・・・CANCLINI:イタリア

淡いアイスブルー地には小紋の織り柄が入ります。
こんな上品なシャツであれば、色目の綺麗なジャケット等に合せたくなりますね。
爽やかで素敵です!











18sh.jpg



・・・・・THOMAS MASON:イタリア

 ここからはガッツリと秋冬地です!
かつ、以降全ての生地が起毛されたネルシャツ地(コットンフランネル)となります。

 綺麗なツイルはアイボリーとワインの2色、随分と艶やかでもありますが
実は カシミアが15%もブレンドされており、肌触りはもう最高に気持ちが良いです。
カシミアですから肌にも優しく、とても暖かい事でしょう。













19sh.jpg



・・・・・ALIMO:スイス

ベーシックなネルのソリッドシリーズですが、こちらはコットンが主体ながら ウールを17% ブレンドしています。
 色出しも本当に綺麗で、霜降り感のある表情が素敵ですね。













20sh.jpg




・・・・・GETZNER:オーストラリア

これ、愛用しています! クラシックなヘリンボーン柄、コットン:100%のネルです。
特徴としては結構な厚地と言えます。

本当に寒い時期にはヘビーローテーションになります(笑)。
ツィードのJKやブルゾン、ニット等との相性が抜群のスポーツシャツ地です!

生地見本で触った感じより、洗濯で目が詰まり、かつ起毛具合も相乗効果により 更に暖かいシャツへと変貌します。
 なので、『暖かいシャツが欲しい!』というご要望には一番です。

今年はもう一枚 追加したいと目論んでおります!
(ヘリンボーン柄では無く、ツイル:無地も御座います。)














21sh.jpg



・・・・・THOMAS MASON:イタリア

ビビットなソリッドカラーシャツですね。
発色も大変よく、起毛されておりますから光沢が抑えられ、マットな表情が独特です。














22sh.jpg



・・・・・SOMELOS:ポルトガル

これは昨年もコレクションされていましたね。 超お勧め地です!!

約2.5mm幅の細かなミニヘリンボーン柄、コットン:100%のネルシャツ地ですが とても薄地です! 薄地ですがやはり起毛されているので暖かそう。

どことなく上品で繊細さもあります。
色は先週御紹介の BEGGストールで例えるなら Granaite(グラナイト)とDark Natural(ダークナチュラル)の色味そのまま といった感じです!

落ち着きもあり、優しく安心できる色味であり生地でもあります。
テーラードクロージングに合せるには是非お勧めです。















23sh.jpg



・・・・・TESTA:イタリア

シャツ地でのグレンチェック柄も御座います!
無地のシェットランドセーターを合わせたくなりますね、下はコーデュロイのトラウザースにスェードの靴を履いてお買い物やお散歩など如何でしょうか。














24sh.jpg



・・・・・SOMELOS:ポルトガル

落ち着きますね、、、クラシックなタッターソール柄をややアレンジと言った感じの典型的なカントリーチェックです。

カントリースタイルを楽しまれる方々には欠かせぬシリーズでもありますね。
ベースが白ではなく、アイボリーなのもGOODです!















25sh.jpg



・・・・・LEGGIUNO:イタリア

最後の御紹介です。
沢山のプリント物を御紹介しましたが、その殆どはレジウノ社でした。

美しさと共に寒々しくもある冬景色、、、この生地も漏れなくそうなのですが、
実はこれもフランネルであり起毛されているのです!

ネルシャツのプリント地ですよ。
起毛された程好いボケ感が幻想的でもあり このデザインを活かすかの様な相乗効果を感じさせます。

デザインは寒そうですが、生地は暖かいですよ!















・・・・・如何でしたでしょうか。

単にシャツと言っても相当幅広く、フォーマルシャツからタイを締める前提でのドレスシャツ、様々なスポーツシャツなど本当に多彩です。
 着用されるスタイルやシーンにより、皆様の個性や価値観に合う素敵なシャツをお探し頂ければと思います。

そして、シーズンファブリックの類は やはりその季節に応じた味付けが施され、より適切な機能と楽しみを享受する事が出来ます。
涼しきシャツ地、温かいシャツ地などは分かり易いところですね。


皆様も是非 素敵なシャツとの巡り合いを求め、お越し頂けましたら幸いで御座います。













・・・・・大変恐縮ながら、来週のBLOG更新はお休みを頂戴致します。
お陰様により 身体が一つでは足りぬ季節でも御座います。

次回は 10月15日(火)の更新を予定しております。

どうか引き続き 宜しくお願い申し上げます。
 今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。







posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

【 至高たるストール:BEGG & CO 】




二週に渡って三連休でしたが、お天気の方はあまり優れませんでしたね。
そろそろ十月が見えて参りました。
陽が落ちるのも早くなり、朝晩はかなり過ごしやすい気温になって参りました。

皆様、秋冬の準備は如何でしょうか。
当店 HOUSE STYLE ORDER では旬の洋服を御注文出来る為、正に良い仕込み時となってきました。
 寒さ感じる気温が待ち遠しいです!








bg1.jpg



・・・・・カントリーサイドでの一コマ。
ツィードやカバートコート、二人の紳士の首元にはストールで防寒と共に素敵な差し色ともなった着こなしをされております。
 これからはストールも欠かせぬ寒い季節がやって参ります。

今週は正に天女の羽衣を彷彿させるような 至高のストールを御紹介させて頂きます。















BEGG & CO

( ALEX BEGG )





1866年 スコットランドの工業都市ペイズリーにて、アレックス・ベッグにより設立されました。
クライド川支流のほとりで、スコットランドの風土、湖と海にインスパイアされ、地元の織元が小さなチームを組んで 最初のベッグ・ショールが生まれました。

1902年には50キロほど南西にあるスコットランドの西海岸の海辺の町であるエアに移転と同時に、生産設備を拡大して投資し、新しい技術も採用しながら発展を遂げます。



bg2.jpg



 カシミアを扱う有名なメーカーはご存知の通り幾つかあります。
生地を織る事を主体としながらストールなどの洋品アイテムを手掛ける有名ブランドもありますね。
 しかし、BEGGは長きに渡り このストール(マフラー)というアイテムだけに絞り、愛情を注ぎこみます。

それだけに同社のストールには本当に様々な色柄、種類がありますが、どれもこれも天下一品です。
餅は餅屋と言われますが、更にその餅を究極まで突き詰めた最高の逸品と言わざるを得ぬ品質で御座います。











・・・・・個人的に私はネックウエアが好きでスカーフやストールも沢山所有しています。
しかし、肌が弱い事もあり ウールのストールは巻く事が出来ません。
動物繊維で言えば やはりカシミアかシルクになってしまいます。


もう何年も前ですが、BEGGのカシミアストールに出会い かなり衝撃を受けました。
今でも大切に愛用していますが、正に別次元の感触に感動すらした次第です。
 当店でもずっと御紹介したかったのですが、本年になってやっと その機会を得る事になります。








bg3.jpg




・・・・・私は所謂マフラータイプは使いません。長いフリンジが付き、フワフワと起毛された良く見るタイプですね。
見るからに暖かそうであり、防寒用と捉えれば こちらの方に軍配が上がるでしょう。

しかし、ボリュームがあり過ぎます。
都会の生活の中では 先ずオーバースペックであり暑すぎる事、モコモコするので見た目もスマートでは無い事、外した時には嵩張る事、、、、といった理由からです。

故に、地薄で向う側が透ける様な薄さの大判である事が選ぶ基準であり、価値観となります。
軽く暖かい空気を含み、大判なので様々な巻き方も楽しめつつ、地薄なのでモコモコする事はありません。
とにかく軽くて、外して畳んでも小さく薄くなりますのでバッグへ嵩張る事無くスマートに仕舞う事が出来ます。

このサイズであれば男女兼用使い出来る事も大いなるメリットであり、女性であればケープの様に肩から掛けても良いでしょう。 ご夫婦での兼用も出来ます!
夏場 室内などで環境の空調が効きすぎている様であれば膝に掛けても良いですね。嵩張りませんから引き出して仕舞っておいても邪魔には成りません。












bg4.jpg




・・・・・カシミアの繊維は細く、ウールの様にチクチクしません。
何故でしょうか、、、、下記ページにて特徴な性能を詳しく御紹介しております。

http://dittos.seesaa.net/article/422289775.html
【 CASHMERE 】

しなやかで艶やか、しっとりとした肌触りは原毛が適度な油分を含み包み込んでおります。
保温性にも優れ、薄くても十分に暖かいのがカシミアです。

そうですね、、、花粉症の方々は良くご存知の事と思いますが
通常のティッシュと、カシミア・ティッシュ、あの風合い、使い心地の違いといえば分かり易いでしょうか。

 カシミアが伊達に繊維の宝石と呼ばれている訳ではありません。

私にとってカシミアの生地やストールは身近であり、職業柄 皆様よりも触り慣れていると言えるでしょう。
そんな私が度肝を抜かれたのが BEGG のカシミアストールであり、その膨大なシリーズの中でも この度御紹介させて頂くシリーズは特に絶品です。

 品質に対する同社の拘りを考えれば勿論確りとした理由があり、シャツ地でいう CARO RIVAやALUMO の糸作りに同じとお考え下さい。
徹底された最高の原材料を仕入れるのは勿論の事、それを独自の技法により 生かし熟成させた極上の糸にあります。

 それだけではありません、水や仕上げの工程でも膨大な拘りがそこに存在致します。

そうして至高にして究極のストールと成り得ます。

そんな BEGG のシリーズより、厳選した個人的な『 No.1 』を 是非御紹介させて頂きます。








・・・・・この度は、計5色の御用意をさせて頂きました。
どれもこれも美しく、気品のある色出しです。










bg5.jpg



・・・・・柔らかさと共に、その薄さが感じられると思います!
髪の毛より俄然細い繊維です。
その極上な細い糸を柔らかく、甘くツイルで織り上げ、洗いと共に丁寧にFINISHINGされます。

本当に凄いですよ、何故ここまでシットリしているのか、、、。
首が、肌が喜ばぬ訳がありません!













bg6.jpg



・・・・・サイズですが
70p × 200p となります。
( PURE CASHMERE )

長さは身長よりありますね! 大抵の場合は幅を半分に折り、お好みで様々に巻き付けて下さい。









bg7.jpg



・・・・・最高の糸で 最高の生地として織りあげ、ただただ そのままです。
織物である以上解れてしまいますので、解れ止めとして縦横双方の裁ち端糸を抜き、軽くフリンジ状にします。
 あえて縫製しない、純粋な品質をそのままにご提供する為です。


 では、5色それぞれをご覧下さいませ。




















bg8.jpg



@ col. Granite

・・・グラニット(グラナイト)という色であり、花崗岩を意味します。
程好く霜降りの効いた 杢糸使いによる 単色ミディアムグレーです。
鉄板色ですね。

柔らかさ、優しさが写真から伝わりますでしょうか。

bg9.jpg














bg10.jpg


A Col. Dark Natural

・・・ダークナチュラル、正にカシミア山羊を思わせるナチュラルなベージュです。
ややくすませた色味にする事で落ち着いた印象を与えます。
@に同じく、杢糸使いによる 単色ダークベージュです。

カシミア山羊さんを そのまま首元へ。

bg11.jpg


















bg12.jpg


B Col. Tiger's eye

・・・タイガーアイ(虎目石)という天然石に因んだ名称です。
ここからは美しい交織使いとなります。

経糸にカーキ、緯糸にオレンジで交織にして独特で幻想的な色味を奏でます。
私が初めて手にしたBEGGがこれでした。

 所謂ソラーロの様であり、光の当たり方により 色味が変わります。
交織にする事で色の変化と共に深みが増します。
触り心地と共に驚くほどの色気があります。

この色は ONにもOFFにも使いやすい万能な色味と言えるでしょう!

bg13.jpg

















bg14.jpg


C Col. Pine Needle

・・・これは上手いネーミングです! パインニードル=松葉です。
松の葉は正に針の様であり、色味もそう言われれば成る程と。

経糸にモスグリーン、緯糸にくすんだロイヤルブルーの様な色を使った交織です。
この経糸グリーン系だけでは このくすんだ独特の色味は表現出来ません。

何とも深みのある色でもあり、青味もありますので比較的にグリーンも落ち着きます。
なんて上品な色でしょう。

 この様に写真だけで見ると緑系という色味を強く感じますが、実際に首に巻いてみると俄然印象は変わります。
是非店頭にて首に巻いて 色味や風合いをお確かめ下さいませ。

bg15.jpg

















bg16.jpg


D Col. Blackened Blue

・・・ブラッケンド=黒くする・黒ずんだ・焦げた等を表す形容詞です。
黒ずんだブルーという意味になりますね。

経糸にチャコールグレー、緯糸にネイビーの交織であり、正に名称のままの色です。
ネイビーが強く出ますので、使いやすい定番色に捻りの効いた やはり独特の色気と深みが奏でられております。

bg17.jpg


















bg18.jpg



・・・・・単なる平置き写真だと全然色気が伝わりませんが、、、
左より
@ Granite
A Dark Natural(写真よりもう少しベージュ味があります。)
B Tiger's eye





bg19.jpg



右より
C Pine Needle
D Blackened Blue


計5色の御用意です、どれを選ばれても必ず重宝出来る逸品となる事でしょう。



 例の如く、独特で微妙な色味なので 写真という事と、皆様のモニターにより色ブレがある事でしょう。
風合いも実際に触らなければ分かりません。

是非お店で手に取って、そして巻かれてみて下さい!
その圧倒的な説得力に驚かれると共に、私の御説明がまんざらでもない事だと御理解頂けると思います。


 これだけのクオリティー、そしてカシミア:100%です。
御安くはありませんが、この品質を考えれば決して高くもありません!

だからこそ、まだ増税前にも間に合いますので御検討頂けましたら幸いです。

ご遠方の方々におかれましては どうしてもこのBLOG写真でのご判断とは成ってしまいますが、宜しければ御発送も喜んで承らせて頂きます。
(御予約が9月以内であればTAX=8%にて御対応させて頂きます。)

お支払に関しまして、お振込みか、クレジットカードでの御決済も承る事が可能です。
是非お気軽にお問い合せ頂ければと思います。



bg20.jpg



 まだ少し早いですが、大切な方へのクリスマスプレゼントにもお勧めです!
リクエスト頂ければプレゼント用のラッピングも致します。(ラッピングは勿論無料です。)


個人的に 史上最強となる至高のカシミアストールを是非とも宜しくお願い申し上げます。
皆様よりのご連絡を心よりお待ち申し上げております。
















posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | おススメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする