2016年04月19日

【 IRISH LINEN 】





 この度 九州地方を襲った大地震により お亡くなりになられた方々に心よりのご冥福をお祈りすると共に、遺族の皆様におかれましてはお悔みを申し上げます。

また、度重なる余震により これ以上の犠牲者が出ぬよう切に願うばかりです。



自然のエネルギーを前に、人間はなす術もありません。
 想定を超える、これは当然有り得る事でもあり やはり原発が心配に成ります。
地震大国である日本、つくづく身に沁みるばかりです。





















 さて、先週はウールにリネンをブレンドした お勧め混紡素材を紹介させて頂きました。
今週は LINEN : 100% での素敵な生地を紹介させて頂きたいと思います。










il0.jpg


・・・・・ケーリーグラント氏 ダブルのリネンスーツはエレガントで爽やかな夏の装いを感じさせます。
この上着のフロント打ち合い幅はかなり深めにとられていますね。





リネンと言えば、やはり IRISH LINEN の品質には拘りたい所です。

リネンが主として春夏に重宝されるのは やはり清涼感と共に涼しさからと言えますが、何故涼しいのでしょうか。

 以前にも書きましたが、例えばウール繊維を切断した断面はギッシリと中身が詰まっています。
一方 リネンの断面は中が空洞になっています。

 これが一番大きな違いでもあり、放熱効果に優れるという利点と成ります。

反面、ハリのある麻の繊維はストローの様な構造の為
パキッと折れやすく、その折目(筋)はストロー同じく戻りません。これが一番の特徴であるリネンの皺に繋がります。


繊維の強度はとても強く、水に濡れると更に その強度は増します。
織物である以上 縮みは否めませんが、洗濯にも強いと言えます。リネンシャツ等は気兼ねなくジャブジャブ洗えますね。

人間との付き合いが一番古いと言われている麻、
その昔はロープや魚網として使われていた事もうなずけます。




 それらリネン(麻)との付き合いは、その皺を魅力として捉え 楽しむ事にあります。
涼しく清涼感満点のその素材は、そういった個性的な特徴を持ち合わせる素晴らしいシーズンファブリックでもあるのです。




先週のウールが混紡された生地と比べれば 純粋なリネンは更に皺が入って当然です。

涼しさや軽さを求めるあまり、生地が薄く成ればなる程に皺は細かく入り
それはもうシワシワに成って、くだけ過ぎた だらしない印象にも成り兼ねません。

反面、ある程度ウエイトのあるリネンはでは 皺は大皺と成り 同じ皺でも全然印象が変わります。 迫力さえ感じられる程に麻の魅力が出る訳です。
 しかし、地厚な分 それだけ暑くなってしまう事は否めない所です。













 では、好みにもよりますが 丁度良い頃合いとはどの位なのか!?

今週はそのバランス感に優れた素晴らしいリネンを買い付けておりますので
御紹介致します。











il1.jpg


・・・・・早速 御注文頂きました ヘリンボーン柄の IRSH LINEN です。
柔らかく淡い綺麗な中間色、ブルーでもグレーでもなく 品のあるラベンダー色ですね。

何て素敵なのでしょう、、、!!














il2.jpg


・・・・・HARRISONS のグループに入った W.Bill
今期より リスタートした新しい春夏用コレクションの中に リネンとコットン を主体にまとめられたバンチがあります。

リネンは全てアイルランド産のものとなります。













il3.jpg


・・・・・冒頭の色と共に この色も絶妙であり、一番アピールしたい所なのですが、、、その色が写真では上手く表現出来ていません(汗)!!

クラシックなヘリンボーン柄、ウエイトは 300g と正に中肉ウエイトと成ります。

これ位が軽過ぎず、重過ぎないバランス良きウエイトと言えるでしょう。









il4.jpg


・・・・・色が本当に綺麗で、単純に形容すると 『抹茶オレ』 の様な色です。
淡くくすんだグリーンであり、とても涼しげで爽やかな色です。

こんな清涼感満点の微妙な中間色でアイリッシュリネンのスーツやジャケット
正に清々しい洋服になる事でしょう。








il5.jpg


・・・・・このヘリンボーン柄が 思いのほかシャドーストライプの様に浮き出ます。
そこもまた良い感じであり、柄物の程好い主張が見受けられる生地です。

















il6.jpg


・・・・・何色かバリエーションも揃えられております。
左一番上は冒頭の仮縫い写真と同じ生地(同じ色)のラベンダーですね。

淡い青紫色の様な感じです。
グレーでもなく、ネイビーでもなく、この色も正に絶妙で本当に綺麗です。

右側 一番下に見えるのが 上記で御紹介した生地と成ります。
この写真が一番リアルに近い印象です!












il7.jpg


・・・・・このラベンダー色ですが、バンチ見本にある生地、そしてこのスーツで使用されてた生地の反は無くなり 同品番は次反へと移っております。

染めの関係上 次反は若干色味が濃い印象です。
反違いによる染め物の難しさですね。












li9.jpg


・・・・・チャールズ皇太子もダブルのリネンスーツを。
昔ながらにリネンのスーツと言えば、やはりアイボリーはイメージが湧きますね。

夏の強気日差しを跳ね返すかの様なキリッとした印象さえあります。
とてもお似合いであり、流石の着こなしで御座います。













il8.jpg


・・・・・このシリーズでは、確りウエイトのIRISH LINEN も揃っております。

外せないアイボリーも当然押さえてあります。

昔ながらのリネンスーツのイメージ、本来であれば この位あると存在感や迫力が断然違います。
 ただし、夏は暑い! という事になります。

湿度高き日本の夏は厳しく、春秋メインといった感じに成りますので 価値観の基準を何に標準を合わせるかによってお選び頂ければと思います。















・・・・・如何でしたでしょうか。

ハリのあるリネン、着込めば着込む程に柔らかくなります。
クタクタに成りかけた頃の味わい深い雰囲気は、この様な新品では想像が付き辛いです。

ジーンズはコットンですが、リネンと同じ様に植物繊維です。
穿き込んで柔らかく馴染んだデニムをイメージされると それに近いと言えますね。


 御自身と長きを共にお過ごし頂ければ 年々味わいが増し、愛着さえ増していく事でしょう。




春夏生地には欠かせません。
お勧めですので、お付き合いをされてみては如何でしょうか。

様々なリネン、またはリネン混生地を是非ご覧頂ければと思います。











 今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。

誠に恐縮ながら、来週のBLOG更新はお休みとさせて頂きます。
 次回は、4月26日(火)の予定です。

どうか宜しくお願い致します。




posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

【 お勧めファブリック ウール×リネン 2016 】


 こんにちは。
4月に入り、皆様も徐々に春夏用の服を着始められている事と思います。

春の清々しい一番良い季節、暑くも無く、寒くも無く 好天であれば とても心地良いですね。
これから梅雨へ、そして夏の酷暑が来ると思うと、、、この時期を楽しんで過ごしたいという気持ちに成ります。















さて、今週は最早 春夏生地では弊店の定番的な生地に成りつつある
麻混の生地を御紹介させて頂きます。


英国はLAMOGE社よりお世話になっております素晴らしい春夏用の生地です。


wl1.jpg



涼しさと共に清涼感のある LINEN、そして柔軟性の WOOL、
それぞれ特徴が異なる植物繊維と動物繊維を半分ずつブレンドした生地です。

 それぞれのデメリットを補いつつ、メリットは共存致します。
これこそ混紡素材の大きな魅力でもありますね。



http://dittos.seesaa.net/article/394059524.html
http://dittos.seesaa.net/article/414169617.html
( ↑ 上記ページでは、以前御紹介させて頂いた麻混生地のページです。)










私個人もこの生地で仕立てさせて頂きました。
大のお気に入りであり、着用しているからこそ その魅力を存分にお伝えする事が出来ます。

 麻は皺も大きな魅力ではありながらも、あまりシワシワに成り過ぎると やや砕けたリゾート感を強く感じさせてしまうかも知れません。
しかし、ウールが半分も入っているので その割合分は皺が復元も致します!

また、植物繊維は往々にして融通性が低く、クセ取りなどの成形はウールと同等に行う事は安易ではありません。
 ですが、この部分もウールが入っていますので立体成型に伴うクセ取りなども確りと効かせる事が可能です。

仕立てても、着用しても気持ちが良い生地なのです。









今年は、私がお勧め定番として捉えているネイビーとサンドベージュに加え
新たにグレンチェックを2色揃えさせて頂きました。


wl2.jpg


やはり良いです!!

同じ生地種で色柄違いを何色か欲しいと思わせる生地はそう多くはありません。
余程良くて気に入っていなければですよね!

 私の場合も幾つかありますが、
筆頭として挙げられるのは この麻混シリーズと、弊店別注の GOLDEN BALE です!








素材自体が個性的ゆえ、色柄は普遍的なクラシック柄がやはりベストです。






wl3.jpg


上の4色に加え、若干ですが 千鳥格子柄とウインドーペーン柄も御座います。
ベージュとブラウンの千鳥格子
オフホワイトとネイビーの千鳥格子
そしてグレー系のウインドーペーン柄となります。





wl4.jpg


昨年には X様より頂きました三つ揃いも御紹介させて頂きました。
本当に良い雰囲気が出ており、リネンのカジュアル感がありつつも上品さがあります。

滅茶苦茶に格好良いですが、
それはX様ご自身が、そして着こなし自体が多分にウエイトを占めた魅力では御座いますが!














・・・・・明るめなグレーにクラシックなグレンチェック、薄めで爽やかなブルーの重ね格子が入っています。

wl5.jpg


これもスーツでお持ちであれば、この上着にグレーのトロピカルウールのトラウザースなどODDとしても合わせて頂けますね。

wl6.jpg


タイを締めて綺麗に着こなしても良し、プリントシャツやカラーシャツ、ポロシャツ含めたスポーツシャツ等でノータイの着こなしも素敵です。


wl7.jpg


 スリッポンや、敢えてスニーカーで足元を軽快にされるのも似合います。

















・・・・・こちらは薄いブラウンベースです。
同色系での山吹色の重ね格子が程好くマッチしています。

wl8.jpg


グレーより更にスポーティーな印象に成ります。
スーツから、ジャケットとしてオフホワイトやイエローのコットントラウザース等を合わせても素敵です。



wl9.jpg


こういったベージュ系のナチュラルな色は、心が安らぎ 安心感さえ覚えます。


wl10.jpg














wl11.jpg


・・・・・2色を並べてみました。
それぞれの色の印象含め、違った味わいがそれぞれにあります。















・・・・・こちらは外せないネイビーです。
以前にも書きましたが、色味の加減が絶妙なネイビーです!

wl12.jpg


目立ち過ぎず、控えめ過ぎないヘリンボーン柄が正にマッチしています。

wl13.jpg


絶対に間違いない一着になるでしょう。

















・・・・・私も愛用するサンドベージュ、季節柄 この色はとても映えますし、押さえておきたい色です。


wl14.jpg


O様、今月にはお声掛け出来る様 頑張ります!
初めての PADDOCK STYLE を是非ご堪能頂ければと思います。




夏になっても この色は着用する御自身にも、周りの方々にも 爽やかで清々しい印象を与えます。

今期もこれら麻混生地で素敵な御注文をお仕立てさせて頂いておりますので、また改めて皆様にも御紹介させて頂ければと思っております。



http://dittos.seesaa.net/article/418783730.html
( ↑ 恐縮ながら、昨年に紹介させて頂きました私自身のサンドベージュスーツです。)















・・・・・・・如何でしたでしょうか。

これから段々と気温も上がってくるでしょうが、少しでも装いで気分良く、気持ち良く過ごして頂けましたら幸いです。

 お勧めの魅力的な春夏素材は まだまだ御座います!

随時 御紹介させて頂きますので、これからも何卒宜しくお願い致します。





 今週も誠に有難う御座いました。




posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

【 Dittos.TIE 12th COLLECTION 】


 こんにちは。
桜も満開を迎え いよいよ4月、新しい事が始まる季節がやって参りました。

 新年度を迎え、御多忙の方々も多い事と思います。
なかなか桜など見に行けない方々にも御裾分けを!

121.jpg


122.jpg


弊店近くの青山霊園です。
もう何年 この素晴らしい桜を見てきた事でしょうか。とても元気に目一杯咲いております。
 何度も見ても心が洗われ、清々しくリフレッシュした気持ちになります。




この写真は先週の金曜日に撮りましたが、やや薄曇りなのが残念です。
こうやって写真で見ると、この時は つぼみもまだ少しありますね。
 しかし、辺り一面 それは綺麗な桜色に染まり 本当に美しい光景です。


123.jpg


太い幹の所、こんな堅そうな樹皮の所からポロっと咲いている桜も御座いました!

桜の花は儚く、天候などにもよりますが 早々に散ってしまうでしょう。
急に現実へと戻される気にもなりますが、新たな気持ちで頑張らねばと思わせてくれます。
















 さて、大変お待たせ致しました。
今週は弊店オリジナルの新作タイを御紹介させて頂きたいと思います。





 前回はプリントのアニマルモチーフ柄をご提案させて頂きました。


プリント物が好きなので、弊店では展開頻度が高いのですが
今回は初の織りによる柄物を御紹介させて頂きます。


 プリント地は何とも言えぬマッタリとした質感と表情がたまりません!
柔らかく、独特のドレープ感が出るのも特徴と言えるでしょう。

一方 織り柄の方はシルク地らしい光沢感と高級感、適度な立体感にとみ、やや確り感があります。
上記マッタリとは逆に 柄出しや色味もクッキリと明確に出るのが特徴です。



ネクタイ地としては定番である水玉柄(ドット柄)でも
織りとプリント双方有りますが、好きな方にとってみれば 同じ色や柄でも
全然別物として捉えられる程に違うと言えます。



 シルクの発色の良さ、光沢感などを生かし
柄をあえて主張できるのは織りです。 今回の企画は正に織り柄で表現するべきデザインという事に成ります。












124.jpg


英国のシルク地専門メーカーである超老舗
VANNNERS社に 私のリクエストのもと、オリジナルで生地を織ってもらいました。

思えば同社のトレードマークは絹なだけに蚕の成虫なのでしょうか!?










今回のデザインですが、
配色を組み合わせ、クラシックな小格子柄を表現しています。

125.jpg


126.jpg



先日お勧めしたスーチングにも似ており、一見は千鳥格子柄ですが
厳密には少し違います。 これも強いて言えば 【 4 POINTED STARS 】 となりますでしょうか。 (分かり易く千鳥格子で参りましょう。)




4色展開となっております。


柄は大き過ぎず、小さすぎず、適度な主張のあるサイズで表現し
2色の配色が互いの色に反発、もしくは寄り添う様に考えてあります。

127.jpg



128.jpg


 ある程度コントラストの強い配色等は、柄物としてそれなりの主張があります。
そんな所がまた『らしさ』を感じさせるところでもあります!





美しいシルク地です、、、、。
流石は創業1740年よりの超老舗、VANNERS SILK です。















129.jpg


@ ネイビーと爽やかなブルー

これはとても使いやすい色味であり、何も気兼ねせず安心してお使い頂けます。
思わす手の出てしまうタイになるのではないでしょうか。

これからの季節にも清涼感溢れて清々しいタイとして使えますが、勿論通年用です。
ブルー系のタイとして 一年中頼りになる一本である事に間違いはありません。















1210.jpg


A ダークネイビーとシャンパンゴールド

これが一番コントラスト強く、今回の織り柄が美しく映えます。
青系と黄系という反対色というのもポイントです。
 それぞれ一番遠い色ですから喧嘩するくらいのコントラスト、これが良いのです!

白のシャツにシャンパンゴールドのソリッドタイはボケてしまうので あまり合わせませんが
これはシャツの色を選びませんね。

敢えてうるさい程のストライプにシャツに合わせ、英国的にVゾーンをまとめてみては如何でしょうか。















1211.jpg


B レッドとグリーン

スーチングの SOLARO の様な配色です!
クリスマスっぽくもあるかも知れません。

今回 この配色が一番個性強き配色ですが、 一番気になる色でもあります。


柄は地味でも 色で派手と捉える方もいらっしゃる事と思います。
 実はベージュ系のスーツやジャケットにも 物凄く合います。
こんな配色も 英国好きな方は御理解があるのではないでしょうか(笑)。














1213.jpg


C 最後はストイックに参りましょう。
ブラックとグレー

これはニヒルなコーディネイトには欠かせません。
無彩色のタイと言えば、シルバーやブラック等は定番であり お手持ちの方も多いでしょう。

それらと比べれば グレーのタイはそんなに多くは無いのではないでしょうか。
こういった渋いグレータイの魅力を是非ご堪能頂きたいです。

ネイビースーツにサックスブルーのシャツ、ネイビーソリッドのタイ、、、
これは定番ですね。 これを無彩色で行うのです。

ブラックやチャコール等のグレー色、
シャークスキンやバーズアイ等の様な無彩色スーツに
白含め淡いグレー等のシャツ、そして このタイを締めてみて下さい!
 とても新鮮でニヒル、ストイックな雰囲気が出ます。大好きな合わせの一つです。

春夏にはライトグレーのスーツも増えると思いますので、一層引き締まって凄く素敵に映える筈です。

















・・・・・・・今回は別規格で もう一種類 御用意させて頂いております。

弊店では冠婚葬祭用にと ブラックスーツの御注文をされる方は少なくはありません。
 その際、お客様より 『ブラックのタイは無いのかい?』・・・・・。


御用意させて頂きました。
単に急な御入用であれば、ブラックタイなどコンビニやキオスクでも購入出来ます。
 しかし、そんなタイを締める気にはなりません。

弊店のタイを御愛用くださる顧客様は、長さやシルエット、締め心地などを気に入ってくれております。
 その品質にて弊店で御用意させて頂かなくてはと思い、今回同時にデビュー致します。





1215.jpg


同じく VANNERS SILK 
品質は間違いありません、ブラックで光沢感があまり出ず 控えめな印象となりつつ
表情もある昔ながらのクラシックな織り地 【 グログラン 】 で織って頂きました。

確りと密に織られた独特の細畝織りが特徴です。
横畝で織りが出ますので、斜めに裁断するネクタイですとレジメンタルストライプの様に畝は斜めに出て参ります。

 カッチリと織られているので、柔らかいドレープ感などは逆に出ないのも特徴と言えるでしょう。

( ・・・因みに、ネクタイ職人さんより『 この生地は密過ぎて針がかなり通り辛い、、、。』と言わしめるほどの生地であり、これがグログランでもあります。弊店一重仕立てのタイは全て総手縫いです。次は勘弁と言われてしまったので、、、(汗) 今回是非手に入れて下さい!!)


グログランは帽子のリボンや、ディナースーツ(タキシード)の拝絹(ラペル)にも使われます。
拝絹はサテン地の光沢感か、グログランのマットな表情が好きか、好みが分かれる所です。



1216.jpg


単にブラックのソリッドタイであれば皆様も既にお手持ちもある事と思います。
ですが、御満足しておられないようでしたら 是非今回のグログラン ブラックは如何でしょうか。

 普段のビジネススタイルでも使って頂いても構いません。
Vゾーンがキリッと締まり、それはそれで素敵なものです。













1217.jpg


・・・・・・・締めた感じは こんな感じに成ります。
昨日届いたばかりで余裕なく、取りあえず 1コーディネイト!
チーフ以外は全て柄物で 少し濃い感じも与えますが、ブルー系のグラデーションですからまとまりは付きます。

いつも通りディンプルも綺麗に出ます。 狭きVゾーンの演出に楽しみと拘りを是非!!















・・・・・・・今回は、計5色の展開となります。

弊店オリジナルタイの基本的なスペックや拘りは、下記過去記事よりご参考にされてみて下さい。

http://dittos.seesaa.net/article/344081649.html
( 6th-TIE )

http://dittos.seesaa.net/article/257268740.html
( 4th-TIE )









1214.jpg



1218.jpg



1219.jpg



美しいVANNERSのシルク地、独特の光沢感と贅沢感、そして締め心地など
お気軽にお店へご覧に成りに来て下さいませ。

 また、ご遠方の方は御発送もさせて頂きますので
HPよりのご連絡かお電話、もしくはこのBLOGのコメントでの連絡でも構いません。
どうかご遠慮なくご連絡頂ければと思います。















・・・・・・・今回の新作タイですが、月曜日の時点では各色数本しか納品出来ておらず、残りは仕立て上がり次第の納品と成ります。

勿論 御予約は有難く頂戴致しますので、『コレは!』と思われるのがありましたら是非リクエストをお待ちしております。


1220.jpg



1221.jpg









 では、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
今週も誠に有難う御座いました。



posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする