2016年08月23日

【 D.B OVERCOAT 】




cs0.JPG




 残暑お見舞い申し上げます。

そろそろ暑さに疲れてきてはおりませんでしょうか。
そうかと思えば、今年は少なかった台風が急に三つも!
色々な被害も懸念されます。 皆様 どうか十分にお気をつけ下さいませ。





 沢山の感動をもらったRIOオリンピックも閉会式を迎え、あとは涼しくなるのを待つばかりです。
そうは言っても残暑もなかなかしぶといかも知れません。







 さて、いよいよ8月も後半に入り
弊店BLOG内でのオーバーコートの閲覧数が上がっており、御検討されておられる方々もいらっしゃる事と思います。

もうそんな時期に差し掛かっているのです!













cs1.jpg


・・・・・お二人揃ってダブルのコートを着用されています。
着丈はクラシックに膝をホールドする丈ですね。

エレガントなシェイプの効いたシルエット、正にテーラードコートたるフォルムです。












cs2.jpg


・・・・・チャールズ皇太子の着用されているチェスターフィールドコートもダブルであり、確りと膝をホールドする丈となっております。

胸元のチーフがエレガントです。













 今週は BESPOKE OVER COAT : S様の御注文を紹介させて頂きます。















cs3.jpg


・・・・・コート、特にダブルブレストは大きいですし振り回しが大変です!
仮縫いの準備が出来ましたので、S様にお越し頂きます。














cs4.jpg


・・・・・ダブルブレストのエレガントなチェスターフィールドコートです。

今回の生地ですが、Joshua Ellis より PURE ESCORIAL で御座います。

何とも贅沢な生地ですが、品質的には WOOL : 100% となります。
ウエイトは 475g と、コート地としては軽めなポジションです。

 しっとりとして、カシミアを感じさせるヌメリ感さえ御座います。
毛足があるので、当然 一方裁ちに拘り 贅沢に裁断致します。





都会での御着用がメインであれば、500g前後有れば十分でしょう。
重過ぎず、軽過ぎないバランスの良いウエイトです。

 エスコリアル特有のナチュラルなストレッチ性は当然健在です!
この性能は お仕立て頂きました方のみ堪能する事が出来ますね。

(この素晴らしきコート地、出物でして かなりお得で御座います。残り1着分となります。)













cs5.jpg


・・・・・袖も外してアームホール周りのチェックです。

インナーは勿論 弊店にてお仕立て頂いておりますので、仮縫いしなくとも完璧な相性は保証されている様なものです。

正し、ユトリ感や丈など踏まえ 確りとご確認頂きます。















・・・・・コート好きなS様、コートのご注文だけで今回で3着目となります。
今年の秋冬用に コートをもう一着ご注文を頂戴しておりますので、先ずは一着目を先行してのお仕立てと成りました。



cs6.jpg


 そんなS様より、こちらは昨年お仕立て頂きましたコートです。
HARRISONSより ARCHIVE FLANNEL:ウインザーチェックにて
カジュアルにもお使い頂けるスポーツコートをボクシーなシルエットにてお仕立て頂きました。

格子に使われるネイビーを拾い、上衿にはネイビーのベルベットカラーを!
そして 同じネイビーベルベットにて FLAT CAP を御注文頂きました。

 とても計算された上級なお洒落ですね!!
誂え、そして装う事を存分に楽しまれております。













cs7.jpg


・・・・・さて、いよいよお仕立て上がりです!













cs8.jpg


・・・・・膝丈以上となる着丈の場合は、裏地の裾をフラシにしております。
一般的には表裏縫い止められるものですが、丈が長くなればなるほど 表裏に使われる生地の性格的な違い、そして その違いに伴う 生地の伸びや動きを考えれば、この様に縫い止めない方がメリット高いと言えます。

当然 手間は増えますが、、、BESPOKEのステージでは妥協など御座いません。

スカート等も同じ様に表裏の生地を裾でフラシ始末しているのが多いですが、上記の様な理由も当然含まれている訳です。


裏地は昔ながらのコットンバックを御選択されました。













cs9.jpg


・・・・・S様、、、本当にエレガントで美しいコートと成りました。

今回のコートにはS様のイメージソーズがありまして、衿周り含めデザイン的なバランスなど、リクエストを尊重しながらまとめ上げております。

着丈はJUST膝丈、色もダーク過ぎないグレーですから畏まり過ぎずに着用出来ます。
 故に敢えて膝丈は越さないというご判断ですね。


クッキリと分かるエレガントなウエストシェイプこそ チェスターフィールドコートには欠かせぬ所です。


インナーの上着を着ていないかの様にも感じさせる完璧なFITTINGです。












cs10.jpg


・・・・・今回 ポイントが幾つかありますが
ご覧下さい、胸ポケットを付けておりません。

古いコートなどでは良く見受けられます。
今は見ないですよね、、、古着くらいでしょうか。


エッジを飾るステッチは、ウエルトステッチで入れております。
コート地ですから生地のボリューム感が より立体的なステッチに繋がります。













cs11.jpg


・・・・・腰ポケットは片玉縁ポケットです。
フラップの上側に上唇の様な口布が無く、BODYから直接的にフラップへ連動します。

これも古きコートでは良く見受けられるディテールの一つです。

サッパリしたポケット周り、そしてサッパリと袖口は本開きの 2釦です。
冒頭のイラストも同じ2釦でしたね!















cs12.jpg


・・・・・とてもクセ取りの効いた立体的なバックスタイルです。
ウエストでシェイプされ、ゆったりとした腰回りから裾へと優雅に広がります。

コートにおいて、裾周りの分量はとても重要です。
 着丈が長くなれば成る程に 裾周りの分量が確保されていなければ たちまち足さばきが悪くなります。

勿論センターベントも機能致しますが、
単にデザインだけでなない機能性も加味され、完成されたシルエットのコートこそ
紳士の着るべきクラシックなオーバーコートでもあります。














cs13.jpg


・・・・・本当に綺麗です、、、、お似合いで御座います。

しかし、御着用頂けるのは もう少し先ですね。
楽しみにお待ち頂ければと思います。


S様、この度も素敵な御注文を 誠に有難う御座いました。

次の VINTAGE CROMBIE によるコートも是非ご期待下さいませ!!













・・・・・私の BLOG では もう何度も書いてきてはおりますが
最終的なアウターである TAILORED のオーバーコートは、インナーであるコート(ジャケット)次第で決まります。

インナーの精度が高ければ高い程 それはアウターであるオーバーコートに直接的に影響を及ぼします。







美しきシルエットを生むエレガントなコートを是非ともお試し頂ければと思います。












cs14.jpg


・・・・・大変エレガントであり、美しささえ感じられる完璧な装いです。
ステッキの様に細く巻かれた傘、そして手にするのは、、、ペッカリーのボーンでしょうか!?

格好良過ぎます、、、。

ボーンのペッカリー、これが凄く欲しくて 今 本当に迷っています(笑)。












cs15.jpg


・・・・・キャメルヘアーでのDBコートも凄く素敵ですね!
落ち着きもあり 大人の余裕さえ感じられるクラシックなコートでもあります。
ポロコートでは無く、敢えてチェスタースタイルで。

こちらの紳士のグローブはペッカリーのコルクですよね!!

コートにグローブは欠かせません。


cs16.jpg








あ〜〜っ、今回は自分のグローブはどうしよう(汗)
王道は前回作ったので、今回はカピバラの濃いブラウンと 欲しかったペッカリーのボーンにしようか、、、、


 皆様、ペッカリーの値上がり率は他の革に比べ 本当に凄いです。
この機会を是非 大切にされて下さいませ!!














・・・・・我ながら上手く繋がりました(汗)!
大変ご好評頂いております BESPOKE GLOVES の受注会におきまして
http://dittos.seesaa.net/article/440640193.html

この暑き中、そして豪雨の中 沢山の方々にご足労頂きまして 心よりのお礼を申し上げます。
 本当に有難う御座いました。

秋まで楽しみにお待ち下さいませ!



25日までと成りますが、終わり次第 直ぐにまとめて英国へオーダーを流します。
その時には仕立て上がりの日程を今一度 先方様へ確認致しますので、
改めて このBLOG内にてご報告させて頂きます。


 ご注文下さった皆様、革や色の御変更や追加など御座いませんでしょうか。
25日まででしたら間に合いますので お気兼ねなくご相談下さいませ。


 何卒宜しくお願い致します。















・・・・・上記 受注会も終わり、8月26日から30日まで 誠に恐縮ながら夏休みを頂戴致します。
(8月31日 水曜日 より通常営業となります。)


また、お休みに伴い 弊店BLOGも合わせて1週 お休みを頂戴致します。
(次の更新は。9月6日 火曜日を予定しております。)


皆様におかれましては大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承の程 宜しくお願い申し上げます。






 では頑張って残暑を乗り切って参りましょう。
 今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。








posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

【 DNEGAL TWEED 】




 こんにちは。
RIO オリンピック、盛り上がっていますね〜〜。 本当に様々なドラマが生まれるものです。





 さて、8月も中旬を迎え 巷では SALE も一段落して秋冬物が立ち上がってきておりますし
早くも毛皮さえ見受けられますね。



ファッション雑誌の方々も秋冬の立ち上がりに向け、御多忙の最中だと思います。
そんな折では御座いますが、光栄にも2社様より撮影の依頼を頂戴致しました。
お声掛け頂きまして 誠に有難う御座います。


 撮影は当たり前ですが 秋冬での装いです。
夏場は特にリネンやコットンに頼り、緩い感じが多くなりますので
久し振りにパリッと三つ揃いのスーツを着込む事が嬉しく、新鮮味さえ感じました。
やはり三つ揃いは落ち着きますし、良さを再認識するばかりです。

でも、、、まだ暑いですけど、、、!!














今週は秋冬には欠かせぬ TWEED を御紹介させて頂きます。


ツィード、、、何故か気分が高揚し、早く寒くならないかと毎年ながら待ち遠しくなります。
…と、毎年同じ様に書いている気も致します(笑)。







id1.jpg


左の紳士は、ブラウンベースの格子柄ツィードにフランネルのトラウザースでしょうか。

右側の紳士はドネガルツィードのスーツを渋く着こなしております。











DONEGAL TWEED


 IRISH TWEEDの代名詞でもあるドネガル(ド二ゴール)ツィード
アイルランドのドネガル(ド二ゴール)地方において、本来農家が手紡ぎ・手織りで織られていた素朴で味わい深いホームスパンに端を発します。

暖かくて耐久性もあり、特徴となるのはやはり独特のネップ(節)とも言えるでしょう。



 今回のドネガルツィードは、全て W.Bil よりの生地と成ります。
1864年創業の同社におかれまして、今では HARRISONS の傘下に入り リスタートをされています。

カントリースタイルに特化した同社のコレクションは、様々なツィードの種類と共に 膨大なバリエーションを扱って参りました。

サヴィルローの老舗 TAILOR にも欠かせぬ生地商であると言えます。


 その同社が、リスタートを切るに伴い HARRISONS 経由において昔の旧在庫を随分とお求め安い価格にて放出されたのが この度の仕入れになっております。


昔から変わらぬ製法でコツコツ織り上げられたツィード、
高品質であり、味わいさえも変わりません。
旧在庫とは言え、勿論 保存状況も完璧で御座います。








 新しいコレクションは、クラシックで素朴、安心感のある色柄から
奇抜でトリッキーな色使いや格子柄まで本当に多才であり、見応えがあります!


id3.jpg















 今回 旧在庫の大量放出の中より、厳選に厳選を重ね
クラシックでありつつ、『らしさ』光る色柄を買い付けました。

id2.jpg



みな素晴らしい雰囲気と佇まいであり、大人のTWEED STYLEを嗜む事の出来るシリーズとなっております。


 では、早速ご覧頂きましょう。













id4.jpg


・・・・・アイボリーとベージュ、そしてブラウで構成されたクラシックなヘリンボーン柄です。
印象的には優しく温もり感のあるベージュ系の色味となります。






id5.jpg


・・・・・赤や黄色、茶色にオレンジと多彩に盛り込まれたカラーネップが雰囲気を醸し出しています。

ツィードはカントリーサイドでの草木や花、大地や川など自然の色を取り入れ、複雑にミックスされた色調が特徴であり、だからこそカントリーに溶け込み、様々なアイテムとの色味とも調和致します。















id6.jpg


・・・・・次も同じくヘリンボーン柄、
グリーンとベージュ、そしてチャコールグレーで柄を構成しています。

グリーン系ですが、何とも表現のし辛い ツィードらしさ溢れる色調です。





id7.jpg


・・・・・オレンジ、赤、ブルーにグリーン、、、こちらも綺麗なカラーネップが映えます。
近くで見ればこの様に多才なカラーネップが見えますが、これら全てが沈み込み、何とも言えぬ色調を表現致します。















id8.jpg


・・・・・ここからは全て平織地と成ります。

綾織も多様に使われていますが、やはり平織ホームスパンこそ 一番らしさを感じる方も多い事と思います。

ダークブラウン、そしてブラウンにカーキ、、、
これも表現し辛い色であり、ブラウンとグリーンを混ぜ合わせた様な色ですが、横糸のダークブラウンがやや強く出ているので全体感はブラウン系です。

激渋です、、、。




id9.jpg


・・・・・こちらのカラーネップはさほど主張がありませんが、それでもグリーンやオレンジ、イエローなど このツィードに深みを与えております。

















id10.jpg


・・・・・これは凄いです、、、。
クリーム色の縦糸に対し、ブルーグリーンの横糸にて構成された平織ホームスパンです。

これは狙ってカラーネップの表情を加えております。

全体感としてはグレージュならぬ、グリーンジュ!? といった感じです。





id11.jpg


・・・・・水色、黄緑、赤に黄色、、、、油絵のパレットのようです!
溢れる多彩なカラーネップが独特で複雑な色味を醸し出しております。















id12.jpg


・・・・・薄いブルーグレーと濃いブルーグレーで構成された 全体的にはブルー系のホームスパンです。

これも大胆にカラーネップが配色されていますね!
比較的にオフホワイトのスラブ糸使いがポイントに成りつつ、効果的にカラーネップが配色されています。




id13.jpg


・・・・・ブルー地にイエロー、レッド、ブルーで信号カラーですね!
ブルー自体も強くないので、とても合わせ易く、CORNやMAROON等のコーデュロイTROUSERS等が映えそうです。














id14.jpg


・・・・・最後です。
赤茶の縦糸に 横糸がチャコールグレー、、、、かなり濃い焦げ茶でしょうか、、、
全体感は 赤土の様な素晴らしブラウン地です。


これもカラーネップの表情がとても効果的であり、凄く魅力的でもあり大変綺麗です。





id15.jpg


・・・・・赤、オレンジ、イエロー、そして黄緑色が凄く綺麗でアクセントになっています。


温かみのあるブラウン地、こんな味わい深いホームスパンですから きっと素敵なスーツやジャケットになる事間違いなしです。















・・・・・今回 それぞれの IRISH DONEGAL TWEEDは全て
WOOL : 100%   440g の企画と成ります。

重過ぎず、軽過ぎず 丁度良い塩梅で着用しやすきウエイトバランスとなっております。



 三つ揃いであれば冬でも十分に過ごせますし、オーバーコートを着用するのであれば
都会でしたら これ以上のウエイトはオーバースペックです。












id16.jpg


・・・・・冒頭のイラストの様に、ツィードをスーツで着ても良し
ジャケットとして、様々なトラウザースに合わせて着ても良し、
カントリースタイルは本当に着こなしの幅が広く楽しめます。





 では、これら御紹介したドネガルツィードに対し
もし ODD TROUSERSを合わせるのであれば、、、



Taylor & Littlewood : VINTAGE BEDFORDCORD





コチラは抜群の相性でもあり 今回の組み合わせをも念頭にしておりました。

 ツィードに合せたくなるトラウザースは多く存在します。
その中でも、コーデュロイやモールスキンの様なコットン系から、フラノやキャバルリーツイル等が代表的でしょう。

 しかし、カントリー系ファブリックは広い!
これら ベッドフォードコードは、今では知名度こそ低いかも知れませんが 歴史あるクラシックなカントリーファブリックでもあり、独特の縦畝が特徴となる大変丈夫な生地です。

かなりお勧めで御座います!!











id17.jpg


・・・・・写真だと少し色が分かり辛いですが、
ダークブラウン地の表側、右下に捲れて見えるのが裏側ですが 裏はネイビーです。
ダークブラウンとネイビーの交織ベッドフォードコードとなります。

 上着の鮮やかな色を引き立てます。














id18.jpg


・・・・・表側がグレー、裏側がダークブラウンの交織です。

深みのあるグレーは、多彩なネップを含むブルー系ホームスパンを引き立てます。
上下色のコントラストも付け、上下共に色の混ぜ合わせによる独特な色調がとても調和をもたらせます。

id19.jpg


















id20.jpg


・・・・・ベージュ系の優しい色味である上着、下は鉄板色であるグレーをミックスした交織です。

やや薄め寄りのミディアムグレー、裏側はダークグレーを使い、グレーのグラデーションと共に、縦畝を立体的に浮かび上がらせます。


id21.jpg



















・・・・・現在 弊店 BESPOKE でのご注文分は 勿論秋冬物の仕立て真っ盛りであり、ツィード、そしてオーバーコートさえも準備を進めている最中です。


HOUSE STYLE ORDER の方では、現在工場さんは夏休みを頂戴しております。
近々でご注文頂きました場合 お仕立て上がりは既に9月の後半から10月頭頃の予定となってきております。

 お仕立て上がりは 早くもそんな時期に差し掛かるのですね、、、、。

HS ORDER でも 既にツィードのご注文や、早い方はオーバーコートさえご注文を頂戴しております。


この暑い最中に、涼しき秋、寒くて仕方が無い冬をイメージされ
是非これら素晴らしいツィード達をご覧になりに来て下さいませ。





 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
















・・・・・この度の BESPOKE GLOVES受注会 におきまして、沢山の方々にお越し頂き 心よりのお礼を申し上げます。 本当に有難う御座います。
http://dittos.seesaa.net/article/440640193.html


id22.jpg


御注文下さる多くの方々は既製品をご使用されています。
そもそもグローブのオーダーという事自体が日本では珍しい事でもあるからです。

 誰しもがピッタリとFITするグローブが欲しいでしょう。
手のひらでサイズをピッタリ目に合わせると、大抵指丈がショートしてしまう傾向が強いです。

欧米人は身体の厚みがあります。
それに比べれば日本人はどうしても そこまでの厚みを持つ方は多くはありません。
 手の厚みも同様と言えるのかも知れませんね。

既製サイズという事は、最大公約数の数値に過ぎませんし、欧州ブランドであれば ある程度人種的な特徴の差もあって当然の事でしょう。


サイジングとは、身体含め 既製品の様にそんな単純に括れるものでは無く
特にピッタリと合わせなければ成らないアイテムこそ 適合性は低くなるという事になります。

良くも悪くも既製品とはそんなスタンスであるという事です。



受注会は あと9日間となります!!

 是非この度の機会に ご都合を付けて頂き、ご参加頂けましたら幸いです。












では、今週もお付き合い頂きまして 誠に有難う御座いました。

 皆様とお会い出来る日を楽しみにしております。







posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

【 POCKET SQUARE 】



 暑中お見舞い申し上げます。

オリンピックも始まりましたし、イチロー選手は3000本安打達成!
盛り上がっている夏ですが、立秋も迎え 少しずつ秋へと向います。







 この時期はノータイで過ごされる方が多い中、せめて上着には爽やかなチーフ(ポケットスクエア)などの小物が加わるだけで グッと装いにアクセントが付きます。


お願いしていたポケットスクエアが英国より届きましたので、御紹介させて頂きたいと思います。
















ad1.jpg


・・・・・この時期、シアサッカーに頼る事がとても多いです!
軽くて涼しげであり、とても清涼感があります。

明るめな色なので、小物類は少し強めの色が映えます!

ブルーのグラデーションで瑞々しい雰囲気の演出などは如何でしょうか。












ad2.jpg


・・・・・先ずは水玉柄、ポルカドット、、、コインドットという感じでしょうか。
4色御用意させて頂きました。

ドット柄は小さければ小さい程 ドレッシー寄りになります。
これは少し砕けたユルさがポジションでもありますね。

 リネンやコットン等のスーツやジャケットに抜群の相性でもある訳です。
当然 ノータイでのカジュアルな雰囲気にも俄然合います。


また、春夏系の季節では
やはり上着などの色味も明るめが多くなる事と思います。

だからこそ、少しアクセントになる様な発色良きカラーをお選び下さいませ!




勿論オールシーズンご使用頂けますので、その日の装いに合わせてチョイスされて下さい。












ad3.jpg


・・・・・左側 ブラウン地にネイビーのドット、そして レッドにネイビーのドット柄です。

エッジのパイピングには爽やかなアイスブルーが縁取ります。

ドットの大きさは 直径17o といった所です。



2枚重ねで透けていますね、それだけ薄く、通気性良きスカスカな織りです。

 だからこそ、胸ポケットに入れた時にもはらみません!
これは嬉しいポイントです。















ad4.jpg


・・・・・左側 アイスブルー地にホワイトのドット、パイピングはネイビーで引き締めています。 爽やかですね!

右は冒頭写真で差していたネイビー地にアイスブルーのドット、パイピングにはブラウンを使用しています。














ad5.jpg


・・・・・イギリスはアダムレイ社のポケットスクエアになります。
MACCLESFIELDとは、ファクトリーのあるマックルズフィールドという町の名前です。

プリント物と言えば、やはり同社の信頼度は断トツです。


ガーゼの様な質感であり、かなり薄くて軽く、とても柔らかで とてもフワッとしています。

78% COTTON
20% MODAL
2% CASHMERE

なんと3者混です!

贅沢にもカシミアがほんのりブレンドされています。
MODAL とは、レーヨンとなります。

 この質感、たまらなく気に入りました!
昔のネックウェアには随分とレーヨン素材が多く使われてもいましたが、今では随分と減ってしまいましたね。




ad6.jpg



オールシーズン物ですが、特に今の季節には一番相性が良いのではないでしょうか。
今直ぐにでも お使い頂けるアイテムです!














ad7.jpg


・・・・・今回は2種 御用意しています。

こちらは 植物モチーフのプリントです。

このマッタリとした感じで独特な曲線を生かした植物のデザイン
いかにも英国らしさ感じるデザインですね。




 こちらもオールシーズン様ですし、カントリースタイルにも是非合わせたくなります!

多色使いなので、良い意味で合わせ易く、程好き主張がとても良い塩梅です。














ad8.jpg


・・・・・左側 くすんだブルー地、これも英国らしいブルーです。
中のオレンジ色が効いています。

右側ですが、イエローというより 山吹色です。ややオレンジ味も感じるイエロー系、
柄はクッキリと打ち出してあります。

エッジパイピングは双方ともにネイビーです。












ad9.jpg


・・・・・左側のネイビー地と、、、、表現が難しい色ですが、レンガ色と言えば近いでしょうか。

ネイビーの方はモチーフのイエローがとても素敵です。
これは使いやすそうですね。

レンガ色のグランドに対し、エッジパイピングはパープルです。
それにひかれ、赤紫の様にも少し感じます。

独特な中間色故に、幅広く合わせられ とても魅力的な色味でもあります。














ad10.jpg


・・・・・こちらもドット柄と素材感は近い感じです。

近いのですが、、、、こちらの素材は

70% WOOL
30% SILK

と なっております。


ほんの若干、ドット柄の方が 薄く柔らかな感じとなります。















ad11.jpg


・・・・・この英国らしさ満点のデザイン、
お好きな方々にはたまりませんね。













ad12.jpg


・・・・・ドット柄、植物モチーフ柄 共に約40p×40p 
ベーシックで一番使いやすく、一般的なサイズです。


ad13.jpg















・・・・・如何でしょうか。

お気に召して頂けましたら幸いです。


 また、ご遠方の方やご多忙の方々におかれましては いつでもお気軽にお声掛け下さいませ。
喜んで御発送もさせて頂きます。












・・・・・BESPOKE GLOVES受注会を開催中で御座います。
既にご注文をくださった方々、アポイントを頂いております方々 本当に有難う御座います。

ご興味がお有りの方は この機会に是非お声掛け頂ければと思います。

弊店は完全予約制となっておりますので、電話でも、メールでも 何でも結構です。
お気軽にご連絡頂けましたら幸いです。



 最後に弊店の夏休みですが、
8月26日〜30日  5日間 お休みを頂戴致します。

お盆含め、それ以外の日は定休日以外は通常営業と成り
グローブ受注会は 上記連休前までと成ります。

 ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。








 では、この暑い夏だからこそ 秋冬に向けて準備を色々と楽しくお進め下さいませ。

今週も 誠に有難う御座いました。






posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする