2016年12月27日

【 繊維の宝石 】




本日は 12月27日、
2016年も あと4日で終わりとなってしまいます。

 仕事納めも明日辺りが多いのでしょうか。
弊店も 28日が年内最終営業日となります。

年始は 1月4日より開店させて頂きます。



 今年も大変お世話に成りまして、誠に有難う御座いました。
















 さて、今年の冬は急に寒くなったり、また気温が上がったりと落ち着かない冬ですね。
ですが、本格的な寒さは年明けからとも言えます。

皆様におかれましては、カシミアのコートやストールなど重宝されておられる方々も多いのではないでしょうか。


 今週は今季秋冬仕入れの最終分である 極上生地が届きましたので 御紹介させて頂きます。













CASHMERE



1ca.jpg


 艶のある品に満ちたその毛は、既にしなやかで光沢感を感じられます。
撫でても気持ちが良さそうですね。


カシミア山羊からとれる その極上な毛は
最高の肌触りと暖かさを兼ね備え、『 繊維の宝石 』と称えられるのも頷けるところです。

 ですが、カシミア自体も品質差が当然ありますし、産地によってもお値段は変わります。
また、まがい物や混ぜ物カシミアも市場には横行しているのも事実であり、ご注意頂きたいと思います。

それだけ魅力高き高価な対象という裏付けでもある訳です。

http://dittos.seesaa.net/article/422289775.html
(上記ページでは、詳しくカシミアの特徴について説明したページです。)














・・・・・私事に成りますが、
カシミアのテーラードとしては、若い頃にSALEで既製品を購入した思い出があります。
しかし、この歳になってやっと 本当の意味でカシミアデビューした様な気が致します。

 生地の品質なども、誂えで使われる様な高級カシミアは 相当な超高級メーカーでなければ そうそう既製服に流用出来るものでは無く、自己の経験イメージを随分とかけ離れた大きなインパクトを受けました。


2ca.jpg



 発色良きカシミアは、当然暖かく なんと言ってもその肌触りは独特の気持ち良さがあり、
心地良き満足感と共に、贅沢感を味わいつつ 気分は優しい気持ちにさせてくれます。
 こんな気持ちになれる生地、服というのが凄いと思います。

男気溢れるハードなツィードとは 正に対極に位置するでしょう。
だからこそ、価値観が全く違うので どちらが良いなどと選べぬ魅力があるのです。

 とにかく暖かく、着ていて楽でもありますから ついつい手が伸びます。
今年の冬は大活躍中のジャケットでもあります!!

http://dittos.seesaa.net/article/432719853.html

http://dittos.seesaa.net/article/433283546.html




 しかし、その魅力を知ってしまったからこそ ツィードの様な魔力にもハマり込んでしまいます。

そうです、、、他にも欲しくなってしまうものです(笑)!!








では、早速 紹介させて頂きます。
















・・・・・カシミアと言えば、ジョンストンズは有名ですね。
今季 様々なSHOPにて同社のストール(マフラー)を見かけます。

ですが、忘れては成りません!


3ca.jpg


1767年 創業の超老舗 JOSHUA ELLIS
ここのカシミア地には心底の信頼をおいております。
多くのマーチャントからも沢山の依頼がある事は頷けるところです。


同社のネームにも カシミア山羊 が描かれていますね!




先ずは 3種の生地を御紹介致します。

4ca.jpg














5ca.jpg


・・・・・配色がとても上品であり、綺麗な上に 温もりも感じる色味です。

独特なこの格子柄カシミア地は、約340g前後であり、軽くフワッと気軽に着用頂けるジャケットとなるでしょう。


 色味の効果もあり、とにかく優しげな印象が致します。
クリーム色のベースにベージュで構成された柄は 合わせるアイテムの色柄を選ばず、大変コーディネイトしやすい色柄であるとも言えます。












6ca.jpg


・・・・・柄の大きさは ペンよりイメージされてみて下さい。
これら格子の柄は ある程度の大きさがあるのですが、逆にスポーティーはジャケット地ですから この位のサイズ的ボリュームがあった方が様に成るのです。











7ca.jpg


・・・・・柔らかさ、しっとりとした肌触りが少しでも伝わりますでしょうか。














8ca.jpg


・・・・・次もまた大変綺麗な配色です!!

オリーブグリーン、いや、少しくすんだペールグリーンと言った感じのベースと成ります。
そこに藤色の格子をアイボリーで包んで構成されたウインドーペーン柄と成ります。


 発色良きカシミアとも言われますが、カシミアだからこそ こういった素敵な色柄にも挑戦して頂きたいです!

 生地を見るのと、服として着るのとでは印象も全く違います。

ツィードでは見られない こんな優しい色柄であるからこそ、逆にカシミアらしさを楽しんで頂きたいです。












9ca.jpg


・・・・・この色は多分 現物の色が上手く出ていません、、、。
やはり現物を見て頂きたい生地でもあります。

ウエイトは 約360g 前後だと思われます。














10ca.jpg


・・・・・パープルやフォレストグリーン等のニットを合わせたりと軽快に着たいですね。
トラウザースも鉄板グレーは勿論、クリーム色なども上品で素敵です。

逆に上品な上物に対し、下半身は確りと BEDFORD CORD や WHIPCORD 等のアースカラーでガッチリと安定感を保つのも良いですね。

 これはスーツでは無く、ジャケットです!
この生地を纏った御自身の印象がイメージできますでしょうか。
 御自身の印象を、良い意味で裏切って下さい!! 何でも着ていれば慣れと共に自分色となって参ります。














11ca.jpg


・・・・・これまた素晴らしいです、、、、。

ややくすんだベージュ、茶味を感じる様な、グレー味も多少感じる様な、、、
明るすぎない やはりベージュ色です。


 見ての如く、上記格子柄では無く 極シンプルにソリッドと成ります。


しかし、ソリッドですが これは上記2種と FINISHING が違います。

敢えて毛足を表現し、艶が更に生きる RIPPLE FINISH が施されています。

 名の如く、さざ波の様に流れる様なうねりが表現されているのです。
毛足が長い分、カシミアの原毛が持つ上品な光沢感を更に表現していると言えます。













12ca.jpg


・・・・・本当に美しい生地です。

ウエイトは 約470g

ジャケットを仕立てても良いですし、これであれば とにかくコートもお勧めです!!

コートであれば、重過ぎず、軽過ぎない 丁度良いバランスのウエイトです。
500gを超えると電車や建物内は汗さえかかれるかも知れません。
 コートを脱いで手にお持ちでも、この位であれば重くないですし 嵩張らないので かなり扱いやすいとも言えます。













13ca.jpg


・・・・・こんなに上品なカシミア、、、、
纏ってみたいです。

生地から発するオーラは凄いです!
こういう上質な物を今から仕立て、御自身と共に歳を取るのです。

御自身が良いお歳に成られた頃、この上品なカシミアはどんな顔をしているでしょうか。

14ca.jpg
















・・・・・如何でしたでしょうか。
どれもこれも魅力があり、溜息さえ出てしまう素晴らしいカシミア地です。

これ等が何と、出物ですから破格値でのご提供と成ります。
その代り量も少ないです。



 今回のカシミアも最高の品質です。
JOSHUA ELLIS製です、間違いありません。 

こんなにも素晴らしいカシミアを纏い、温もりと共に優しい気持ちで冬をお過ごしに成られてみては如何でしょうか。 心底お勧め致します!!!













 では、最後にもう1点だけ!

昨年は同じく RIPPLE FINISH による カシミアの黒無地があり、
多くの方々にチェスターフィールドコートのご注文を頂戴致しました。
 驚きのお値段でもありましたので、この機会にとご注文を頂戴し 既に完売しております。

誠に有難う御座いました。


それからもずっと探しておりましたが、黒無地などなかなか出て参りません。

 しかし、1着分のみ 入手出来ました。
身体の大きな方、超ロングコートを御所望の方には要尺が足りない可能性があります。
お気軽にご相談頂ければと思います。












15ca.jpg


・・・・・これです、、、、。素晴らしい、正にカシミア。












16ca.jpg


・・・・・ウエイトは470gであり、こちらもJOSHUA ELLIS製のカシミア地と成ります。













17ca.jpg


・・・・・本当に素晴らしいですよ。
出来上がれば、それなりのオーラが出ます。

誰が見ても高そうに見えるでしょう(笑)。

 それも RIPPLE FINISH だからこそ という部分もありますが、3シーズン位の着用で随分と落ち着いた表情に成って参ります。

あとは手入れ次第という側面も!



ど真ん中のチェスターフィールドコートをお考えでしたら これは間違い無き一生物のコートとして御誂え下さいませ。
















・・・・・如何でしたでしょうか。


日本において 職人さんが手植えで作られている有名なブラシがあります。
洋服好きな方はご存知かも知れません。

 色々と教わる機械が御座いました。
ブラシでも本当に沢山の種類があります。

高級なカシミア、少しでも長く御付き合いしたいものですよね。
手入れは重要です。しかし、その手入れが大変であれば面倒臭くなってしまいますが とても簡単です。

目から鱗、、、どの道でもプロは凄いですし、説得力が凄いです。
実演も拝見して参りました。

 コツも教わった通りに伝授致しますのでお気軽にご相談くださいませ!!



18ca.jpg


同生地である U様のチェスターフィールドコートも鋏が入りました。
もう少しだけお待ち下さいませ。

 圧倒的な存在感とエレガントさをもってお仕立てさせて頂きます!



 この度御紹介させて頂いた以外にも 素敵なカシミアが当店に並んでおります。
素敵な出会いを求めて どうかお気軽にご覧にいらして下さいませ。
















・・・・・最後にお知らせです。

靴好きで本まで出された博識で知られる 飯野高広さんが
今度はスーツの本を出されました!

 飯野さんより御依頼を頂まして、専門的な事や写真などのご協力をさせて頂きましたが、
何と表紙にまで Dittos の服が!  光栄でありつつも恐縮してしまいます!!

骨格から色や生地、そして歴史など踏まえ かなり広範囲に渡って書かれています。
読み応えがありそうです!


もう本屋さんに並んでいる頃でしょうか。
皆様も宜しければ是非如何でしょうか。
 私もお休みに入ったらゆっくりと読ませて頂こうと思います!


19ca.jpg


【 紳士服を嗜む 】


飯野 高広


朝日新聞出版

1,800円+TAX










 では、今週も、そして今年も弊店BLOGとお付き合い頂きまして誠に有難う御座いました。


次回は、1月10日(火)の更新となりますので
引き続き来年も どうか宜しくお願い致します。




 皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

どうも有難う御座いました。









posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

【 N様のダークスーツ 】




nb1.jpg



 こんにちは。

もう直ぐクリスマスですね!

 街の至る所では 綺麗で可愛らしいディスプレーが見られ、夜はイルミネーションが気分を盛り上げます。

 皆様におかれましては 誰と、どんなクリスマスをお過ごしに成りますでしょうか。

この時期はイベントやパーティー等にご参加される方々も多い事と思います。


どんな装いで参りましょうか!? そんな事を考えながら当日を待つ事も楽しみの一つでしょう。


ドレスコードの有無は勿論、やはり昔から言われる T・P・O には配慮すべきでもあります。
 ハロウィーンでの仮装(コスプレ)は毎年盛り上がりを見せていますが、クラシックに装う事が楽しくなる様な行事は文化として残していきたいものですね。











 さて、今週は BESPOKE より  N様の御注文を紹介させて頂きたいと思います。





私は、本当に多くの素敵な方々に支えられながら 好きな、そしてやりたい仕事をさせて頂いており、皆様には本当に心よりの感謝をしております。

そして、その感謝の気持ちを洋服に込めて服作りをさせて頂いております。

 弊店に来て下さる数多くの洋服好きなお客様の中におかれまして、今週御紹介させて頂くN様は一番長く御付き合いさせて頂いている御方でもあり もう軽く十数年に成ります。

私が銀座で働いていた時も、そして独立し 開店したばかりで不安いっぱいの時も
いつも素敵な笑顔と共に御注文を頂戴して参りました。
 N様からも勿論の事、皆様より頂戴するご注文の数々は どんな形での応援よりも 力とヤル気を生み出させてくれるものです。








 お仕事も含め 欧州へ頻繁に行かれるN様は、優しく魅力的な奥様とご来店下さります。
そんな優雅で仲の良いご夫妻とお話させて頂いていると、いつも和やかな気持ちに成ります。



 英国贔屓で洋服好きなN様は本当に沢山のスーツやシャツをお持ちです。
ベーシックで当たり前なビジネススタイルのスーツから、リゾートスタイルまで幅も広く、案外日本では目立ってしまいそうな色やスタイルだとしても、海外でお召しに成られますので、、、、本当に羨ましい限りです。

N様も物作りの仕事を経営されており、作れば作る程に 次へのアイディア含め、インスピレーションが湧くと仰ります。
 正にそれは私も思います。 そして、そこには常に発展や進化があるものです。



そんなN様は 一通りクラシックなクロージングを楽しまれ、それからは少しモダンな感じや遊び心なども加味されたオリジナルのスタイルを楽しまれております。



 今回はN様らしい個性溢れるスーツをご覧頂きましょう。
















・・・・・背も高く、スラッとしてシャープなN様
最近は少しお痩せに成りました。

nb2.jpg


先ずお選び頂きました生地は 弊店別注のGOLDEN BALEより
ミッドナイトブルーのバラシアヘリンボーンです。
限りなくエレガントでフォーマル的なダークスーチングです。

http://dittos.seesaa.net/article/369975398.html

シングルの一つ釦、ピークドラペルは細味にされシャープな感じを演出されています。

ベントも切らず、腰ポケットはフラップもお付け致しません。
生地も含め、限りなくドレッシーなテイストで御座います。



nb3.jpg


ラペルの幅からボリューム感、フロントカットのラウンド具合に至るまで
拘りを頂いております。













nb4.jpg


・・・・・ウエストコートは珍しいと思われる方もいるかも知れませんね。
ウエストコートの着用が当たり前だった時代、本当に様々なデザインバリエーションも生まれて参りました。

 これはショールカラー付きのダブルブレスト、裾には緩やかながらシングルの様に剣先があり、丁度トラウザースのクリースラインに繋がります。













nb5.jpg


・・・・・吊り用のハイバックスタイル、アジャスター類は排除され 極シンプルに。
1-PLEAT のシャープなシルエットで全体感の調和を取っています。
















さぁ、いよいよお仕立て上がりです!!










nb6.jpg


・・・・・仮縫いでは分からぬ部分でしたが、
実は上衿にブラックのベルベットをご希望されました。
ロンドンのとあるお店でのディスプレーよりインスピレーションが湧いたそうです。

(そのディスプレーは、ガッツリと強いペンシルストライプのスーチングにベルベットカラーだったそうです。)

エレガントな要素がグッと引き立ちますね。














nb7.jpg


・・・・・そのブラックベルベットは、袖口にも ターンバックカフ として合わせてお付けに成りました。
 これまたエレガントであり、乙なディテール、
上着のデザインバランスとしても調和がとれますね。
















nb8.jpg


・・・・・ウエストコートです。
見慣れぬ方におかれましては 新鮮味さえ感じられるかもしれませんね。
ピークドラペルでは無く、ショールカラーというのもミソです!
衿の太さやボリューム感さえも拘りを反映させて設計しております。
















・・・・・N様に ご来店頂きました。大変お待たせ致しました。


nb9.jpg


上着のフロント釦はリンク釦にしていますので、止め方は気分やお好みでお楽しみ下さいませ。

全体的にはシンプルでスッキリとした印象ながら、ポイントでもあるベルベットが丁度良い塩梅でデザインに馴染んでいます。

N様のイメージ、上手く具現化出来たのではないでしょうか!!
とてもお似合いであり、大変素敵です。


nb10.jpg


陽の光が当たると写真ではダークネイビーの様にも見えますが、生地自体は本当に濃く 黒と比べなければ黒に見えてしまう程にダークな色味です。

 それがミッドナイトブルーという色です。













nb11.jpg


・・・・・最近ではこの3P-SUITSでのスタイルでご注文が多い事もあり、私にとっては正にN様らしきスタイルとして印象付いております。













nb12.jpg


・・・・・今回 セレクトされた裏地、
N様は毎回裏地をかなり吟味の上でお選びに成ります。

綺麗に身体に寄り添うバックには、英国より取り寄せたペイズリー柄、、、このエグさがたまりませんね。勿論 上着の内側にも このペイズリーです!














nb13.jpg


・・・・・お手元のアップ、袖口周りは意外と目が行くところでもあります。
品のある素敵な袖口と成りました。















・・・・・N様、この度も素晴らしいご注文を誠に有難う御座いました。

次のご注文も是非ご期待下さいませ。
らしさ溢れる素敵な洋服を丹精込めてお仕立てさせて頂きます。
















・・・・・年末・年始のお休みについて ご連絡をさせて頂きます。

年内は 12月28日(水)が最終営業日となります。
( 定休日である 25日(日)は通常営業致します。 )

年始は 1月4日(水)より通常営業を始めさせて頂きます。


 皆様におかれましては大変なご迷惑をお掛けする事になりますが
どうかご了承頂きたく、お願い申し上げます。





BLOGもいよいよ来週が本年度最後の更新となります。

来週は買い付けておりました とっておきの極上ネタが入荷致しましたので
そちらを御紹介させて頂きます!

 寒き冬、、、正にこのタイミングにピッタリです。
きっと皆様もグッと来ると思います(笑)!


 では、素敵なクリスマスをお迎え下さいませ。


nb14.jpg




 今週も誠に有難う御座いました。







posted by 水落 at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

【 H.S. S様のTWEED SUITS 】




st0.jpg



 こんにちは。
美しい紅葉のシーズンも そろそろ終わりを迎える頃、いよいよ今年も残り一カ月を切りました。

毎年ながら 一年など あっと言う間に感じます。

今年中にやらなければ成らぬ事、、、
まだまだ沢山御座いますが、気を引き締め直して頑張りたいと思います。
















 さて、今年の10月には MARLING & EVANS のツィードを御紹介させて頂きました。


st1.jpg



OLD感漂う そのダイヤ柄は、『 100% UNDYED BRITISH WOOL 』という
数種の英国羊毛だけを使い、そして一切染色せず 羊の原毛色のみで織り上げられた エコで純粋な天然色のツィードとなります。
http://dittos.seesaa.net/article/442486005.html


 このツィードは付加価値性も高いですが、とにかく雰囲気抜群で格好良い!!
魅力高きそのツィードは、多くのお問い合せと共に顧客様より羨ましい御注文を頂戴致しております。




 さて、それらツィードも含め 皆様より頂きましたご注文の洋服たちは
只今 ご納品真っ盛りの時期でも御座います。



今週は、M&Aのツィードにて 3P-SUITS を御注文頂きました S様の素晴らしいスーツを紹介させて頂きます。














st2.jpg


・・・・・ご覧ください、落ち着きと安心感溢れる色調のツィードを。


何とも味わいのある この織り柄、
遠目に離れれば 柄は沈み込んで無地の様にも見えます。


スーツという事もあり、上着はシンプルにまとめてあります。
2面2ダーツ裁断のシングル3釦:ノッチドラペル、
部分ハンド仕立てのオプションもお付け頂き、HOUSE STYLE ORDER 最高スペックでのお仕立てと成っております。


st3.jpg



 ツィードはタフですし、特に長いお付き合いになる事と思います。
仕立てが良ければ着心地の軽さや良さは勿論の事、5年以上付き合った頃のくたびれ方が全然違います。














st4.jpg


・・・・・ウエストコートはダブルブレスト:衿付きをお選び頂きました。
ツィードのダブル、渋いですね!!

背中はボルドーのライニング、生地との相性も抜群です。













st5.jpg


・・・・・S様にご来店頂きました。
やはり誂えた服ですから トルソー着用よりも御本人様が着用された方が何倍も立体的で美しいシルエットが出ます!


シュッとした綺麗な体型の印象を感じられますが、実はかなり筋肉質で引き締まり かつ厚みのある身体をされています。
 スーツが本当にお似合いですね。















st6.jpg


・・・・・美しい後姿です、、、、。
広い背中、引き締まったウエスト 惚れそうな位にエレガントなバックスタイルですね。














st7.jpg


・・・・・ダブルのウエストコートも素敵です!
トラウザースとの相性も申し分御座いません。

バランスもお身体に合い とても綺麗です。














st8.jpg


・・・・・光栄にも 今期の新作タイを吟味して下さっております。
ツィードにも大変相性が良いので是非!!

( この色のみ あと数本在庫があります。宜しければ是非お声掛け下さいませ。 )













st9.jpg


・・・・・それら新作タイを御紹介させて頂いた折、撮影にと お借りさせて頂きましたこちらのシャツ。

英国はRINGHARTのカントリーチェック、ベースはクリーム色、プラム×ネイビーの格子柄と成ります。

実はS様の御注文されたシャツであり、スーツの出来上がりを待っておりました。

 ご来店当日は確か極細畝のコーデュロイ素材のシャツでしたでしょうか。
ダークシャツを合わせたジャケットスタイルでお越し頂きましたが、ご丁寧にシャツも着用下さりました。 どうも有難う御座います。














st10.jpg


・・・・・正に王道的な着こなし、、、、好きな者にとってはウットリしてしまいます。
お選び下さった数色のタイより、例のBLOG写真の如く赤系を締めて下さりました。
 S様、本当にお似合いであり 素敵なカントリージェントルマンですね!


今回のタイですが、赤系と黄系は特にペイズリー柄が浮き出るのですが、そこが私自身 気に入っている所です。















st11.jpg


・・・・・S様、この冬は存分に御着用され 堪能されて下さいませ。
来年も、再来年も、年が追うごとに愛着と共に着心地も増していく事でしょう。



 この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。














・・・・・本日発売の メンズプレシャス冬号 はコート特集であり
いつもながらかなり見応えのあるものとなっております。

同編集部 関係各位の皆様におかれまして この度も光栄なるお声掛けを頂き心より感謝しております。 本当に有難う御座いました。

 皆様、宜しければ是非ご覧くださいませ!!














・・・・・誠に勝手ながら、来週のBLOG更新はお休みとさせて頂きます。
大変申し訳御座いません。

次回は、12月13日(火)の更新予定と成ります。

どうか宜しくお願い致します。




では、なにかとご多忙な年末です。

 インフルエンザの流行も耳にする様に成って参りました。
どうかご自愛下さいませ。



今週も誠に有難う御座いました。









posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする