2017年05月02日

【 2017年 春夏シャツ生地A 】



 5月5日は 子供の日ですね。
桧町公園では鯉のぼりが気持ち良さそうに泳いでいました。

1ss.jpg


子供の日、、、愚息もすっかり大きくなっておりますので、思い出すような気持でした。

 鯉のぼりも 今では近所でもあまり見受けられなくなりましたが、皆様のご近所では如何でしょうか。














 さて、顧客様より頂きました春夏に向けてのスーツやジャケット、トラウザースが続々と仕立て上がってきております。

それらに合わせてご注文頂きましたシャツも同じく仕立て上がってきております!
大変お待たせ致しました。









2ss.jpg


・・・・・クラシックでとても素敵なシャツですね。
特に右側のストライプは私も大好きな色柄です!
カチョッポリよりお選び頂きました。












3ss.jpg


・・・・・OFFの日にと御注文頂きました オープンカラーのスポーツシャツも
同じく仕立て上がってきております。

涼しげで素敵な柄物ばかり! とは言え、平畳みだと雰囲気が出ませんが、、、。

 是非ご堪能頂ければと思います。











4ss.jpg


・・・・・バラを愛するN様、毎年素敵な花を咲かせ 近隣の方々に喜ばれているそうです。

そんなN様がお選び下さったのが、バラのジャカード織りが入った格子柄です。

弊店のオープンカラーは身返しと衿をワンピースで作る為に、衿ぐりのゴージライン(縫い目)がありません。
 なので、衿元の柄が分断される事無く綺麗に繋がって表現される事が特徴の一つでもあります。










 では、一通り揃いましたシャツ地のシーズンファブリック含めた新しい生地種を少し御紹介させて頂きます。











5ss.jpg


・・・・・スイスの名門 ALUMO
良いコットンは やはり水の綺麗な所で作られます。

手間と共に拘り多きアルモのシャツ地は、トップクオリティーで知られ 世界中から愛されている素晴らしい生地です。


 この辺りの美しいストライプは、140/2 から 170/2 と更に高品質のカテゴリーであり
コットンにも関わらず、そのシルキーなタッチは肌触りで直に感じて頂けます。



良いシャツに袖を通すだけで、朝から気持ち良く頭の中をONに切り替える事が出来るでしょう。











6ss.jpg


・・・・・この辺りは、上記に同じく スイスのALUMOであり
ローンと呼ばれるかなり薄く織られた薄地となります。

また、下段の方ではボイルがコレクションされています。
アルモと言えばボイルも欠かせません。

それにしても、この美しい発色や配色、、、流石です。











7ss.jpg


・・・・・これはALUMOのボイルシリーズの一つです。
本当に極薄であり、これ以上 涼しいシャツ地は知りません。

 その代り 透けます。

極薄ゆえの代償ではあります。
しかし、この性能を見過ごしてしまうのは惜しいところです。

だからこそ、ボイルの生地は有色やストライプ、格子柄や織り柄入りなどをお選び頂ければ大丈夫です。
強撚糸であるボイルは、フワッとした独特の着心地にも特徴があります。

 未体験の方々は是非この機会にお試しに成られてみては如何でしょうか。












8ss.jpg


・・・・・今やイタリア製となる THOMAS MASON

イタリアのアルビニ社が買収致しましたが、そのアルビニ社は 英国:T.メイソンの伝統ある歴史と共に、同社の持つアーカイブが欲しかったと聞いた事があります。

 だからこそ、クラシックで『らしさ』溢れるデザインは継承されているとも言えます。


そんな T.メイソンより シアサッカーのシリーズです。
無地、ストライプに加え、格子柄まで揃っております。

 これでスポーツシャツ、絶対に気持ち良いですよね。












9ss.jpg


・・・・・こちらの生地は GETZNER(ゲッツナー)というメーカーです。
同社はオーストリアのメーカーであり、アルプスの麓で生産されています。

個性的な生地も多く展開する同社の春夏地では、
このスラブ糸使いのシャツ地は欠かせません。

 コットン100%、不均一に引き揃えられた糸(スラブ糸)により織り上げられ
この様に独特な表情が生まれます。

通気性も良く清々しい生地です。
植物繊維らしい風合いと品質を存分に味わう事が出来るでしょう。



10ss.jpg


これは そのシリーズより、清涼感のあるアイスブルーにてお仕立て頂きました。












11ss.jpg


・・・・・麻混素材もやはり欠かせぬシーズンファブリックです。
無地のバリエーションは当然ながら、綺麗なストライプも各種揃います。


 イタリアの Grandi & Rubinelli
そして、同じくイタリアの ALBINI の2社より厳選されたコレクションとなります。


麻の独特な節が良い感じです。

麻の涼しき性能を実感して頂けます!











12ss.jpg


・・・・・イタリア、そしてオーストリア製の生地でしたが

そうです、英国製も忘れないで下さい。

ACRON社より、名作である CAMBRIDGE です。
弊店では、WHITEとRIVIERAの2色の御用意があります。


 弊店の顧客様におかれましては、私が随分と勧めるのでお試し頂きました方々はとても多い事と思います!!  どうも有難う御座います。


この生地は、70番単糸を3本で撚り合わせ 強撚糸にしています。
通気性に大変優れ、強撚糸独特のフワッとした肌触り、、、
御自身でアイロンを掛けられる方、これは皺伸びも軽やかで本当にアイロン掛けが楽です。

もう夏場となれば かなりのヘビーローテーションで私も着用しています。

 コレは癖になる着心地なのです!


 これからの季節、この名作も是非お試し頂ければと思います。













・・・・・如何でしたでしょうか。

シャツ地は本当に種類が多く、素晴らしい生地ばかりで本当に悩ましいですね。

御紹介させて頂いた生地は極一部にすぎません。




 涼しく心地良いドレスシャツを、そして軽快で楽チンなスポーツシャツを

生地を吟味して是非ご堪能されて下さい。


皆様のお越しを 心よりお待ち申し上げております。

 今週も誠に有難う御座いました。










posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする