2017年05月16日

【 COTTON TROUSERS B 】



 芍薬の花が綺麗に咲きました!
出遅れている子もいますが、それもまた可愛いです。


ct1.jpg



何層にも重なった花びらが とても立体的でボリューミー、本当に綺麗です。

内側からどんどんほぐれる様に開き、
満開になると外側からハラハラと少しずつ花びらが落ちて参ります。

 芍薬ととても似ている牡丹は一気に散りますので、こんな所も違いの一つです。













 さて、今週は 特にこれからの季節には欠かせない コットン トラウザース について御紹介させて頂きたいと思います。



コットン、自然で素朴な風合いと肌触りは安心感さえありますよね。
丈夫であり 水洗いもできる為に汚れや雨などの日にも気兼ね無く穿く事が出来るコットントラウザースは大変重宝するアイテムです。




 シャツ等もそうですが、コットンのシャツやトラウザースは水洗い出来る事が大きなメリットです。

しかし、既製品含め多くの商品は水洗いしてしまうとサイズが縮んでしまい 残念な結果を招いてしまった方々も少なくはないでしょう。

 特にコットントラウザースに関しては、上記の様なサイズが縮んでしまう問題や色落ちの問題などから リスク回避の為にも ドライクリーニング表記 になっている事が多い事と思います。






 縮み、、、誰もが分かっており、予測できる事柄でもあります。

弊店では、皆様よりご注文頂きましたシャツ地やコットンのスーツやトラウザース地などは湯通しをして 一度確りと縮めてしまいます。
 その時に色が落ちる物はある程度抜けます。

湯通しした生地は お店で確りと地のしプレスを施し、裁断へ回ります。

 この ひと手間 がどれだけ大きな事なのでしょうか。

正確な採寸や型紙作りが出来たとしても、縮んでしまえば全く意味がありません。
仮に縮率を型紙に加味したとします。しかし、縮率は縦と横でも違いますし、織り方によっても様々なので追い掛けるには限界があります。


だからこそ、皆様より頂戴した大切な御注文の植物繊維は湯通しが必要となるのです。


 ただし、生地はある程度安定させる事が出来ても、縫製される縫い糸自体の縮みも多少は御座います。それは当然加味する訳ですが、仮に湯通しをしなければ 生地の縮み+糸の縮みで双方から攻め込まれたら どんなに怖い事なのかもお分り頂ける事と思います。















・・・・・2012年製 私物
BRISBANE MOSS  TENNYSON:GOLD  290g



ct2.jpg


 もう仕立ててから5年が経ちました。 時が経つのは本当に早いです。

特に春夏のシーズンでは頻度高くお世話に成っているコットントラウザース、生地も柔らかくなり 随分と馴染んで とても良い頃合いです。












ct3.jpg


・・・・・ベルトもせず、吊もしません。 ベルトレス スタイルでの腰履きです。
サイドアジャスターは釦タブにしています。

 このディテールに対するメリットは多く、スタイルや生地に応じてセレクトされるべきものです。

例えば 今回のコットントラウザースのように、水で丸洗いするのであれば 出来る限り金属(金具類)は使いたくないですね。

また、コーデュロイやモールスキン、ツィードなど 生地が厚い物は金具を使ったサイドアジャスターですと、その生地で作ったアジャスターのベルトが金具で折り返りますのでモコモコに立体的なボリュームが生まれてしますし、そもそも金具に生地が厚過ぎて通らない事も有ります。


 そんな時は この釦タブがベストです!!


金具アジャスターは多少動いてしまう事も否めませんが、釦であればアジャストしたサイズは釦を外すまでガッチリとサイズホールドしてくれる事も魅力です。


 実はこのディテールについては BESPOKEでしかお選び出来なかったのですが、
いよいよ HOUSE STYLE ORDER でもお選び出来るようになりました!!


 ご要望頂く事も多かった為、本当に良かったです。

これで また小さく一つ進化致しました。
(進化はまだまだ御座いますので順次御紹介して参ります。)



 以後につきましては、このディテールも御検討範囲にお入れくださいませ。
お早い方は既にご注文頂き、既にご納品させて頂いております。

誠に有難う御座いました。











ct4.jpg


・・・・・着用すると こんな感じになります。
サッパリとしたサイドに良きアクセントにも成りますが、
機能重視のディテールで御座います。





コットントラーザースは本当に多くの方々にお仕立て頂きました。

サイズやデザイン、仕様まで全て御自身の思うがままに仕立てられたコットントラウザース、気軽で身近なそのアイテムは 絶対に1本・1色では物足りなくなります!















・・・・・英国でのコットンと言えば、何といっても BRISBANE MOSS です。
多くのマーチャントにも供給しており、BARBOUR等の既製服メーカーなどでも使われております。

 コットン地だけでも多くの種類が織られていますが、その中から幾つか御紹介させて頂きます。 (全て コットン:100% となります。)




ct5.jpg



MILTON : 310g


平織地でマットな表情をしております。
比較的に通気性も良く、とても柔らかくなりますので着心地も大変良く、ラフで楽チンな種類です。

トートバック等で使われる素材というとイメージしやすいでしょうか。













ct6.jpg


TENNYSON : 290g



綾織のコットンドリル、
まぁチノパンのチノクロスと思って下さい。

中肉で確りとしており、一年中穿いて頂けます。
綾織による若干の艶やかな感じがあり、ややコシも有り確りとしていますが 馴染んでくると同じく軟かく成って参ります。


 冒頭の私物トラウザースもコレと同じ生地です。

この綾織ドリルシリーズには、もう一段薄く軽めのタイプ、そして逆に厚くてヘビーなタイプも御座います。












ct7.jpg


RYE : 316g



これも綾織ですが、コットンでの キャバルリーツイル です。

同じレベルでのウエイトならば、これが一番強く丈夫なタイプと言えるでしょう。

 これも履いていますが、凄く安心感があります。
織りの表情も独特ながら、ツルっとクリア仕上げで 新しい頃は ほんのり光沢感を感じなくも有りません。

タフで頼りになる生地です!











ct8.jpg


・・・・・色のバリエーションも多彩です。

W.Billよりのコットンですが、これらもB.MOSSでしょう。
マーチャントの場合は独特の別注色があったりするのが魅力でもありますね。













ct9.jpg


・・・・・イタリアより、DRAPERS のコットン地です。

こんな素敵な格子柄もあります。

これでODD TROUSERS、白いスニーカーにポロシャツで出掛けたくなりますね。













ct10.jpg


・・・・・同じく DRAPERS です。
シアサッカーの様に、シボも加えた爽やかなストライプもあります。











ct11.jpg


・・・・・シボと言えばシアサッカー、
私のお勧めはイタリアより SOLBIATI です。

シアサッカーに絞れば、私が一番良いと思うものです。
トラウザースだけでは無く、勿論スーツとしてもお勧めなのは言うまでも有りません!




ct12.jpg


 このトラウザースは吊り用なのでアジャスターを使う必要がありませんが、デザイン的なアクセントとして付けてみました。












ct13.jpg


・・・・・こちらは 英国より、BATEMAN OGDEN です。
英国のマーチャントですが、この生地はイタリアで織らせています。

上が平織、下が綾織、
経糸と緯糸の色を変えた交織シリーズです。

 交織ならではの色出し感が魅力です。 とても綺麗ですね。












ct14.jpg


・・・・・その他、とにかく個性的で色に拘りたい方

如何でしょう、ここまで綺麗な色も揃っております。

まるでカラーパレット、、、藤色の綿パンとか格好良さそうです!


 他にもストレッチ性のあるコットンも御座います。














・・・・・如何でしょうか。

ファッショナブルにいくか、質実剛健で攻めるか、
皆様の価値観次第で様々なコットン地を御紹介出来ます。


ct15.jpg



 丸洗い出来るコットントラーザース、特にこれからの時期はお勧めで御座います。

見合う生地は迷う程に沢山のバリエーションが御座いますので、是非お気軽にご覧になりに来て下さいませ。





 では、今週も誠に有難う御座いました。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。






posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする