2017年12月05日

【 H.S ORDER : K様の御注文 】




 各地で紅葉が見頃を迎えており、
自然が織りなす色とりどりの美しき光景に心癒されます。



k1.jpg



発色が本当に綺麗な モミジの赤。

このモミジは青山霊園ですが、遠出をしなくとも 至る所で紅葉を、季節を 感じる事が出来ます。

 ふと足を止め、見入ってしまいますよね。

















 さて、多くの方々が所有し、頼りにされているであろう ネイビーのスーツ。

NAVY は海軍との意味ですが、英国海軍の制服の色が濃紺であった事から
この色を指す様になったそうです。


k2.jpg



 紳士服の歴史を遡れば、そのデザインやディテールなど含め
多くは軍服と密接な関係である事は周知の事実であります。



k3.jpg













皆様は頼りになるお気に入りの ネイビースーツ をお持ちでしょうか。

ネイビー無地のスーツばかりを何十着と揃えておられる方もいらっしゃる程に紳士服にとっては掛替え無き色です。


k4.jpg








今週は、HOUSE STYLE ORDER より
K様からご注文頂きました ネイビースーツ を御紹介させて頂きます。


K様におかれましては 御息女 が生まれたばかりで御座います。
本当におめでたいです、心よりのお祝いを申し上げます!!

 そんな幸せ一杯のK様、御縁あって弊店に来て下さりました。

現在ワードローブの入れ替えを御検討されているとの事、
弊店にご興味をお持ち下さり 大変光栄に思っております。














k5.jpg


・・・・・お選び頂きました生地ですが、
英国は老舗のミルである TAYLOR & LODGE より、
打ち込みの確りとした 極々ベーシックなネイビー・ウーステッドです。

 ウエイとは 430g あり、コシのある確りとした秋冬地です。

コテの良く効いた迫力あるスーツになる事でしょう。


ご注文は、シングル3釦の上着と共に 2P-SUITS として ご注文を頂戴致しました。
いよいよご納品で御座います。













k6.jpg


・・・・・K様は背も高く、体も鍛えられており、バランス良き素晴らしい体型の持ち主で御座います。
何を着られても格好良いとは思いますが、やはり身体に合ったダークスーツの格好良さは格別であり 羨ましい限りです。

 ベーシックな物こそ質に拘りたいものです。














・・・・・K様は胸が厚く逞しい、、、。
そしてウエストはグッと引き締まった かなりの逆三角形体型です。


 上着とは、本来 胸囲(バスト)の寸法にてサイズ展開されています。
そのバスト寸法より ウエスト寸法を引いた差寸をドロップと言い、大まかな体形と共に シルエットの構成を示します。

体型が抜群に素晴らしい方ほど そのドロップ寸法は大きくなり、逆三角形度合いを数値化しているのです。

 それなりにこの数値が大きくなると 既製服や簡易なオーダー服では対応出来なくなってしまいます。



K様も そのレベルの羨ましい体型の持ち主であり、今までのスーツがしっくりと来なかったのは こういった事が関係していると安易に推測が出来ます。














・・・・・上着は 一部例外を除き、大抵の場合は【 胸ダーツ 】と呼ばれるシームが
胸部 縦方向に腰ポケットまで縫い込まれています。

バスト寸法で設定された円柱である服に対し、ウエストを絞り込んでいるのがダーツです。
(その他、脇ダーツ・背脇縫い目・背中心縫い目 の限られたシームによりシェイプを生み出すと共に、ドロップを埋めている事になります。)

また、その胸ダーツは大抵腰ポケットで止めますが、
ナポリ産のスーツ等では(全てではありません)腰ポケットを越して裾まで摘ままれているカットも御座いますよね。

今回 K様の採寸をさせて頂いたおり、レギュラーのダーツでは賄えないと判断し
この裾まで通る裁断を補正にて施す事に致しました。
(何故か、、、これは説明が専門的であり、長くなるので割愛させて頂きました。)




k7.jpg



 日本では 『 通しグセ 』 と呼ばれる手法ですが、古くからの英国裁断でも勿論ありますし、決してナポリ特有のディテールという訳でもありません。

要は どんな体型をされているのか、
もしくは どんなシルエットを望むのか等により チョイスされる裁断手法の一つに過ぎません。


 こんなイレギュラーな裁断も対応出来るのは 弊店 HOUSE STYLE ORDER の強みでもあり、それに御対応下さる工場さんのご協力無くしては具現化出来ません。



とても自然に身体に寄り添い、綺麗なラインですね!












k8.jpg


・・・・・肩は やや いかり肩傾向にあります。
ネック後のツキ皺が出やすいでしょうが
確りとK様に合わせてお仕立てしておりますので御安心下さいませ!













k9.jpg


・・・・・ノーベントの上着、その裾からクセ取りの効いたトラウザースの流れるようなシルエット。 とても理想的であり、大変綺麗です!











k10.jpg


・・・・・トラウザースは、ベルト用にて 2-プリーツのデザインをお選び頂きました。












k11.jpg


・・・・・男らしく筋肉引き締まった立体的で格好良い尻、、、
平尻の私には本当に羨ましい、、、、。





K様におかれましては大変お喜び頂き、また春夏用のスーツを作りに来たいと仰って頂けました。
 御満足頂けましたようで 何よりで御座います。



K様、素敵な御注文を誠に有難う御座いました。













・・・・・そんなダークスーツに合せるシャツは、ネイビー無地のスーツであれば
シャツの色柄は何でも良いですね。

お世話になっているシャツ生地問屋さんより、期中追加の生地見本が届きましたので
一部ですが合わせて御紹介させて頂きます。






k12.jpg


英国シャツ地と言えば欠かせぬ ACORN

久し振りにラインナップに加わりました!
ベーシックな生地が揃っております。

ポプリン、エンド・オン・エンド、ヘアライン・ストライプ、
そしてピンポイントにオックスフォード!

 ACORN社より着分を直接仕入れるよりも俄然お得であり、是非この機会にお勧めです。



大人気のシャツ生地屋さんです、仕入れ分が無くなり次第 終了となりますので
好物の方は是非お早めにいらして頂けましたら幸いです。

 私も無くなる前に早速頼みました!!













k13.jpg


・・・・・スイスの名門 ALUMO

その品質の高さは もう語るまでも有りません。
その輝かしいコレクションは本当に綺麗であり、ウットリしてしまいます。

k14.jpg


 地肌に直接着用されるシャツです、その品質は勿論直に肌で感じられる心地良き最高のシャツ地で御座います。











k15.jpg


・・・・・こんなにも細かく緻密な小格子柄、離れれば溶け込んで無地にも見える程ですが、芸の細かな仕事っぷりです。












k16.jpg


・・・・・これも素晴らしい、、、。

一見は、単に見慣れたギンガムチェックに見えます。

しかし、目を凝らしてみると、、、、
何とも細く細かなヘアラインで格子を構成しているようです! お見事!!

緻密な柄も美しく表現されたこの生地は、超長綿であるGIZA 45:170/2で織られています。

もうツルツルでシルキーなタッチは至福の着心地をご堪能頂けます。










スーツのインナーであるシャツを 決して侮ってはなりません。

生地だけでは無く、サイジングの適合性や機能性も必須です。

インナーであるシャツ、アウターであるスーツ。

それらが同じ設計思想とフィッティングレベルでマッチングしたシャツをイメージされてみて下さい。
その着心地と快適性を是非お試し頂けましたら幸いです。

















・・・・・今回のK様と同じ生地にて 他にもご注文を頂いております。
M様のBESPOKE SUITSも仮縫いが組み上がり、ご来店をお待ちしております。


k17.jpg



M様も御新規様です! ご来店を楽しみにお待ち申し上げております。















・・・・・皆様、早くも 年末・年始の営業についてご連絡させて頂きます。

今年の営業は、12月28日(木) が最終営業日となります。

年始は、1月4日(木)より通常営業とさせて頂きます。


 ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。

皆様のご注文下さったHS SUITSも続々と仕立て上がってきております。
BESPOKEもギリギリまでお仕立てを進めて参ります。



 ご多忙な師走では御座いますが、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。






posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする