2019年05月28日

【 スーツもシャツも至高なり 】





 皆様、こんにちは。
好天が続き 嬉しさ反面、まだ5月にも拘らず 異常な真夏日さえ記録しました。

夏を迎えるのが怖いこの頃です。












・・・・・お陰様により、当店は今年の秋で満10歳を迎える事になります。
10周年を記念し、皆様への感謝を込めて拘り満載な生地を御用意させて頂きました。

仕立屋であるTAILORの価値観による『 良い生地とは 』、その答えがここにあります。
http://dittos.seesaa.net/article/463655660.html
【 10th ANNIVERSARY CLOTHS 】

HOUSE STYLE ORDER にて ご注文下さった顧客様方は早くも御納品が進んでおります。
とてもお喜び頂けまして本当に何よりであり、嬉しい限りです。

BESPOKEの方では そろそろ順番が回りつつあります!
お待たせしており 誠に恐縮ながら、是非ご期待下さいませ。





1cd.jpg



BLACK DOESKIN


正統的で最高たる BLACK SUITS を御用意させて頂きます。







2cd.jpg



GRAY PINHEAD STRIPE


3種の中では一番人気です。

これも絶対に手に入れておきたい逸品です。







 これらオリジナルの別注生地は、手前味噌ながら本当に最高です。
肌触りの良さなんて当たり前ですが、切っても、縫っても、コテを当てても とにかく気持ちが良く 職人の気分を持ち上げてくれるのです。

 クセ取りも良く効きますし、仕立て映えするに決まっています!
私の価値観で具現化したのですから当たり前と言えば終わってしまいますが、流石の Taylor & Lodge社にも感謝です。


一番着用期間が広い3シーズンウエイトです。
長く付き合う為にもスペアのトラウザースをお付けされ、4P-SUITS にされる方もおられます。
着用期間が長いからこそ、トラウザースは吊り用とベルトレス(ベルト用)で仕立て、季節やシーンに合わせて2Pか3Pの選択が出来る。 誂えならではの考え方でもあり、理に適ったご注文の仕方で御座います。

最高の相棒を御仕立て頂けましたら幸いです。










 さて、今週は 至高のシャツがかなり仕立て上がってきておりますので
その顔ぶれを一部とは成りますが、御紹介させて頂きます。

http://dittos.seesaa.net/article/464922582.html
【至高のシャツ地フェア@】
http://dittos.seesaa.net/article/465039447.html
【至高のシャツ地フェアA】




















3cd.jpg


・・・・・LISCIOにSPER RIVA。
爽やかでクラシック!










4cd.jpg


・・・・・今回NEW FACEたる INDIGO TELA。
これもお勧めで御座います。











5cd.jpg


・・・・・リーバでのPOPLIN 2種。
赤のヘアライン、ネイビーやグレーのスーツに映える事でしょう。











6cd.jpg


・・・・・発色美しき LISCIO 2種。
ロングポイントカラーの御選択は通ですね、お好きな方だからこその御選択です。












7cd.jpg


・・・・・SUPER RIVA に、D.J&A 200/2 POPLIN。
食べ比べが楽しみですね。









8cd.jpg


・・・・・見て下さい、繊細なオルタネートストライプのデザイン、高番手ゆえの解像度が表れています。 ツルツルな着心地をご堪能下さい。












9cd.jpg


・・・・・リーバによる LINEN×COTTON、この写真では分かり辛いですが とても表情がある顔立ちです。 これからの季節は大活躍ですね。














10cd.jpg


・・・・・SUPER RIVA に、D.J&A 200/2 POPLIN。
もうギャッツビーの世界ですね、美しい、、、。












11cd.jpg


・・・・・LISCIO 2種、やはり季節柄 人気があります!
とにかく色出しが素晴らしいですね。













12cd.jpg



・・・・・欠かせぬド定番たる WHITE SHIRTS。
その白シャツをリーバのPOPLIN、そしてD.J&Aの海島綿で!
何て贅沢なのでしょう。 是非着比べてみて下さい!!











13cd.jpg



・・・・・D.J&A LINEN×COTTON、そして INDIGO TELA。
この右側、今回 私の個人分です!!

見た目に反し、薄くて軽く、やはりRIVAな肌触り。
夏でも俄然気持ち良く着用出来る事でしょう。












14cd.jpg


・・・・・リーバの POPLIN TWILL、そしてD.J&A 200/2 POPLIN。
正統派のクラシックなストライプと、控えめなオルタネートストライプ、渋い!











15cd.jpg


・・・・・リーバの LINEN×COTTON、そしてPOPLIN。
ノータイでのジャケットスタイルにも良いですね。









・・・・・みなそれぞれ クラシックなシャツ達です、デザインや仕様は至ってベーシックに。
身体に合ったサイジングだからこそ、その生地たる素材が持つ個性を味わえるというものです。

至高のシャツ達を存分にご堪能下さいませ。
沢山の素敵な御注文を 誠に有難う御座いました。









 では、オマケです!
番外編と参りましょう。







16cd.jpg



・・・・・『 はいからさんが通る!?』 古き時代のエレガントを求めて!
こちらはイレギュラー対応でのご注文となります。











17cd.jpg


・・・・・今期 一番のインパクトで賞!

M&M のチョコ!? ビー玉!? 色鮮やかなプリントシャツはO様の御注文です。
実はO様、お絵かきの大好きな 小さき姫(御息女)と共にご来店下さります。
 その姫が「お父さんはこれで!」、、、、きっと絵心ある その心に刺さったのでしょう。

複数のご注文の中の1点に加わりました!
お父様、このシャツを着用され、是非 授業参観へ如何でしょうか(笑)。
 それはともかく、素敵な思い出の一着に間違いないですね!!









18cd.jpg



・・・・・今季一番のリラックスで賞!

ユルい ピヨコちゃんが オープンカラーのスポーツシャツへ!!
紳士たるもの、心の余裕も無ければなりません(笑)。
男は幾つになっても遊び心を持っていたいものです。

いい感じにOFFの時間をピヨコちゃんと共にお過ごしくださいませ!!

















・・・・・如何でしたでしょうか。

それぞれに想いの詰まった素晴らしいご注文の数々でした。
それはもう沢山ある選択肢よりお選び抜かなければ成りません。

顧客様の頭の中では、お手持ちのワードローブにコーディネイトされながら選ばれた事でしょうし、仕込み中のご注文に対し JUST&BEST を目指しての御選択も御座います。

 用意された選択肢しかない狭き既製服と違い、誂え服は好きな様に生み出すのです。
イマジネーションを存分にフル回転させて 最高の一着をお仕立て下さいませ。


 本当に沢山の方々に光栄なるご注文を頂戴致しました。
心よりの御礼と感謝を申し上げます。 誠に、誠に有難う御座いました。










・・・・・誠に申し訳御座いませんが、来週のBLOG更新はお休みを頂戴致します。

次回は 6月11日(火)を予定しておりますので、また改めてよろしくお願い申し上げます。













posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | おススメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

【 御縁を求めて 】






 5月も後半に入り、日中は好天になれば既に暑さも感じますが
朝晩はまだまだ過ごしやすく、春の装いをお楽しみの事と思います。
沖縄は既に梅雨入りしましたね。こちらの地方も梅雨入りまで存分にご堪能頂ければと思います。


















21.jpg



・・・・・爽やかで軽やかなるスーツスタイル。
これからの季節は強き日差しを避ける為にも 淡いトーンが主流になりますよね。
グレーもチャコールより、ミディアムやライトグレーを自然に欲します。














 今週は 魅力的で、かつ貴重な出物を仕入れる事が出来ましたので 早速御紹介させて頂きます。
2種の御紹介をさせて頂きますが、双方ともに『 一着分 』のみとなります。
ご興味をお持ち下さる方がおりましたら、是非お気軽に会いに来て頂けましたら幸いで御座います。

素敵な御縁がありますように!
















22.jpg



【 SMITH WOOLLENS 】


 1921年 ロンドンにて設立された高級マーチャントである スミス ウーレンズ。
名立たるメーカーと比べれば、まだ比較的歴史は浅いとも言えるでしょう。

しかし、既に有名で評価の高き名作を織り続けているのはご存知の通りです。
あの SOLARO は同社がオリジナルとなっているのは以前に当BLOGでも御紹介させて頂きました。


VINTAGEというには やや手前かもしれませんが、数十年前の古在庫となります。
昔はハンギングシールが当たり前に付いていたものです。













23.jpg




・・・・・明る過ぎず、暗過ぎない 頃合い良きミディアムグレーです。

爽やかな春夏用のスーチングであり、
SUPER 100’のウーステッド、スパイス程度にカシミアもブレンドされています。
 軽く、風合いの良い素晴らしいスーチングです。

ウエイトは 約240g となります。

















・・・・・有名でもありクラシックな 『グレンチェック』(グレナカートチェック)は皆様もご存知の事と思います。 ワードローブに入っておられる方方も多い事でしょう。
しかし、これは滅多に見ないと思います!



24.jpg



GLENSTRIPE



 グレンストライプと言います。知識として知ってはいますが、現物はそうそう出会える柄ではありません。
織りはグレンチェック同様に ヘアラインなど複合的に組み合わされ、独特の柄を生み出します。 そこは同じですが、このラインで格子にはせず 単純に縦縞のみで構成されます。












25.jpg



・・・・・目を凝らして見ると、細く微妙に色糸が使われ、ウインドーペーン柄を重ねてあります。
 ブルーとグリーンで清涼感のある配色ですね。
ただ、本当に控えめですので少し離れれば溶け込む位です。












26.jpg



・・・・・格子では無く縞柄なので、縦のシャープな感じはとても良く出るでしょう。

有りそうで、、、無い生地、正にコレもですね。貴重です!
コレクション心さえ擽られる逸品です。

ですが、また柄合わせに付き 裁断者泣かせの生地とも言えます(笑)。
 信じられないお値段も出物ならではの大いなる魅力です。

ビジネスシーンでも十分に使えると思いますし、小奇麗な普段使いのスーツとしても素晴らしく映える事でしょう。























・・・・・次に参りましょう。
泣く子も黙る 【 VNTAGE MOXON : JACKETING 】です。
超激レアな部類ともなる こちらの生地は 秋冬地となります。 



27.jpg



以前に御紹介させて頂きました この生地を覚えておられますでしょうか。
http://dittos.seesaa.net/article/453049453.html
【 VINTAGE MOXONA】

かなり珍しくなってしまった ロシアンツイル という織り柄であり
シットリとした GOLDEN BALEにCASHMEREがブレンドされた最高のネイビージャケッティングです。
 この生地はボチボチ量がありましたので、目の肥えられた顧客様方に嫁ぎ、とてもお喜び頂けました。
 こんな素晴らしいネイビーのジャケット地なんて そうそう手に入るものではありません。
色や織り含め正に殿堂入りの一種です。( LAST一着分のみ在庫が御座います。)













・・・・・この度は同年代に織られた 兄弟を手に入れました。
なんて魅力的で良い顔立ちをしているのでしょう、、、。

こちらもハンギングシールが付いていますね。

28.jpg













29.jpg



・・・・・ロシアンツイルと兄弟なので、品質はほぼ同じです。

最高のGOLDEN BALEにCASHMEREをブレンドした 本当に肌触りが最高の生地です。
ウエイトは 約320g カシミアは約10%の混率との事です。


どんなコーディネイトにも合う無彩色、独特でピンヘッドの様な織り柄が見受けられます。
ニヒルにモノトーンで攻めてもシックですし、綺麗な差し色を加えても 何色だって受け入れてくれます。













210.jpg



・・・・・ピンヘッドとは違いますね、千鳥でもありません。
バーリーコーン柄にも似ていますが、三角形の独特な織り柄です。
これは固有名称を見出せません!

ジャケット地らしく、この位 柄の存在感がある方が理想的です。












211.jpg



・・・・・凄くシットリとしており、温かそうで最高の風合いながら、主体はウールですのでお気楽にご使用頂ける事も嬉しいところです。













212.jpg



・・・・・スタイル抜群な C.グランド氏によるジャケットスタイル。
本当にエレガントですね。 上下はこの様にコントラストを付けると見栄えと共に落ち付と安定感が出ます。


ジャケットスタイルでは茶靴を合わせがちですが、敢えてブラックのダービーなども合わせたくなる この度の素晴らしいジャケット地です。













213.jpg




・・・・・分かり辛いですが、生地のフィニッシングは LONDON SHRUNK で行われております。
印が見えますでしょうか。
この印はアイロンに付きますので 今では捺されていません。
VINTAGEであると共に、当時ではやはり信用たる証であったとも言えましょう。













214.jpg



・・・・・個人的に これも絶対にコレクションしておきたい逸品です!
が、1着分しかありません。 
この生地を気に入って下さる御方に嫁げ、洋服となってクライアント様に喜んで頂けますように!




















・・・・・如何でしたでしょうか。

こういう出会いは常に突然です。 季節なども関係ありません。

私も皆様同様に生地が好きであるからこそ 今回の様に御縁があり、
当店を介して皆様に御縁がありましたら 是非お声掛け頂けます様 宜しくお願い申し上げます。


 では、今週もお付き合い頂きまして 誠に有難う御座いました。






posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

【 M様の御注文 】




 長かったゴールデンウィークも終わりました。
連休を取られていた方々は休み明けである今日は何かと大変かも知れませんね。
スイッチを切り替え、また頑張って参りましょう。


















m1.jpg




・・・・・クラシックな三つ揃いの御二方。
右の紳士が着用する落ち着いたグレーのスーツ、上着はパッチポケットで仕立てられています。
左の紳士はブラウン系の格子柄。とても味があります。
 ご両人共にブラウンのシューズを履いています。シーンも街では無いですね!
普段着としてのスーツです。生地はミルド仕上げ含めフランネル系の生地でしょうか。

現代的な目で見れば、頗るエレガントな装いに見受ける方も多い事でしょう。
ですが、この時代は何をするにも基本スーツです。
フォーマルなスーツから、ダークスーツ、タウンスーツ、リゾートスーツ、カントリースーツ、スポーツスーツ などTPOにより確りと区分けされ直用されていました。
スーツは平服でもあり、その場に適した服装(普段着)と意味されます。










 今週は御新規で BESPOKE のご注文を下さりました M様の御注文を紹介させて頂きます。

東京には本当に沢山の TAILOR があります。一時期と比べれば急速に増えているとも言えるのではないでしょうか。
仕立てる服に関し 様々なテイストの違いもありますし、分業制により効率化を図るお店から個人経営の小さなお店まで形態も様々です。
 品質にも無関係では無いのですが、価格帯をみても『 BESPOKE 』という同じステージにも拘らず結構な幅がある事でしょう。
いざ BESPOKE SUITS を誂えたいと思い立っても、先ずはお店選び、、、沢山のお店から一店を選び出さなければ成りません。


昨年の10月末、そんな沢山あるTAILORの中から当店にご興味をお持ち頂き ご来店下さりました。本当に光栄な限りであり、心より嬉しく思っております。




 M様におかれまして、基本的にはスーツを着用されぬ仕事をされております。
だからこそ、OFFの日含め 自分の拘りが詰まった好きな装いを楽しみたいとの事で、メインは奥様やご家族様とのお出かけ用に誂えたいとの事でした。

 一昔前までは、お休みの日に家族で銀座のデパートへ!
家族皆で『おめかし』して出かけていた頃、、、昭和を感じさせます。





m2.jpg






ではM様、ダークスーツ(ビジネススーツ)である必要はないですね。
もう少し気楽で砕けた印象をイメージするも、敢えて三つ揃いで誂えたいとの事。

お任せ下さい! 色々御見立てしますのでご覧頂きましょう!


生地は着用期間長き3シーズン(夏以外の御着用)と共に、やや秋冬寄りも視野に入れておきましょう。
色味はこういう時こそブラウン系は如何でしょうか、かつ格子柄であれば一層砕けた雰囲気を醸し出す事が出来ます。

M様に抜群のお勧めが御座います!




















・・・・・お決め頂きました生地は


TAYLOR & LODGE

Super 120’Wool and Cashmere

360g



m3.jpg



ミルド仕上げのウーステッド、厚過ぎず薄過ぎないウエイト。
カシミアの優しく柔らかな風合いを感じさせるスーチングながら、特徴は何と言っても色柄です。
グレーシュなブラウンの色に 目立たぬ控えめなグレンチェック柄が織りなされています。

格子柄は少し離れれば溶け込みます。
主張が強過ぎないあたりがこの生地の売りでもあり、上品さをも持ち合わせます。

大変素敵な生地ですが、、、、裁断も、縫製も 柄合わせが大変そうです(笑)。







 デザインは至ってベーシックであり、クラシックにとの事。
当店なりのクラシックな三つ揃いを御用意させて頂きます。















m4.jpg



・・・・・逞しいお身体の持ち主であるM様、骨太でガッチリ体型 如何にもパワーがありそうです!
胸も厚く、スーツが本当にお似合いになります。

羨ましくなる様な男らしいお身体ながら、逆を言えば既製服では御不自由を感じて来られたとの事。 だからこそ、本当にリアルな御自身のサイジングやバランスを御体感くださいませ。


m5.jpg



m6.jpg



m7.jpg















・・・・・実は追加にて コットントラウザース もご注文頂きました。
正に日常的に履く物こそ快適さと共に格好良さも!

逞しさは足にも見受けられます。身体の厚みもありますので、ウエストサイズで既製品の下物を選べば渡り幅が不足がちになるでしょう。


m8.jpg



ベルトレスのスタイルをお試し頂く事になりました。
シャープな印象も加味される様 スーツもこちらも 1-PLEAT を御選択です。

生地は BRISBANE MOSSより、キャバルリーツイル織りの RYE という丈夫なシリーズとなります。
http://dittos.seesaa.net/article/449915910.html
【 COTTON TROUSERSB】






三つ揃いと共に 仮縫いにより M様のご期待感は膨らむ一方です!
当然ですよね、ワクワクせずにはいられない事と思います。
その膨らむご期待値をほんの、たった1mmだとしても 上まる事が出来る様 全力を尽くします。
















・・・・・桜も散り、既に暖かくなり始めた頃。
M様、大変長らくお待たせ致しました。 私もM様も寒の戻りを期待しつつ いよいよ御納品です。


m9.jpg



m10.jpg



m11.jpg



素晴らしいスーツになりました、自信を持って御納品させて頂きます。
エレガントなシルエットが美しきそのスーツは、M様の体形に素直に寄り添いつつ、コテを効かせたクセ取りによるハンドメイドならではの立体感です。

ベーシックなデザインながら、袖口のターンバックカフがアクセントですね!














m12.jpg




・・・・・逞しいお背中、逆三角形が羨ましい、、、。








m13.jpg



・・・・・非対称裁断と共に、その精度の合致性があるからこそ 左右均一に肩に乗り、本来あるべき着心地を味わう事が出来るのです。
首周りから肩周りと合致性が高ければ高い程に その洋服の重さは均一に分散されて身体に乗りますので、重い生地だとしても 軽さをも感じるとはそういう事なのです。

M様、凄く綺麗ですよ! 御自身では見られぬ後姿、父親を背中で語って下さいませ!













m14.jpg



・・・・・ご興味を持たれ、アルバートチェーンもお選び頂いております。
装着を楽しみにしておられました!

多少コスプレ感は否めませんが、折角のクラシックな三つ揃いです。
装いを存分に楽しまれて下さい。

m15.jpg




m16.jpg












・・・・・M様、秋冬では ハイゲージのタートルなんかで三つ揃いを着こなすのも かなり乙でありお勧めです!
よりスポーティーで砕けた印象になりますので、TPO次第では是非試されてみて下さい。


m17.jpg

















・・・・・コットントラウザースもお喜び頂けました。
『 靴ひもを結ぶ為にしゃがみ込んだ時、勿論座った時、、、今まで履いていた物とは全然違う!』
『 ウエストサイズはジャストながら、腰回りにはユトリもある、、、不思議な感じですよ。
これ、色違いも欲しくなりますね!』


m18.jpg



最高の褒め言葉を有難う御座います。
そうですね、様々な技術があり、ハンドメイドでなければ到達出来ぬレベルもあります。
型紙精度含め適合性の高さ、ハンドメイドならではの技術、丁寧であり綺麗さ、洗濯をも加味した仕様や始末、個別対応の柔軟性と技術、全てにおいて最高品質であるBESPOKEでのステージたるクオリティーとなります。
伊達に高額なコットントラウザースではありません!!


 今回写真では見えぬ固有のリクエストもポケットに、、、。
もう使い頂いているでしょうか!














・・・・・M様におかれましては、丁度 寒の戻りのタイミングでデビューされたとの事。
本当に良かったです。しかし、本格的な御着用は今年の秋口からかも知れませんね。

御予約頂いております次のスーツにつきまして、
どなたのご注文だとしても、綿密な打ち合わせのもと仕立て上げたとしても
1st-SUITSというのは私からの提案的な要素が含まれております。

 好み的なフィット感など含め 御着用しなければ分からぬ事柄は沢山御座います。
新品のBESPOKE SUITSは M様のもとへ嫁いだばかりで緊張状態です。
M様も、そしてこのスーツもお互いに少しずつ慣れ、解れて参ります。

手作りの品というのは、使ってあげる事により 育ちもします。
愛着と共に、掛替え無きパートナーとして育ってくれる事でしょう。

お気付きな点や、お好み踏まえ 御予約を頂戴しております 2着目にフィードバックしますので、何かあればお気兼ねなくお聞かせ下さいませ。

(これはBESPOKEだけではありません、HOUSE STYLE ORDER も同じであり、誂え服なら当然の事となります。)




 素敵な御注文を誠に有難う御座いました。















・・・・・誠に恐縮ながら、次週のBLOG更新はお休みを頂戴致します。

次回は 5月21日(火) を予定しておりますので、また改めて宜しくお願い申し上げます。

今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。







posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする