2015年02月17日

【 お勧めファブリック : ウール×リネン 】



wl1.jpg



こんにちは。

2月も後半に入り いよいよ店頭も春夏へと衣替え致しました。
涼しげでペラペラな生地を見ると まだ寒々しいですが、気分は優しい春の陽気を心待ちにしている部分があります。

 秋冬にはツィードやコートを着たくなる様に、
やはり春になれば着たくなる服があるから という事も。













wl2.jpg


 昨年仕立てた麻混の生地による SPORTS SUITS です。 




仕立て上がった時期が遅めで十分に堪能出来ませんでしたから、今年はその分余計に楽しみにしています。

この生地、とにかく良かった! 本当に気に入った!

着用してみて自身のイメージを上回るこの生地の個性、魅力に大満足であった私は
皆様へお勧めする言葉も力強かったのかも知れません(笑)。

http://dittos.seesaa.net/article/394059524.html








 昨年仕入れ分はお陰様で完売しておりますが、
また似た様な生地は無いかと熱望していたところ、、、、、御座いました!
ウールにリネンをブレンドし、かつ確り目に織り込んであり スーツ地としても対応出来るもの。


 嬉しさと興奮と共に、色柄を絞り込みつつ
「自分のはどれにしようか、、、」(笑) お陰様で仕事半分、趣味半分、、、、、
私自身も目線はお客様と全く同じです!!



私が着用して感じた事などは全てお客様方へフィードバック致します。
勿論好き・嫌いはあるにせよ、良いものは良い!













 一応 改めて書きますが、
麻の清涼感、そして独特のハリやコシ、植物繊維ならではの安心感。
何といっても、麻たる皺も大きな魅力の一つですね。

 ただ、その麻も ある程度ウエイトが確りしていないと本当にシワシワに成り、単にカジュアルっぽく、悪く言えばだらしなく成りがちでもあります。


 そこは毛の柔軟性がある程度補うのです。
ウールのしなやかさが程好く麻の特性を和らげ、双方の魅力を引き立たせ合っているのが特徴です。


 また、植物繊維は動物繊維と比べると どうしても柔軟性に欠け、往々にしてクセ取りが効き辛くはあります。
しかしこれはクセ取りもバッチリ効きますので、確りと TAILORED の技術を受け取ってくれるのです。















 今回の生地も前回同様に、
英国は LAMOGE社 より仕入れました。

wl3.jpg


WOOL:50%  LINEN:50%  280g
 





仲良く半々です。

麻の繊維の中は空洞になっており、その分放熱性にも優れ涼しい。
天然繊維として人間との付き合いはかなり歴史もあり古い麻、強度が強い事も特徴です。
 綿の2倍、毛の4倍とも、、、、そして濡れる事により更に強度が増すと言う特徴もあります。







 このシリーズは、イタリア製の様な緩さは無く、十分スーツとして対応出来ます。


そして、これらシリーズのポジションなのですが とても中途半端な所にいます。
スーツにしてはタウンスーツやスポーツスーツ、リゾートスーツといったカテゴリーに入りますが
それぞれ 単品扱いがとても様に成るのが売りでもあります!!

 やはりスポーティーな生地ですからね。











 先にも述べましたが、植物繊維である麻が半分も入っています。
仲間である綿、コットン・トラウザースやジーンズとの相性も抜群。

毛が半分ですから、ウールトロピカルなどのグレー・トラウザースが合わない訳がありません!!

タイを締めても様に成りますし、
ノータイでプリントシャツやポリシャツなどとも!

盛夏はポロシャツに このトラウザース、そしてデッキシューズやスニーカーなどでもいけますよね。





 そうです! 中途半端なポジションゆえ、楽しみ方が素晴らしく広いのです。
必ず重宝出来ます。 出来ない訳がありません!!












 では、ご覧頂きましょう。





今回は大いに悩みながら 上の写真通り 5種を買い付けました。
伝統的な古典柄が、素材感だけで随分印象が変わります。



全て同じシリーズです。 それぞれは単に色柄違いと御認識下さいませ。













 先ずは、昨年私が仕立てた生地と同じく 千鳥格子 です。

wl4.jpg


昨年も黒×白では無い拘りをウザく語っておりましたが、、、
これ、良く見て下さい!


ネイビー×オフホワイト の千鳥格子となります。
青味が入るだけで随分サッパリとした印象と共に、涼しげでもある雰囲気に変わります。


 遠目に見ると グレー の印象に近く感じられると思います。
捻りの効いた乙なチョイスを是非!!






wl5.jpg


 こんなジャケットを着るのであれば、コントラストを踏まえ
ネイビーのコットントラウザースを穿きたくなってしまいますよね!!
T様、その羨ましい上下、、、丹精込めてお仕立てさせて頂きます。















 次は、同じ千鳥格子
ベージュ×ブラウン です。

wl6.jpg


 親しみやすいベージュ系、これからの季節には欠かせぬベージュ系、
単にソリッドでは無い表情のある趣き、、、、。

間違いなき一着と成るでしょう。



wl7.jpg


 これらは全てにおいて言えますが、『飽き』など超越しています。
お手持ちのアイテムにて、大抵の色は仲良くしてくれる筈のベージュ系はマストです!















 次いきます。
これまた渋い、、、、。

wl8.jpg


TWO AND TWO の表情有る織りをベースに、爽やかなブルーのウインドーペーンをのせています。


格子が入る事により、良い意味でスポーティーな印象と成り、渋みあるグレー地をほんのり爽やかな印象に料理されています。


 遠目に見れば このウインドーペーンは沈み込みます。
近くで見ると 『おっ!』 っていうやつです。

wl9.jpg


少し色の濃い目なブルーのリネンシャツにイエローのコットンやリネンのストールを指してアクセント。
 いくらでもコーディネイトが目に浮かんできます。



スリッポン、履きたくなってきませんか!?














 次へ参ります。
最早 外せぬド定番でもあるネイビー、
これはヘリンボーン柄となります。

wl10.jpg


 これは、、、現物を見て頂かないと、、、、
最大の魅力は この色目にあります。


ビジネススーツであるネイビーとは全然違いますね。
青味が強く、程好く明るく柔らかいネイビーです。 すこしロイヤルブルーにも近いかも!

wl11.jpg



 この畏まり過ぎない色目が程好過ぎて、、、
これこそ正にスーツで作って頂き、バラシて着こなしを楽しんで頂きたい生地です。

皆様もネイビージャケットの使いやすさは御存じの通り、安心と落ち着きさえ感じてしまうネイビーです。
 ネイビーという色も本当に様々で、かなり印象が変わる事がお分り頂ける事と思います。




自然光下ではもう少し青味が、
室内であれば やはりネイビー、、、

 有るようで、無いかも知れません。

絶対に損はさせません。 そう生地が訴えかけているようです(笑)。






wl12.jpg


・・・・・先に述べた様に、全て兄弟 色柄違いのシリーズです。
光に翳してみると、通気性が良さそうなのがご覧頂けます。

見た目や気分、そして性能によって、表記されるウエイトより十分涼しく快適に御着用頂けます。
勿論盛夏をまたぎ、ウールが半分入っている事もメリットに 秋まで引っ張る事も出来ます。














 最後に成ります。
私の想い入れがある大好きなベージュ系より、今回はこれ、、、サンドベージュです。
上のネイビーに同じく、ヘリンボーン柄となります。

wl13.jpg


明るめで、黄色みが強く感じられると思います。
名の如く、海の綺麗な南の国の砂浜を彷彿させてくれる色です。

または、干し草!?の様な色で、本当に温かみがあり落ち着きます。

 これは個人的にですが、私は畳が大好きです!
使い込んで古くなり、焼けて黄ばんできた畳みたい! 
 干し草、畳、、、、だから和んでしまうのか??

ナチュラルなアースカラーという事ですね。

ベージュのスーツは手持ちがありながら、これを選ばすにはいられませんでした!!
私は三つ揃いで仕立てます!


 しかし、最後まで迷ったのがネイビー、、、
あれは持っていないと後悔する様な気も、、、困ります、、、。


wl14.jpg


 自然な色味、素朴でなんて優しい色なのでしょう。












wl15.jpg


先に紹介したベージュ系千鳥格子の上着に
このサンドベージュのトラウザース、兄弟同士相性はパーフェクトですよね。
M様、是非ご期待下さいませ。










wl16.jpg


ネイビーの上着に、ネイビー×オフホワイトの千鳥格子
これも教科書に載るほど!?抜群な相性で御座います!!












wl17.jpg


wl18.jpg


wl19.jpg







・・・・・・・・・・・如何でしたでしょうか。
少しは春夏の装いイメージが湧かれましたでしょうか。

 既に御注文、御予約が入ってきております。
どうかこの子達の魅力を是非店頭にて直接感じて頂けましたら幸いで御座います。




 他にもお勧めは御座います。
近々スーチングも御紹介させて頂きますので、何卒宜しくお願い致します。













・・・・・・・・・・お問い合せも多数頂戴しております 弊店オリジナルの新作タイですが、英国はVANNERS社より 本当に素晴らしく美しい生地が到着致しました。

店頭デビューは 一応3月20日頃の予定です。
全て手作りゆえ、多少の前後はご了承下さいませ。

 計8色の素晴らしいコレクションと成ります。
是非ご期待下さいませ!!












・・・・・・・・・・2月24日、3月3日の BLOG更新ですが、誠に恐縮ながら2週に渡りお休みを頂きます。
 お楽しみにして下さっている方々におかれましては本当に申し訳ないのですが、季節の変わり目と言う事も含め、かなり仕事が溜まっております。

次の更新は、3月10日になります。
また張り切って書いて参りますので、何卒宜しくお願い致します。











 では、まだまだ余寒を感じる時でもありますが
コートを脱ぎ捨て、スーツが気持ち良く着用出来る春をイメージされて下さい。


今週も誠に有難う御座いました。







posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック