2016年10月25日

【 4P-SPORTS SUITS 】



 こんにちは。
10月も後半に入り、今年も残すところ あと約2か月しかありません。

 朝晩は随分と涼しくなり、本格的な寒さは目の前に迫って来ている事でしょう。
TWEEDを着用出来るのも もう少しですね。













t0.jpg


・・・・・ブラウンの3-パッチポケットを携えたツィードのジャケットスタイル。
腰はパッチ&フラップポケットですね。
スエードの靴がとても似合いそうです!








 さて、今週は 英国的でとにかく格好良い T様の御注文 を紹介させて頂きます。








LOVAT TWEED:4P-SPORTS SUITS





 もともとカントリーサイドで着用されるツィードとは、スポーツ(運動)を前提に捉えられたものが多く、生地の丈夫さに加え、様々なディテールや仕様などのバリエーションが豊富です。


乗馬をはじめ、ハンティングやフィッシングなどの 動きを考えれば
やはり腕の稼働率を向上させる工夫であったり、馬に跨るのであれば それはシルエットにも影響を及ぼします。


 その他、出来れば手持ち物は減らしたいもの、、、
スポーツに伴う色々なグッズや、ちょっとした手荷物等も考えれば
それら収納を踏まえてポケット自体にも本当に沢山のバリエーションがあります。







 では、クラシックで激渋な英国的 SPORTS SUITS をご覧頂きましょう。















t1.jpg


・・・・・生地は昨年のTWEED FESTIVALより、LOVAT TWEED をお選び頂きました。
http://dittos.seesaa.net/article/426884860.html

落ち着いたブラウンの TWO&TWO に赤紫のウインドーペーンを重ねたクラシックな柄です。

T様はとても背が高く、シャープなお身体をされています。
既製服において、上着類はバスト寸法からのサイズ展開となりますので、胸囲でサイズを合わせれば 丈などの縦のバランスが不足してしまいます。

 逆に、縦バランスを尊重してサイズを上げれば、自ずと身幅はブカブカになってしまいますね。

誂えでは、御本人様の為だけに服を設計致しますので、本来あるべき御自身リアルなサイジングというものをご堪能頂きます。


 見栄えも、動きやすさも、、、全てにおいて全く違う筈です!



シングルの2釦・2掛け PADDOCK STYLE です。
以前にも このBLOG内で詳しく御紹介させて頂きましたが、シェイプの位置や釦位置、そしてエッジのシャープなラペルなども特徴として挙げられます。

ポケットは 3パッチポケット、腰にはフラップもリクエスト頂きました。
よりスポーティーな印象も与えるディテールとなりますね。


中縫い仮縫いともなれば十分にお身体へ合って参ります。
立体感に伴うエレガントなシルエットや衿や肩周りでの安定感、、、

微調整のみ加えた上で FINISH へと進行致します。












t2.jpg


・・・・・いよいよ お仕立て上がりです!
立体感と共にツィードたるボリューム感、雰囲気満点で本当に素敵です。
ツィードだからこそ、こういったスポーティーなデザインは抜群に合いますよね。

洋服を見れば、クライアント様が思い浮かびます。
その方らしさを尊重し、寄り添う様に誂えられた服でもありますので当然でもあります。












t3.jpg


・・・・・この生地の魅力と迫力が伝わりますでしょうか。
素朴さの中に程好い主張、素敵なTWEEDです!

パッチポケットにはプリーツを畳んでいます。














t4.jpg


・・・・・ポケットスクエアやグローブなど、無造作にポケットへ差した時
この様にプリーツが開く事で容積が増える事になります。

プリーツ無きフラットなパッチポケットと比べれば、立体物を入れた時の収まりや表情は随分と変わりますね。

 ポケットの裏地側にもプリーツを畳みますし 作るのは少々大変にもなりますが、機能美たるデザインであります。















t5.jpg


・・・・・腰ポケットはパッチポケットに釦止めフラップをリクエスト頂きました。
確りと柄合わせもされております!

こちらも胸と同じく プリーツを内蔵してあります。

蓋付きであれば中に入れた物が出てしまう事も無く、雨避けにも成りますね。
フラップは 訳すと『雨蓋』となります。



t6.jpg


こういった機能性高きポケット類は、中にどんな物を入れるのか、、、、
想定の上で選ぶ事が出来ますので、更に大容量とするなれば 側面や底辺に『マチ』が付いたタイプも御座います。
 これらマチは、アコーディオンの様に普段は締まっていますが、入れた物によって開きます。













t7.jpg


・・・・・では、バックスタイルに参りましょう。

ここまで来たら、やはり背中にもプリーツが欲しいですよね。
ウエストのバックベルトも凄く雰囲気が合って キュとしたシェイプがエレガントです。
私も個人的に大好きなディテールです。


背中心にインバーテッド プリーツを深めに畳んでいます。

腕を前に出すという行為は日常的過ぎる程に当たり前な行為です。
肩甲骨を軸に腕は前に動く訳ですが、その動きに洋服が100%追従する事は無理です。

 少しでも対応するべく背幅には適切なユトリがあり、これは そのまま運動量へと直結致します。
洋服の背幅量を超えた可動に対しては、洋服の中で身体だけがスライドして動く事になり、背幅不足に伴う領域では『キツイ』と感じられる事でしょう。

テーラードのスーツやジャケットは、現代的で専門的なスポーツやアウトドア専用ウェアとは そもそもの立ち位置が違いますし、伸縮性に優れたジャージ素材を使う訳でもありませんので ある意味では仕方がありません。

しかし、SPORTS JACKETとして設計するのであれば
この様なプリーツにより背幅を稼ぐ事は 対応する一つの手法です。
今回の仕様以外にも 伴うバリエーションは沢山御座います。




t8.jpg


先ずはその服の位置付けを決める事になります。
勿論デザイン重視や動きやすさ重視で選ばれても構いません!

しかし、歴史的に純粋な用途から生れてきたディテールとは 『何をするのか』 につきます。



例えば鳥を撃つ為に猟銃を掲げる。
 → ピボットスリーブという袖下にマチの付いた袖があります。

ゴルフでクラブをスイングする。フィッシングでロッドを振る。
 → センターか両サイドに今回の様な横に広がるプリーツを設ける。



この様に紳士服のテーラードは発展して参りました。
先人達の蓄積されてきた様々な技術には本当に敬服するばかりですが、時代の流れと共に今ではなかなか見受けられぬ素晴らしいデザインや仕様は山の様にあるのです!














t9.jpg


・・・・・今回はT様のリクエストにより、裾までインバーテッドプリーツを畳んでおります。
センターベントの様に開閉しますので、やはり動きに伴う対応力は増しますし、デザイン的にも優雅でとても素敵です!















t10.jpg


・・・・・締めには袖口の ターンバックカフをリクエスト頂きました。
やはり確りと柄合わせが必要となります。

このディテールですが、単に巻き付いているだけに見えますが
案外と様々な計算や考慮が内蔵されているのです。













t11.jpg


・・・・・ウエストコートはシングルの衿付き、腰のみフラップ付きの玉縁ポケットと成ります。

見えるでしょうか、、、中央腹部にはアルバートチェーンホールもリクエスト頂いております。


結構ディテール満載の濃いスーツとなっておりますが、
T様の弊店における 1st-BESPOKE SUITS です!

機能性高きアクティブに御着用頂ける羨ましい SPORTS SUITS、、、来月位になればデビュー出来そうですね。













t12.jpg


・・・・・今回のスーツは 4P です。
この三つ揃いに、プラスフォワーズを足して4P、、、それも抜群に素敵ですが
多くの方々は、写真の様に共地FLAT CAPをもって4P-SUITSにされております。

 これも正に誂えならではですよね。
既成で共生地の帽子を探しても先ず見つけられる事は殆ど無いでしょう!

 ジャケットスタイルでも共地FLAT CAPがあるだけで装いの調和と完成度も全く違ってきますし、そもそも FLAT CAP単体でも ローゲージのさっくりニットなんかに合わせても気楽にお使い頂けます。


t13.jpg



秋冬用FLAT CAPの内側は、ドミットを噛ませたキルティングにしてありますので
とても暖かいですよ!















・・・・・では、一通り今回のスペックを御披露させて頂きましたので
いよいよT様に御着用頂きます!

 やはり誂え服は、御本人様が着てこそです。


t14.jpg




t15.jpg




t16.jpg




t17.jpg




t18.jpg





t19.jpg





t20.jpg















・・・・・T様らしさが滲み出る 本当に素敵なスポーツスーツです。
心底羨ましい一着と成りました!

着れば着る程に馴染み、さらに着心地は良くなり
掛替え無き一着となるでしょう。

 T様がご高齢に成られる頃には、このTWEEDはどんな味わいを出しているでしょうか。
今から楽しみでもありますが、その日を迎える為の第一歩となるご納品でした。







T様、素敵なご注文を誠に有難う御座いました。

次はクラシックでエレガントなビジネススーツですね、
こちらも ご期待下さいませ。








 皆様も素敵なTWEEDを、御自身の相棒を 是非如何でしょうか。
毎年寒くなるのが待ち遠しくなります!

















・・・・・冒頭でも触れましたが、早くも10月は後半に突入です。

HOUSE STYLE ORDER では、近々のご注文で お仕立て上がりが11月末、
仮にハンドオプションをお付け頂いたり、英国からの取り寄せ生地を選ばれた場合は
既に12月に入ります。 本当に早いものです。



 寒さはすぐそこまで来ています。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
 今週も誠に有難う御座いました。












posted by 水落 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速ご紹介頂いたのですね!ありがとうございます。色々なリクエストにご対応して頂き、とても良いスーツになりました。長く大切に着用していきたいと思います。
(出張先は朝3℃ですぐにでも着用できるような気候でしたが、神戸に戻ると暖かく、やはり着用は来月辺りからになりそうです...)
Posted by T at 2016年10月26日 10:27

T様

 この度はコメントまで頂戴致しまして
重ね重ねお礼申し上げます。
素敵な御注文と共に 本当に有難う御座いました。

 流石に11月ともなれば もう一段冬に近付きますので もう少しの辛抱ですね。

是非T様のパートナーとして末永く可愛がってあげて下さい。

 では、御出張などで気温差激しくご体調を崩しがちです。 どうかご自愛下さいませ。

 どうも有難う御座いました。




Posted by Dittos.水落 at 2016年10月26日 19:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443090201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック