2017年02月07日

【 FOX BROTHERS&CO:春夏 】




f1.jpg


 当店の可愛いマスコット、FOX君です!

リアルでもあり、あまりの愛くるしさに つい購入してしまいました。

キツネを見ると英国を連想致します。










 さて、立春も過ぎ 季節も段々と切り替わってくる訳ですが
まだまだ寒い日は続きそうです。

しかし、街の洋服屋さんでは既に春物が立ち上がっている事でしょう。
弊店も近々に春夏用の生地へと入替を行います。




 こんな寒さの中では御座いますが 気持ちは春夏へと切り替えが必要です!

今週は今季春夏用の生地で 私の心にすこぶるヒットした素敵な生地を御紹介させて頂きます。













f2.jpg



【 FOX BROTHERS & CO 】




凛々しいキツネがトレードマークでもあり、社名でもある超老舗のミルです。

1722年 イングランドの南西部サマセットにて創業されました。
も、もう直ぐ300年、、、、創業された当時、日本は江戸時代ですね。


FOXと言えば やはりフランネルが有名ですが、1950年頃まで同社は商標を保有していたそうです。
今では誰もが耳にした事があるであろうフランネルの歴史は同社から始まりました。

 そのフランネルの評価は頗る高く、サビルローを始め 世界中のテーラーで扱われる様になりました。
愛用者の名前も錚々たるものであり、ウィンストン チャーチルやウインザー公を始め、ケーリーグランド等もFOXのフランネルで仕立てられたスーツに身を包んでおりました。


第一次世界大戦の頃には相当な量の生地を軍服用に納入していたそうですが、そんな老舗でも一時は経営難に陥ってしまいます。
しかし 今では新しいオーナーを迎え、ブランディングを強化し再び業績を回復させたそうです。



ダグラス社長に変わってから、確かに良い意味で生まれ変わったように思います。

今でもフランネルが主力なのは変わりませんが、他にも魅力的で様々な生地を展開しながら老舗の看板を守り続けております。
















・・・・・温暖化のせいもあるのか 年々夏は厳しく、
そして今ではすっかりと浸透してしまったクールビズ。

世界規模でカジュアル化は進行している昨今、特に夏において
私を含め洋服好きは何を着れば良いのか。
ほんの少しでも快適である服を模索する必要があります。


 少しでも生地を薄く、軽く、かつ通気性も良くして、、、これらは既にある訳です。


そんな中でも 心にヒットしたのが
FOX BROTHERS 春夏用のWORSTED CHECKS というシリーズです。


f3.jpg



3シーズンファブリックが大体300g程度とすると、多くの英国製春夏用の生地は240〜260gが一般的でしょう。 勿論更に軽い目付も御座います。

 しかし、このシリーズには なんと200gを切るレベルまでの薄地があるのです!

(このバンチ内にはいくつかの種類に分かれ、ウエイトは約180gから約240gという枠で展開されています。)

いくら薄くて軽くても、単糸使いなども多いイタリア生地には魅力を感じられません。


やはり フランネル=FOX=秋冬 のイメージが強い同社ではありますが、こんな生地も織っているのですね。



信頼のある英国製の生地で ここまで極薄の生地が、、、、興味津々になりますよ!









 シリーズ名の通りですが、全て格子柄でまとめてあります。

では早速 一部をご覧頂きましょう。















f4.jpg


・・・・・暑い日差しを避ける為にも、ダークな色よりは明るく 見た目も軽やかな色彩がメインとなります。

かなり格好良いです、、、、、、クラシックな柄をベースにセンス良くアレンジされ、配色も英国らしさが漂います。



f5.jpg


サラサラでツルツル、
大変しなやかな生地は 強撚糸で織られた平織のウールトロピカルより!

SUPER 120’S WOOL:100%













f6.jpg


・・・・・マドラスチェック!? こんな柄もありますね。
コットンやリネンでは無く、あくまでもウールに拘る紳士には是非!













f7.jpg


・・・・・この辺は綾織に成り、先のペラペラ極薄よりウエイトが上がります。
それでも210〜240g です。

安定感も有り、間違いなく素晴らしい服になる事でしょう。
これも凄く惹かれます。

 春夏系の生地では、清涼感のあるブルー系が入るだけで随分と涼しげな印象にも成りますよね。
















f8.jpg


・・・・・また織りが変わります。
所謂メッシュ地ですね。爽やかな色柄から 渋い格子柄まで本当に多彩です。

メッシュ地は無地ばかり見てきましたので とても新鮮です。














・・・・・先に触れました アンダー200gのシリーズは本当に薄いです! 


これは仕立てるのも色々な意味で気を使いますし、難しいでしょう。
だからこそ試したい!! 仕立ててみたい! そして着てみたい!

ここまでの薄地は仕立てた事も着た事もありません。

どんな着心地であり、どの位効果が感じられるのでしょうか。
この生地の個性や特性を生かすべく、どんな工夫をしましょうか、、、、






 ワクワクする生地でもあります。
こういう生地があると、暖かくなるのも楽しみに成って参ります。








 生地が薄くて軽いという事は、当然ながら強度が落ちてしまう事も否めません。
シリーズの一部はスーツにも全然仕立てられますが、逆に一部は上着用となる生地も有ります。

そして もしスーツであるならば、スペアのトラウザースをお仕立てしておくのも理想的と言えます。


 また、格子柄ですし ジャケットスタイルでの着用ならば
トラウザース地はせめて240g以上は欲しい所です。

敢えてポリ混のグレー無地なんかを合わせるのも良いでしょう。
どうしても下物は上物より酷使されますので、ある程度の確りさは欲しい所です。


 ですが、、、、アンダー200gの生地でトラウザース
どんな軽さで涼しさなのでしょうか。やはり興味は尽きません。















・・・・・では今週はこの辺りまでとし、近々に続きを書かせて頂きます。


FOX君と共に皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

f9.jpg



店頭もガラッと春夏用に切り替えます。
先ずは 3シーズンファブリックがお勧め所となります。

どうかお気軽に FOX BROTHERS の生地もご覧になりにいらして下さいませ。

 今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。















・・・・・ミューゼオ・スクエアさんのサイトで弊店を御紹介頂きました。
宜しければお手隙の折にでも覗かれてみて下さいませ。
https://muuseo.com/square/articles/276


 この度は光栄なお声掛けを頂きまして心より感謝しております。

倉野様、廣瀬様と共に、スタッフの皆様方
誠に有難う御座いました。









posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック