2017年02月21日

【 2017年 春夏シャツ生地 】




 こんにちは。
先週の木曜日、都心では21度まで気温が上がると共に、大変風の強い日でしたが
いよいよ春一番が観測されました。

 最近は特に寒暖差が激しく 体調を崩しがちになりますので
皆様どうかご自愛下さいませ。

しかし、こんな話をしていると そろそろ花粉も、、、、。












 さて、皆様におかれましては 今年の春夏に対する御構想は如何でしょうか。

今週は 今季春夏用の新しいコレクションが届きましたイタリアはカッチョッポリ社のシャツ地を御紹介させて頂きます。 (新4冊+1冊の計5冊展開となります。)


c1.jpg



シャツは地肌にも直接触れますし、インナーとしての役割は絶大です。
スーツやジャケット以上に素材(生地)の個性や特性を感じられるものです。

シャツ地においても スーチングの様にシーズンファブリックがありますので、シャツの衣替えもある程度行う事になりますね。

例えば ACORN社の名作である CAMBRIDGE などは通気性が良過ぎてとても秋冬には着用出来ません! 
 故に、春夏に関しては その分優れた性能を発揮するとも言えます。


生地の主素材、生地厚、そして織り方から色柄などでも かなり着心地の快適さと共に、見た目のイメージさえ随分と変わるものです。

シャツは軽衣料だからこそ、様々な生地の個性をお気軽に楽しめるアイテムでありますので 是非色々な生地をご堪能頂ければと思います。
















 では、早速ご覧頂きましょう。


c2.jpg


・・・・・先ずは発色の綺麗なロンスト系から もう少しシャープなストライプまで並んでおります。 色柄を見ているだけでも爽やかで清々しい気分に成りますね。

主素材であるコットン(68%)に、リネンを32% ブレンドした麻混生地です。

リネンの清涼感、そして性能としての涼しさを加えられた これからの季節には欠かせぬ生地種でもあります。

リネンの混率が低いので、リネンが100%の生地ほどに皺が気になる事も無く、独特の質感は健在です。
 これらは是非ワードローブに入れておきたいですね。













c3.jpg


・・・・・上記 同生地の白に ドットや小紋をプリントした生地と成ります。
ジャケットスタイル含め、ノータイでの着用には大変お似合いになる事と思います。












c4.jpg


・・・・・目の細かな コットン:100%のメッシュ地です。
これは随分とスポーティーに成りますが、涼しさやカジュアル感を求めるのであれば抜群の効果があります。

白メッシュは多少透けますので、こういったプリントなど含め色柄があった方が使いやすいでしょう。













c5.jpg


・・・・・上記 同生地となる目の細かなメッシュ地です。

これは結構私にはヒットです(笑)!!

手書き風のストライプはプリントで施しております。
ストライプシャツ特有のシャキッとした印象は皆無であり、ゆるーい感じがキモなのです。

この独特なゆるーい感じが暑き夏には凄くマッチするのではないでしょうか。














c6.jpg


・・・・・こちらは、この季節 やはり欠かせぬ リネン:100% です。

リネン地のかすれた感じがとても涼しげな雰囲気です。

一番上のドット柄のみプリントで柄出ししていますが、
以降の小紋調の柄は織り込んで柄出しを行っています。
 織りで入れると、やや立体感と共に独立感も出ますので プリント地とは随分と違った印象に成ります。













c7.jpg


・・・・・こちらの生地ですが、多くの生地は本来 双糸使いで織り上げられる所
あえて単糸を使い、少しでも薄く 涼しくしようと狙って作られたシリーズです。

スポーティーな装いには格子柄シャツは欠かせません!

格子柄の大きさ、そして配色バランス、どれもこれも魅力的です!!
特にブルー系やグリーン系は必ず手に入れておきたい所です。

 これは本当に素敵です、、、。















c8.jpg


・・・・・くすんだブルーベースの生地、上から1番目と2番目につきまして
こちらはシャツ地用に織られたジーンズ(C:100%)にプリントがほどこされています。

デニム含め、コットントラウザースが穿きたくなります。
シャツの個性が映えそうですよね。

三番目以降は リネン:100%の生地と成ります。
今度はプリントでは無く、先染め糸により織られた生地と成ります。















c9.jpg


・・・・・恒例の派手なプリント地に参りましょう。 今年も凄い!!

ボ、ボトルシップ柄、、、渋い、、、愛好家にはたまらないでしょう。

その他 魚、植物、動物などをモチーフにした 色とりどりのプリント地です。
全てコットン:100%となります。

カチョッポリはナポリのメーカーですが、実は このプリントシリーズ全て英国製の生地なのです! 有名な所がありますよね。


プリント地がお好きな方々、是非チャレンジされて頂きたいシリーズです。













c10.jpg


・・・・・こちらの生地は、ドレスシャツ地としても定番の刷毛目(END ON END)です。
その刷毛目に なんと多彩な色柄でペイズリー調の柄を織り込んでいます。

安心、安定感のある刷毛目が随分と可愛く、スポーティーに生まれ変わりました。

ノータイのスタイルなどには乙な生地となる事でしょう。













c11.jpg


・・・・・スーツやジャケット類のアウターは、春夏は強い日差しを避ける為にも ライトグレーやベージュなど 比較的薄い色目が好まれます。

だからこそ、インナーとなるシャツは少し発色強めなブルー地がとても映えますし、欠かせぬ存在でもあります。

 涼しげでクラシックでもあり、これは絶対にお勧めです。













c12.jpg


・・・・・先程、刷毛目のジャカードによる生地を紹介しましたが、こちらは本家のソリッドシリーズです。

しかも こんなに淡いペールトーンのシリーズ、、、、なんて綺麗で爽やかなのでしょう。
是非こういった美しい色目のシャツを涼しげな顔で着こなして頂きたいです。













c13.jpg


・・・・・これはかなりトップレンジの品質です。

170番の双糸で織り上げられた最高級のポプリンです。

もう驚く程にツルツルでサラサラです! 気持ちが良いに決まっています。

糸が細いので、生地厚は自ずと薄くなります。

綺麗なブルー系が揃っておりますね。 アイスブルーからネイビーまでとても美しい色出しです。

 高価ではありますが、その説得力は当然持ち合わせております。













c14.jpg


・・・・・一番冒頭で紹介させて頂きました麻混の生地によるストライプがありました。
勿論ソリッドシリーズも揃えております!

C:68%  L:32% 


色出し、そしてリネンによるスラブっぽい節が独特で 本当に涼しく快適なシャツ地です。
リネンのシャツをビジネスではと敬遠される方のお気持ちは分かります。
 しかし、このリネンブレンドシリーズであれば堂々とビジネスシーンにも御着用頂けます。

このシリーズ、春夏用には鉄板です。
綺麗で使いやすい色から品切れに成って参りますので、お早めに好きな色をセレクトして頂ければと思います。













c15.jpg


・・・・・やはり冒頭の方で、プリントされたメッシュ地を紹介しましたが こちらはソリッドシリーズです。(C:100%)


このメッシュのシリーズには、粗い目と細かい目の2種が揃います。
色も比較的に揃っておりますので、ポロシャツではカジュアル過ぎる、、、という感じの方には是非お勧めな生地で御座います。














c16.jpg


・・・・・沢山御紹介して参りましたが、こちらが最後となります。

リネンのシャツ地は随分と登場致しましたが、こちらは IRISH LINEN (100%)となります。

リネンにはリネンの特性やらしさがあり、代え難き素材でもある訳です。
これからの季節には欠かせぬリネンを、アイリッシュリネンを存分にご堪能くださいませ。















・・・・・如何でしたでしょうか。
今回ご紹介した生地はコレクションの極一部に過ぎません。

爽やかで涼しげなシャツ、スーツやジャケットのイメージや価値観に合わせて、
そして クールビズの期間はノータイをイメージしてお楽しみ頂ければと思います。

 これから他メーカーさんのシーズンファブリックも届きます。
シャツ地も充実して参りますので、是非お気軽にご覧頂ければと思います。













・・・・・大変恐縮では御座いますが、来週のBLOG更新はお休みとさせて頂きます。

次回は、3月7日(火)UPの予定です。

どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。




 今週もお付き合い頂きまして 誠に有難う御座いました。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。








posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック