2017年06月06日

【 GREGE 】




 6月に入りました。
沖縄では既に梅雨入りしていますが、関東地方もそろそろ梅雨入りが予想されています。


1gg.jpg



 梅雨の時期と言えば 紫陽花 ですよね。
既にこんなにも綺麗に咲いています。

紫陽花の花色は土の酸度によって決まると言われていますが、自然の作り出す色とは本当に美しいものです。


2gg.jpg
















 さて、今週は その 『 色 』 に絡めて素晴らしい生地を御紹介させて頂きたいと思います。














GREGE (グレージュ)



 グレーとベージュを掛け合わせたグレーベージュ、その中間色を指します。
1679年にフランス語として誕生したそうです。


とても馴染み深いベージュにグレーを混ぜるだけで、随分と落ち着きや上品さが加わり
大変魅力的な色となります。

羊や山羊の群れを意味するイタリア語のグレッジア(GREGGIA)に由来するそうですが、そういった自然の中で見受けられる素朴な色でもあるという事が そう感じさせるもかも知れません。





 この春夏での期中追加仕入としては 今回が多分最後になると思いますが、
そんな最後で本当に素晴らしい生地を入手する事が出来ましたので 早速御紹介させて頂きたいと思います。















・・・・・英国は深き信頼のおける老舗ミル、 TAYLOR & LODGE より
ウール × リネン の生地であり、色は正に『グレージュ』のストライプスーチングです。

 激渋です。 一目惚れでした、、、、。

3gg.jpg















・・・・・ウール×リネン の生地におきましては、弊店でも 英:LAMOGE より
素晴らしいコレクションを取り揃えております。
http://dittos.seesaa.net/article/436521835.html


 私自身も仕立て、着用させて頂いております。
涼しく爽やかで 風合いも最高です! 
これは絶対にお勧めです。着用者が言うのですから間違いありません。



リネンと言えば 皺が魅力の一つでもありながら、ウールがその皺をある程度抑えつつ
復元力も有るので 吊るしておけば その皺の半分は戻ってしまいます。

 また、リネンは放熱効果も高いので涼しく清涼感もありますから春夏には欠かせぬ素材ではあります。 ただ、リネン含め 植物繊維はどうしても クセ取り が効き辛い事は否めない事実です。

しかし、ウールがブレンドされておりますので そういった部分もクリアになり、もう良い事尽くしです!




4gg.jpg


ウール×リネン ヘリンボーン柄のサンドベージュ
トラウザースの股周りや上着の袖辺りをご覧頂ければ リネンたる皺の感じが見受けられる事と思います。

これがリネンたる『 らしさ 』ですね。


5gg.jpg



立体成型が特に顕著な衿や肩周り、そして胸部の立体的なドレープを見れば
確りと アイロンによるクセ取りが効いているのがお分り頂けるでしょう。



春夏は強い日差しを避ける為にも明るめな色へ走りますので、ベージュ系やライトグレー等は増える訳です。
されどサンドベージュ、流石にここまでは派手と感じられる御方も居られる事と思います。



 では、その素晴らしき素材(ウール×リネン)で
目立ち過ぎない中間色である グレージュでは!?  


こちらでしたら そんなお気持ちも吹き飛ぶ筈です!













6gg.jpg


・・・・・明る過ぎず、鮮やかさも無い、スモーキーなトーンで正に落ち着きがあります。
そしてトーンとしては明るめに入りますが、縞がシャープさを演出しているのです。














7gg.jpg


・・・・・その縞も案外強くないので、遠く離れれば無地の様に溶け込みます。
しかし、上品で本当に素敵な色です。

8gg.jpg
















・・・・・では、織り組織についても着目してみましょう。


WOOL : 55%   LINEN : 45%
230g

ほぼ半分ずつのブレンドであり、先にお見せした LAMOGE のウール×リネンと殆ど同じです。


9gg.jpg



左側に見えるサンドベージュの織り糸が緯糸です。 これがリネンですね。
シャキッとしています。

下側に見えるグレー、そして縞を構成するブルーグレーの織り糸たち、これが経糸でありウールですね。 緯糸と比べ、フワフワ・ケバケバしているのが見てとれます。


 経糸と緯糸で色を変え、交織する事でこういった ムラっ気のある独特な表情が生まれます。


これは平織なので こんな感じになりますが、
もし綾織で織り上げると 表側は経糸の色味が強く出て、裏側には緯糸の色味が強く出る事になります。

それが皆様ご存知のソラーロですね。
















・・・・・ご覧下さい、通気性も抜群ですね!

10gg.jpg



これは欲しい、、、、、かなり私の ツボ です!!





心底お勧めさせて頂きます。
間違いなく素敵なスーツとなる事でしょう。
















 グレージュ、とても魅力的な色なのですが
リネンという素材自体を敬遠される方もおります。
それは やはり皺であり、人によってはメリットにも、デメリットにも成ってしまいます。


そんな方々におかれましては、、、

ウール 100%での素敵なグレージュも御座います!












11gg.jpg


・・・・・ベルギー・ブリュッセルで創業された 高級マーチャント
SCABAL より素敵なグレージュを御紹介致します。













12gg.jpg


・・・・・正にグレージュ、
ヘリンボーン柄(綾織)にストライプを重ねております。













13gg.jpg


・・・・・縞も強くないので、グレージュという色味を最大限に感じて頂けます。











14gg.jpg


・・・・・やはりドレープ感は素晴らしいですね。
英国のミルで織り上げられた逸品です。

SUPER 100 と、高番手過ぎないのが尚良いところです。

WOOL : 100%
280g

 こちらは合い物といった感じですので かなり長い期間御着用頂ける事でしょう。














・・・・・エレガントなこの御方も やはりこの季節はベージュ系です。

15gg.jpg




ベージュから更に一歩、落ち着いた品のある グレージュ

大変お勧めですので、是非お気軽に店頭にて 直にご確認頂ければと思います。







HOUSE STYLE ORDER であれば、約4種間でお仕立て出来ますので まだまだシーズンを楽しむ事が出来ます。


BESPOKEであれば、どうしても今季シーズンには間に合いません。
故に来年用の仕込みという事になります。

 それぞれ出物ゆえ 量が少ないので
『 コレは! 』と思われた御方はお気軽にお声掛け頂けましたら幸いです。













 では、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

今週もお付き合い頂きまして 誠に有難う御座いました。







posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック