2017年11月21日

【 ESCORIAL 】



 こんにちは。
また一段と寒くなって参りました。

11月も後半ですから当然とも言えますね。
 いよいよオーバーコートも楽しめる季節の到来です!

es1.jpg














弊店 HOUSE STYLE ORDER につきまして、11月28日の受注分を持って
年内仕立て上がりの最終日となります。
(レギュラー メイドのお仕立てに限ります。)

もう そんな時期に差し掛かって参りました。
早いですね、、、、
ご了承頂きたく、宜しくお願い申し上げます。


 29日以降の受注分より、年始早々のお仕立て上がりとなりますので
御自身への素敵なお年玉としてお受け取り頂けましたら幸いで御座います。















 さて、今週は期中にて 極上な出物を買い付けましたので
そちらを御紹介させて頂きたいと思います。
 もう既に減ってきており、残りは3種となります。






es2.jpg


ESCORIAL


エスコリアル : マーグレップ羊というミニチュアシープより採取される羊の毛です。
皆様も耳にした事があるであろう メリノ種の羊と比べると、体の大きさは約半分しかありません。

 寄贈されたこの羊を、スペインの国王がエスコリアル修道院で王室専用として飼育されていた事により エスコリアル と呼ばれるようになりました。


 体も小さなエスコリアルは、メリノ種と比べれば 約1/3しか原毛が取れません。
採取量はカシミアの1%にも満たない 希少価値性高き原毛なのです。

 その原毛は、柔らかさと共に シットリとした肌触りは まるでカシミアの様でもあり、
縮れ毛である事から ナチュラルなストレッチ性がある事も大きな特徴と言えます。



 皆様の価値観は様々だと思いますが、身に纏ってみたい最高品種の羊です!















es5.jpg

CARY GRANT


英国生まれの大変エレガントな氏を抜きにメンズファッションを語る事は出来ません。
 今週は そんなエレガントな氏に憧れを抱きつつ、御紹介させて頂きます。


しかし、なんてバランスの綺麗なダブルのスーツなのでしょう。
 シルエットも本当に美しい バンカーストライプのスーツです。














es6.jpg

・・・・・最高に美しい ダークネイビー地のバンカーストライプ。

シットリとした肌触り、気品に満ちたその顔には ほんのりと光沢感が宿っています。
 至ってベーシックなストライプのスーツを、最高のエスコリアルにてご堪能下さいませ。














es7.jpg

・・・・・こちらは、英 : JOHN FOSTER 製となります。
耳に見える ロンドン シュランク、これは生地のFINISING工程を ロンドン シュランクで行っているという事になります。

 昔では当たり前であった手間の掛かる仕上げ工程ですが、今では随分と簡略化されてしまいました。
ここは 昔ながらに拘って丁寧に仕上げられているという証になります。

 そんな証、一昔前では当たり前であったにも拘らず
今では付加価値の一つにまでなってしまった事は時代の流れなのかも知れません。
















es8.jpg

・・・・・縞の幅や太さ、全てにおいてクラシックで 本当に丁度良い塩梅です!












es9.jpg

・・・・・美しい生地です、、、、。

PURE ESCORIAL
295g

3シーズン ウエイトとなりますので、夏以外の全てのシーズンでお楽しみ頂けます。












es10.jpg

・・・・・こちらも先に同じく ダブル・ブレストのスーツを御着用です。

縞の間隔が狭く、独特のシャープさが際立った印象を与えてくれます。
 それにしても 惚れ惚れしてしまう格好良さです。















es11.jpg

・・・・・エスコリアルと言えば、バンチをも展開している
Reid & Taylor は欠かせません。

 こちらも同じく ダークネイビー地のストライプですが
縞が太く、間隔も かなり密に織り込まれたデザインの ウーステッド・フランネル となります。















es12.jpg

・・・・・ソフトなドレープ感が写真からをも伝わる生地、そうそう御座いません。

光の陰影が とても美しいですが、細い原毛がそうさせています。
当然 体の小ささもさる事ながら、羊という括りの中では 一番細い原毛を持つ種でもあります。















es13.jpg

・・・・・縞は太目ながら、程好くボケた感じがたまりません!















es14.jpg

・・・・・こちらも本当に味わい深く、素晴らしいスーチングです。

ケーリー・グラント氏の様に、ダブルのスーツにされても素敵ですね。


PURE ESCORIAL
295g















es15.jpg

・・・・・1934年に撮影された写真です。
クラシックなヘリンボーン柄が際立った これまた渋いスーツを着用されています。

今度はシングル・ブレストの上着ですが、ウエストコートがダブルですね。
















es16.jpg

・・・・・今度は ジャケッティング となります。

ヘリンボーン柄が美しき、グリーン系なのですが これは色が上手く表現出来ていません!!

オリーブグリーン、、、いや、芝生色のグリーンとの交織により
絶妙に黄味も感じられる様な独特の発色です。












es17.jpg

・・・・・これは もう店頭にて現物を見て頂かなければ
その独特の魅力は伝わらなさそうです、、、。















es18.jpg

・・・・・一見は ツィード の様な雰囲気とカラーリングです。
しかし、このドレープ感とシットリ感は むしろカシミアと間違えてしまうかも知れません!!














es19.jpg

・・・・・この写真が 一番雰囲気が近くでていると思います。

原毛の持つナチュラルなストレッチ性は、当然の如く動きやすさに直結致します。
 リラックスしたジャケットのスタイルで、その機能性高き原毛の性能は最大限に発揮される事でしょう。


合わせ易く、使いやすい色目であり 大変クラシックな柄です。
ついつい手が伸びてしまう一着になってくれる事でしょう。



PURE ESCORIAL
340g
















・・・・・如何でしたでしょうか。

この素晴らしいきエスコリアルは 希少価値性も高く、とにかく高額である事は否めません。

 しかし、今回の出物は かなりの破格値で仕入れる事が出来ましたので、
ご興味のある御方には 是非この御機会に如何でしょうか。

エスコリアルをお好きな方は、やはり再度エスコリアルをお選びになってしまう御方も少なくありません。 そんな虜にさせてしまう程の独特な魅力と説得力を持ち合わせております。


 是非とも店頭にて、直接 ご覧頂き、触れて、纏ってみて下さい。








皆様のお越しを 心よりお待ち申し上げております。


 では、いよいよ本格的に冬を感じる寒さ、、、
皆様 冬の装いを大いに楽しみつつも、ご体調管理には十分お気をつけ下さいませ。



 今週も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。







posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。