2018年10月23日

【 Dittos.TIE 17th-COLLECTIONS 】






 いつも当店BLOGをご覧頂きまして 誠に有難う御座います。

先週は私の至らぬさゆえ、更新をする事が出来ませんでした。
本当に心苦しく、毎週楽しみにして下さっておられる方々におかれまして
心よりのお詫びを申し上げる次第で御座います。

BLOGで御紹介させて頂きたい事は沢山御座います。
 これからも頑張って更新して参りますので、どうか今後とも変わらぬ御指導 御鞭撻を賜りたく、謹んでお願い申し上げます。






















117.jpg



・・・・・カントリーサイドでの一コマ、古き良き時代の美しき光景に見とれてしまう程です。

10月も後半に入り、朝晩は肌寒く感じられる様にもなって参りました。

皆様におかれましても大いに秋の装いを楽しまれている事と思います。
ツィードやカシミアのジャケットもそろそろ良い頃ですね!

















217.jpg



・・・・・言わずと知れたサビルローの名店、HUNTSMANより。
この名店の地下、裏の顔は、、、
「 礼儀が紳士を作る 」 キングスマン:ハリ―の心に残るセリフでした。

 そんな名店のディスプレーの一幕ですが、これまた美しきカントリーチェックの様々なツィードが並ぶ様は正に圧巻です。
ツィード踏まえ、カントリースタイルには魅入られ、惹きつけられる心の高揚を感じずにはいられません。









 今週は楽しみに待っておりました、今季AWの新作タイが仕立て上がって参りましたので、是非御紹介させて頂きます。
今回も本当に素晴らしい仕上がりで御座います!


















317.jpg



・・・・・綿密なやり取りを経て、いよいよ生地が織り上がり 英国より届きました。
ネクタイなどの生地含め、シルクと言えば

VANNERS

Woven in England












417.jpg



・・・・・今回はカントリーテイストなモチーフ柄です。

厳選に厳選を極めた 4柄・4色 での御用意で御座います。

以前にもカントリー系モチーフ柄のタイを作りました。
その時はプリント柄でしたが、今回はジャカード織りでの表現となります。

 プリント、ジャカード、好みと共に 双方の持ち味が違う訳ですが、
糸で柄(モチーフ)を織りなすジャカードでは、より緻密で繊細な表現が出来ると共に、奥行き感や臨場感が楽しめるのは素晴らしき特徴と言えます。




色も、柄も、本当に悩みぬき もうこれ以上削ぎ落とす事は出来ません!
色も単に好きな色だけという訳には参りません。モチーフ柄の色味との相性含め、とにかく 今回は悩みました(笑)。

全色 揃えたくなる逸品に仕上がった自信作で御座います。
















517.jpg



・・・・・いよいよ仕立て上がって参りました。

生地は、シルクとウールが約半分ずつブレンドされた混紡素材がベースとなります。
56% : SILK
44% : WOOL


 ベースはウール独特の落ち着きのあるマットな感じに仕上がっており、モチーフはシルクの糸で織り込まれます。

このマット感がまた格別なのです!

結んだ時も もっさりとしない様に、一番薄地を選んでおります。
軽く ソフトであり、ウールの柔軟性と共に皺も気になりませんし、その弾力性は結んだ時に綺麗なディンプルを生み出させます。

717.jpg




617.jpg


















・・・・・全てにおいて手縫いで仕上げられた 昔ながらの一重仕立てであり、
大剣幅は約9.5p、長さは 敢えて 140p に抑えてあります。

ここも当店オリジナルタイの大いなる特徴と拘りの一つです。
http://dittos.seesaa.net/article/257268740.html
( ↑ 弊店オリジナルタイの詳細なスペックはコチラより。 )



817.jpg



ジャカード織りは、糸で絵柄を表現します。
裏側はこの様にカラフルな糸が沢山並びますね! かなり多くの色を使い込んで柄を表現しているのがお分り頂ける事と思います。






917.jpg



では、具体体に一色ずつご覧頂きましょう。


















1017.jpg



1117.jpg



・・・・・FOREST GREEN:DUCK

欠かせぬモチーフです。 ハンチング帽は和製英語ですが、訳すと『鳥打ち帽』と言いますね。 DUCK君はブレイシーズ柄でも登場していますが、英国においても関わり深き動物です。
 森林の様に美しきグリーンは、DUCK柄を引き立たせ、どんなカントリーテイストなコーディネイトにもマッチするでしょう。

細かく、多彩な色使いは 正にジャカードでの表現ならではの存在感です。


















1217.jpg



1317.jpg



・・・・・COFFEE BROWN:DOG

人間との絆深きワンちゃん、私の家族の一員にも!

HUNTING DOG 『 狩猟犬 』も欠かせぬモチーフですね。
研ぎ澄まされた筋肉の塊のようなワンちゃん、みな首輪をしていますよ!

 ややくすんだ渋きブラウンは茶靴にも合いますし、アースカラーのど真ん中。
コントラストの綺麗な2色のワンちゃん、ブルーがいる事で ブルー系シャツにもアクセスが良いですね。
モチーフもシンプルで小柄ゆえ、上品ささえ漂います。

















1417.jpg



1517.jpg



・・・・・BORDEAUX:FOX

一応ボルドーですが、ワインレッドに近いでしょうか。 という事は、パープル味も含まれている色となります。
 イギリスでは、銃を使うSHOOTINGと、使わないHUNTINGがあり
キツネ狩りはFOX HUNTINGですから後者になります。故に猟犬は欠かせません。

FOX君、凄く好きです!
緊張した凛々しき顔立ちまで細かく表現されています。 

暖色系でもあり、上品な装いには是非差し色に使いたくなる色です。

















1617.jpg



1717.jpg



・・・・・NAVY:HUNTER


伝統的で真っ赤なハントコートを着用し、ハンティングホーンを携えた正にクラシックで
王道たる凛々しきハンターは、猟犬たちを連れてキツネ狩りに、、、。

 ネイビーベースでモチーフ密度も浅めなこのタイは、万能的に使えるでしょう。

英国では今でもハンティング専門ショップが勿論ありますし、この様なハントコートも普通に仕立てられています。 このハントコートに使われるキャバルリーツイル、ウエイトは1000g越えが通常です。

 色はスカーレット(≒朱赤)なのですが、HUNTING PINK と呼ばれます。
続きは、、、お好きな方は店頭にて!















1817.jpg




・・・・・紳士服のルーツは英国であり、戦争(軍服)や貴族の生活様式を抜きにして語る事は出来ません。

洋装文化の根底無き日本だからこそ、歴史含めたリアルな伝統に憧れを持つ部分もあるかも知れませね。


 これら味わいのある美しきタイは、夏以外の3シーズンご活用頂けます。
ツィードだけでは無く、フラノやコーデュロイにも抜群に合いますし、スーツに限らずジャケットスタイルでも様になる事は言うまでもありません。

 ビジネスの場におかれましても、御職業にもよると思いますが
金曜などの週末には、カントリーサイドに想いを馳せたモチーフタイで もうひと踏ん張り頑張るのも良いかも知れませんね。
フィッシュングやゴルフなどを始め スポーツ好きな方、動物好きなお方にも是非お勧めで御座います。
 どうか小紋柄の様にお気軽にお使い頂けましたら幸いです。














1917.jpg



・・・・・クラシックなグレンチェックはフランネルでしょうか。
ハッキングポケットが目を引きます。

こんなスタイルにも是非締めて欲しいモチーフタイです。













2017.jpg



2117.jpg



・・・・・グリーンのタイを カントリーテイストな装いで!















2217.jpg



2317.jpg



・・・・・コーデュロイの ODD TROUSERSは+4にて。
お気楽なカーディガンは青紫、ボルドーのFOX君!












2417.jpg




英国らしさ溢れるクラシックなモチーフタイ、是非皆様にもお楽しみ頂きたく 宜しくお願い申し上げます。


 ご遠方のお方でもお気軽にご連絡下さいませ。
お代金はお振込みの他、カードでの御決済も出来る様になっております。
 直ぐに御発送もさせて頂きますので、どうかお気軽にお声掛け頂けましたら幸いです。














・・・・・来週は 別注を掛けておりました ALBER THURSTON が届いておりますので
そちらを御紹介させて頂きます。

今回の LIMITED EDITION は2種あり、既に店頭では減り始めております。
お時間のあるお方は 是非お早めにお越し頂けましたら幸いです。

更に、今回 復刻されたマニアックなレザートートも今週には入荷致します。


 皆様 ご多用の事とは思いますが、是非お時間をお作り頂き
お会い出来る日を心より楽しみにお待ちしております。




 どうも有難う御座いました。










posted by 水落 at 09:00| Comment(1) | おススメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを頂戴致しまして、誠に有難う御座います。

● TAKI様、御予約頂き有難う御座います。お会い出来る事を楽しみにしております。

● 齋藤様、TAILLEUR様、
メールアドレスを記載の上、改めてご記入頂ければと思います。

 何卒宜しくお願い致します。

Posted by Dittos.水落 at 2018年10月25日 17:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。