2019年08月27日

【 Navy,Navy,Navy,,, 】




 皆様 こんにちは。
8月もそろそろ終わります。雨と共に少しは気温上昇も落ち着きました。
まだ残暑はあるのでしょうが、9月になれば気分はもう秋へシフトですね。










NAVY : 海軍との意味や、英国海軍の制服色だった事からもこの色を指す様になった経緯があります。 この色は最早無くてはならぬ色であり、日本でも様々な制服色としても昔から採用されていますね。

こういった背景からも、NAVYから受ける印象というのは深く刻み込まれており 規律に伴った信頼感や安心感さえ受ける事もありましょう。
各国の代表者方もNAVYの着用比率はかなり高い事からも窺えます。
この色は 紳士服の色としても欠かせぬ存在です。











nn1.jpg




親子揃ってのネイビーによるクラシックで典型的な装いです。

ネイビーでも色のトーンや織りなどでも随分と印象が変わります。
限りなくバリエーションが広いネイビー地におき、皆様はどんな選択基準でお選びに成られるでしょうか。

 今週は NAVY(紺)に特化して
当店 NEW FACE のネイビー地を御紹介させて頂きます。











先ずはスーチングより。












nn2.jpg



・・・・・1938年 ベルギーのブリュッセルにて創業された高級マートャント:SCABAL
からの御紹介です。
昨今では、どの国の どこのTAILORへ行っても当たり前に使用されている『生地バンチ』
(=生地の見本帳)ですが、世界に先駆けてSCABALが初めたそうです。

同社の世界規模で展開されるその高級で素晴らしい生地は、最高級の原料と共に徹底した品質管理のもと信頼度の高きブランドとして現在のステージに君臨し続けております。


















nn3.jpg



・・・・・赤味の含まれたネイビーらしいネイビー、大変肌触りの良い
魅力的なウーステッドフランネル です。 これは良い!!

SUPER 100’Sのウーステッドに、スパイス程度ながら風味づけとしてカシミアがブレンドされております。

ウエイトは 340g
厚過ぎず、薄過ぎない生地感も程好く
秋冬用のスーツとして、またはブレザーにしても大変似合う事でしょう。

 とにかく色が良いです! そしてこの風合いも素晴らしく
滑らかな印象で品もありますね。

その間違い無き逸品は、勿論 英国製となります。















nn4.jpg




・・・・・フランネルですから表面は起毛されております。
ただし、ウーレンフランネルと違って ウーステッドフランネルは この写真の様に薄らと綾織の織地が見えますね。

340gと言えば 決してヘビーなウエイトではありません。
だからこそ春秋にも快適に着用出来、真冬に寒ければオーバーコートをお楽しみ下さいませ。




















・・・・・お次の選手は、
1842年 フランスで創業された やはり高級なマートャントでもある
DORMEUIL からの御紹介です。


nn5.jpg



1842年当時、創業者でもあるドーメルさんは22歳。
かの英国服地を仏国に輸入すべく その若さで始められたそうです。

スキャバルもドーメルも 名立たる高級マーチャントであり、良い意味でライバル関係でもありますね。
 言うまでもありませんが、その品質は その名が保証しているとも言える訳です。

その両社ともどもマーチャントですから企画された意図によっては伊国製の生地も御座いますが、両社にとって根本的には やはり『英国製:英国服地』が欠かせないという事でもあります。














nn6.jpg



・・・・・深く濃い エレガントなダークネイビー のこの生地は、とても確りとしたサキソニーとなります。

ウエイトは 480g と秋冬地であり、肉味のあるこの感じこそ 英国服地らしさ溢れる存在感です。
表面はほんの若干起毛されており(ミルド仕上げ)、打ち込みの確りしたこの生地はコシもあり 仕立て映えしない訳がありません!













nn7.jpg



・・・・・皺への復元力も高い事でしょう。
これだけの肉があれば皺にも強くて扱いやすく、本当に頼りになるスーツになってくれる事でしょう。

英国贔屓のお客様方におかれましては、やはりこの位のウエイト感が一番しっくりと来るのではないでしょうか。

三つ揃いで確りと着込めば、都会では冬も越せそうですね!
堪りません、、、、。














nn8.jpg




・・・・・2種を並べてみます。

上に、SCABAL:ウーステッドフランネル
下に、DORMEUIL:サキソニー


青味の深さやトーンの違いが見えますね。
デジカメは光や色を一生懸命拾いますので、写真より一段 濃く深めの色だと思って下さい。

両雄 名立たる高級マーチャントですから、素晴らしい生地は沢山ありますが その分お値段も、、、、。
今回の様な出物は嬉しい限りであり、是非この御機会に如何でしょうか。










nn9.jpg




・・・・・こんなパリッとした英国調のダブルブレストなどは
是非今回の様な生地でお仕立て下さいませ。

あ〜、寒さが恋しいですね!













 さて、次はジャケッティングのネイビーを御紹介致します。









nn10.jpg



・・・・・当店での生地紹介では何度も登場しております
カントリー系の生地と言えば W.Bill で御座います。

現在ではHARRISONSの傘下となり、廃盤も随分と出ましたが
その『らしさ』溢れる生地は今でも健在です。

















nn11.jpg



・・・・・W.Bill:PHOENIX というシリーズになります。

スコットランドで織られたその生地は、ウエイトが約300g と見た目よりも軽快感のある服地です。
 このシリーズは、色や柄は正にカントリーテイストながら
タウンユースに適した着用を意図して企画されています。

PURE NEW WOOLを使用したこの生地は、見た目よりもソフトで柔軟でもあり
サラリと気軽に羽織るジャケットとして皆様のお役に立つ事でしょう。















nn12.jpg



・・・・・綾織地の PEPPER & SALT です。
(モノトーンでは無く、ネイビー系の色味でもP&Sで良いですかね!?)

コントラストの効いた経糸と緯糸を織り合わせ、独特な霜降り調の表情を生み出します。
ネイビー範疇ではありますが、こちらはスポーティーなジャケット地です。
 色味も明るめで柔らかくが狙いとなります。

紺系の上着はとにかく使いやすく、合わせ易くもあり
様々なコーディネイトをお楽しみ頂ける事でしょう。


















・・・・・最後の御紹介となります。
英国(スコットランド製)に対し、伊国のジャケット地を珍しくご紹介致します。



nn13.jpg


DRAGO



 イタリア最大の毛織物生産地ビエラを代表するドラゴ社は、糸の紡績から一貫して作る事の出来る数少なきメーカーです。
世界で扱われる高級細番手の約7割は ここで生産されているとの事、正にイタリアを代表するミルとも言えましょう。

 スーチングについては好んで伊製を選ぶ価値観を持ち合わせませんが、ジャケッティングであれば話は別です!

















nn14.jpg



・・・・・先のW.Bill:PHOENIX より、少しくすんだ渋いネイビーであり
そのソフトな風合いは写真でも見てとれるのではないでしょうか。

ウエイトはW.Billよりも更に軽く 約280g
ウールに カシミアを5% ブレンドしています。

イタリアらしい風合いは軽くて柔らかく、正に楽に羽織るジャケットとして優れた生地で御座います。















nn15.jpg



・・・・・先のPHOENIXと織りもかなり酷似しています!

ですが、触るとやはり 良い意味で 英/伊 双方の特徴を感じる事が出来ると思います。
軽くて薄くもあるのに暖かい、、、そんな優しさに包まれた印象を受けるジャケットが出来る事でしょう。

 あえてアンコン仕立てで仕立てられても良いですね!
生地と仕立てはかなりの高次元で調和してくれる事でしょう。


















nn16.jpg



・・・・・2種を並べてみました。
上に、W.Bill:PHOENIX
下に、DRAGO

 こう並べると、DRAGOの方がくすんだ青味であり ブルーグレー調の落ち着いた色調をしています。

似た織地ながら、風合いや色目の微妙な差で随分と見た目や着心地が変わります。

 ODD JACKETだからこそ、紺系の中でも 英/伊 の違い含めて吟味されてみて下さい。
どちらが良いかでは無く、『どちらが好きか』という事ですね!

皆様の求められる着用シーンや価値観にて御選択頂ければと思います。

















nn17.jpg



・・・・・ブレザーに拘らずとも、ネイビージャケットは大変重宝出来るアイテムであり
ネイビー系と言っても バリエーションは随分と多岐にわたります。

 御自身とのベストマッチングを求めて 是非お気軽にお越し頂けましたら幸いです。









では、皆様とお会い出来る日を楽しみにしております。
 今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。











posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | 生地について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。