2019年09月17日

【 Laurence Kerr Olivier 】




Lo0.jpg




 少しずつ暑さも和らぎ、秋らしさを感じられる様になって参りました。
皆様 三連休は如何お過ごしでしたでしょうか。 地域のお祭りも開催され、そんな行事も秋の到来を感じさせてくれます。

そして、何と来週も三連休ですね! 随分と連休が増えました。

当店におきましては通常営業となりますので、定休日のみのお休みとなります。
 もう直ぐ増税もありますが、、、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。






















ローレンス・オリヴィエ

( Laurence Kerr Olivier ) 1907.5.22-1989.7.11



 英国を代表する俳優であり、そのご活躍された功績より1947年にはナイト位を授けられております。
翌1948年にはアカデミー賞も受賞し、名実ともにイギリスを代表する名優にまで登りつめられました。

また、1970年には俳優として初めて一代貴族に叙され、
Baron Olivier of Brighton 『 ブライトンのオリヴィエ男爵 』となります。
そのご活躍ぶりは簡単に表す事が出来ませんが、正に名優である事に間違いはありません。


 この時代にご活躍された様々な方々は本当にエレガントでお洒落な方が多いのです。
紳士服が一番エレガントであったと言われる時代の片鱗を 魅力的な氏の装いを通じて御紹介させて頂ければと思います。













lo1.jpg




・・・・・三つ揃いはダブルブレストの上着ですが、ラフにフロントを開けチラリと見えるアルバートチェーンがニクイですね。
ですが、当時は極一般的なスタイルでもある訳です。

ダブルのスーツはウエストコートが見えないので省かれるというものではありません。
勿論 季節やお好みにより省く事はあるでしょう。

ウエストコートはポケットウオッチ入れとしも機能してる訳ですが
上着がダブルの場合 釦を外さないと時計が見られないという事はありますね!

股上深きトラウザースを吊り、それに連動する丈で誂えられたウエストコートがクラシックな あるべきバランスでデザインされていれば、大抵 第4釦ホールにT-Barを掛けると丁度良いバランスになります。(決まりがある訳ではありません。)
 この様にフロントホールへ釦と共に通さない場合は 縦型にチェーン用のホールを敢えて開ける事も御座いますね。















lo2.jpg



・・・・・リラックスされた一コマですが、愛犬でしょうか。
靴がとにかく目を惹きますね。今では一般的ではないディテールではあります。
同じくエレガントで有名な 伊:詩人であるダンヌンツィオ氏もこのカットの靴を履かれていましたね。

かなり濃く見えるでしょうが、案外ボーダーのトップスと合いますね!
コンビらしいコントラストが上下で凄く調和しています。

白黒写真ではありますが、、、コーディネイトでの使用色を抑えている事も功を奏します。
 そもそもスペクテーターシューズはスポーツ観戦時等に好まれて履かれた靴でもあり、そういった背景も踏まえれば ダークなソリッドの靴よりスポーティーなポジションとも言い換える事が出来るでしょう。

しかし、格好良過ぎます!

ボーダーのニットやカッソーの着こなしに是非ご参考に如何でしょうか。
時代性もありますが、ジーンズではこうは決まりません!
クリーズラインの入ったホワイト(クリーム)トラウザースなのです。

季節に応じ ウールだけでは無く、コットンでも良いでしょう。














lo3.jpg




・・・・・時代を感じる『らしさ』満点のロングポインントカラーシャツです。
当時のネクタイは短く、芯も生地も薄く、現行品と比べれば それはもうペラペラです。

トラウザースの股上が深いという事は、その分 胴が短くなるわけです。
様々な周辺アイテムもバランスが全て連動しており、ブレイシーズも現行品とは随分と仕様やサイジングが違います。















lo4.jpg



・・・・・ウエルトステッチの効いたスポーツジャケット、ドット柄のネックウエアが本当に素敵です。

結び方含め、この様に昔のお洒落な先人方より学ぶべき着こなしも本当に多くあります。













lo5.jpg



・・・・・袖丈も股下もかなり長めではありますが、お好みでしょうか。
氏のスーツはダブルブレストがお好みだった様子が写真の多さより窺えます。















lo6.jpg




・・・・・ショールカラーでダブルのディナースーツです。
衿元のカーネーションが素敵ですね。
ショールカラーでもラペルにホールを開けていますね。
ショールカラーの場合は、ノッチドラペルの様に古の第一釦ホールの名残というよりは
フラワーホールとして開けられている事になりましょう。















lo7.jpg



・・・・・オーバーコートもダブルブレストです。
先ず間違い無く上等なカシミアではないでしょうか。

写真からでも垣間見られるうねりの効いたリップルフィニッシュが高級なオーラを放ちます。

袖口にはターンバックカフが見受けられます。
逆に胸ポケットはありませんね! 排除されたコートは結構あります。











lo8.jpg




・・・・・このスーツはイギリスの名店 A&S製 のスーツだそうです。(1933年)

細めでシャープな胸の箱ポケット! 上品です。
右側胸部の着用皺を見る限りでも、使われているであろう確りとしたフランネル地であるにも関わらず A&Sらしく当時としては柔らかい芯を使用した仕立てであるという事かもしれませんね。














lo9.jpg



・・・・・C.ビートン卿と共に。

C.ビートン氏のタイをご覧下さい。 大剣がVゾーンからこぼれております。
当時のタイは短いですから 古着でご存知の方々は『あるある〜』な事でしょう。
















lo10.jpg



・・・・・お年を召されても品と共にエレガントさは変わりません。
こんな御上品な爺さんになりたいものです。












・・・・・如何でしたでしょうか。
先人方から学ぶべき事は沢山御座います。

今では失われつつある装いに対する『品』という部分をもう少し取り戻したくはあります。
世界中で進行するカジュアル化の流れは速く、人間楽すれば もう戻らない・戻れないですから せめてTPOだけでも もっと重んじたいと思います。

 装うという行為は相手あってこそでもあり、敬意を払うという側面がある事も忘れてはなりません。



衣・食・住の『衣』
装うという行為を 少しでも多くの皆様が楽しんで頂けましたら何よりの幸いに思います。


 では、今週も最後までお付き合い頂きまして誠に有難う御座いました。













・・・・・ご報告申し上げます。
 毎週当店のBLOGをご覧頂きまして、誠に有難う御座います。

多くの方々が既にお忘れかも知れませんが、、、
当店10周年記念に因み オリジナルの生地を御用意させて頂きました。
計4種の企画であり、3種は既にデビュー済みです。

4種目につき、唯一春夏用の生地であり もともと分納となる予定でした。
実は一度ミスがあり、織り直しとなりましたが 改めて再納品されました。
しかし、結論的に今回も大変残念ながら受け取れないという結果となってしまいました。

詳しくは割愛させて頂きますが、3度目の正直に臨むべく打ち合わせ中で御座います。
もし自慢出来るような4種目が上がった折には 勿論御紹介させて頂きますが、御紹介が無ければボツになったと思って頂ければと思います。

 お気に掛けて下さった方々に関しましては心よりのお詫びを申し上げます。
3度目が織り上げるにしても来年となります。

詳しくは店頭にてお尋ね頂けましたら幸いです。
 本当にご迷惑、ご心配をお掛け致しまして 誠に申し訳御座いません。









posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | STYLE OF THE MAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

【 RUDOLPH VALENTINO 】


 こんにちは。
早くも2月に入りました。


今日は節分の日ですね。
皆様は豆撒きをされますか?


 息子が小さかった頃、保育園で彼らが手作りしてきた鬼のお面。
怖さや迫力など全く無く、むしろ凄く可愛くて愛嬌もある鬼さん!!

それを被らせて豆撒きしていた頃を懐かしく思い出しました。
















 さて、今週は随分久し振りと成るカテゴリですが
今回も素敵な紳士を御紹介させて頂きたいと思います。














 今でいうイケメンという括りでは あまりにも足りない絶世の美女ならぬ 美男子です


rv1.jpg


RUDOLPH VALENTINO

(ルドルフ・ヴァレンティノ)


1895年5月6日 ― 1926年8月23日



(Rodolfo Alfonso Raffaello Piero Filiberto Guglielmi di Valentina d'Antoguolla)








サイレント映画時代にハリウッドで活躍された俳優です。

イタリアの南部にて生まれたルドルフ ヴァレンティノ氏は、
イタリア人の父親と、フランス人の母親の間に生まれました。


それからアメリカに渡り、ダンサーとして活躍。
その後にハリウッドに渡り一躍スターと成りました。

 しかし、何と31歳という若さでこの世を去る事に成ってしまいました。
葬儀の際には10万人ものファンが集まり、後追い自殺をされるファンが何人もいたようです。

まだ映画に『声』が無かった時代です、容姿端麗な彼のその様は 最大の武器であったのかも知れません。



氏がスターだったのは実質5年位だったようですが、その短い間にどれだけのインパクトを与えた事か、、、。



 洋装を学ぶ上でも外せない程にスタイルのある魅力的な俳優であると思います。
そういう意味では このサイレント時代真っ先に浮かぶのはアドルフ・マンジュ―氏がいますね。
 しかし、今回は美貌さえも持ち合わせるルドルフ・ヴァレンティノ氏のスタイルをご覧頂きたいと思います。





 今回ご紹介の多くは 1920年代 です。
クラシックも10年サイクルで見れば 随分変化が見受けられます。

20年代のエレガントなスタイルを 氏より感じて頂けましたらご紹介させて頂いた甲斐があるというものです。













rv2.jpg


・・・・・私のお気に入り写真の内の一枚です。

イタリア出身の彼も 多くのハリウッドスターのように英国はサビルローのTAILORにその名を連ねていたようです。

 醸し出すシルエットやサイジング、ディテール、そして全体感に至るまでの整ったデザイン、全てにおいて高次元でバランスが取れた大変美しいスーツです。

カット(裁断)には時代性やお国柄も出るものです。
皆様にはどこで誂えたスーツに見えるでしょうか!?

ここまでに完成された美しいスーツを堂々と着こなす様は流石です。












rv3.jpg


・・・・・三つ揃えのスーツをダブルのウエストコートで。
シャツのカラーもご覧下さい。時代性がとても良く出ています。

小ぶりな羽衿はパキッと とても堅そうですね。
衿やカフスが取り外し式だった頃のシャツです。












rv4.jpg


・・・・・三つ揃いのスーツにスパッツは本当にエレガントで良く似合います。

この上着の袖口釦をご覧ください。

先のスーツと比べると随分スタンスが違いますね。
上衿腰も結構高めです。











rv5.jpg


・・・・・ダークなストライプスーツに、淡い色のオッドベストを合わせて!
私も大好きな着こなしです。

皆様がお手持ちのダークスーツも随分印象が変わりますので 是非お試しに成られてみては如何でしょうか。


(胸のウエルトポケット、随分と傾斜が強いですね! 裁断(ディテール)を見るだけでも時代性含め様々なカットの特徴が見受けられます。)












rv6.jpg


・・・・・ダブルのスーツだってお手のもの、小さく作られたアームホールから細長いシャープな袖がとても美しい。


まだお若い頃ですね。ウエストラインの設定が比較的に高めである事も特徴と言えます。
そして袖にはクリーズラインが付けられていますね。












rv7.jpg


・・・・・オッドジャケットとしてダブルを、そして靴はこれですよ!!
確かに時代性もプンプンに漂っていますが、こんなにもエレガントだった紳士服は 何故現状まで崩れてしまったのでしょうか。

それにしても、バランスの美しいダブルの上着、ウットリしてしまいます(笑)。
トラウザースのシルエットや丈のバランスも大好きです。












rv8.jpg


・・・・・ご覧ください! ウインドーペーン柄のタウンスーツだってお手のもの!!
上着のフロントカットが随分と直線的なのが見受けられます。

最近ではビックリするほどに高いゴージラインも目にします。
デザインであり、ファッションと言えばそれまでですが、ノッチにしてもピークにしても そもそもの生まれた背景があり、原型がある以上 行き過ぎたディテールは滑稽に見えてしまいます。

 本来あるべき紳士服は歴史でもあるからです。











rv9.jpg


・・・・・ツィードの三つ揃いだと思いますが、典型的なスポーツスーツです。
こちら、今ではあまりお目に掛かれる機会は少ないと思います。

4-パッチポケットですね、しかもフラップ付でプリーツ入り!!
3-パッチまでは今でも日常的と言えますが、昔は4-パッチも普通です。

どこまでカジュアル(スポーティー)なのか という事ですね。
付けられている釦然りです。












rv10.jpg


・・・・・同じスーツでしょうか。
この写真はカラーで見たかった、、、、。

この生地の色、そして靴の色を知りたい!!












rv11.jpg


・・・・・これは違うバージョンですね。
ポケットだけで見れば随分とミリタリーな雰囲気ですね。
 この上着も袖にクリーズラインが見受けられます。












rv12.jpg


・・・・・氏のワードローブの中で、特にコートは本当に凄いのです!!

先ずは衿元にアストラカンをあしらったエレガントなオーバーコート。












rv13.jpg


・・・・・ショールカラーのダブルブレスト。
このファーのゴージャス感、、、とにかく贅沢ですが、今の時代では色々と難しいのではないでしょうか。

ダブルブレストの打ち合い、前端の釦はホールでは無く、ループを利用した作りになっています。











rv14.jpg


・・・・・アルスターカラーにまた贅沢なファーが、、、。
そして袖口にも!!

これを今の時代 BESPOKEで誂えたら、一体幾らに成るのでしょう。
ファーのボリューム感がパンパではありません!!

 こんなコートを雪の降る日 普段着の様に着てみたいです。











rv15.jpg


・・・・・最後はフォーマルで締めましょう。
正統的な DAY FORMAL モーニングコートのスタイルです。

スパッツは欠かせませんが、あと帽子とグローブですね!!

合わせているウエストコートはダブルブレストの様です。














・・・・・・・・・・・・・・・如何でしたでしょうか。
私が見ているオタク的な目線も少々踏まえながら御紹介させて頂きました。

ルドルフ・ヴァレンティノの魅力とエレガントなスタイルはお伝わりに成りましたでしょうか。




 皆様も大いに装うという行為を楽しまれて下さい。
そして大いに拘って下さい。



クラシックとは時代と共に変化するものではありますが、
人は人、自分は自分、
ファッションを超越したその先にスタイルがあるのだと思います。



 私はどうしてもファッションという言葉が好きではありません。
色々な訳し方もあり、言葉としては広い意味を持ちますが、実際日本的に解釈されると とても軽く、かつ経済優先の匂いがしてなりません。




 『 作られるファッションに惑わされない 』

自分を良く理解し、自身の価値観と共に スタイルというものを形成していく事
本来紳士が進むべき方向ではないかと思います。

それが人生に欠かせぬ『衣』を
紳士として嗜む道筋ではないでしょうか。




 偉そうな事を言いながらも 私自身は まだまだ若輩者です。
しかし、存分に楽しんではおりますので
是非皆様とも、共に楽しみながら洋服談義を出来ればと思っております。








  では、独り言が長くなりましたので この辺で!
今週も誠に有難う御座いました。







 そろそろ店頭も春夏生地と入れ替えて参ります。
お勧めな生地が揃っておりますし、既に御予約で嫁入りが決まってしまっている生地も御座いますが、皆様是非お気軽に見に来て頂けましたら幸いで御座います。






posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | STYLE OF THE MAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

【 Fred Astaire 】


 こんにちは。

お陰様によりまして、弊店は開店より5年目を迎えさせて頂きました。
改めまして、皆様よりの多大なる御厚意、御贔屓を賜りまして
心よりのお礼を申し上げます。
 BLOGを介して大変失礼では御座いますが、誠に、誠に有難う御座います。

5周年に伴い、弊店別注のアニバーサリー・スーチングを5種作らせて頂き
このBLOGでもご紹介させて頂いて参りました。
http://dittos.seesaa.net/article/369343341.html

 さて、その中でも一番人気であった Dark Navy のウーステッドなのですが、
実は 残りあと4P-SUITS 1着分のみと成ってしまいました。

3P-SUITS 1着、及びご注文下さった方よりの スペア・トラーザース等で 1本といった計算に成ります。

残りが少なくなってきましたので、御予約分の要尺計算より確保分を差し引いてみましたら、、、この様な結果と成っておりました。
 多大なる御贔屓、御厚意に対しまして、心より嬉しく 感謝しております。

Dark Navy は圧倒的一番人気でしたので、その他の生地はこれ程ではありません。
しかし、Pick & Pick は2番人気で随分減ってきております。

 是非御検討頂けましたら幸いで御座います。

恐縮ながら、お礼と共にご報告とさせて頂きます。
何卒宜しくお願い申し上げます。













 さて、今週はエレガントな紳士を語る上では絶対に欠かせぬ一人
フレッド・アステア氏を御紹介させて頂きたいと思います。









fa1.jpg


Fred Astaire

(Frederick Austerlitz)

1899年5月10日−1987年6月22日





 アメリカはネブラスカ州生まれ
俳優であり、ダンサー、歌手と才能に満ち溢れたフレッドアステア。

特に御説明もいらぬほどでしょう。
20世紀を代表するダンサーであり、マイケル・ジャクソンも彼の大ファンであったらしいですね。

アステアを形容する言葉は本当に多く、正に天才でもある御方ではありますが
やはりこれほどまでに洗練されたエレガントなダンサーはそうそう居られないでしょう。


 アステアの類まれなセンスは、ダンスのみならず
装いの部分でも大きく評価されています。

私が憧れる御一人でもあります。



彼ほどの有名な方であれば、映画のみならず、様々な書籍や写真集も多く
たっぷりとアステアの魅力を知る事が出来ましょう。






 そんな魅力的で憧れでもあるF・アステアの極一部を御紹介させて頂ければと思います。













 氏の魅力的なダンスには、エレガントな装いも絶対に欠かせない。
これほどまでに優雅に美しくフォーマルを着こなせる方は少ないだろう。

fa2.jpg


・・・・・あの激しい動きに追従出来る機能性高きカッティング。
このイブニング・テールコートは確かキルガー・フレンチだったか、、、、

氏の手足の長さは勿論前提としても、とにかく限界までにアームホールを小さく攻めている。AHが小さければ、自ずと袖自体も筒として細くなり、余計に長く見える。

 あれだけ腕を高々と上げる訳です。脇を吊り上げる事無く袖を機能させるには、仮縫いにより正に身体(腕)に見合った高さ、幅などの位置確定がとても重要になります。

ただただ小さくすれば、身体に当ってしまいますし、不快感と共に逆に動きに対してストレスになってしまいます。

クライアントの要望を叶えつつ、気品と共にこのエレガントなデザインバランス、仕立て、
本当に素晴らしい見事なコートです。












fa3.jpg


・・・・・今度はディフォーマル、
スパッツまで含め、完璧な装いであり なんて優雅でドレッシーなのでしょう。












fa4.jpg


・・・・・ディナースーツ、
正統的でありつつ控えめたる、これこそブラックタイのスタイル。
私自身、もしかしたらディナースーツさえ一生袖を通す事が無いかも知れません。
 しかし、憧れはあります。もし着用する機会がるのであれば、アステアの様に優雅に着こなしてみたい。

Vゾーンから除く白いシャツの胸元、パリッとカチカチに固められているのが見てとれますね。正に正統的です。











fa5.jpg


・・・・・この装いも深く印象に残っています。
明るめなスーツにダークなシャツ、コントラストが凄く綺麗で嫌味がありません。
それもアステアだからかも知れませんが!











fa6.jpg


・・・・・カジュアルな装いこそセンスが出るというものです。
特にアステアはネックウエアの使い方が素敵です。
リラックスしたカーディガンがここまで優雅に見えるのです。












fa7.jpg


・・・・・そう言えば、アステアと言えばネクタイを外し、ベルト代わりに腰に巻いたとういう話は有名ですね。
最近のトラウザースは、ノープリーツを前提にとても細いシルエットが主流ですが
私にとって、大人のエレガントなトラウザースとはドレープの効いた優雅なシルエットでありたい。











fa8.jpg


・・・・・大変お洒落なアステアです。靴も相当お持ちの事でしょう。
コンビの靴も良く履かれています。

しかし、、、なんて室内履き(スリッパ)が自然で似合うのでしょう。
本当に自然であり、正にリアルという事ですね。












fa9.jpg


・・・・・・シングルの3Pスーツに、ダブルのウエストコート
腰にはアルバートチェーン、胸にはブートニエール、、
このカットのバランス、本当に美しく、、、見とれてしまいます。

なんてエレガントなのでしょう。紳士服が一番エレガントだったと言われる時代、
説得力があります。












fa10.jpg


・・・・・ダブルのスーツ、
釦ダウンカラーのシャツを合わせる辺り、アステアらしいと言えるのかも知れません。











fa11.jpg


・・・・・ご旅行!?へ旅立つシーンだとします。
この時代を考えれば、現代がどれほどカジュアルになったかお分りになる事と思います。
昔は船の旅も多かった事でしょう。

時間優先に飛行機ばかりでは無い優雅さもその時代にはあったと言えるのかも知れません。











fa12.jpg


・・・・・ただ軽食を取っているだけにも関わらず、本当に絵に成る方です。














・・・・・・・・・・如何でしたでしょうか。
満ち溢れるアステアの魅力が少しでもお伝わりに成りましたでしょうか。


時代の移り変わりも凄くお分りに成るでしょうし、単にスーツ等にしてもカットのバランスが随分違う事が分かります。
それだけ価値観の移り変わりがあったという事ですが、こういった服は大量生産される既成品のレベルでは100%無理でもあるという事です。

むしろ、既製として 大量生産する・出来る事が前提として物作りが進んだという事は否めません。
要は作り易く、そしてある程度の方々が着られる様にサイズ感もルーズになり、型紙線はどんどん直線的になります。

ウエストのシェイプは無くなり、アームホールは深く、大きくなります。
それに伴い袖も筒として太くなります。細ければ腕の形状に合わせ『く』の字に作る必要がありますが、ゆったり太ければ直線的で構わない事に成りますね。

 クセ取りを必要としない物作りに移行するという事でもありますが、本来身体に合った立体的な服とは どれだけコテ(アイロン:クセ取りなど)を当てているかに直結します。





 現代の主流である既製服、
用意された様々な物より、お好みに応じてチョイスし購入する時代です。

しかし、当時はまだまだ誂える文化も多く残っています。
誂えとは、無から生み出す訳です。

何が欲しい、何が必要、
TPOに応じて、季節に応じて生地を選び、身体を採寸してもらい
自分の為だけに作られる服、それが誂えです。

であれば、作る側(お客様側)のセンスや知識もそれなりに必要と言える部分もあると言えなくもありません。
しかし、こちら側は求められれば適切なアドバイスなどをお伝え出来る様 正しき知識や経験なども必要と成ってきます。技術だけでは足りません。

そういった意味でも 私自身 一生勉強です。


 純粋で、洋服に対し素直な洋服屋さん、そんな洋服屋さんでありたい。













・・・・・・さて、大変恐縮では御座いますが
来週のBLOG更新はお休みを頂戴致します。申し訳御座いません。

次回は、5月5日(火)に必ず更新させて頂きますので
また宜しくお願い致します。






・・・・・・来月のゴールデン・ウィークですが、
定休日である5日(火)以外は全て通常営業と成ります。

 宜しければ、是非お越し下さいませ。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


 では、今週も誠に有難う御座いました。





posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | STYLE OF THE MAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする