2016年07月05日

【 Bespoke Shoes 3 】





bs1.jpg


1933年 APPAREL ARTS より

 装う事とは、洋服だけでは務まりません。
靴や帽子、そして鞄などをもって完結されますので欠かせぬアイテムでもあります。









 週末含め 厳しい暑さが堪えますが、皆様 ご体調など崩されておりませんでしょうか。


今週は洋服を離れ ブレイクタイムと参ります!
















bs2.jpg


・・・・・もう説明は入らぬほどの活躍されております福田 洋平さん、
彼の作り出す素晴らしい靴は、最早誰もが知る所だと思います。


弊店で洋服を御注文くださり、福田さんの所で靴を御注文されている顧客様は少なくありません。
 彼のお店が青山に引っ越ししてきて歩ける距離になってからは、ハシゴでご来店アポイントを入れられる顧客様も居ります。

 お客様とも、今どんな靴を注文されているとか、次はどんな靴が良いとか
楽しくお話させて頂く事は日常的な事です。


私自身も福田さんと良い御付き合いをさせて頂く中で、私の注文していた靴がいよいよ出来上がって参りましたので御紹介させて頂きます。




 私の場合、1st ORDERは やや薄めのブラウンでフルブローグでした。
これは初めてのBESPOKE SHOESでもありました。

とにかく拘り満載で欲しかった靴であり、必要であった靴でもあります。



 このフルブローグが本当に素晴らしく、大変感動致しました。
BESPOKEというステージ、そして彼の知識や技術、センスなども含め 圧倒的な説得力を感じさせられたものです。

この体感より、2足目は私にとっては一番重要な黒のパンチドキャップを作って頂きました。
ダークスーツには必要不可欠なこの靴は、これで現手持ち2足と成りましたので ローテーションや天候不順時などにも対応出来るようになりました。

随分と黒靴には苦労して参りましたので、やっとこれで一先ずは安心です。



 さて、福田さん製以外の靴でも幾つか所有する中
福田さんに頼む 3足目となる BESPOKE SHOES はどんな靴でしょうか!!

















bs3.jpg


・・・・・まさに出来たてのホヤホヤです!!

かなり突然と思われるかも知れませんが、リザードのローファーをお願いしておりました!

今回は革の入手にとても時間が掛かりました。

もともとトカゲは小さいですから、財布などの小物用などでは色々とあるそうです。
 しかし、靴に出来るサイズで しかも色の希望や品質に拘ればそうそう容易くあるものでは無かったのです。

フランスで仕入れたリザードだそうですが、待った甲斐もあり 本当に美しい最高品質のリザードを手に入れて頂きました。














bs4.jpg


・・・・・華奢で薄い足の私は、とにかくスリッポンに憧れがありました。
こういった靴こそBESPOKEでなければとも思っていた次第です。

また、エキゾチックレザーにも憧れがありつつ、、、
濃過ぎず薄過ぎないリザードの革は昔から大好きであり、この革自体の個性を生かすべく
靴のデザイン自体は極シンプルにすべきだと思っていました。

その中で、FOSTER & SONの素晴らしいアーカイブコレクションより随分とイメージを頂いたものです。
















bs5.jpg


・・・・・この綺麗に揃った細かく四角い班、本当に美しい限りです。















bs6.jpg


・・・・・今回は計4匹のリザードを使用されたとの事、
どこで、どの様にとるか
そして左右も合せつつ、繋ぎ合わされる所でも 違和感無きような所で合わせて裁断レイアウトを決めなければ成りません。













bs7.jpg


・・・・・仮縫いは慎重に行われました。
スリッポンの難しさについて説明を受けながら、、、、だからこそBESPOKEにして良かったと思います。














bs8.jpg


・・・・・写真では分かり辛いですが、ツリーを見ても左右差が分かります。
案外違うものですね。 つくづく痛感致します。

洋服もそうですが、身体の左右差 
ロボットでは無いですから ある意味当たり前でもあると言えます。














bs9.jpg


・・・・・全体のフォルムからトゥの感じなども随分と要望を聞いて頂きました。
穴飾りも大きめに堂々と、、、エッジのパイピングも華奢に成らない様になど
本当に良くお付き合い頂きました。















bs10.jpg


・・・・・ソールも相変わらず美しい、、、、
本当にパンパでは無いクオリティーですね。















bs11.jpg


・・・・・出来上がりを拝見させて頂き、更に試し履き、、、、、
もう心底感動しました!

当初の福田さんの設計バランスでは もっとトゥもロングで細く、ややモダン、ややエレガント過ぎる感じでしたので あえて私のイメージ通りにと随分逆行して頂きました。


頭の中にイメージした靴が正にそのまま目の前にあります!
そして、こんな私の足にJUST FITのスリッポン、、、、
良くも悪くも、いやらしいリザードの主張、、、エキゾチックレザーならではです。











bs12.jpg


・・・・・FITTINGは全体的にタイト目です。
ですが、当たる所も 痛い所もありません。
ただただ ギュッ と全体的に押さえられている感じです。

新品ですからこの位でないとダメでしょうし、このFITTING自体も新鮮でなりません。
念願叶ったスリッポンですので!














bs13.jpg


・・・・・主に春夏用として活躍してくれる事でしょう。

手持ちの麻混シリーズやシアサッカーにも合わせます。
勿論スーツだけでは無く、ジャケットスタイルにも抜群です。


しかし、自身の中で一番のベストマッチングは
SOLARO のスーツだと思っています。


色の加減から季節感、そして双方の持つ いやらしい感じこそ
互いを引き立たせ合う様に思っています! 目論見は続きます(笑)。














・・・・・BESPOKE SHOES 3足目、
私の靴ではありますが 福田さんの作品でもあります。

彼のセンスと技術は本当に素晴らしいと心底思っていますし、信頼もしています。
良い刺激と影響をも頂いており感謝ばかりです。



これでまた一足、
育てるのを楽しみながら人生を共にする仲間が増えました。

福田さん、この度も大いなる感動を 本当に有難う御座いました。


 貴店にて、少しでもリザードのご注文が増える事を願っております!
あっ、入手が大変ですかね、、、、。













 では、今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。
また来週も宜しくお願い致します。






posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

【 明けましておめでとう御座います。】




 明けましておめでとう御座います。

本当に寒い年末、年始でした。
思い返してみれば、暖冬との予想もどこえやら、、、。



 東京も年越し前に早くも雪が降りましたし、元旦の日 初詣に向かう際にも降っておりました。
寒過ぎるのも厳しいですが、やはり冬は冬らしく寒い方が四季を感じられるというものです。


 年末は、営業日ギリギリまでご納品の為 多くのお客様にお越し頂きました。
ご注文頂きました秋冬用のスーツは勿論、ツィードやコートがお役に立っておりましたら何よりの幸いで御座います。












さて、今年の干支は【 羊 】
WOOL の年です!


h.jpg




素敵な生地とのご縁がありますように!!












 新しい年が明けたばかり、
まだまだ3月位までは肌寒いですから 十分に今からでも秋冬物を御注文頂けます。
今期の着用期間は短くとも、次の秋冬にはスタートダッシュで御利用頂けます。
 長きに渡り御愛用頂く大切なご注文です! いつご注文されようともお客様次第で御座います。









また この春夏用に買い付けた生地達も本当に素晴らしいお勧めシリーズが御座います!
かなり自信があります!!

勿論有無を言わさず自身の分を確保しての買い付けであり(汗)、早くもワクワクしております。
その内 BLOG でもご紹介させて頂きますので、是非お楽しみにされて下さいませ。










 他にも春デビュー予定の新作タイですが、
現在 英国にて私のリクエストした別注生地を織って頂いております。

御紹介出来るのは3月頃の見込みです。
こちらも間違い無きエレガントでクラシックなコレクションと成りますのでご期待下さいませ。










 更に、、、、まだまだ今年行いたい企画も温めており、、、
これらはもう少し具現化して参りましたらご紹介させて頂きたいと思います。














・・・・・支離滅裂で恐縮で御座います。
最後に成りますが、お陰様で大好評を頂戴しております 弊店の5周年記念生地ですが、
PICK & PICK(シャークスキン)が昨年末の御予約で終了と成っております。
 (強いて言えば、お作り頂いた方にはスペアトラウザース1本分位はギリギリ御座います。)

BIRDS EYE が残り約2着分となっております。
こちらもご注文が4P-SUITSであったり、お身体の大きい方であれば1着分と成り得ます。
 御検討されておられる方がおりましたら、お早目に御決断頂けましたら幸いで御座います。



ご注文下さりました多くの皆様方、心よりのお礼を申し上げます。
誠に有難う御座いました。

(5周年記念生地については、右上検索小窓より『 ANNIVERSARY 』、そして『 記事 』をクリックの上で検索頂くと、ズラッと関連記事が出てきます!)



 弊店の扱う生地の中で一番コストパフォーマンス度も高く、素晴らしい生地である事には間違い御座いません。
様々な物の値段が高騰し、最近の為替事情もあり、もう同レベルの生地をこの価格帯で御用意する事は不可能です。

 絶対に損はさせません! 心底素晴らしいと思える生地達で御座います。















では、今年も頑張って精進して参ります。
皆様におかれましては、変わらぬご指導、御鞭撻の程 どうか宜しくお願い申し上げます。


また来週より BLOG も頑張っていきたいと思っておりますので、こちらも合わせてお願い致します。





2015年 皆様におかれまして 幸多き年に成りますように!!



まだまだ寒い日は続きますので、どうかご自愛下さいませ。



 どうも有難う御座いました。






posted by 水落 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

【 魅力高きシャツ 】



 こんにちは。
今年は早くも初雪を観測しましたし、随分寒く感じられます。

皆様にお作り頂きましたコートやツィードが大活躍されているのではないでしょうか!

2014年もあと半月に成ってしまいましたね。
私は焦るばかりです(汗)!!
















・・・・・秋冬物で気軽に穿ける ODD TROUSERS と言えば色々と御座いますが、
やはりコーデュロイは欠かせぬものです。

 そんなコーデュロイにて、またまた +4 を!
しつこいですか(笑)。

sh1.jpg



愛弟子に +4 を教えながら仕立ててもらいました。
お客様からの問い合わせは頂くものの、未だにご注文を頂いた事はありませんが、、、
私が大好きなので 一応覚えてもらわないと、、、ですよ。


 TAILORED の上着では無く、ニットで軽快に着用してみました。
色味もダーク系で合わせ、落ち着いた感じに。

少しは親しみやすく見えるでしょうか。
 あえてスニーカーに合わせても GOOD です。

これでオイルドコートやキルティングコート(ジャケット)を合わせれば、全然普通に!? 普段着として着用出来るのではないでしょうか。
そうでもないかっ(笑)。






 このコーデュロイは『 PLUM 』という果実の名称が付きます。 赤紫色ですね。
『 CORN 』 トウモロコシ色と散々迷いました、、、。








BRISBANE MOSS

コーデュロイは暖かく、適度に柔軟で本当に穿き心地が良いですよね。
モールスキンと共に充実しておりますので 皆様もお一つ如何でしょうか。

sh2.jpg


sh3.jpg


sh4.jpg


 お作り頂ければ きっと1色では物足りなく感じると思います!

勿論 +4 では無くとも、普通に長ズボンでどうぞ!!


















 さて、今週は久し振りにシャツの御紹介をさせて頂きたいと思います。



http://dittos.seesaa.net/article/164759564.html
( ↑ シャツの受注スタート時、詳細など御説明したページです。)


シャツを展開させて頂き、いつの間にか もう4年も経ちました。



何枚持っていても、必ず他のも欲しくなる、、、、。
シャツは本当にキリが無いですが、私にも沢山のお気に入りやお勧めが御座います。




そんなお勧めの中より、今回はコチラ!
(各写真は、クリックして頂くと大きくなります。)



sh5.jpg


 良い感じにエイジングしています。

イタリアは CACCIOPPOLI社が扱う
シャツ地での 『 JEAN’S 』で御座います。

色目は 濃・中・薄 と3色用意されています。(若干糸番手などの品質が違います。)
これが新品の時は、中の色目を選びました。

sh6.jpg


 誰もが穿かれた事があろう 下物のジーンズの様に地厚でゴツイ訳ではありません。

シャツ地として企画されているので、野暮ったさも無く 小奇麗なジーンズシャツとして
カントリースーツやジャケットスタイル、ニットにも幅広く合わせて頂けます。

勿論タイもお締めいただけますので ちょっと砕けた印象を狙う時などには抜群に魅力を発揮してくれます!










sh7.jpg


もう数年着用しています。
衿やカフスをはじめ、各縫代まわりの アタリ など、とても良い感じです。

私はタイも締めるので、洗濯後は必ずプレスしていますが
洗い晒しでラフに着こなされても良いでしょう。












sh8.jpg


お客様よりご注文頂きました 新品のジーンズシャツです。
これはこれで魅力があり、とても良いですよね。

 しかし、洗う以上はこの状態を維持出来ませんね!

ジーンズですから御自身なりに育てて下さいませ。











sh9.jpg


比べると、色落ち感やアタリなどが良く分かります。
良い意味で柔らかくもなり、本当に身体にしっくり馴染みますよ!

 数あるお気に入りの中の一枚です。













sh10.jpg


・・・オーストリアのメーカーである『ゲッツナー』
暖かそうで可愛げのあるチェックです。 とても優しそうな感じが致します。

コットン 100%  起毛された所謂ネルシャツです。
これは本当に暖かい!!













sh11.jpg



・・・イタリア 『レジウノ』のプリントシャツです。
サラッとプレーンなフレンチフロント、完璧な柄合わせ裁断が際立ちます!
前空きが無く、プルオーバーみたいに綺麗ですね。

この個性的なプリントシャツ、こちらのお客様は あの LIBERTY も大好きとの事!



・・・オーストリアの『ゲッツナー』
パープルが程良く効いた綺麗な格子、こちらもコットン100% 起毛感は強くなく、綾織で確りもしています。













そろそろ英国製にも登場してもらいましょう。
ACORN社よりのご注文の数々です。








sh12.jpg


・・・パープル混の格子柄が出てきましたが、
これはバッチリ パープルです!
大きめなギンガムチェック、色の発色も綺麗で主張もあります。

カジュアルだからこそ、この大きさが良い。
あまり見えないですよね(汗)。















sh13.jpg


・・・ロンドンストライプを2色 (ロンストは日本語です!)
黒×白  赤×白 となります。

これはクラシックスーツには欠かせぬストライプ、
個人的にも不朽の定番柄です!










sh14.jpg


と、、、、、
明らかに縞が太いですね!!
ここまで来るとビジネスシャツ向きではありません。

ポップである意味アバンギャルド、
上記同じく ACORN のストライプ地です。

このセンスはイタリア人には きっと分かりません。
らしさをも感じさせる素敵なシャツです。














sh15.jpg


・・・この季節、ツィードやニットなどには ACORN のカントリーチェックは欠かせません。
この少しオッサンくさい感じ、、、これがまたこの柄の味わいです!

 私も愛用している このお気に入りのシャツですが、
何とACORN社は このチェックを廃盤にしてしまいました。

膨大なカントリーチェックのコレクションが魅力でしたが、最近は少し整理を始めたようでもあります。

国内に買い付けていた在庫がまだ御座いますので、もう少しご注文頂けます。
気に成られたお方はお早目に!!

 このシャツを着たら、やっぱりグリーン系のタイを合わせたいですよね。










 他にもACORNの素敵なカントリーチェックを沢山ご注文頂いております。
皆様お手持ちのTWEEDなどをイメージされて、、、、。

sh16.jpg


楽しくて仕方ないですよね。
















最後はこちらで締めくくりましょう。
この季節、クリスマスなど含め PARTYも多くなるのではないでしょうか。

sh17.jpg


 フォーマルっぽく ウイングカラーのシャツは乙なものです!!


イタリア 『トーマス・メイソン』より
140/2の綺麗なドビーストライプのシャツです。

F様、まだ少し早いですが この度は誠におめでとう御座います!!
















・・・・・・・・・・・如何でしたでしょうか。

皆様の想いが詰まった素敵なシャツを御紹介させて頂きました。




先週は御要望を頂き、かの CARLO RIVAD.J.A の200/2シリーズ、ALUMO の170/2シリーズなどの超高級なシャツ地を揃えさせて頂きました。
極僅かな期間でしたが、、、それは圧巻で御座いました。

特に普段お目見え出来ない C.RIVA は、確かに圧倒的です、、、、。
流石に世界一と謳われるだけの説得力があります。



薀蓄も色々ありますが、今回はスルーしますね。
ただ、本当に品質は半端ではありません。最早シルクの様です。

sh18.jpg


 例えばこのツイル地(アイスブルー)、このウソの様な光沢感、光の反射を見れば分かりますよね。シットリとしてコットンでは無い様な滑らかさがあります。



極上シリーズの仕立て上がりは とても待ち遠しいですが
これらこそ写真では品質の高さを伝える事は出来ません。
 御着用者のみ ほくそ笑みながらお楽しみ下さいませ。










身体に合った拘りのスーツ、そのインナーと成るシャツは本当に重要です。
私の価値観に見合うシャツが市場に無い為に弊店で御用意させて頂いております。

デザイン、縫製含む仕様、サイズ、FITTING精度、
機能性が高くストレスを全く感じさせないシャツ
全てが高次元で凝縮された品質である事。

 裁断(型紙)、縫製、そして採寸まで御用意させて頂きます。
あとは皆様が思う素晴らしい『ネタ』を選ぶだけです。




ネタばかりが良くてもダメです。
それを最大限に生かす調理法があってこそ 美味しい料理に成るのです。




 皆様もシャツの魅力を存分に味わい、ご堪能して頂けましたら幸いで御座います。










今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。







posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする