2018年07月31日

【 180 】





 東から西へと異例のコースを辿った 台風12号。
西日本の方は大雨の被害が出たばかりにも関わらず 心配が募るばかりです。

今日で7月も終わり、いよいよ8月を迎えるわけですが
今年の夏は異例尽くしです。 どうか皆様ご体調管理含め、十分に御注意下さいませ。








 さて、今週は少し洋服から離れまして 靴のお話でも書かせて頂こうかと思います。



















j1.jpg



・・・・・有名な写真の一枚です。
愛犬を連れ、パドックスーツに身を包んだウインザー公の足元はコンビのローファーです。
風になびくドレープが豊かで優雅、そしてエレガントな公のスタイルに憧れたものです。

こう暑さが続くと、足元は楽なスリッポンに頼りがちになる方々は少なくないでしょう。














・・・・・私の足はとても華奢であり、様々なメーカーで展開される殆どの既成サイズはまず合いません。 もう随分前より諦めています。

紐靴であれば、中敷き含めある程度の調整や我慢があれば履けない事もありません。

しかし、紐でアジャストする事の出来ぬスリッポンだけは 手を出す事が出来ません。
余計に履きたい靴でもあり、憧れも強くありました。


その夢は素晴らしい感性と腕を持つ福田さんにより叶えて頂きました。
作って頂いたその靴は、革の仕入れにも相当時間が掛かり ご苦労をおかけしましたが
心底お気に入りのパートナーとなりました。
とても大切しながら活躍してもらっています。


 スリッポン(ローファー)なら、せめて最低でももう一種は欲しいところ、、、。
いつかは手に入れたいと思っていたコチラにオーダーをさせて頂きました。


j2.jpg






















・・・・・J.M.WESTON 180 シグニチャーローファー

1891年創業のフランスの老舗であり、様々な名作を生み出して参りました。
180は1946年に生まれたそうで、その当時より変わらぬ同社の顔の一つと言えるでしょう。

 また ここの特筆すべきはサイズ展開がハンパじゃない事も有名ですね。
ワイズが4oピッチでAからFまで揃います。
ここであれば私の足に合うサイジングが望める筈です。



j3.jpg




どうしてもコンビのローファーが欲しかったのですが、やっと手に入りました。
今年の春より ついに私のワードローブへ仲間入りを果たしました。















j4.jpg



・・・・・爪先には予めスチールをお願いしておきました。



福田さんにローファーを作って頂いた時には様々な事を教えてもらいつつ、やはりフィッティングは難しいデザインでもある事は重々承知の上です。

先にも触れましたが、紐で縛る訳でもなく 基本タイトフィットで確りと合わせなければ成りません。

福田さんの靴は完璧だと思っています。
その作って頂いたローファーも、ある時はもうパンパンでかなりキツさを感じる時もあれば、薄い中敷きくらいは入れられそうに感じる時もあります。
 それだけむくみ含めて足のサイズが変わるという事実、、、つくづく驚きました。
洋服は必ずユトリを入れます。好みも含めそれら量は一律とは言えませんが、逆に靴はピッタリとさせる分 難しさも伴いますね。

革は布の様に柔らかくはありません。小さく、合わなければ痛いですし、大きければ足は靴の中で泳ぎ、踵はカパカパです。 本当にシビアなフィッティングと言えましょう。




J.M.WESTONの青山店に足を運び 早速フィッティングです。
確りと足を計測して頂き、幾つかのサイズを試し履きしました。

同社のワイズは A より揃います。
私は自分での予想として Cか、キツめでBかな と思っておりました。

試し履きしつつ、店員さんに『 Aとかの方もいらっしゃるのですか? 』と。
『 稀にいらっしゃいます! 』との事。そんなに細い方もいるのだな〜と思いながら試し履きを進めます。
同社のタイトフィッティングは有名ですね、愛用者からはよく修行とも揶揄されます。

結局、結論出した自分自身のサイズはなんと 5-A !!!

5、、、しかもA !?  私自身が稀でした。自分自身もかなり驚きました、、、。





踵の浮きなどを考えれば、このサイズで無ければダメだと自分でも思いました。
履き込み、馴染む頃にはインソールも沈み、革もそれなりに柔らかくなり、ソールも返りも随分と楽になるでしょう。 それら全てを見越してサイズ決定しなければ成りません。

 これがBESPOKEであれば仮縫いがあります。
ある程度の期間を仮縫い靴で試し履きも行える訳です。
ステージが違いますから比べても仕方がありませんね。
















j5.jpg



・・・・・オーダーで作ってもらうと、シューツリーが付いて参ります。
オーダーの場合 既製靴よりお値段は多少上がりますが、ツリーは必要ですし、とにかくコンビが欲しかったので 既成ではなかなか展開されていないサイズ、配色ゆえ 私にはオーダーが前提と考えていました。

靴は私のサイズになりますが(5-A)、流石にツリーは同社の既製サイズのものです。
なんとツリーは 4 ですよ、、、、。
 多分 5 では横幅が入らなかったのでしょう。流石にツリーまでワイズのバリエーションは揃えていないという事なのでしょう。

4 だとスカスカです。 4って婦人サイズの範疇では(汗)。
まぁ、それなりに機能してくれれば良しとするしかありませんね。

















j6.jpg



・・・・・かなりのタイトフィッティングです!
でも格好良い!! イメージ通り!! 欲しかった180の顔です。そしてコンビです。
色は写真だと上手く出ていませんが、クリームとチョコレートブラウン!?のコンビとなります。

店員さんにアドバイス頂いたように、始めはほんの数十分ずつで慣らして欲しいとの事。
自身の店内履きで少しずつ慣らします。

返りは本当に堅く、馴染むまで時間も掛かりそうです。
良かれと思った 数日後、いよいよ外履きデビューしてみました!

 見事に踵は酷い靴擦れをおこし、ベロっと皮がむけてしまいました(泣)。
本当に久しぶりの体験です。 福田さんの靴は全てにおいて靴擦れなんておきません。

改めてステージの違う靴ですから比べられないのは百も承知です。

踵は低めの設定です。
私はくるぶしの位置が低いのか、大抵の靴は当たります。これも多少当たりますが、頑張ります!
















j7.jpg



・・・・・いいですね〜〜、大変満足していますし、凄く嬉しいです!

欧州ブランドは少しずつ値上げしています。同社も例外ではありません。
そう考えると早くに手に入れた方が良いのでしょうね。

10年前、20年前と比べて革質は、作りは、、、これも抗えぬ事であり、今更話しても仕方がありません。















j8.jpg




・・・・・福田さん製 エキゾチックレザーによるローファー。
これは本当に欲しかった、、、、。 大切な相棒です!
もう随分とこなれてきました。














j9.jpg



・・・・・J.M.WESTONの180、しかもコンビ。
これも欲しかった靴です! これからの春夏は特に この2足の靴で活躍してもらいます!


















・・・・・洋服は作れますが、靴は作れません!
既製靴が買えない、SALEも勿論利用できない。仲間を増やすには自ずとコストがかかります、、、。

欲しい靴は沢山ありますが、今いるパートナーたちを大切に履き続け、ほんの少しずつ仲間を増やせていければと思っております。



j10.jpg







 皆様の靴、足事情は如何でしょうか!




最後までお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。

















・・・・・大変恐縮では御座いますが、来週のBLOG更新はお休みをさせて頂きます。

次回は8月8日(火)を予定しておりますので、引き続き宜しくお願い申し上げます。



 まだまだ暑い日は続くかと思いますが、どうかご自愛下さいませ。







posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

【 イタリアより 】



if1.jpg


先日、上野の美術館へ行く用事がありました。
桜の名所でもある上野の恩寵公園では、早咲きの寒桜が既に6〜7分咲きでした。

ソメイヨシノはまだまだツボミなので これからですね。

 やはり春の訪れに桜は欠かせません! 今年も楽しみです。




 いきなり4月並みまで暖かくなったと思いきや、急に真冬の寒さへ戻ったり。
今週も日中は随分と暖かいようです。

流石に3月、目まぐるしくはありますが、いよいよ本格手的に春への装いへとシフトの時期に差し迫って参りました。

if2.jpg












 さて、今週は買い付けていた生地が到着いたしましたので
早速御紹介させて頂きたいと思います。






 弊店で取り扱う生地ですが、英国製がその9割を締めます。

イタリアンにはイタリアンの美味しさがある訳ですが、そうは言っても滅多に買い付ける事はありません。
 ですが、価値観に見合うものがあれば話は別です!

 今回は その『 滅多な機会 』により、弊店へ向かい入れた正に春夏用の清涼感溢れる素晴らしいMADE IN ITALY の生地を御紹介させて頂きます。





生地屋さんにも規模の大きさ含め 幾つかの業態があり、
メーカーさんから小売業まで色々なのです。

 日本でも東京の神田には多くの生地問屋さんがありまして、学生の頃などは大いに利用させて頂きました。 今では寂しくなる程にお店も少なくなってしまいましたが、、、。



とあるイタリアの生地屋さんでは、VINTAGE含め 多くの生地を取り扱う中
非常に涼しげで個性と魅力に溢れる生地達をリーズナブルに仕入れる事が出来ました。

 これらは、ミルやマーチャント等は明かされておらず、あくまでも そのお店が独自に仕入れた生地であり「どこで織った生地ですか?」と聞いても教えてくれません。

特に表記も無く、仕入れが古ければ どこから仕入れたかすら調べなければ記憶にないかも知れませんね。
今回買い付けた生地はVINTAGEの類では無く、比較的に新しい生地となります。


生地にも沢山のブランドがあります。
どこであろうとその看板の名に懸け、素晴らしい品質の生地を織り上げておりますので
ある意味 その『名』は品質と信用を安易に約束してくれるという部分もあるでしょう。
 しかし、それら名が無ければ 買い手 の判断に全てが委ねられる訳です。

魚市場へ買い付けに行く寿司職人さん方、培ってきた経験による
目利きによって 少しでも新鮮で良いネタを安く仕入れたい訳です。


 それと同じですね!


if3.jpg


良さげな所のみ、今回は5種を仕入れました。
単純な判断基準としては、生地の質や状態は勿論の事、やはり自分自身が作りたくなる様な生地でなければ成りません。
そうでなければ皆様に自信を持ってお勧め出来る訳ありません。

 素晴らしい生地は沢山ありますし、希少価値性高き生地は当然高額です。
品質や個性と、価格のバランスに旨味があれば買いですね!

皆様とお気持ちは同じです。

生地をみていると
どんなデザインやスタイルで仕立てるか、どんなコーディネイト含め着こなしをするか、、、、
魅力的な生地であればある程に妄想が膨らんでくるような子達がいるのです。













では、ご覧頂きましょう。




if4.jpg


・・・・・ご覧の通り、今では少なくなってしまったスラブ糸使いの味わい深き生地です。
滅茶苦茶に雰囲気がありますよね!! たまりません!

オフホワイトとネイビーの交織で織り込まれたグレンチェックです。
重ね格子も無く、至ってシンプルであり 離れれば柄も沈み込んでしまいます。











if5.jpg


・・・・・所々に目立つネップ、この節も大いなるポイントです。
また、ご覧の様に食物繊維らしさ満点であり、これはリネンが貢献しているのですが、、、
なんと、

70% : ポリエステル
30% : リネン     約260g

 ポリエステルが7割です!
今期は HARRISONS:SEA SHELL がデビューしましたが、ポリ混 キテマス(笑)!?
http://dittos.seesaa.net/article/456373692.html












if6.jpg


・・・・・リネンの風合いとシワ感は感じられるものの
ポリエステルの存在感は殆ど感じられません。

しかしポリが7割、皺にも強く強度も有り、汚れも付きにくく落ちやすい。
手入れがとても楽な生地でもあり、雨の日でも気楽に御着用頂けます。

 これならスーツは勿論の事、上着や下物のみでの単品使いでも合わせ易く重宝出来ます。

黒×白ではなく、紺×白 これがミソです!

 粋なスーツになる事でしょう。











if7.jpg


・・・・・先のグレンチェックと兄弟であり、柄違いです。

こちらもスラブやネップの感じが素晴らしい!
ドネガルツィードの様ですね。

正にサマーツィードと言った感じが魅力です。











if8.jpg


・・・・・こちらも オフホワイト×ネイビー での構成となります。

千鳥格子、でもまぁ良いですが
一応 4-POINTED STAR ですね!


先に同じく


70% : ポリエステル
30% : リネン     約260g



こちらもスーツでお持ちであれば、単品使いでバラシての着用も大いに楽しめます。

 先のグレンチェックかこの生地で +4でのスポーツスーツが作りたい。
ですが既に千鳥格子を所有していますし、、、やはり好みは偏ります!










if9.jpg


・・・・・素晴らしい魅力を醸し出す兄弟です。
コレ、絶対にお勧めで御座います!

スーツやジャケットに合わせて、FLAT CAP のお仕立ても乙ですね。
春夏用ですからライニングは通気性の良いメッシュ地が良いでしょう!
http://dittos.seesaa.net/article/428951218.html
( FLAT CAP )













・・・・・次に参ります。

if10.jpg


清涼感溢れる爽やかな アイスブルー は、細目にまとめられたクラシックなヘリンボーン柄となります。

 この掠れた感じがまた魅力です。










if11.jpg


・・・・・こちらの生地は

40% : コットン
40% : リネン
20% : シルク    240〜260g

3者混の生地となります。 イタリアらしい生地ですね。
色出しも本当に素敵です。











if12.jpg


・・・・・軽く、優しい風合いです。
通気性も良く、色目や表情も柔かですね。

 こちらは ODD JACKET のお仕立てがお勧めですが、スプリングコートなんて仕立てたら格好良いでしょうね!










if13.jpg


・・・・・コンポジション(構成)は確りと表記されていますが、どこで織ったのでしょう!?














・・・・・次は、これまた爽やかな ギンガムチェック!?

if14.jpg













if15.jpg


・・・・・かなり薄地の部類に入ります。

100% : S’100 ウール
約200g

強撚糸使いでホワッとした程好い反発感があり、これも皺に強く 狙って織られた生地です。











if16.jpg


・・・・・良くご覧になってみて下さい。

経糸にネイビー、緯糸にブルーと
拡大して本当によく見なければ気付けませんね。

 些細な事ながら、柄に奥行きと深みが出ます。



こんな爽やかなジャケットを、ネイビーのポロシャツ、アイボリーのコットントラウザースにコンビのスリッポンやネイビーのデッキシューズで着こなしてみたいですね。











if17.jpg


・・・・・通気性抜群で滅茶苦茶に軽い生地です。

サラッと羽織る上着には丁度良いのではないでしょうか!












if18.jpg


・・・・・最後です。

ラストはちょっと渋めにモノトーンでの格子柄です。

これもODD JACKET 用ですが、やはりODDだからこそ 柄物にも手が伸びるのではないでしょうか。










if19.jpg


・・・・・オフホワイトの面積が半分は締めますので、離れれば明るめなグレーと言った印象です。

ホワイトバックスを是非!!












if20.jpg


・・・・・3番目に御紹したアイスブルー:ヘリンボーンと 兄弟の色柄違いです。


40% : コットン
40% : リネン
20% : シルク    240〜260g

3者混であり、それぞれの素材的な特徴を良いとこ取りでまとめられています。

 素材感と柄の持つ雰囲気、どちらもご堪能くださいませ。













・・・・・如何でしたでしょうか。

これら素材感を生かす 芯のセレクトや裏地の仕様、お好みに合わせ 様々なスタイルにてお仕立て頂けます。

 リネンのオープンカラーシャツ等も是非合されてみて下さい。


店頭にて これら生地達の個性を直接感じて頂けましたら幸いです。
 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。






posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

【 ALBERT THURSTON 】




 皆様 こんにちは。

先週末の三連休は如何お過ごしされましたでしょうか。

土曜日の夜は 一時的に雨が降りましたが、やっと好天にも恵まれた連休となり
紅葉を見に行かれた方もいらっしゃるかも知れませんね。


 そんな紅葉狩りには是非とも 愛着のあるツィードと共に出掛けたくなるものです!









1a.jpg



W.Bill

CHEVIOT TWEED : BESPOKE 4P-SUITS



大変な御贔屓を頂いております M様よりのご注文で御座います。
もう直ぐで仮縫いの準備が整います!

 今暫しお待ち頂けます様 お願い致します。
















 さて、今週は 別注を掛けておりました ALBERT THURSTON より
ブレイシーズが届きましたので御紹介させて頂きます。


2a.jpg




英国にて 1820年創業の超老舗です。

ブレイシーズと言えばここを抜きにしては語れません。
既に代名詞たる歴史と風格さえ御座います。





 今回は 計5種 の入荷です。
本当はもっと頼んでいた気になっていたのですが、、、。















3a.jpg


・・・・・先ずは欠かせぬ定番色、スーツやシャツを選ぶ事無く
フォーマル的なスタイルまで気兼ねなく合わせて頂けます。

DARK GRAY / SILVER


4a.jpg


 これらリボンタイプのエンドは、私の好みで昔ながらの編み紐タイプ:BRAID END にしています。
 同色系で色も合わせ、至ってシンプルです。


5a.jpg


アジャスターの金具はゴールドを使用している所が多いですが、私はシルバーに拘ります。















6a.jpg


・・・・・お次は柄物を 2種
レジメンタルストライプ と ドット を1種ずつ頼みました。


8a.jpg


 紳士が着るべきクラシックなダークスーツには バッチリと映えるでしょう。


7a.jpg


このストライプの方は、エンドの色が絶妙ですよね、自己満です!
















・・・・・さて、前回の入荷時には とても御好評を頂きましたシリーズを今回も御用意させて頂きました。



9a.jpg


LIMITED EDITION OF 500




こちら、所謂 限定品です。
シルク地で織られた様々なデザインが、一種 500本限定尺で織り上げられ コレクションされています。


前回はユルくて可愛い ダック君 でしたが、今回は!?

http://dittos.seesaa.net/article/448695584.html
(↑ 前回の限定品です。)












10a.jpg


・・・・・強烈なインパクト!!!

これが忘れられませんでした!

海外の方々に日本と聞けば、
スシ、テンプラ、フジサン、そして ゲイシャ などが挙がる事でしょう

 英国の老舗であるA.THURSTON のコレクションに 良くぞ という感じです(笑)。

【 JAPANESE GEISHA 】

笑えます!
芸者さんというよりも 花魁 みたい!

外国の方お相手のお土産屋さんにありそう(笑)。



 何故こんな柄、、、!? とセンスを疑われる方もおりましょう。
一見 『 どうして? 』と思われる様なダサさと異様さが、一周 回って
『 それが敢えて良い!』と!!



 この柄を 捻りある遊び心として捉え、着用する男こそ『 粋 』 というものです!
と、勝手に想いを馳せ 発注致しました!!

弊店に来て下さる顧客様には、そんな遊び心を持たれる粋なお客様が多いですからね。

 個人的に大のお勧めです!

12a.jpg










11a.jpg


・・・・・500/153 確りとロットナンバーもご丁寧に付いております。












13a.jpg



・・・・・シルクリボンで織られていますので、補強と滑り止めを兼ねたテープが裏に付けられています。


14a.jpg


芸者さんがいる表側のグランド色は、チャコールグレーとなっています。
着物の色柄がとても映えますね。












15a.jpg


・・・・・今日は バーズアイのスーツ、新作のパープル小紋タイで!

ウエストコートを着用していれば、ブレイシーズは全く見える事はありません。
クラシックなスーツの内たるは、、、













16a.jpg


・・・・・じゃ〜ん!  良く見える様にホワイトシャツを選びました。
結構インパクトありますね!














・・・・・今回の ブレイシーズには、もう一つ拘った別注箇所が御座います。


弊店では、圧倒的に多くの方々が三つ揃いの御注文を下さります。
勿論ブレイシーズは欠かせません。

 そして、吊り用のトラウザースとは 本来股上が深きものです。




A.THURSTONは英国や日本のみならず、米国市場も大変に大きなものです。

ウエストコートが省かれるようになって随分と経ちますが、
それが故に、腰履きに合された現行ブレイシーズのサイズバランスは 【 あるべきスタイル 】にはそぐわず、お直しの上でバランスを調整しております。



 吊る事が前提だった時代、トラウザースもハイバック・スタイルだって当たり前の様に御座いました。
当時のブレイシーズは それらスタイルに見合ったデザインや仕様、サイズバランスであった訳であり、同社の古いカタログでも確認するが出来ます。
当時のネクタイなども同じく かなり短い物でした。
 スーツに(トラウザースに)周辺アイテムもバランスが合わされていたという事です。



その当時のバランス、デザインでお願いしたかったのですが
先方様の事情により 今となっては それらの復刻は出来ないとの事、、、。
であれば、今でも出来得る 理に適った昔ながらのバランスを考えるしかありません。














・・・・・繰り返しになりますが、現在のバランスは 腰履きで穿かれる股上の浅いトラウザースに合わせられる様 随分と長めに作られております。

 余程 体の大きな方で無ければ、ブレイシーズにおける背中に来る支点が首の後ろに来てしまう方もおります。
それは支点位置を下げるよう 直せば良いのですが、
初めから 当時の様なバランスで別注を掛け、より深き股上のトラウザース(ハイバック含め)が安定感たかく吊れる様に 弊店オリジナル型の別注をさせて頂いた次第です。





 リボンタイプは本来 背中のデザインが Y の字になります。
その Y の足を取り、X の字に置き換えた上で支点位置も予め下げます。

YでもXでも背中に来る支点位置は、背中の中心付近であって欲しい訳です!!









17a.jpg



今まではお直しの上で下げる様 調整していましたが、これは未調整で既に良い位置にいますね!
 故に、支点位置はほぼ直す必要が無く フロントのアジャスター位置のみ リボンを切って調整すれば良い訳です。


体型が大きな御方もおります。リボンのサイズは全てLサイズにての注文となります。
既製品ですから少なからずサイズ展開もある訳ですが、ネクタイ同様にサイズ展開自体がある事さえご存知でない方も多い事と思います。
 アジャスターで調整するにも当然限界がある訳です。




 この支点位置が高くなってしまい、首のすぐ近くに来てしまいますと
リボンが左右に分かれる際に捻られた おかしな皺さえ よってしまう事があります。
 その歪は ウエストコートや上着の背中にさえ響きます。


フロントのアジャスター金具にしても、鎖骨まで来てしまう御方、、、痛いですよね。
または、金具位置がバストトップにいたら誰しもが嫌ですよね。



 今はでは探せば多くの所で扱われている A.THURSTON では御座いますが、
お履きになるトラウザースに合っているのかどうか、、、、ここがとても重要な所なのです。

逆を言えば、TAILORならではの見解とも言えますね。













18a.jpg


・・・・・今回の入荷により、リボンタイプは 計6種 となります。
新入荷のみ、背中の仕様はX字となります。

Y字だとしても、必ず BEST の位置へお直し致しますので御安心下さいませ。
当然ながら御調整代は頂きません。















・・・・・もう一種、BOX CLOTH も忘れては成りません。

19a.jpg


これからの季節、確りとしたフラノのスーツや、ヘビーなツィード、、、
楽しみですよね。

当たり前ですが、こういったトラウザースは当然 重量もありますので、肩当たり優しき このBOX CLOTHは欠かせません。











20a.jpg


・・・・・・モールスキンの様な、、、フエルトっぽい感触をしています。












21a.jpg


・・・・・エンドは革を使い、ハンドメイドで作られています。
一番 手間のかけられた高級なエンドです。

使えば使う程に 柔らかく、止めやすく成って参ります。














・・・・・・如何でしたでしょうか。

リボンタイプは特に 弊店オリジナル別注の仕様で御座います!




ブレイシーズと言っても、色やデザインのバリエーションだけでは無く
様々な仕様、そしてそれぞれの特徴もあるのです。

ベースとなるバンド自体が全てゴムのタイプもありますし、巾細バンドなど本当に様々です。

 ですが、やはり 何といっても重要視して頂きたいのは、適正なバランスでご使用頂く事で御座います。


 吊り仕様のトラウザースは、慣れてしまえば とても楽でストレスも無く、腰履きより圧倒的に綺麗にトラウザースを穿いて頂けます。

未体験の御方も是非お試しに成られてみては如何でしょうか。



 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。















・・・・・もう11月です。
今更ながらでは御座いますが、 恐縮ながら 小さな夏休みを頂戴させて頂きます。



11月12日(日)13日(月)をお休みとさせて頂きます。
翌日となる14日(火)は 定休日となります。


11月15日(水)は通常営業に戻ります。


 上記に伴い、来週のBLOG更新もお休みを頂戴致します。


皆様におかれましては、本当にご迷惑をお掛け致しますが
何卒 ご了承頂きたく、お願い申し上げます。



BLOGの方は、翌週の 21日(火)に更新させて頂きますので
どうか引き続き宜しくお願い致します。




 今週も誠に有難う御座いました。





posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする