2018年07月24日

【 お知らせで御座います。 】






暑中お見舞い申し上げます。



平素は格別のお引き立てにあずかり厚くお礼申し上げます。




 大暑も迎えた訳ですが、その前より各地では猛暑が続いております。
まだ7月にも拘らず 岐阜県では気温40℃も記録されました。

梅雨明けも早かった分、夏には少しでも早くお引き取り頂きたい所です。
陽が落ちても気温は下がりにくく、日中だけでは無く夜でも熱中症の危険があります。

どうか皆様 十分にお気をつけ下さいませ。









さて、今週は幾つかの『 お知らせ 』をさせて頂きたく
宜しくお願い致します。



















【 HOUSE STYLE ORDER限定 : 早期受注キャンペーン 】




先週にもご連絡させて頂きましたが、
7月25日(水)〜8月25日(土)の一か月間におきまして
早期受注キャンペーンを開催させて頂きます。


ac.jpg



 工場さんの企画であり、比較的早めに受注を頂き その分工期をいつもより多めに頂戴致します。
その代り、ささやかながら 割引 をさせて頂きますので
宜しければ是非この機会を有効に御利用して頂けましたら幸いです。

対象は、各種コート、スーツ、ジャケットに限られます。
(単品でのウエストコートやトラウザースは恐縮ながら対象外となります。)




ご注文の多くは 早々に秋冬物がメインになる事と思いますが、
春夏物をお仕立てに成られても全く構いません。

 いよいよ明日よりスタートです!!

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。




















【 店頭の生地を秋冬物に入れ替えました。 】




この度の早期受注キャンペーンに伴い、早々に店頭の生地の入れ替えを行いました。

ここまで暑いと寒き冬が本当に待ち遠しくなります。
早くツィードが着たいものです!!






bc.jpg




TRUE PRINCE OF WALES




真っ赤な HUNT WAISTCOAT を合わせて。
















cc.jpg



THORNPROOF

SPORTING TWEED




三つ揃いの仕立てですが、トラウザースにはボトルグリーンのコーデュロイを合わせて。



ツィード、、、滾りますね〜〜〜。
魅力深きカントリースタイルを是非!!











dc.jpg




早くこんなカントリーブーツが履きたくなる寒さに、、、。

来月には買い付けた お勧めツィードも入荷して参ります。

















ec.jpg




鳥取砂丘に行った時の写真です。 (暑そうで見たくないですよね。)
砂丘にはラクダ君がいて、何と乗せてもらえるのです!
 皆様ご存知でしたでしょうか。 もう本当に可愛くてたまりませんでした。



fc.jpg



これまた可愛いベビーキャメルのお土産と共に、今年も極上な ベビーキャメルヘアー が御座います。

http://dittos.seesaa.net/article/451881466.html
( ↑ ラクダの親子。 )















gc.jpg



 お店の前の坂道です。
冬は寒い! 昨年の冬は本当に強きインパクトを残しました。
冬は冬らしくあってほしいものですね。 

今はこの坂を上がるだけで汗が滲み出ますが、こんなに雪も積もる寒さが来るのです。
カシミアのストールにグローブが欠かせぬ季節を心待ちにしております。






















【 Dittos. タイスライダー 】



hc.jpg




当店の隠れた定番商品です。
これは私の私物ですが、もう8年くらい経つでしょうか。
純度の高いシルバー製で、職人さんによる手作りの逸品です。

シルバーはご存知の通り硫化します。
アンティークの様なエイジングも楽しめます!





後追いで『 落下防止のチェーン 』を同じく手作りにて御用意させて頂きました。
http://dittos.seesaa.net/article/429334917.html
( ↑ 小さき、大きな安心 )

結構作って頂いた初回ロットは お陰様で完売済みです。

繊細なチェーンによる先端の輪っかをシャツの釦に引っ掛けるのですが、、、
男の太い指ではいまいち扱い辛く感じる事もありました。

 追加でお願いするにあたり、バージョンアップしたい所です!











ic.jpg



・・・・・如何でしょうか!!

左側は私の私物であり、初回ロットです。 色も硫化していますね。

右側が新型です。
チェーン自体の太さ、大きさ、サイズ等は変えていません。
しかし、先端の部分にご注目下さい。 元から輪っかの形状をしています。


 色々と手法を考えましたが 閃きましたよ!
有名なシャネルバッグのアイコン的ゴージャスなショルダーチェーンには レザーが通してあります。

チェーンにソフトビーズワイヤーを通し、輪っかにハリを少し持たせました。
これで全然違います、効果覿面です。 かなり楽にシャツ釦への着脱が可能となりました。





 この写真の物は試作品です。
現在 本生産して頂いておりますので、もう直ぐ出来上がって参ります。


小さき大きな安心:Part.2 です。












jc.jpg



左に約8年物の私物、右が新品です。
随分違いますね。 現在 数個の在庫が御座いますので、直ぐにお渡し可能です。

解けぬ強き絆を意味する 縁起の良い『 ヘラクレスノット 』によるデザインのタイスラーダーで御座います。

構造上 壊れませんし、メンテナンスも出来ます。
一生お使い頂ける逸品で御座います。 無くさぬ様 チェーン:Part.2 と共に
是非如何でしょうか。 絶対に後悔はさせません!

( チェーンのみでの御要望も喜んで承らせて頂きます。お手持ちのタイスライダーにも使えるかも知れませんね。 )






















【 ACRON : CAMBRIDGE 】




次は渋いお知らせとなります。

シャツ地では特にイタリア製に押されがちながらも、イギリス製のシャツ地と言えば老舗の ACRON は欠かせぬ存在です。
 しかし、様々な事情もあり 年々と廃盤種、廃盤色が増えている事は残念な限りです。

今年の夏も相当暑く、この季節はヘビーローテーションでの活躍を余儀なくされる
名作 CAMBRIDGE という素晴らしいシリーズがあります。


kc.jpg



http://dittos.seesaa.net/article/264939612.html

このシャツ地は本当に素晴らしく、独特な生地でもあり
とにかく涼しく、軽く、アイロンの伸びも良く、本当に大好きなシリーズです。
 複数枚所有するに値する本当の名作だと思います。











lc.jpg



昔は5色展開でした。
昨今では、WHITE / RIVIERA / IRIS の3色展開に。
(ホワイトとリヴィエラは先の写真の2色、アイリスは比較的新しい淡いブルー系となります。)


本当に素晴らしい生地では御座いますが、若干お値段が高めな事は否めません。
それ故、何とか反仕入にて少しでもお安くご提供させて頂いて参りました。

 ホワイトの在庫が薄くなってきましたので、英国:ACORN社へご連絡。

なんと、、、、ホワイトが廃盤色に!!!



何故、どうして!? しかもブルー系2色を継続とし、白を廃盤色だなんて意味が分かりません。 ファンとしてはショックを隠し切れません。



 CAMBRIDGEは旧型織機である36インチ製です。
この36インチ製の多くは60インチ製にスイッチが進み、36インチシリーズは先細りです。
CALRO RIVAの様に頑張ってもらいたいところなのですが、、、。



 私が勧めるので本当に沢山の方々にお仕立て頂き、喜んで頂きました。
もうホワイトが無くなりそうなのです。 欲しくても手に入らぬ幻の生地になってしまうのでしょうか。

お仕立て下さった 私に同じくファンの方々、そしていつかはお試しになりたいと思われていた方々、もう在庫限りで御座います。

私は在庫があるうちに追加で仕立てるつもりですが、本当にショックです。
もし この機会に、との事であれば是非ともお問い合せ下さいませ。



















・・・・・渋い話で締めたくないので、最後にお勧めを1点 御紹介致します。


展開種類を絞り込むACRONですが、数少なき 新しい生地も加わる事も!
その中で、これも人気の高い デニム地が ACRONでも展開される様になりました。


mc.jpg



 今までは 伊:CACCIOPPOLI によるデニム地(同社ではJEAN’S)を御紹介しておりました。洗いを入れた生地など幾つかの色展開もあります。

勿論良いのですが、マーチャントですし 高級です。

 ACRON:DENIM は、CACCIOPPOLIと比べ 生地がもう少し薄くなります。
これは嬉しいところです。 タイを締め、ドレスシャツの様に着ても調子がより良くて 様になります。
 そして、何よりもCACCIOPPOLIと比べて かなり御安いお値段でご提供出来ます!!

勿論コットン 100%ですし、通年とおして御着用頂けますが、
特にこれからの季節はツィードには勿論の事、気軽なジャケットスタイル、そしてニットのインナーにと かなり幅広く御利用頂けます。







nc.jpg



O様にも早速お仕立て頂きました。
あえてドレッシーなディテールを携え、気持ちが盛り上がるシャツとなっております。









oc.jpg



 この写真は 双方CACCIOPPOLI社のデニムによるシャツです。
左側にお客様のお仕立て上がり、右は私の私物であり もう何年も着用しています。

こう比べると随分色が落ちましたが、衿やカフスなど デニムらしいアタリと共にエイジングも楽しめる事も大きな魅力です。

洗い晒しでスポーティーに着ても良し、綺麗にアイロンを掛けてタイを締めるも良し!
 秋冬物の仕込みに対し、シャツはこちらも1枚加えて頂けると きっと大活躍してくれる事と思います!





















・・・・・以上で御座います。

諸々 お知らせをさせて頂きました。
 この暑き最中では御座いますが、TAILORも いよいよ秋冬へ突入です。


これから御紹介させて頂きたい生地も色々と御座います。
お宝レベルの VINTAGE も入荷済です。

 お店を涼しくして皆様をお待ちしておりますので、どうかお気軽にご来店頂き
涼しき秋冬の装いをイメージして頂けましたら幸いで御座います。



 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。






posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | おススメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

【 至高シャツ お仕立て上がり 】




 関東地方も早々に梅雨入りしたと思いきや、早くも台風の襲来です。
上陸では無かったものの、良く振りましたね。

桜の開花といい、なんだか随分と季節が前倒しになっているような気がします。
夏が早く終わり、その分秋が長くなる事を個人的には願っております。












 さて、今年の4月には 【 至高のシャツ地フェア 】を開催させて頂きました。
世界でトップの品質を誇ると言われる 最高品質のシャツ地を一同に揃えまして、本当に沢山の方々より光栄なるご注文を頂戴致しました。

改めて感謝すると共に、心よりの御礼申し上げます。
誠に、誠に有難う御座いました。

http://dittos.seesaa.net/article/458692004.html


今回は2社の御用意でしたが、ご注文の内容は やはり圧倒的に CARLO RIVA でした!
シリーズは分散しておりますが、皆様 楽しく悩みながら、かつ その品質に驚きながらお選び頂きました。


 今回はキャンペーン期間内に限り、僅かではありますがお値引きも入りました事は嬉しいながらも、高額な事は勿論 否めぬ事実です!
ですが、洋服好きな方々にとって 『 味わってみたい! 』 と思わせる程の名声、そして圧倒的な品質を前に、ワクワクしながらお選び頂いた事と思います。


普段は見本さえ御用意が無いので 簡易にご注文を頂く事さえ出来ない生地でもあります。
CARLO RIVAクオリティーを御経験済みだからこそ 今回も御参加下さったお方もおります。 やはり そそられますよね!



1cr.jpg



CARLO RIVA




確かに特別です、、、、。



 皆様から頂戴した大切な御注文は 約1か月で仕立て上がって参ります。
一気に仕立て上がって参りますので、保管に困る程であり 嬉しい悲鳴を上げておりました。

 まだ全てのご納品が済んだわけではないのですが、多くの至高シャツは御注文主様の手元に渡り きっとご堪能して下さっている事と思います。


今週は 世界最高峰の生地がシャツへとなった CARLO RIVA を、極一部では御座いますが ご覧頂きましょう。


















2cr.jpg




・・・・・クラシックでベーシックな物から、イタリアの風を感じられる様な色柄まで本当に多彩でした。

 こう写真で見ると、単に綺麗なドレスシャツではあります。
されど洋服です、シャツです、着てこそ本当の真価が問われると共に、喜びがそこにはあります。


















3cr.jpg



・・・・・こちらの生地は ポプリン です。
定番的ではありますが、発色の美しき綺麗なブルーであり、クラシックなストライプです。
 先染めされた糸は極上で本当に細く、解像度の高い写真、もしくは4K、8Kのテレビで画質(生地質)が表現されている様なものです。

この衿型は 弊店の ワイドスプレッド・カラー となります。
 控えめで端正な顔立ちである事、とても大切にしているポイントです。



















4cr.jpg



・・・・・これまた発色の美しき オルタネートストライプ(交互縞)。
クラシックなストライプ柄として、シャツ地と共に スーツ地でも欠かせぬ縞柄です。

 しかし、この コーラルピンク!? コーラルレッド、、、
良い意味でイタリア的なセンスに富み、あまり男性的では無いこの色をとても魅力的にまとめていると思います。

 多くの方々は『 派手 』という評価になるでしょう。

今回 本当に沢山の中から選んだ、恐縮ながら 私の注文分です!
ベーシックなシャツは手持ちが沢山あります。 今回の CARLO RIVAでは、あえてイタリアの風を感じるこの配色センスに目を奪われました。


 折角ですから、私のシャツをサンプルに
当店拘りのシャツをご覧いただきましょう。


















5cr.jpg



・・・・・皆様も御存じの通り、シャツは下着であり 本来は地肌へ直接着用するものです。
クラシックであればある程に 着丈も長く、当然ながら裾はトラウザースに仕舞って着用されます。

また、ドレスシャツ(タイを締める事を前提としたシャツ)には胸ポケットはありません。
しかし、スポーツシャツやワークシャツ等には逆に欠かせぬディテールでもありますね。

 スーツのあるべき姿とは本来 3P が前提であり、現在主流となる 2P は略式となります。フォーマル度合いが増すほどにウエストコートが付随されるのは その名残と言えます。
ウエストコートを着用していれば、シャツの胸ポケットなど意味がありませんね。
 そういった歴史より現在に至ります。


衿型は 当店での レギュラーカラー となります。英国的クラシカルなカラーでもあり、世間一般的には セミワイドスプレッド・カラーになりますね。

















6cr.jpg



・・・・・着丈が長いシャツは、動きやすさを加味され 脇縫い目の裾にはスリットが入ります。
スリット止まりには力が加わりますので、裂けるのを防止する為に補強布が付けられます。
これが昔ながらの作り方です。

昨今、多くのシャツは後身頃の裾から脇を通って前裾まで 波型 に一線で繋がっていますね。

現在では随分と着丈が短くなったドレスシャツは、生地要尺節約と共に 手間の掛かるディテールを より簡略化された仕様になってしまいました。
















7cr.jpg



・・・・・ウールと違い、融通性無きコットンは
背中側の運動量を確保する為にも 昔ながらの誂えシャツには美しきギャザーが畳まれています。 手間の掛かる技術の賜物ではありますが、これも簡略化され、量産品の多くはセンターやサイドへ プリーツを畳むという様に簡略化されています。

 アームホールでの 袖山と肩ヨークは確りと柄合わせしています。
袖山の肩ヨーク接ぎ目の前後には、イセ込みが内蔵されております。

















8cr.jpg



・・・・・袖口には必ず『 開き 』が作られます。
ジャストサイズが前提であるカフスの着脱含め、袖をまくる為にも欠かせぬディテールです。 その開き部形状の多くは三角に畳まれたトップ形状から『剣ボロ』と言われます。

 当店のシャツは、工場さんの高度な腕前を見せる為にも わざわざ ラウンドに作って頂いております。 こんな面倒な事をしているシャツは当店以外では見た事が無いですよね! 目立たぬアイコンです。

開き口の止り部には手縫いによる補強の閂が縫われております。


衿やカフスと共に 随所に渡り
美しく大変細かで繊細なステッチが走ります。
このステッチは、高級であればある程に細かくなります。

 ミシンは機械なので、縫い目調節のダイヤルを細かくするだけではありますが、、、
細かければ細かい程に なかなか進まないですから不効率でもあり、丁寧なアピールにもなるという事で認識されています。


















9cr.jpg



・・・・・背中と共に、袖口にも綺麗に畳まれたギャザー、そして英国的クラシックな 3連釦のバレルカフ。


10cr.jpg



側面から見てみますと、、、表側と同じ柄位置で 裏カフスも裁断されているのが分かります。

高級なシャツでは当たり前な事柄ではありますが、こういった些細な部分が重要であり、柄合わせされていなければ 衿含め案外目につくものなのです。

パーツを取りたい所で取れない分、生地も贅沢に使わなければ成りません。


















11cr.jpg



・・・・・パネル・フロント、プラケット・フロント等と呼ばれていますが、所謂『 前立て 』仕様です。(裏側 裾部の写真です。)

 このディテール(前立て)も、多くのシャツは生地を畳んで作られてしまう事が多いのですが、本来では確りと帯を裁断して上前身頃に接ぎ合わせられるのです。

中には極薄の芯が内蔵されているのですが、こんなにも本格的なパネル・フロント仕立てはそうそう見られないですよ!


















12cr.jpg



・・・・・羽衿には、衿の表情をシャキッとさせる為に カラーキーパー というパーツが着脱式で付いております。

今では付いていないものも多く、付いていても内蔵されていて取り出せないシャツも御座いますね。

仮に、キーパーが内蔵された衿だとしても
今の時代では多くのカラーキーパーは本当に薄っぺらでフニャフニャな物ばかり!
 柔らかい衿の表情がお好みであればキーパーを入れなければ良いだけです。
フニャフニャ、、、これではキーパーたる役割を果たしませんね。 

シャキッとした本質的なキーパーが無いのであれば、オリジナルで作りしかありません!!
 英国では、シャツ添付以外で この様なカラーキーパーが 個別販売で シルバーやボーン(骨)製、貝など様々に御座います。
面白いですよね、見えないお洒落心であり、自己満です。




















・・・・・さて、今回 私が選んだ その生地種は CARLO RIVAのリシオ というシリーズであり、細い糸で強撚糸にした上で 薄く織り上げられた独特の生地となります。

 これからの季節には正に打って付けのシーズンファブリックです!
本当に軽くて薄く 涼しい!

13cr.jpg



強撚糸使いのシャツはアイロンの伸びも良く、メンテナンスも楽です。
本当に心地良く快適ですが、そんな特徴を持つ生地を CARLO RIVA クオリティーで!!


 袖を通した瞬間より、笑みがこぼれる感じです!
お作りに成られた皆様も それぞれのCARLO RIVA クオリティーで口角が上がっている事と思います。


















14cr.jpg



・・・・・左に私と同じリシオの色違い、右はポプリンです。
( CARLO RIVAの紙ネーム、置き間違えていますね )















15cr.jpg



・・・・・双方ともに リシオ です!
この右側の色味と個人的には随分迷いました、、、。















16cr.jpg



・・・・・独特な名称の ポプリンツイル、控え目な光沢感と共に品のある生地です。



















17cr.jpg



18cr.jpg



20cr.jpg



















19cr.jpg



・・・・・リネン×コットン です。
涼しげであり、これから重宝出来ますね。



















・・・・・やはり白無地の御選択が多い中、シリーズでも スーパーリーバ が一番人気でした!

 ですが、白無地は写真ではとても魅力が出せないのです、、、、。(私の写真の腕ですね。)

沢山の白無地シャツ、最高の白シャツは大いなる自己満ですが それがまた良いのです。

残布も御座いますから、衿やカフスが擦り切れたら交換出来ます、するのです。
多少であればサイズの調整も付け替え時に承れますし、デザインを変更しても構いません。

 高額なシャツではありますが、、、誂えシャツでは当たり前の事柄であり、シャツとしての寿命は相当長くなります。

既製服のシャツは、衿やカフスのダメージがきてしまったら、いくらボディーの生地が元気でもサヨナラしなければ成りませんよね。



















・・・・・シャツは下着です。 着用したら洗濯します。
そして重衣料と比べれば、ある意味では消耗品的な側面は否めぬ所です。

故に、幾度となく繰り返される洗濯に耐えうる強度が必要です。枚数もそれなりに必要であり、色柄もワードローブに加えたい所です。

であれば 無駄に手縫いを施さず、お値段を抑えるという価値観を選び 当店のシャツは構築されています。
 手縫いを多用された高額なシャツのお値段で、2枚購入出来た方が良いと考えているからです。


 地肌に着用される下着、生地の品質は直接的に関わります。
ですが、生地だけが良くても意味がありません。

例えばネックサイズ、そしてネックサイズと同等レベルに重要なカフスサイズ。
肩幅や肩傾斜、身体の厚みや姿勢、首の位置、ユトリ量、そして左右非対称など挙げればキリがありませんが、御自身の為だけに採寸され 作られた型紙で仕立てられたシャツは 紳士にとって やはり欠かせぬアイテムでもあるのです。

 これを着てしまえば もう既製品は着用出来無くなるでしょう。
それだけ違いが大きいと言えます。
















21cr.jpg



・・・・・一見 派手に見える色柄だとしても、三つ揃いで着込んだスーツからシャツが見えるのは たったのコレだけです!

ベーシックでクラシックなダークスーツには良いアクセントにもなるでしょう。
一見 ちぐはぐにも見える小物も、ストライプの2色を拾い 選んでいます。

 コーディネートも何かとストーリーを持たせると、楽しくも有り、説得力も増す訳です。
お好きな方々が見れば 意図も汲み取ってもらえるかも知れませんが、往々にして自己満です! それで良いのです!



クールビズなんて勿体無いです!!
毎日ではなくとも、装いを大いに楽しまれて下さい。

















・・・・・またいつかは 至高の企画もやりたいと思っておりますので、今回ご参加出来なかった方々、そしてご堪能された方々、是非またの機会をお楽しみにして頂けましたら幸いです。



また、至高の生地に関わらず 弊店のシャツにご興味を持って下さったお方がおりましたら是非一度お試しに成られてみて下さい。
1枚より 喜んでご注文を承らせて頂きます。


 これから夏を前に、下記スポーツシャツ(オープンカラーシャツ)もお勧めです!!

http://dittos.seesaa.net/article/438429759.html
http://dittos.seesaa.net/article/438941155.html






皆様のお越しを 心よりお待ち申し上げております。

 今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。









posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | おススメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

【 Dittos.TIE 16th-COLLECTIONS 】






 先週は結構暑かったですし、昼夜でも寒暖差が激しいですね。

私は既に リネン のお世話になっておりますが、皆様は如何でしょうか。





sl1.jpg



Spence Bryson : IRISH LINEN


S.B 2B-1

BESPOKE 3P-SUITS



あと数日で仮縫いの準備が整います。
U様もお好きである F.アステア も 2Bが多いですね。
 春夏らしく軽快感も出るよう いつもより打ち合い量も減らしてあります。

どうか ご期待下さいませ。




















 さて、大変長らくお待たせ致しました。
今週は、今季SSの新作タイを御紹介させて頂きます。





・・・・・今回は見本まで織って頂いた企画をボツにし、新たに企画しましたのでスケジュールが遅れてしまいました。
 その代り、これまた素晴らしいタイになりましたので結果的にはとても良かったです。



sl2.jpg




無事に英国より入荷です! もうこの時点で清涼感が溢れていますよね。
 全てハンドメイドで仕立てられる弊店オリジナルタイ、いよいよデビューです。




















・・・・・ネクタイは比較的に通年使いの物が多いですが、あえてシーズンを感じさせるネタにしております。

職場がクールビズの方もおりましょう。
そんな御方は逆にOFFの時に敢えてシーズンネタをお楽しみ頂ければと思います!




sl3.jpg




スモーキーなパステルトーンは、これからの季節には欠かせぬ リネン をブレンドした素材です。

 クラシックな小紋柄であり、今までも小紋柄は展開させて頂きましたが
それらは全てシルク地へ【 プリント 】として御用意致しておりました。

 そういう意味では今回初めて 【 織り 】による小紋柄となります。

生地の豊かな表情と良い、織りで出す柄は一層クッキリと立体感持って表現されます!
プリントにはプリントの良さがあり、織りであれば織りの魅力がそれぞれにあるのです。


今回のコレクションは、3種 計7色 となります。




















・・・・・織り地(ジャガードテキスタイル)でしたら創業270年以上を誇るという超老舗であり、心底信頼のおける コチラ。


sl4.jpg



VANNERS SILK WEAVERS



シルクですから、蚕のトレードマークがお馴染です。



















・・・・・全ての素材は、シルクとリネンでのブレンドした生地となります。

リネンらしさ溢れる節と共に、清涼感も感じさせるその雰囲気は
見ているだけで涼しさが伝わるようです。

独特な色味と共に、同社の最高品質で美しいジャガードの織りを先ずはご覧ください!


sl5.jpg



sl6.jpg



sl7.jpg

















sl8.jpg



・・・・・では具体的に御紹介致します。

クラシックな花柄による小紋柄、やや小ぶりな花柄であり とてもエレガントです。
 その花柄は配色で2色使い、ベースはヘリンボーン地で構成されています。

ベーシックなデザインですが、色や素材だけで これだけ印象の違いが出るのです。


54% SILK
46% LINEN

















sl9.jpg



A : 爽やかなグリーンベース、新芽を思わせるとても綺麗な色味です。

グリーンとイエローの相性は抜群であり、小紋の花柄が引き立ちます。
 グリーン系のタイはお持ちでしょうか。 是非お勧めです!













sl10.jpg



B : 独特で微妙な色、、、くすんだ黄緑色です。

淡いベース色な分、ブルーの花柄小紋が涼しげで こちらも大変爽やかです。
ブルーが入っているので、ブルー系のシャツやチーフなどともマッチングしやすいですね!
これら3色の中で、ベースのヘリンボーン柄を一番感じられます。

















sl11.jpg



C : 濃過ぎない綺麗なブルーです。
これは間違いないですね!

桜色の花柄が淡くておしとやか、、、、ブルーにとても映えます。
何に合わせても使いやすい一本ですが、桜色のシャツを着たくなってしまいます!













sl12.jpg



・・・・・お次です。
こちらも花柄の小紋柄です。 先のとは、花柄自体が少し大きく、柄同士の密度も違います。
 たったこれだけでも印象はガラリと変わりますし、ベースの色味も十分に楽しめます。

ベースのかすれた様な霜降り感が また良い感じ!


42% : SILK
58% : LINEN
















sl13.jpg



D : これも綺麗なブルー地、花柄はやや大きいですが、その配色を控えめにしているので凄く上品にまとめられています。

 これも持っていたい!
















sl14.jpg



E : これも非常に上品です! ライトグレージュ。
発色が強めな英国的ブルーのシャツに合せたい。

花柄自体のトーンが低いので、とても落ち着きのあるまとまりです。
スーツの地色同様に、タイの色味も薄くなるだけで随分と軽やかになり、見る側(相手側)にも涼しげで爽やかな印象を与えてくれる事でしょう。


















1l15.jpg



・・・・・最後の3種目、これはクラシックなペイズリー柄を
爽やかなブルー系で2色 御用意しました。

ペイズリー柄はお好きでしょうか? 私は大好物です。


44% : SILK
56% : SILK


 3種 それぞれリネンの混率が違います!


















sl16.jpg



F : ブルー系に レモンイエローが中心に入ったペイズリー柄が魅力的に引き立ちます。

ペイズリー柄が好きな私にはたまらぬ一本です!
とても合わせ易く、こちらも鉄板チームですね。
















sl17.jpg



G : 本当に綺麗なスカイブルーです。

同色系のペイズリー柄は、ボケてしまわぬ様 締まりのある同系な濃い目の色で枠を囲います。
 爽やかだな〜〜!

これで全7色となります。


















sl18.jpg



・・・・・今回も勿論 一重仕立てです。
エッジは手まつり縫いで丁寧に処理されています。

大剣幅は 約9.5p
長さは 約140p  ここも大いに重要な部分です。

http://dittos.seesaa.net/article/257268740.html
( ↑ 拘り満載の弊店オリジナルタイの詳細スペックは コチラより。 )


微妙な色味や質感などは、写真でお伝えするには やはり限界があります。

是非お気軽に店頭にお越し頂き、今回の素晴らしいタイのコレクションンを、そして
ゆるキャラな小物たちと共にご覧頂けましたら幸いです。


 少々暑くても、涼しき顔してシーズンタイを身に纏い
季節を十分に楽しみましょう。


sl19.jpg



sl20.jpg



sl21.jpg










sl22.jpg



sl23.jpg



sl24.jpg



sl25.jpg



sl26.jpg














・・・・・ご遠方の方々、御多用で なかなかご来店頂けない御方も
是非お気軽にお声掛け下さいませ。

ご予約も喜んで頂戴致しますし、御発送もお受けしております。

 今回の魅力的な新作シーズンタイを どうか宜しくお願い申し上げます。
皆様のお越しを 心よりお待ちしております。



sl27.jpg



















・・・・・来週のBLOG更新は お休みさせて頂きます。
大変申し訳御座いません。

 次の更新は、6月5日 を予定しております。
どうかこれからも宜しくお願い致します。








posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | おススメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする