2017年04月04日

【 ALBERT THURSTON 】





at17.jpg


 青山霊園の桜並木、弊店から歩いて本当に直ぐです。
昨日の月曜日に撮影しましたが、満開までにはもう少しかかりそうですね。


at18.jpg



今週は随分と気温が上がるそうなので、一気に満開となるでしょう。
週末辺りはどこも混みそうです!


at19.jpg



 それにしても桜には毎年癒され、優しい気持ちにさせてくれます。
















 さて、早速では御座いますが 弊店で取り扱っておりますブレイスと言えば
英国は 1820年創業の老舗である ALBERT THURSTON に別注を掛け 御用意させて頂いております。

しかし、随分と在庫が減っておりました。

 改めて追加発注分が届き、また色々と潤っておりますので 是非とも御用命頂けましたら幸いです。


at1.jpg



at2.jpg















同社のブレイスですが、新しく社長が変わってから パッケージが一新されました。
基本的には縦長のBOXなのですが、1種 形状が違うものが今回入荷しております!

at3.jpg



 実はコレ、今回初めて別注を掛けたシリーズとなります。

ALBERT THURSTONでは、本当に沢山のバリエーションがあります。
幅、素材、色柄は勿論 エンドのデザインも沢山御座います。

 使いやすさを求め、基本的には一番ベーシックなタイプでのソリッドカラーを御用意しておりますが、実はこんなにポップなシリーズもあるのです。













at4.jpg


【 LIMITED EDITION OF 500 】



このリミテッド エディッションは本当に様々なモチーフ柄があり、500本制作出来るロットでそれぞれ作られています。


at5.jpg



 動物から歴史的人物、建物、道具、、、、ポップなものからアート的な感じまで沢山あり、
中には 『 JAPANESE GEISHA GIRL 』 の柄まで!












at6.jpg


・・・・・レザーのタグが1点1点に付き、500本の内の何本目と
ご丁寧に限定生産である事がアピールされています。

これらのシリーズは基本的にシルクで織られています。とても発色が綺麗で贅沢でもあります。
反面、シルクは摩擦に弱いので 確りと裏には補強と滑り止めも兼ねた補強テープと共に仕上げられているのです。














at7.jpg


・・・・・なんとも呑気で可愛い ダック君、この ゆる〜い感じがたまりません!!
眼鏡と同柄のステッキを持ち、ネックウエアまで携えながら 嬉しそうにブランコに揺られていますね。

何やら言葉が書かれています。

Growing old is compulsory, Growing up is optional.


『 年を重ねる事は避けられない、どう成長するかは自分次第 』
といった感じでしょうか。


ですね、、、ダック君!




 こんなユニークな新柄も仲間入りです。





そこで、これから来る春夏に関して 私からの提案を御紹介させて頂きたいと思います。








 トラウザースを穿くにあたり、弊店の顧客様の多くはブレイスで吊って穿く事を好まれます。

やはり慣れれば圧倒的に楽でもあり、スタイルも良く見せます。
そういった見栄え含め 何よりも綺麗に穿いて頂けます。

安定性は抜群であり、どんなに動いても腰の帯位置と共に股下が動く事は絶対にありません。

 更に、私も含め 加齢と共に典型的な中年のお腹になってしまった御方に対しても強い味方です!

頭の中でイメージされてみて下さい、出てしまったお腹を仮に山と例えます。
小さな山、大きめな山の御方もおりましょう。

ベルトやアジャスター類では、その山のTOPで常に帯位置の維持を保つ事は出来ません。
動いていれば必ずTOPから下がってしまったりと動いてしまいます。

 その山をそれなりにホールドする股上と共に、TOP位置で常に帯位置をKEEP出来るのはブレイスで吊っているからに他なりません。











 しかし、そもそもブレイスは見せびらかすものではないと言われています。
三つ揃えであれば 先ず見える事はありませんので別に良いですが、春夏はどうでしょうか。

気温を考えれば、ウエストコートを着用せず 上下2P での御着用が自ずと増えるのではないでしょうか。


 多くの方々は、それによりトラウザースの仕様を ベルト用やベルトレスのスタイル(サイドアジャスター付き)にシフトされます。



しかし、吊り仕様のトラウザースがお好きな方はどうしましょう!?




マイケル・ダグラス主演の【ウォール街】という映画はご存知でしょうか。
ブレイスを愛用されつつも、多くの方々は 2P-SUITS での御着用です。

別に見せても、見えても絶対にダメ、、、とまで認識する必要まではありません。


 吊り用のトラウザースがお好きであれば、春夏だとしても是非ご愛用ください!!


ただ、上着を脱げば当然ながらブレイスはバッチリと見えますので、、、、
少々気が引けてしまう方々の為に 今回は2通りの『 攻め方 』を御紹介させて頂きます。














● 先ずはブレイス自体を目立たなくする。

男のシャツはホワイトかブルーが殆どですね。
ブレイスの色をシャツと同系色にして、カメレオンの様に!

at8.jpg














at9.jpg


・・・・・今回 新たにオフホワイトを仕入れ致しました。


先週の新作タイと共に、オフホワイトのブレイスを合わせてみました。
この控えめな感じ、、、品があって普通に格好良いですよね!

確かに金具は見えますが、あまり目立ちません。
金具もシルバーにしていますので控えめです。


at10.jpg


また、この色は フォーマルまでご使用頂けますので
持っていて損無き 1本となります。











at11.jpg


・・・・・こちらは ややブレイスのブルーが濃いですが
同系色で調和も有り、かなり溶け込んで それほど目立ちません。




at12.jpg


 ブレイス自体を目立たなく、控えめに徹するという攻め方が一つで御座います。













● そして もう一つは、あえて 『 ブレイスをネタに!』 という攻め方です。

もう見えます、見せます、、、、目立たせて下さい。

 そんな時こそ ダック君の登場です!!

こんなポップな柄から楽しげな会話が生まれるかも知れません。
むしろ自分から『どやっ!』と見せて突っ込んでもらうのも良いでしょう(笑)。















at13.jpg


・・・・・夏には暑く感じるオリジナル ソラーロではありますが、今の時期は正に丁度良い!
http://dittos.seesaa.net/article/441864443.html

ノータイでスカーフを巻き、軽快に 2P-SUITS で着用してみました。









at14.jpg


こんな感じで 『 ダック君、こんにちは! 』


ストライプ柄やドット柄のブレイスも良いですが、
こういったモチーフ柄だからこそ ネタになるというものです!



at15.jpg











 ウエストコートを着用すれば見えません、上着を脱がなければ見えません。

それだけの事であり、これらは基本通年用となりますので 一年中お気兼ねなくご使用頂けます。

老舗のブレースメーカーにこんなシリーズがある事自体、英国的なセンスを楽しんで頂ければと思います。




 ただし、、、このリミテッドエディッションは限定品であり、シルク製です。
少々お値段が高めな事はご了承頂かなければ成りません。

ですが、その分 女性からウケる事が出来たらなら お安い買い物かも知れませんよ!


しかしながらネクタイのデザインでソレをやるべきではありません。
あくまでも内側に潜むブレイスだからこそ良いのです。














・・・・・如何でしたでしょうか。

考え方やアイディア次第で随分とモチベーションは変わるものです。


これから段々と気温が上昇して参ります。
辛い盛夏も過ごさなければ成りませんが、少しでも装いを楽しんで頂けましたら幸いです。


at16.jpg





では、今週もお付き合い頂きまして
誠に有難う御座いました。






posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

【 Dittos.TIE 14th-COLLECTIONS 】



 こんにちは。
今年の桜ですが、東京は既に開花宣言が出たものの 最近は随分と肌寒いです。

昨日の月曜日は季節外れの雪も一時的に降りました。
なかなか冬服が仕舞えませんね。

 満開を迎えるのは4月1日頃との予想ですが、少し先になりそうです。

入学式の頃などは満開で式を迎えられるかもしれませんね。
毎年ながら やはり桜が咲くのは楽しみです!














 さて、気付けば もう4月は目の前
新しい新年度を迎える時期になりました。

しかし、今の時期は着る物を選ぶのが難しいところでもありますが、やはり春には変わり御座いません。

今週は仕立て上がったばかりの新作タイを御紹介させて頂きます。











 今回でオリジナルタイの展開は 早くも14回目となります。
様々な企画を練り、根本的には私が企画者である以上 自分が締めたくなる様な魅力あるタイを作って来た次第ではあります。

 それらコレクションの中では、秋冬用に特化したシーズンタイは御座いましたが
基本的には通年ご使用頂ける物がメインでした。


しかし、、、
今回は初めてとなりますが 春夏用のシーズンタイを御用意させて頂きました。








 年を追うごとに期間もルーズにと酷くなるクールビズ、スタイル持つ皆様におかれましては
これからの時期はタイを締めたくても環境的に出来ないという御方も多くいらっしゃる事と思います。
 個人的には自主性に任せるべき範疇だとは思いますが、それはさておき、、、。


だからこそ 春夏用のシーズンタイは難しいと思っていましたが、
ついに我慢が出来無くなった次第です(笑)。








 爽やかで清涼感溢れる今回の春夏用シーズンタイを是非ごゆっくりとご覧頂けましたら幸いです。














ss1.jpg


・・・・・そう、今回はレジメンタルストライプです。
これもコレクションの中では 僅か2回目なのです。

レジメンタイは縞柄を斜めに裁断してネクタイにしますが、
米国と英国では 右下がり裁断、左下がり裁断と違うのですね!
(例外もある事と思います。)



タイは基本的にシルクが主流ですが、春夏と言えば
そうです! リネンです!!

シルクとリネンをブレンドし、清涼感溢れる素材感に対し
スモーキーなペールトーンで配色をまとめてみました。















ss2.jpg


・・・・・英国でのシルクと言えば、欠かせぬ老舗
VANNERS へ今回も別注をかけ、織り上げて頂きました。

毎度ながら素晴らしいファブリックを織り上げてくれるものです。













ss3.jpg


・・・・・植物繊維である麻のらしさが垣間見られるでしょうか。
やや張り感があり、独特の植物繊維らしい節も入り込みます。

素材感も抜群ですが、何といっても色出しが本当に絶妙で綺麗なのです。

ss4.jpg
















ss5.jpg


・・・・・今回のコレクションですが
3種の計5色で御用意させて頂きました。

 ご覧下さい、いよいよ仕立て上がりです。

皆様のスーツやジャケットスタイルがこれらVゾーンの演出によって
ガラリと季節感溢れる爽やかなVゾーンとなるのです。

 そう考えると、面積小さなタイも結構な存在感があるのだという事が分かります。














ss6.jpg


・・・・・シルク:55%  リネン:45%

ベースはアイボリーです。
素敵ですよね、、、、、。

白いシャツに合わせても良いですが、少々ボケがちになりますので
やはりブルー系のシャツに大変映えます。


ss7.jpg


 これからの季節、一番頼りにするシャツは ACORN社の名作でもある CAMBRIDGE
これのRIVIERAという英国らしいくすんだブルーに抜群です。

もう既に妄想は始まっております!













ss8.jpg


・・・・・こちらは上記アイボリーとの色違いです。

ベージュも欠かせぬ色です!


ss9.jpg



ダークスーツにも是非合わせて下さい。
チャコールのPICK & PICKに凄く映えますよ。勿論ネイビーでも当然合うのは言うまでもありません。

茶靴も履きたくなりますね。














ss10.jpg


・・・・・シルク:25%  リネン:75%

こちらの種は リネンが主体となり、シルクを1/4ブレンドしております。


ss11.jpg



このツートンカラー、、、、取りあえず押さえておくべきです!
相当気に入っております。















ss12.jpg


・・・・・上記ツートンと同じ生地です。

これが一番ベーシックかも知れません。

明るめなグレー地に、ネイビーの細目で主張が強くない縞がとても洗礼されています。


ss13.jpg



何のお気兼ねも無く皆様のスタイルへ スッと溶け込んでくれる事でしょう。
















ss14.jpg


・・・・・上記グレー×ネイビーの色違いです。

ベースはもう少し淡いグレー地であり、若草色のグリーンがとても魅力的です。


ss15.jpg



グリーンを上手く取り入れてみて下さい!
気分は新芽の様に新鮮で爽やかな気持ちを持って出かける事が出来るでしょう。

チーフやソックスなども小物で上手くグリーンを取り入れてみて下さい。













ss16.jpg


・・・・・2本を重ねてみました。

ベースのグレーがどの位違うかお分り頂ける事と思います。














ss17.jpg


・・・・・サイズや仕立てにも拘り満載の弊店オリジナルタイ、
詳しきスペックなどは過去記事を御参照頂けましたら幸いです。

 いつも通りの一重仕立て、丁寧に始末されたエッジは 全て手縫いでまつられております。




各タイの色味や雰囲気など、様々な写真でご確認下さいませ。
どうしても写真では100%のリアルは伝えられません。


ss18.jpg



ss19.jpg




ss20.jpg

















・・・・・如何でしたでしょうか。

今回も大変素晴らしいタイが仕立て上がりました。

もう春です! クールビズ期間に入るまで 今すぐにでも是非お楽しみ下さい。

そして、ビジネスの場においてタイが締められなく成りましたら
あえて是非ともOFFの日にタウンスーツやジャケットスタイルに合わせ、このシーズンというものをご堪能頂ければと思います。




 店頭では既に展開させて頂いております。
週末には多くの方々にご共感頂けて本当に光栄なかぎりで御座います。


「コレは!」と
気に入った色柄など御座いましたら是非ご予約のご連絡をお待ちしております。

また、ご遠方の方々におかれましては
喜んで御発送も承っておりますので、どうかお気軽にご連絡頂ければと思います。


ss21.jpg





 では、年度末のお忙しい中だとは思いますが
どうかご自愛下さいませ。






今週も誠に有難う御座いました。












posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

【 Dittos.TIE 13th-COLLECTIONS 】



 こんにちは。

朝晩は既に寒さを感じますね。
羽毛の布団が気持ち良くて仕方ありません。





 先週は技術論で楽しめる方は少なかったかも知れません。
先日、BESPOKE御新規様の1st仮縫いを行わせて頂きましたので 修正と共に型紙を引き直しておりました。

 計ってみたら、結果的に片側だけで 肩イセ分量3.4pも入れる事になりました。
そのお客様は勿論身体も大きいという側面も御座いますが、仮縫いで組んだ服が欲しているのですから必要分量を与えてあげる訳ですね。

 それこそBESPOKEでなければ不可能な数値ですから、お仕立て上がりの具合を感じて頂くのが楽しみでなりません。


 人様のお身体は本当に個性的であり、当然難しくもあります。
立体感溢れた身体を綺麗に包み込む術は、日々の発展と進化です。

少しでも多くの御満足を頂く為に精進致します。








 さて、沢山の方々にご注文頂きました CHESTER JEFFRIES のグローブですが、案の定というのか、、、少々遅れております。 申し訳御座いません。

後程詳しく状況をご連絡させて頂きますのでご確認頂けましたら幸いです。















 では、今週は新作タイの御紹介をさせて頂きます。
今季秋冬デビュー分は随分と遅くなってしまいましたが、かなり思い通りの素晴らしいタイと成りました!!






1301.jpg


 英国のシルク地と言えば欠かせぬ VANNERS に生地を織りあげて頂きました。











1302.jpg


・・・・・ご覧下さい!
クラシックなペイズリー柄をジャガード(ジャカード)織りで巧みに表現して頂いております。

1303.jpg


 ペイズリー柄におきましては、以前にもプリント地で展開させて頂いた事もあります。
そもそも この独創的なデザインは 花模様が起源だそうです。
http://dittos.seesaa.net/article/292982288.html


1304.jpg


















 では、早速ご覧頂きましょう。






1305.jpg


・・・・・計5色の展開となります。

それぞれのベースとなる色味に対し、ペイズリー柄が立体的に浮き出る様な雰囲気であり
柄自体も細かく織りを変えて表現して頂いております。


多色使いではない分、ベースの色味でコーディネイトして頂けますので
とても合わせ易いと思います。

素材は、 60%:WOOL  40%:SILK



織りの効果もあり、このペイズリーの柄自体は光の当たり方で浮き出て光沢感を放ったり、ベースに沈み込んで目立たなくなったり致します。

 浮き出る光沢感はシルクが生きるところですね。


ウールが入りますと秋冬のイメージが先行しますが、これはとても薄く、ウールの柔らかさが生きた生地であり、VANNERS としては今季デビューの新しい生地だそうです。

 今回のタイも通年通してお使い頂けるタイとなっております。



ウール自体が良い意味でシルクの光沢感を押さえ、とても落ち着いた表情をしています。
ダークスーツに大変素敵なアクセントとなるでしょうし、ツィードやカシミア等のジャケットにも大変相性が良く、スタイルを選ばずにお使い頂ける事も特徴です。




 単体でデザインを見れば、エグさも感じられる方もおりましょう。
そこが また英国らしくて良いのです!

ビジネスのスタイルでは、クラシックなストライプのシャツや、青味が確りブルー地のシャツ等にサラッと合わせて下さい。

カントリースタイルでは、皆様がお作り頂きました 様々なカントリーチェック柄のシャツから、フランネルシャツまで 抜群に合います。













1306.jpg


・・・・・一番親しみやすく、ベーシックなネイビー地は鉄板です。
使いやすいネイビー地に、エグさ薫るジャガードのモチーフ柄、Vゾーンにアクセントを如何でしょうか。

ネイビータイは色や織りの違い、そして柄物など 何本あっても重宝しますね。













1307.jpg


・・・・・ストイックなモノトーン柄です!
渋いです、あえてミッドナイトブルーやブラックスーツ等にも!

また、ジャケット類にお合わせの場合、
上着の色や柄が多少で綺麗な物も多いと思いますので、逆にタイは落ち着いたグレーなんていうのも素敵ですね。

とても上品な雰囲気に成ります。














1308.jpg


・・・・・ゴールド系です。
これ、派手に見えますが案外使いやすいのです。

ブルー系シャツの反対色、とても綺麗に映えます。
CORN色のコーデュロイトラウザースを穿いた時なんかにも締めたくなります。

 また、秋冬用ジャケット類はブラウンやグリーン系が多いもの
こういったゴールド系が合わぬ訳がありません!















1309.jpg


・・・・・柔らかめなブルー地に、高貴なパープルをペイズリー柄で構成しています。
爽やか目なベース色に、パッ目を惹くパープル!

ネイビーに近い色ですから、締めてしまえば なんてこと無いですし
逆にネイビーとは違う魅力に気付いて頂けるでしょう。












1310.jpg


・・・・・最後は深みのあるレッドです。
今回 これも大のお気味入りです! 

赤系でもベースの色味はかなり深いボルドーなので、そこまで派手には映りません。
良い意味での程好い主張も出るタイとなっております。















・・・・・如何でしたでしょうか。
手前味噌ながら、今回の新作タイも魅力高きタイであり 自信作です!!

1311.jpg



1312.jpg





私自身 全色持っておきたいのが本音ながら、、、悩む所です!!


 では、皆様にお仕立て頂きましたシャツを勝手ながらに恐縮では御座いますが、拝借させて頂きます。













1313.jpg


・・・・・THOMAS MASONの綺麗なオルタネートストライプ、クラシックですね!

1314.jpg















1315.jpg


・・・・・RINGHART より、カントリーチェックです!





1316.jpg


・・・・・こちらは色が写真だと分かり辛いですが、ライトグレーのEND ON END(刷毛目)です。上品ですよね。












1317.jpg


・・・・・同じく RINGHART よりカントリーチェックです。
スポーティーな着こなしにも素晴らしい相性です。














1318.jpg


・・・・・TESTA ネイビーのロイヤルオックスです。
ネイビーとグレーの相性の良さは皆様も御存じの通りです。













1319.jpg


・・・・・RINGHARTより、クリーム色のヘリンボーンです。
クリームの優しく柔らかい印象に とてもマッチしますね。

1320.jpg



















・・・・・如何でしたでしょうか。
写真により 色味や柄の出方が違うのがお分り頂けましたでしょうか。

是非店頭にて、直接ご覧頂ければともいます。

1321.jpg



1322.jpg




ご多用の方々におかれましては、喜んで御予約も頂戴させて頂きます。
ご遠方の方におかれましても 喜んで御発送させて頂きますので、お気兼ねなくリクエスト頂けましたら幸いです。





1323.jpg




では、皆様のお越しを 心よりお待ち申し上げております。

 この度の新作タイも、何卒宜しくお願い致します。
















・・・・・BESPOKE GLOVES の件につきまして、大変お待たせしており誠に恐縮で御座います。
 先方様の見立てでは、10月の末には出荷するとの予定で進行しておりました。

今の時期 手袋屋さんは繁忙期でもあり、かつ弊店受注分の殆どは手縫い仕立ての物です。
それを分かったている上での予定でしたが、、、なかなか予定通りに進行出来なかった事と成ります。

11月に入り、先方より出荷連絡が来なかった事から連絡をとらせて頂きました。
11月3日時点での連絡では、『 問題無ければ来週には出荷できる! 』との事でした。

来週と言っても6日から12日までと7日間も幅がありますね(汗)。


 英国より出荷され、大体3日位で店頭に届きます。


遅ければ、11月中旬の店頭到着と成ります。
それより早い分には良いのですが、皆様におかれましては今暫しお待ち頂けます様 宜しくお願い申し上げます。

 本当に申し訳御座いません。

上がり次第、直ぐに各お客様へ ご連絡させて頂きます。

そろそろ欲しいですよね、、、、すみません! もう少しだけお待ち下さいませ。








 では、寒気も入ってくるようです。
北海道は既に雪景色、、、、皆様お風邪などひかれぬ様ご自愛下さいませ。

 今週も誠に有難う御座いました。




posted by 水落 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | おススメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする