2017年09月26日

【 U様の御注文:MIDNIGHT BLUE 】



 こんにちは。

9月も そろそろ終わりが近付いて参りました。

HOUSE STYLE ORDER では、
ご注文をお早めに下さった方々の分が 続々と仕立て上がってきております。
日々検品と共に クセ取り2次プレスに追われておりますが、洋服たちも皆様のお手元に渡り デビューの日を心待ちにしている事でしょう。

 涼しさも感じる様になり、いよいよイメージを持たれてご注文に来て下さるお客様方。

そして BESPOKE の方でも、ご納品や仮縫いへと ご足労頂いております。

沢山の方々にご来店頂きまして 本当に光栄な限りであり、心よりの感謝をしております。

 誠に、誠に 有難う御座います。



 ご来店に際し、皆様におかれましては 割いて頂きました貴重なお時間でもあります。
是非いろいろと楽しき時間をお過ごし頂けましたら何よりの幸いです。















mn1.jpg


・・・・・もはや憧れでさえある、クラシックで正統的なフォーマルスタイル。

格式高きパーティーへの紹介状には、必ず ドレスコード が記載されています。
主催者側より、何を着て来て欲しいかというリクエストと共に、そのパーティーのフォーマル度合いを示すものでもあります。

 そのドレスコードには、『 ホワイト・タイ 』 『 ブラック・タイ 』 があり、
ホワイト・タイ は現代における正礼装でもある イブニング・テールコート(燕尾服) を指している事になります。

ラペルには拝絹(シルク地)があしらわれ、フロントはウエスト丈であるが バックスタイルは名の如く 燕の尾の様に見えた事から 日本では燕尾服と言われるようになりました。

 このスタイルは、白地のコットンピケで誂えられたウエストコートと、共地のボウタイを合わせる事が決まっており、その白いボウタイの色で スタイルを表しております。

上のイラストで言うと左側の紳士ですね。






 一方、準礼装にあたる ディナースーツ(タキシード)でも
同じく上着のラペルに黒の拝絹が掛けられます。 

本来 誂えであれば そのラペルに使用されている黒の拝絹地でボウタイも仕立てるのが理想的でしょう。
黒い拝絹地、 故に こちらはブラック・タイとなります。

上のイラストであれば、今度は右側の紳士です。








 それぞれ ホワイト・タイとブラック・タイでのフォーマルスタイルにおき、トラウザースは一見同じ様に見えます。 どちらも脇には側章をあしらうのですが、ここでもやはり差がありまして ディナースーツ用が一本の側章であれば、テールコート用にあしらう側章は二本。

 もしくは太さなどで微妙に差を付けられているのです。

もはや前提でもありますが、裾の仕上げは必ずシングルで上げなければ成りませんし、
合せる靴など含め フォーマルであればある程にルールが存在致します。













mn2.jpg


・・・・・ディナースーツのスタイルにおきまして、
イラストでは シングルの1釦・ピークドラペル にて描かれていますが、ダブル型もあれば、衿はショールカラーなどのバリエーションも御座います。

 シングルの一つ釦であれば、その釦は 『 リンク釦=つがい釦 』になっているのも特徴の一つです。














 さて、今週は BESPOKEでのご注文より U様のエレガントなスーツを御紹介させて頂きます。



大変御贔屓にして頂いておりますU様におかれましては、以前よりずっと ディナースーツ を御検討されておりました。

U様には御着用機会があるという事で御座います。

 そうは言っても、頻度自体は多くない為 最優先とまでは至りませんでした。
そんなお話を伺っている折、最適たる生地とのご縁がありました。












mn3.jpg


VINTAGE : HENRY LESSER & SONS


MIDNIGHT BLUE  DOESKIN


ALL WOOL 360g





 今となっては、このオールドネームも大変貴重です。











mn4.jpg


・・・・・ドスキンは、牝鹿の皮に似せて作られた厚地の場合が多く、起毛含めた加工が施されているものが一般的に認識されている事でしょう。

 こちらは そこまでハードなウエイトではありません。
今回の様に朱子織り地が微かに見え、光を吸い込む様な マットな仕上がり具合は正にドスキンのソレです。


 色もミッドナイトブルーです。
単体では黒にしか見えない程に深い濃紺です。



mn5.jpg



正に夜の色、
名門 H.LESSER のフォーマル地です。 申し分御座いません!!















・・・・・この度のご注文に際しましても、U様は最後まで悩まれました。
悩まれた挙句、、、今回は限りなくディナースーツに近いポジションながら、ディナースーツ未満である ドレッシーなダークスーツへと料理する事が決まりました。

 やはり着用頻度を考え、拝絹は今回見送りましたが
デザイン等は正にディナースーツの体で!


mn6.jpg




 U様は仮縫いやご納品の際には 必ずと言って良い程 合わせるであろうコーディネイト一式を御持参され、お店で着替えられます。

流石は徹底された御方で御座います。
(本当は帽子も被られているのですが、、、、。)


U様、大変凛々しいです。













mn7.jpg


・・・・・いよいよお仕立て上がりです。

U様はモデル並みに撮影慣れされており、本当に凄いです!







mn8.jpg


 写真で見ると、若干青味を感じますが
実物は本当に黒に見える程 深い色です。

U様、エレガントで本当に素敵です!!












mn9.jpg


・・・・・男らしき広い背中もU様らしいです。











mn10.jpg


・・・・・しかし、、、本当に様になります。
スーツも喜んでいるようです! 体に寄り添い、自然でありつつもエレガントな雰囲気が凄く漂っております。











mn11.jpg


・・・・・ウエストコートは、大変お気に召されているダブルの衿付きスタイルにされました。














・・・・・今回のエレガントなスーツは、既に御着用機会が御座います。
間に合って良かったです!

大切で重要なこの度の機会に際し、御着用頂ける事を本当に光栄に思います。


 U様、この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。















・・・・・U様、御納品時も やはり『 ディナースーツをいつかは! 』
と仰られておりました。

mn12.jpg



 もしその時が来ましたら、私の 英国製デッドストックの拝絹地コレクションをお見せ致します!

そして、F.アステア氏の様に ウエストコートは本来 Vゾーンとなる胸部が『 Uの字 』であるドレス・ウエストコートで誂え致しましょう。

 正統派は、やはりカマーバンドでは無く 三つ揃い で御座います!

 このスタイルは、胸元を敢えて見せる様な形態になります。
Uネック等で胸元を開き、ウエスト部のみホールドされる形です。

そのドレス・ウエストコートを簡略化したものとして取り入れられたのがカマーバンドでもあります。

 空いた胸元は、シャツに施されたプリーツなどの装飾であったり、スタッズ等も見える様になりますので、Vゾーンがキュッと狭いダブルのウエストコートとは随分と印象が変わります。


 こんな打ち合わせが出来る日を心より楽しみにしております!!














 では、今週もお付き合い頂きまして 誠に有難う御座いました。

次週は上手くいけば 新作タイの御紹介が出来るかも知れません。

 是非 来週もご覧頂けます様 宜しくお願い申し上げます。





posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

【 O様のカントリースーツ 】




 皆様 こんにちは。
敬老の日を含めた 三連休は如何お過ごしされましたでしょうか。

 台風が日本を縦断した連休となり、各地で被害も出てしまいました。
そして、台風一過の後は この暑さです。 涼しかっただけに堪えます。


今週末の土曜日は秋分の日を向かえます。
 昼夜の長さが この日を境に日が短くなり、秋の夜長に向かって参ります。














ob1.jpg

・・・・・弊店BLOGでも御紹介させて頂きました
絶世の美男子たる RUDOLPH VALENTINO

http://dittos.seesaa.net/article/413401655.html


 常にエレガントで格好良く、どんなスタイルでも様になる御方です。

胸と腰、合わせて4つのアウトポケットを携えた 三つ揃いのカントリースーツ。
そのポケットにはフラップと共に プリーツがあしらわれており、一層雰囲気が盛り上がると共に機能性美な仕様となっております。


ob2.jpg

全体感は フィッティングやデザインバランス等が時代を感じさせます。


フラップ付きの胸ポケットだとしても、無造作に刺されたグローブやチーフが ここまで自然に決まるのは流石であり、見習いたい所です。













 さて、今週は O様よりご注文頂きました BESPOKE SUITS を御紹介させて頂きたいと思います。


大変 御贔屓にして頂いております O様は、
HOUSE STYLE ORDER にて様々なスタイルを誂えて頂き、御愛用されて参りました。

 この度は いよいよもって、BESPOKE のステージをお試し頂く事となります。



 冒頭のR.ヴァレンティノ氏が着用する 4-PATCH POCKET のカントリースーツにインスピレーションを受けられ、HOUSE STYLE ORDERではご対応出来ない事も含め、もともとご興味のあった BESPOKE へのご注文となりました。

 初めから かなり濃いスーツとなりますが、私も大好物です!
打ち合わせを行い、O様ならではの スーツをお仕立てさせて頂く事となりました。



O様だけでは無く、弊店では HOUSE STYLE ORDER から BESPOKE へとステージアップされる顧客様は少なくありません。

 BESPOKE という最高ステージとの『 差 』というものを御実感頂けなければ成りません。

是非 ご期待下さいませ!!

















・・・・・お選び頂きました生地は


0b3.jpg

VINTAGE : TAYLOR & LITTLEWOOD

BEDFORD CORD


ALL WOOL 370g




この度のスーツには最適な生地の一つであり、理想的な御選択で御座います。

裏と表の色が違う交織織りのベッドフォード コード、独特の魅力があり 特徴である畝が交織により とても立体的に映えます。















0b4.jpg

・・・・・仮縫いも ここまで来れば随分と完成形態が具体的にイメージ出来る事と思います。
フラップの形状などにもO様の拘りが詰まり、1st仮縫いでの打ち合わせも全て反映されています。

 実は今回の上着には 『 チンストラップ 』 もリクエストを頂いております。
ご提案を基に仮ストラップを作り、それをベースに御意見を頂戴し、フィッティングも確認させて頂きました。

あとは完成を待つばかりで御座います!














・・・・・さて、かなり工程多き仕事では御座いましたが 遣り甲斐も感じながら丹精込めてお仕立てさせて頂きました。

0b5.jpg

いよいよ完成で御座います。

本当に羨ましい一着となりました!













ob6.jpg

・・・・・取り外し可能なチンストラップも携え、グッとカントリー色の増すディテールですね。

大抵 この形態のストラップは首を振ってしまい、程好い位置で収まっていてくれません。
そこは見えない小さな作戦で解決済みです!

ステッチは、敢えてミシンでのウエルトステッチです。
ハードなツィードなど含め、この手のスタイルは ハンドステッチなんかよりも先ず強度が必要という部分があります。
雰囲気は圧倒的にワークウエアなどのハードな感じがでますので 一層雰囲気を盛り立てます。














0b7.jpg

・・・・・本開きの袖口釦は 今回スポーティーに 2個釦にされました。












0b8.jpg

・・・・・4つのパッチポケットは、全てにインバーテッドプリーツが内蔵されています。
機能美なこのデザインは私も大好きです!

R.ヴァレンティノ氏の上着はアウトのボックスプリーツもありました。
こういった所でも随分と雰囲気が変わるものです。

 そして今回はフラップ付きです!
フラップは『 雨蓋 』と訳されますが、それこそ室外着前提のデザインであり
アウトドアでスポーティーになればなる程にフラップは欠かせぬディテールとなるのです。

 ミシンでのウエルトステッチがとても立体的で、かつ確り、クッキリと出ます。
コレがまた最高です!














ob9.jpg

・・・・・シームは全て片側一方へ倒し、同じくミシンでのウエルトステッチで統一されています。


 縫代処理も この様に片側に倒す事によって2重に縫われる事になり、強度が増す訳です。

カントリーやワークウエア等には欠かせぬ縫代処理となります。












0b10.jpg

・・・・・背中は 首から裾にかけて インバーテッドプリーツ が畳まれています。
腕や肩の稼働域は驚く程に広がり とても機能的です。

裾はベントと同じ様に 開ける事により、動きや姿勢に対しての追従範囲が広がります。

 見た目にも、プリーツスカートの様な優雅ささえ感じられますね。













ob11.jpg

・・・・・後身頃のプリーツは、ウエストの帯位置内で上下に分断されています。
分断する事により、上下での襞の大きさ(幅)を敢えて変えています。

 裾はこれだけ開くプリーツに対し 裏地が干渉せずに表地が自由に開け、機能出来るようにと変則的な背抜き仕立てにしてみました。

裏地はバックベルトを隠す位置までホールドさせております。

 丁度 今回の様な交織織りの生地では、ソラーロ同様に配色された裏側の色も楽しめます!















・・・・・O様が いよいよご来店で御座います。


ob12.jpg

とてもお喜び頂き、素敵な笑顔を頂く事が出来ました!
苦労も吹き飛ぶ瞬間で御座います。


0b13.jpg

 しかしお似合いですね! 滅茶苦茶に格好良いです!!


BESPOKEのフィッティング精度や、立体感は如何でしょうか。


0b14.jpg

手作りはここからがスタートです!
10年後が本当に楽しみでなりません。












0b15.jpg

・・・・・如何でしょうか。

この仕様は 動きやすさが全然違いますよね!

バックスタイルも本当にエレガントです。













ob16.jpg

・・・・・上前ラペルにかがられる『 フラワーホール 』
これは 第一釦ホールの名残であるわけですが、今回は名残では無く 本当の意味で第一釦として機能させ胸元まで締める事が出来ます。

上衿を閉じてチンストラップで首元まで確りとホールドする事が出来ます。

極微妙にカーブしていたチンストラップのデザインは、締めた時の具合を加味している訳です。


このストラップは勿論 取り外しも可能ですし、上衿裏に止め付けて隠しておくという事も出来ますね。














ob17.jpg

・・・・・ウエストコートはベーシックなデザインながら、腰のポケットのみ
上着のフラップを意識して合わせたデザインにされました。

統一感がより出ますし、良く考えられたリクエストで味わいが御座います!



ゆったりとした 2-PLEATS のトラウザースは、ハイバックスタイルでのお仕立てと共に、携えるフラップのテイストも合わせてお作りしております。













ob18.jpg

・・・・・ダブルソールの外羽根フルブローグ。
正にお似合いの靴ながら、このスーツでしたらブーツ系やスェードの革なども合わせたくなりますよね。















・・・・・如何でしたでしょうか。

このスーツを所有されたなら、タッターソールのウエストコートや、モールスキンのトラウザースなどもきっと合わせたくなるのではないでしょうか。

 デビューまでにはもう一段 涼しくなってほしいですが、あと少しだと思います!

ob19.jpg


 BESPOKEに限らず、HOUSE STYLE ORDERも同様に
御着用されたからこそ感じる事が出来るご意見やご感想、ご希望等を伺い 次へのスーツに活かして参ります。

次は例の超激レアなスーチングをいよいよお仕立てに回す事になります。
楽しみですね。



 O様、素敵な御注文を誠に有難う御座いました。
















・・・・・今期 秋冬デビューの新作タイですが、現在 職人さん方が頑張って仕立てて下さっております。

 今回は少々遅れており 分納となりますので、今月末までには初回分が納品される予定で進行しております。

届き次第 是非皆様へ御紹介させて頂ければと思います。

今回は鉄板です! 季節を問わない 正にクラシックな・・・・・。


 どうかご期待下さいませ!





では、今週もお付き合い頂きまして 誠に有難う御座いました。

 どうかこれからも 宜しくお願い申し上げます。











posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

【 U様の御注文 】



 沖縄の方は既に梅雨明けしたようですね。

 これから厳しい夏を迎えるわけですが、早くも今年の秋冬用に買い付けた生地が一部入荷してきております。 やはり気持ちが高揚してしまいます!!
















世界遺産でもあるスペインのエスコリアル宮殿(エル・エスコリアル修道院)です。


1e.jpg


希少価値の高いエスコリアル種の羊が この宮殿の中で飼育されていたという歴史があります。

 羊の毛(ウール)でありながら、その繊維はカシミア山羊の様にソフトでしなやかな毛をしており
やや縮れ毛の特徴がある原毛は、ナチュラルなストレッチ性さえ生みだします。


2e.jpg


 お値段も高額な事は否めませんが、独特の肌触りや風合い、そして着心地は王族を始め 多くの方々を魅了して参りました。
物凄い個性と説得力を合わせ持った生地なのです。













3e.jpg

スコットランドにある Reid & Taylor では
その PURE ESCORIAL を使い、沢山の素晴らしいスーチングとジャケッティングのコレクションを展開しております。

 一度触ってしまえば、きっとその着心地に興味を抱かずにはいられない事でしょう。

http://dittos.seesaa.net/article/227695099.html
( ↑ 以前に詳しくエスコリアルを御説明させて頂いたページです。 )








 そんな Reid & Taylor の素晴らしきエスコリアルのジャケッティングが かなり御安く入手出来る機会がありました。






 ジャケット地らしく やや明るめで発色の綺麗なネイビー地
こちらで U様より BESPOKE での御注文を頂戴致しました。




大変御贔屓にして頂いておりますU様は、とてもアクティブな御方であり 大変勉強熱心な御方でも居られます。
この度は、この素晴らしきエスコリアルのジャケットと共に
グレーのウーステッドにてトラウザースのご注文を頂戴致しました。こちらも何かと押さえておくべき鉄板のアイテムですね。

 ODDの上下それぞれが、様々なアイテムと合いますので とても充実したコーディネイトが楽しめます。

U様におかれましてはカシミアのODD JACKETもご堪能頂いておりますので
ここでエスコリアルとの違いや独特な個性をたっぷりと味わって頂ければと思っております。













4e.jpg

・・・・・もともとは ネイビーのJACKETと、グレーのTROUSERS での上下のご注文でした。


後日、フォーマルからダークスーツに至るまで合わせて頂け、大変重宝出来る IRISH LINEN による ダブルのODD WC を追加で御注文を頂戴致しました。

折角なので この度の上下に進行スケジュールを合わせ ODD での3Pとして仮縫いを行わさせて頂きました!













5e.jpg

・・・・・上着は先に触れました
Raid & Taylor より PURE ESCORIAL です。

このジャケット地は、4-PLY に引き揃えた織り糸による平織素材、ウエイトは 340g となります。

メインは秋冬となりますが、春先 まだ肌寒い頃までは十分に御着用頂けます。
御着用者の方々にもよりますが、秋冬寄りの3シーズン物として御紹介させて頂いております。




トラウザースの生地は、お世話になる事も多い 英国は LAMOGE より
鉄板ミディアムグレーのミルドウーステッドを吊り用にてご注文頂きました。

こちらは ほんのり起毛感のある 360g、重過ぎず軽過ぎないミディアムグレーは
お納めしておりますカシミアのJK含め、様々なアイテムへ合わせて頂けます。



 昔から『グレーのトラウザースは3本、トーン違いで持っておけ!』 とも言われているほどです。
先ずはど真中より参りましょう!


 しかし、撮られ慣れされておりますU様
いつも自然と出るホーズは正にモデルさんの様ですね。決まっております!














・・・・・いよいよお仕立て上がりです。
大変長らくお待たせ致しました。

6e.jpg


トラウザースの右前には フォブポケット をお付けしております。

今でも既製品などでも見受けられるポケットではありますが、その多くは小さ過ぎて何を入れるのか、、、、昔の懐中時計を入れるという目的は無くなり、名残的な要素で生き残っているとも言えましょう。


 U様におかれましては、懐中時計のご愛用者でもあります。
『大事な時計に付くチェーンはどうすれば、、、、』 
これはフラップのホールでも良いのですが、U様用に、別途お付けさせて頂きます!


 ご納品の際にはチェーン含め、懐中時計も御持参されました。

チェーンの垂れ具合や位置バランスも入念にチェックされ、大変御満足頂けました。
良かったです!!




7e.jpg


はい、もう一種のチェーンでもご確認です。
バッチリですね。


 フロントの開きはファスナーをお選び頂いております。
前中心線(上前端開閉部)、この縫われているかの様な吸い付き具合は ハンドメイドならではの品質でもあります。
 スライダー自体をも感じさせませんね。 地味ですが、こんな目立たぬ所も一つのテクニックが内蔵されております!













8e.jpg

・・・・・言わずと知れた最高級品であり、大変貴重な代物です。
お値段もかなり強かったそうですが、、、、なんてエレガントなのでしょうか。

100年前に作られた時計です。
オーバーホールしているとはいえ、こんなにも新品レベルで残っている事自体が奇跡的な時計です。 正に芸術品ですね!



 確かにこの時計を落とすなど考えただけでも恐ろしいものです。
チェーンは確りと固定されて下さいませ!!













9e.jpg

・・・・・福田さんの所でも完成したばかりのNEWシューズで!
慣らし運転中ですね。












10e.jpg

・・・・・U様におかれましては初めてのダブルのウエストコート、慣れるまでは釦が少々止め辛いかも知れませんが、直ぐに慣れてしまいます。

足が長く見えるとお喜び頂きました。

仰る通り、シングルブレストのウエストコートの様に裾剣先が無い分 ウエストを高い位置で確りと上下が分断されます。

ハイライズ(深い股上)に合せたウエストコートですから当然の事でもありますが、これが本来のあるべきバランスでもあるのです。















11e.jpg

・・・・・今回は、結果的に ODD 3Pでのご納品となりました。
確かにウエストコートを御着用されれば、懐中時計の収納先はウエストコートのポケットになりますね。













12e.jpg

・・・・・エスコリアルの独特な柔らかさ、風合い、そして動きやすさ、、、
それらを生かす為の芯地選びから組み方、そして仕立てに至る全てにおいて エスコリアルという個性を尊重してお仕立てしております。

何かと手の伸びる上着になる事と思います。

鉄板トラウザースと合わせて是非お楽しみ下さいませ。


 また、今回のウエストコートは勿論ブレザー等に合されても良いですが、お手持ちのダークスーツや、次のミッドナイトブルーのスーツには必ず映えますし、驚く程に活きてくれる事でしょう。






 U様、この度も素敵な御注文を頂まして 誠に有難う御座いました。














・・・・・では皆様
今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。

来週のBLOG更新は恐縮ながらお休みを頂戴致します。

次回は 7月11日(火)を予定しております。




 どうか引き続き宜しくお願い申し上げます。






posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする