2018年06月19日

【 春夏お勧め生地での H.S ORDER 】





 先週より随分と気温も下がり、朝晩は肌寒さを感じられる程でした。
梅雨ながら当然雨も多く、気温差も激しいこの時期は体調も崩しがちです。

皆様 どうかご自愛下さいませ。




 さて、梅雨がお終われば いよいよ夏本番ですが
今年の夏の暑さは如何なものでしょうか。




















ssf1.jpg



・・・・・柔らかそうで涼し気な格子柄の上着に、パールホワイトのトラウザース。
いかにも爽やかであり、夏らしい色使いですね。
 上着はシングルの 2釦:パドックカット。
淡い色目のコーディネイトにはスペクテーターシューズが様になります。

やはりこれからの季節は明るめな色味へ移行したくなるものです。






 今週は、HOUSE STYLE ORDER より
大変涼し気で軽やかな装いを お勧めな生地と共に御紹介させて頂きます。



















ssf2.jpg



・・・・・いつも大変御贔屓を頂いております N様より、素敵なODD JACKETのご注文を頂戴致しました。 こちらの生地は個人的にかなりお勧めです!

先のイラストの様に、淡い色目の上着はシングルの2釦です。
パドックカットでは無く、ベーシックな2釦スタイルです。
圧倒的に3釦のご注文が多い中、とても新鮮です。

 お疲れの中、お仕事帰りにご足労頂きました。
三つ揃いを御着用でしたが、そのままフィッティングさせて頂きました。

N様はメリハリの効いたとてもバランスの良いスタイルの持ち主であり、
既製服でも十分に賄える御体型ではありますが、やはりここまでのフィッティング精度と美しきシルエットは誂えならではです!

 リラックスした上着、今回は内部に入る芯の仕様も レギュラーよりずっと軽やかに柔らかい芯地を使用しております。






















・・・・・さて、この生地は、、、


ssf3.jpg



Neill of Langholm



http://dittos.seesaa.net/article/447655223.html
( ↑ 上記ページにて、詳しくご紹介しております。 )

1918年 スコットランドのランガムにて創業されました。
ここは他のメーカーとは一味違った味わいのある独特な生地をも織りあげる事で有名であり、あのシャネルスーツに使われるシャネルツィードも同社の生地なのです。
















ssf4.jpg



・・・・・今ではなかなか見られなくなったクレープ織りの生地であり、
同社の VINTEGE FABRIC となります。

凹凸の効いた肌触り、風合いはとてもフワッと柔らかくて軽く、皺にも成らないので
ご旅行などのお共にも大変お勧めです!!
















ssf5.jpg



・・・・・ご覧ください。 こんなにもスカスカで、通気性は抜群です。
かなり目の粗いガーゼの様な感じといえますでしょうか。

 これは快適間違いなしです!

暑ければ、上着を脱いで手持ちで歩かれる事も御座いましょう。
軽くて全然皺に成らない生地、本当に重宝出来ます。
















ssf6.jpg



・・・・・無彩色ゆえ、合わせるアイテムは もう何でも受け取ってくれます。
ザックリとしたその質感は、よりスポーティーなリネンやコットン等のトラウザースとも合いますね。

 裏地の仕様等は、これから背抜きなども増えて参ります。
裏地一枚省いた所で大きく涼しさが増す訳でもないのですが、やはり見栄え的、印象的にも涼しげで軽い感じになりつつ、具体的に通気性は増しますので 裏地の仕様にも拘りが反映される生地といえますね。

 背抜きの他に、更に裏地の面積を少なくしたクォーターライニング等の仕様も御座います。






















・・・・・次に御紹介させて頂くのは、今季春夏お勧め生地でも御紹介させて頂きましたこちらです。


ssf7.jpg






 スラブ糸の雰囲気がたまらなく魅力的な表情を醸し出す ポリエステルとリネンの混紡生地であり、当店では珍しいイタリア製の生地で御座います。
















ssf8.jpg



・・・・・重ね格子も入らぬ極シンプルなグレンチェック。

70%:ポリエステル
30%:リネン   約260g


 皺が魅力でもあるリネン、皺に強いポリ、 そんな個性のある子達の混紡です。
強度も有り、これから雨が懸念される時期にも強い味方です!



















ssf9.jpg



・・・・・御新規様でもある H様よりご注文を頂戴致しました。
HOUSE STYLE ORDER の 2P-SUITSとなります。

 背も高く、とにかくお身体が大きく迫力のあるH様では御座いますが、笑顔の大変素敵なお父様であり、キュートなお嬢様とご来店頂きました。

H様の御注文採寸時、当店で御用意している最大サイズでも足りず 初回という事も有り、仮縫いをおつけ下さりました。


 いよいよ仮縫いが組み合上がり、ここからが勝負です!
どうかお仕立て上がりをご期待下さいませ!!



















ssf10.jpg



・・・・・ベルト用のトラウザースを NO-PLEAT にてご注文です。
サッパリとシンプルな感じで爽やかにお履き頂きます。

 仮縫いをお付け頂きますと、お客様も私自身も完成前に確認が出来る事になります。


HOUSE STYLE ORDERの大きなメリットとして、早く仕上がる事が挙げられます。
基本的にはBESPOKEの様に仮縫いを付けず、採寸→仕立て上がり となります。

様々な補正やサイズ感の塩梅など、確りと打ち合わせするものの どうしても初回は私からの提案的な要素も少なくありません。
仮縫いでは この様に御着用頂き、デザインからサイズのバランスやユトリ量のチェックは着用するからこそ 御本人様も実体感の上でご判断頂けます。

私自身も答えを出す前に(仕立て上がり前に)確認が出来るという事は、補正をするうえで大変大きな意味を成します。

 HOUSE STYLE ORDERにおき、仮縫いはオプションとなってしまいますので コストはかかってしまう事は否めません。
しかし、初期投資として仮縫いを捉え 初めから精度の高い型紙、満足度の高い型紙を作る事が出来るという事は 御本人様におかれましても 大きな安心でもあり、次への期待も膨らむというものです。

これから補正を加え、今一度型紙を修正の上 改めて裁ち直しされ、本縫いへと進行致します。
H様、既に次のご注文へのご興味が!! 何よりの光栄で御座います。




















・・・・・今回 お二方のご注文をご覧頂きました 春夏用の『らしさ』溢れる魅力的な生地達、爽やかな装いに 今季新作のシーズンタイも抜群に相性良く まとまってくれる事でしょう。


ssf11.jpg



http://dittos.seesaa.net/article/459501119.html


 清涼感の溢れるリネン×シルクタイ、ジャガードの小紋柄です。
絶対にお喜び頂ける事と思います!!

( お陰様により、グリーン系2色が既に完売致しております。 )















クールビスにより、ノータイの方々におかれましては
ゆるキャラ達の小物がお勧めで御座います!

ssf12.jpg






タイはしなくとも、ポケットに差し色としてチーフが入っているだけで
とても素敵なアクセントとなり、全体から見る装いの雰囲気はグッと増すはずです。












ssf13.jpg



 スカーフも素敵ですよ! ONでなくとも、、、、OFFだからこそ如何でしょうか。
簡易に洗えるスカーフはきっと重宝して頂ける事と思います。
 皆様の大切なパートナーとの御共有も良いでしょう。

ご夫婦揃って大変お洒落なS様ご夫妻、光栄にもご夫婦それぞれ色違い・お揃いでスカーフをお選び下さりました。どうも有難う御座います。
お洒落な女性は流石にスカーフの扱いには慣れたもの、、、ササッと本当に上手く、素敵に巻かれていました! 御主人様、巻き方バリエーションは、私より奥様から習われて下さい(笑)。

イカ柄、お気に召して頂けましたでしょうか!!

( お陰様により、ピンク、ネイビーが品切れとなってしまいました。鮮やかなブルーのみ在庫が御座います。 )





















・・・・・如何でしたでしょうか。
これからの季節でさえも 充実された装いを是非お楽しみ頂けましたら幸いで御座います。

 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

今週もお付き合い頂きまして、誠に有難う御座いました。








posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

【 H.S ORDER H様の春夏 】




 明日 6月6日は、24節季でいう 芒種 になります。
今月20日の夏至までの期間を指す言葉です。
 初夏らしさを感じられていた頃から蒸し暑さを感じる時期になり、いよいよ梅雨入り間近という期間となります。

芒種の芒とは、稲や麦などの 先端にある棘の様な突起の部分を指すそうで、それらイネ科植物の種まきに適した時期という意味があるそうです。

先月末に気象庁より発表された6月の天気は例年より暑めとの事、、、。
皆様、どうかお気をつけ下さいませ。







 さて、当店 HOUSE STYLE ORDER につきましては
皆様が仕込まれた素晴らしい春夏クロージングが工場さんより続々と仕立て上がってきております。

今週は HOUSE STYLE ORDER より、H様の御注文を紹介させて頂きます。

























・・・・・クラシックなグレンチェック(グレナカートチェック)のブラウン系スーツです。ブラウンと言えば カントリー色強きイメージではありますが、この様に上品な着こなしでガラッと魅力的なタウンスーツにも!


1wl.jpg























・・・・・そんなブラウン系のグレンチェックを
春夏の装いでは如何でしょうか!
 H様にお選び頂きましたのは、もう春夏素材としては当店では定番化している程にお勧めなコチラ!


2wl.jpg



LAMOGE


50% : Wool

50% : Linen


280g




http://dittos.seesaa.net/article/436521835.html

http://dittos.seesaa.net/article/414169617.html

( この生地の詳しき情報は、上記ページよりご覧くださいませ。 )



 清涼感も有り、涼しく、皺が魅力的なリネン
そして柔軟性豊かなウールと半分ずつ混紡した生地です。

植物繊維と動物性繊維のメリットが全面的に享受でき、デメリットを補い合う。
こんな素晴らしくマッチングした生地はなかなか御座いません!

 私自身も着用しており、本当に良いからこそ その素晴らしさを心底お伝えできるというものです。


エレガントにシェイプの効いたシルエット、迫力あるワイドなラペルはH様のお好みを窺わせます。

ハンドメイド・オプションもお付け頂き、HOUSE STYLE ORDERでの最高スペックでお仕立て頂いております。



















3wl.jpg



・・・・・ブラウン系のグレンチェックに、ベージュのウインドーペーン柄が重ねてあります。
素材や色目、使い勝手も尊重し、腰ポケットはパッチポケットで。
袖口には柄合わせもバッチリな ターンバックカフ をお付けになりました。




















・・・・・ベーシックなシングルの3釦スタイルですが、センター釦をご覧ください。
実はセンター釦のみ リンク釦仕様にしてあります。

 H様は本当に洋服がお好きで大変詳しく、私とも好みが抜群に合います!


4wl.jpg



















5wl.jpg



・・・・・1925年 イギリスはヨークシャーの鉱山にて。
【 The Hulton Getty Picture Collection 1920s より 】


左側の紳士はエレガントな三つ揃いをお召しです。

シングルブレスト 2B:ピークドラペル
ウエスト釦が リンク釦 になっていますね。 ディナースーツ(ディナージャケット)ではまだ名残として残っていますが、昔はこの様にスーツでも付けられていました。

 流石は良くご存知です! H様もマニアックですね。

















6wl.jpg




・・・・・背も高く、細身で顔も小さく、、、モデルの様なH様。
逆に良過ぎて既製服の範疇での適合サイジングは難しいですが、反面 誂えであれば当然ながら お身体に合ったサイジングと美しいシルエット、そして着心地をご堪能頂けます。

















7wl.jpg



・・・・・本当にエレガントです!
袖口のカフが良いアクセントになっていますね。


















8wl.jpg



・・・・・皆様も御存じであろう有名なこの御方の袖口にも 控えめなターンバックカフが!



















9wl.jpg



・・・・・バックスタイルも本当に綺麗です。
ノーベントはシルエットを美しく演出致します。


















10wl.jpg



・・・・・ウエストコートは衿付き、腰ポケットのみフラップ付きにされました。


















11wl.jpg



・・・・・トラウザースは IN 2-PLEATSのハイバックスタイルです。
しかし本当にウエストが細く、羨ましい限りです、、、。

















12wl.jpg



・・・・・色味の絶妙な ドーヴァーは正にベストマッチングですね。





















・・・・・実はH様、今年の春夏は もう一着あるのです。

同じく LAMOGEのウール×リネンより
ネイビーの次に鉄板な サンドベージュ:ヘリンボーン を、やはり三つ揃いでご注文下さりました。

 こちらは シングル2釦-2掛け パドックカット です。



13wl.jpg




http://dittos.seesaa.net/article/418783730.html

( ↑ パドックカットについては、是非こちらのページもご覧くださいませ!! )
















14wl.jpg



・・・・・独特なバランスである パドックカットは、2釦-2掛けが特徴です。

以前にもパドックカットは御経験済みなH様、
とある洋服屋さんで 『 2釦は下側を外した方が良いですよ! 』とご丁寧にアドバイスを頂いた事があるそうです。

 古なデザインですので 余程お好きな方でなければ知らないですよね。

















15wl.jpg



・・・・・今回のサンドベージュは分納となりました。
先に御納品させて頂きましたグレンチェックとも試しに合わされておりました。

ウエストコートや、トラーザースをそれぞれに変えても楽しめます。
 それこそ兄弟同士の生地です、相性が良いに決まっていますね!

この生地は本当に良くて、、、お仕立てされた方が気に入られて、別の色柄でもお仕立てされる事は少なくありません。

 この様に組み合わせても御着用頂けますし、
それぞれが単品使いで重宝出来る事も大いなる人気の一つです。

植物繊維が半分です。
トラウザースはコットンでも、はたまたジーンズに合わされても様になります。
動物繊維が半分です。
 小奇麗にウールトロピカルのトラウザースと合わせ、タイを締めたりとエレガントにジャケットスタイルでまとめても最高です。



















16wl.jpg



・・・・・こちらのスーツは至ってシンプルにおまとめに成られました。
















17wl.jpg



・・・・・パラブーツのウィリアムですね!

最強の雨靴でもあり、これからの季節には欠かせません。
ウール×リネンのやや砕けた印象にも大変合います。




















・・・・・H様、この度も素敵な御注文を誠に有難う御座いました。

マニアックで洋服好きであればある程に ワードローブは秋冬物へと偏ります。
H様も例外ではありませんでした。

 とても分かります! だからこそ、強い意志を持って春夏物を作らねばなりません(笑)。
しかし、手に入れてみると ソレには ソレならではの楽しさや充実感が垣間見れ、シーズン物のシャツや小物を増やして楽しみたくなるものです。

 秋冬だけでは無く、一年を通して クラシックでお好きなスタイルを楽しみ、貫き通して下さいませ。



寒くなれば ツィードが着たくなります。
暑くなれば リネンを着たくなります。

 そういうものです!


18wl.jpg




この春夏は、これらウール×リネンで 是非ご堪能して頂けましたら幸いで御座います。

 本当に有難う御座いました。





















・・・・・如何でしたでしょうか。

まだ6月の頭です。 約一カ月で仕立て上がる HOUSE STYLE ORDER は
シーズン物を直ぐに楽しめる工期の短さは大いなるメリットです。

 リネン混やリネン、シアサッカーなどのコットンまで、
まだまだ間に合いますので 是非お気軽にご相談頂ければともいます。


 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。







posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

【 I様の御注文 】





 皆様 こんにちは。
ゴールデンウィークも あっと言う間に終わりましたが、家族サービスに勤しまれたお父様方、、、お疲れは残っておりませんでしょうか。

また気持ちを入れ替えて頑張って参りましょう!


 さて、英国より別注を掛けておりました ポケットスクエア & スカーフ が上がって参りました。
今週の御紹介には間に合いませんでしたので、次週には御紹介させて頂きたいと思います!

 店頭では9日(水)にデビューさせる予定ですので、何卒宜しくお願い申し上げます。




















1i.jpg



・・・・・グリーンの三つ揃いを着用している紳士、シングルの上着には
ダブルのウエストコート( POINTED-D.B.WAISTCOAT )はクラシックでエレガントの極み。

吊り用のハイ・ライズなトラウザースに合わされたそのウエストコート丈は頗る短く、より足が長く見えますね。 シングルと違い、裾剣先が無い分 ダブルは顕著に見えるのが特徴でもあります。
これがあるべき姿でもあり、バランスで御座います。




















 では早速本題に参りましょう。
今週は、弊店では御新規様となる I様の BESPOKE SUITS を御紹介させて頂きます。





 I様におかれましては、気付きと共に思い立ったが吉日、 BEPOKE という誂えの最高ステージへ足を踏み入れる事となりました。
 BESPOKE SUITSのデビュー戦は、知人よりの御紹介もあり 銀座の有名な老舗TAILORで誂えられました。初体験でもありますから、多くの事を感じ、学ばれた事と思われます。
I様におかれましては、ここで本格的にスイッチがお入りに成られたのでしょう。


その後、I様は 当店に来て下さり 光栄なるご注文を頂く事になったのです。


 私は 背広では無く、SUITSを仕立てる為に精進して参りましたし、これからも変わりません。
I様には、そこを感じて頂けるように全力を持って御用意させて頂きます。



















2i.jpg



・・・・・『 畏まったシーンでも使え、頼りになるダークスーツを。』
生地にも拘りのあるI様です。

お決め下さったのは、弊店が TAYLOR & LODGE へ別注を掛けたオリジナルの GOLDEN BALE より、チャコールグレーの PICK & PICK となりました。

 テキスタイルデザイナー等では無く、仕立て職人の思い描く良い生地、その価値観たる一番の尊重すべき点は 何といっても打ち込みの確りとした仕立て映えのする生地です。

http://dittos.seesaa.net/article/433838683.html
( ↑生地の詳しき情報はコチラより。)

最高の原毛を使い、密度がキッチリと詰まった打ち込み具合、、、
ゴールデンベールのしなやかさや風合い、そして品のある光沢感。
しかしコシもあり、私達職人の技術に凄く確りと応えてくれます。

 着用期間も広き 3シーズン物です。間違いの無い御選択で御座います。


3i.jpg




















4i.jpg



・・・・・INの2-PLEATSにされましたが、構成されるシルエットはシャープにと!















5i.jpg



・・・・・体格の良いI様は、お尻が確りされているのも個性の一つ。
ただ、その個性は既製服の範疇ではなかなか適合サイズが無く お困りであった部分も御座いましょう。




6i.jpg



 誂えですから御安心下さいませ。

I様の為だけに型紙を起こすのです。仮縫いを経て 精度を更に高めて参ります。

お尻の肉は確りとあった方がトラウザースは絶対に格好良いです!
平尻な私は羨ましいです。

ハイバックの腰回りのFIT感は独特であり、慣れると欠かせないものですよ。



















7i.jpg



・・・・・E.Gのチェルシーでしたでしょうか。
クラシックで これまた間違い無き御選択、やはりダークスーツには黒靴ですよね。




















8i.jpg



・・・・・上下は至ってベーシックながら、ウエストコートは初回オーダーからダブルの衿付きにされました。

確りと腹部を包み込みつつ、トラーザースとの連動性が一番重要です。

 三つ揃いとは、基本前提として吊り用のトラウザースを合わせます。
確りと身体に合わせるウエストコートの腹部に、ベルトのバックルなんてあれば表側に影響してしまいます。






















9i.jpg



・・・・・いよいよお仕立て上がりです!

I様の凛々しき後姿、、、男は背中で語って頂きます。

ご自身様ではなかなか見る機会のないバックスタイル。
周りからご自身がどう見えているのか、確りとご確認下さいませ!!

I様、本当に素敵です。
エレガントでクラシックなダークスーツになりました。


















10i.jpg



・・・・・中縫い仮縫い時には、シャツとブレイシーズのご注文も頂戴致しました。

シャツのカフスはターンバックカフを御選択です。
サイズ感も良いですね。
先ずは御着用頂き、ご意見を型紙に反映して参りましょう!

ブレイシーズは ALBERT THURSTON へ別注を掛けた当店のオリジナルです。
ハイライズ、ハイバックの仕様が考慮されたバランスにしてあります。

http://dittos.seesaa.net/article/454697806.html
( ↑ 別途 詳しき御紹介はコチラより。 )



















11i.jpg



・・・・・トラウザースの腰にはバックアジャスター。
ブレイシーズの背中に来る支点位置はこうでなくてはなりません。

12i.jpg





















13i.jpg



・・・・・I様、先に誂えられたスーとの着用感やバランスが随分違う事と思います。
三つ揃えのあるべきバランスを是非ご堪能ください。


こう見ると、右肩下がりが良く分かりますね。
私も右肩下がりです。

シャツ含め、上着は全てその様に仕立てておりますので
片側だけに余計な皺など出る事も無く、左右均一に肩に乗る。 これが誂えです。


14i.jpg






















15i.jpg



・・・・・『 痩せて見える! 』

I様よりの最初のお言葉です!
そんな、、、もともと そんなに太っていらっしゃらないですよ。
私はI様のお身体に寄り添うスーツを仕立てただけであり、ご覧頂いているのはI様のリアルな体形に伴う リアルなサイジングであるという事です。
















16i.jpg



・・・・・3釦 本返りのラペルながら、打ち合い深きダブルのウエストコートは よりコンパクトなVゾーンを演出します。



















17i.jpg



・・・・・エレガントなバックスタイルはサイドベンツをお切りしています。
大きいと仰っていたお尻も立体的に、そして優雅に確りとホールドしています。

ベンツが無いみたいですね! これ、大事なところです。
























・・・・・如何でしたでしょうか。

I様には 至高のシャツフェア にもご参加いただきました。
有難う御座います。 5月19日 弊店着にて進行しております。
 初回のFITTING確認により、ほんの若干 再補正を加え、更にブラッシュアップされてお仕立て進行中です。
(I様におかれましては気付かれないかも知れない程度です。)

 世界一と称されるシャツ生地です。合わせてご期待下さいませ。





I様、例えば同じ人物が 仮に同じ生地、同じデザインでスーツを御注文したとしても
依頼するTAILORが違えば 仕立て上がるスーツも全然違います。
 この度のスーツでも御理解された事と思います。

 サイジングからデザイン等のカッティング、その精度、縫製仕様、そして総合的なバランスなど 私から見れば全然別物な位に違います。

その違いは 良い・悪い という評価では無く、それだけTAILORの個性が出るのが無から生み出す手作りのBESPOKEという事になります。
 しかし、女性から見れば同じ様なダークスーツにしか見えないかも知れませんね。



知識や技術は勿論の事、拘り含め 物作りに対する価値観、熱意、モチベーションなども大いに影響するでしょう。
工程数なども店によって かなり違いますし、分業体制の度合いも少なからず影響するでしょう。

 そして、それらはお値段にも影響を及ぼす部分も御座います。


『 安い買い物であった。 』 と、何より嬉しいお言葉も頂きました。
I様におかれまして、今回のスーツが良いお買い物でありましたらそんなに幸せな事はありません。

今まで着用してこられたスーツ、そして直近で誂えられたスーツは 全てI様の御経験であり、比較対象出来るからこそ 評価やご判断を下せるという事になります。

 何が良いか、どこが良いか、それら答えは皆様の価値観や御経験でかなり変わります。








良い食材と、それを生かす調理が合ってこそ 美味しい料理と成り得ます。
お気に召して頂けましたら是非また食しにいらして下さいませ。


 と、お話しましたが
早くも次の御依頼も頂けるようでして本当に光栄であり、嬉しい限りです。



 この度は素敵な御注文を誠に有難う御座いました。












では、また来週も引き続き 弊店BLOGにお付き合い頂けます様
何卒宜しくお願い申し上げます。







posted by 水落 at 09:00| Comment(0) | クライアント様の洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする